胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
つ、繋がらない…ッ!?
2010年 03月 02日 |
先日、新しくなった私の携帯電話。
現在、不通となっています…。

契約をしたその時、『B社から(F社へ)の移行手続きには(最長)1週間ほどかかります』と言われ、その間だけの仮の番号をもらいました。
その時にはまだちゃんと、通じていたんですよ(家の電話からかけて確認済)。
それから数時間ですぐに、『手続きが終了しました。あなたの番号は(B社で使っていた)に変更されました』とテキストメッセージが届きました。
その時に再度確認すればよかったのですが、実はすでに中継が始まっていたオリンピックの閉会式を見るのに忙しく、『もう変更されたんだって!』とだんなに告げたのみで、放置してしまったんですよね。
その後も、お友だちの電話番号を登録したりはしたのですが、使うことなくそのまんま。

で、今日、呼び出し音を変更してみたので、本当に変わったかどうか家の電話からかけてみたら、『おかけになった電話番号は…』というアナウンスが!
えええっ!?と(ここで初めて)携帯電話を耳に当ててみた(…)らなんと、普通ならば聞こえるはずの『ツーーーー』という音がなく、無音状態。
当然、携帯から家の電話にかけてみても、聞こえるアナウンスは同じ。
な、なんでっ!?

本体は、ちゃんと機能しています。
ブルートゥースでデータの送受信は出来ましたもの。
でもそんなことが出来ても、電話として使えなければ意味はなく。

…とりあえず明日、だんなにカスタマーサービスに電話してもらおう…(←だんなの名義のままなので)。
[PR]
by yuling | 2010-03-02 20:30 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(2) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/12934740
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゃび at 2010-03-04 07:51 x
F社の携帯は価格の安さと契約期間の短さ、プリペイドが売りの携帯電話会社よね(だからワーホリの子達に大人気)。

だけど、サービスエリアの狭さ、電波の弱さもあって、郊外に住む人向きの携帯ではないのよね・・・。

郊外や山間部だと、T社やB社なら余裕でも、F社は電波が弱いせいで圏外になっちゃう事が多いの。

そういう事も今回の問題に関係してるかも?
Commented by chat at 2010-03-04 09:13 x
おそらくワーホリの子たちよりも、携帯電話を使う頻度が低いだろう私なので、とにかく『格安プランを!』と今回のものを選んだんですけども。

もちろんF社に乗り換えるに際し、電波の弱さは私も躊躇したのだけど、考えてみたら、だんなは15年ほどずっとF社を愛用してるのですが、『繋がらない』と困ったことってほとんどないんです(たま〜に山間部にキャンプ等に行く時くらいかしら)。
なので、(数年前にR社に買い取られたとも聞きますし)自宅を含め、私の行動範囲内では、不具合は全くないはずなんですよ(ちゃんとアンテナマークも半分以上立ってますし)。
私にくれる前の数週間は、その携帯をだんなも問題なく使っていた訳ですしね。

なのでおそらく、B社からの移行がうまくいってないんじゃないかな〜と思います。
とりあえず、まずはF社に問い合わせをしてもらってみます。
…まあ、もともとほとんど携帯なんて使ってないので、なければないですむんですけど、それなら契約も解除したいしね…。

なんとかちゃんと繋がるよう、祈っててください〜。
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon