胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top |out
返ってこない本。
2010年 04月 30日 |
活字中毒を自認するだけあって、我が家には結構な冊数の本があります。
日本に住んでいたのならばたいした量ではありませんが、海外在住で個人で所有している量としては、なかなかなんじゃないかと思います。
で、基本的に私が読んでからではありますが、読みたいという方にはお貸ししてます。
が。
…これが、なかなか返ってこない。

図書館などのように返却の期限は決めてませんし、私物ですから、他に読みたいとおっしゃる方がいない限りは大丈夫なんですけど。
でもね、やっぱり心配にはなる訳です。
とにかく本というものは、私にとっては(特にお気に入りの作者さんのものは)宝物扱いなので、紛失してないか、汚してないか、折り曲げたりしてないか、気になっちゃうんですよね。
私と同じくらい本を読むことが好きな人は、たいてい本に対する感覚も同じなので信頼出来ますが、そうでない人、または小さいお子さまがいらっしゃると、破られたりしてるんじゃないかとか、ちょっとね…。

というのも、実は義妹にハリーポッターシリーズを全作、貸してるんです。
最終巻が発売になったその日に購入し、その後すぐに貸したので、もうそろそろ1年近くになるのかな?
その間、だんなの実家に何度も招集された時に彼女も来ており、全く会わなかった訳ではないのに、いまだに戻ってきません。
はじめのころは、『まだ○冊目までしか読んでないから、待ってね』なんて言葉もかけてくれていたのですが、最近はその存在も忘れたかのように、話題にものぼらず。
まだお子さまはいないので破損される恐れはないものの、読み終わった、もしくは読む時間が全く取れないのであれば、せめて読んだ分だけでも返してほしいんですよねー。
まあ、どなたに貸すにも、『返却を急がなくていいからね』と言ってしまう自分にも責任はあるんでしょうけど…。

やはり、今後は貸し出し記録などもちゃんと付けなくちゃですね。
自分ですでに、誰に何を貸してるかを忘れちゃってますから…。
ぽたちゃんシリーズ、ぽっかぽか、ONE PIECEとのだめ…あとまだ何か貸してたっけなあ…?
とりあえず、貸した方々がちゃんと保管されていらっしゃること、そして、ちゃんと『返却しなくてはいけない本であること』を覚えていらっしゃることを願うのみです。
[PR]
by yuling | 2010-04-30 13:00 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(5) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/13233832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by keisyuフルート at 2010-05-01 08:54 x
確かに ありますよね 僕なんかも 専門書が多いため 貸してっいわれると 貸し出したままになることがよくあります
今流行の 三国志 上中下 三巻確か 吉川英次(作家名 文字?)箱入りで 20センチ近くある 本 2年は過ぎたかと
月に 2~3回は 会いますが 何もいわれないから 困ってますよ
Commented by りのっちゃ at 2010-05-01 13:15 x
タイトルをみて、どきっ!
すぐに心当たりのあった私です。

すみません、のだめをまだ借りたままになっております。会う機会が2回ほどあったのに、私の都合で会えずお返しできないままになっていて、申し訳ないです。近々、返しに参上、もしくは呼びつけるみたいで申し訳ないのですが、我が家へきていただいた方が気楽でしたら、我が家へお越しくださいね。(来週にでもメールしますねー)

子供の手の届かない高い場所&入らせないようにしているベッドルームの奥に保管しておりますので、状態はご心配なく♪

貸してと言われても、これは万に一つも汚されては、、、とか失くされてはというのは、残念ですが貸し出さないほうがいいかもしれませんね。

私は村上春樹の本だけは、絶対に貸さないことにしています。

でも1年というのは、ちょっとひどいですねぇ。
Commented by chat at 2010-05-01 22:17 x
>keisyuフルートさん。
本だけでなく、実は返ってこないDVDも結構あるんです。
一番悔しいのは、二度と買えないようなレアもので、しかもだんなの知り合いだったのに連絡先が不明になって、返却される可能性は皆無というもの。
そうなるともう、誰にも貸さないぞーって思いたくなるので、せめてちゃんと人を見て貸そうと思います…。
専門書は特に、結構高価なものも多いですし、使いたい時にないと困るものですから、こちらから請求してみてもいいと思いますよ?

>りのっちゃさん。
いえいえ、りのっちゃさんは覚えてくださってますし、本を大切にされる方なので心配はないんです。
それに、以来会う機会もなかったですしね。
会ってても返ってこない、もしくは忘れられてる、というのが心配なのです。
しかも相手は義妹で断りにくかったし、何度も会ってるのに、1年ですからねえ。
だからだんなの家族は…なんて言いたくはないのだけど、私の信用がないというのはもう確定してます…。
Commented by きゃび at 2010-05-02 03:31 x
>私と同じくらい本を読むことが好きな人は、たいてい本に対する感覚も同じなので信頼出来ますが、そうでない人、または小さいお子さまがいらっしゃると、破られたりしてるんじゃないかとか、ちょっとね…。


「これって、私の事だよね・・・・?」と冷や汗ダ~ラダラ・・・。

本当にすみません、「ぽっかぽか」を借りたままになっております・・・。
2冊お借りしてますが、なかなか読む時間が無くて、1冊しかまだ読めてません・・・。
でもお借りした時の袋に入れたまま、クローゼットの棚の上に置いてあるので折り曲がったりも、息子の手にも届いておりません。

次お会いする時に持って行きますね。

ご心配おかけしてしまって、御免なさい。
Commented by chat at 2010-05-02 07:56 x
あなたには、私が『ぜひ読んでみて!』と押し付けたようなものなので、実は差しあげたものと勘違いされてるかな〜とも思っていました。
もしくは、絶対に他の人のものは大切に保管してくださるけど、逆にしまい込んだまま忘れてるかな、とか(苦笑)。
とりあえず、覚えていてくださってるのなら、大丈夫ですからね〜。
<< お洒落なビストロ。 PageTop お外なおうち、第17回目(改め... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
夏のおみやげ Skin by Sun&Moon