胡桃林の寝子日和。
chats.exblog.jp
讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
ブログトップOut
#24 なんで膨らむの…?
2010年 06月 05日 |
お弁当屋さんからいただく大量の廃油で、本日も石けんぐるぐる。
食用キャノーラ油は固まりにくいということで、相変わらず試行錯誤中です。
今日のレシピは、キャノーラ油1300g、みつろう80g、蒸留水483g、苛性ソーダ158g、尿素50g、Eucalyptus精油40滴。
そう、『常温で固体』であるみつろうを入れてみたんです。
他のオイルよりもうんと固いし、手肌をいたわるハチミツ成分もあるし、いいんじゃないかと。
ただこのみつろう、とにかく『ロウ』ということで固いので、必要分を削り出すのに大変なんですよね…。
1kgのでかい固まりを買ってしまったからなんですけど、もうちょっと使いやすいサイズのものとかないかなー?
もしくは、常温でもそんなに固くないとか…あ、それじゃハチミツになっちゃうか。

で、結果としては、大成功でした。
最初のぐるぐる20分でかなりもったりとしてきて、その後10分でしっかりとトレースが出まして。
今までの苦労は一体なんだったの?って思っちゃうくらい、早かったです。
さすがはみつろう〜♪
b0090654_5471826.jpgと浮かれていたんですが、型に入れて、使った用具を洗って、ふと気付いたらなぜか膨張している!?
え、なんで?
今までに、上に水分が溜まってしまったことはあっても、膨れることなんてなかったのに!
b0090654_6163663.jpgしかも、その後更に膨れ上がり、容器の縁よりも盛り上がったところが高くなってしまいました…。
かなり固めの生地なので、膨張してもこぼれたりすることはないと思うし、むしろどこまで膨らむのか興味もあるんですけど、うーん、容器の中がどうなっているのかすごく心配…。
まさか、でっかい気泡なんかがあったりするんじゃないだろうなあ?
[PR]
by yuling | 2010-06-05 12:00 | 手作り化粧品 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/13414428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by precioushearts at 2010-06-06 23:37
おぉ!またしても私の廃油ちゃん達はやってしまったのでしょうか?
どきどき。
ところで石けんありがとうございました。
台所石けんは初挑戦でどんな使い心地か恐々だったのですが、泡立ちもよくあわを流したらタッパーもきゅっ、きゅっときれいに汚れが落ちていてかんどーでした。
自信作という石けんはこれから使わせていただきます。楽しみだなぁ。
しかしこんなすごいものを自分で作っちゃうって尊敬しちゃいます。
すごいよ、chatさん。さいこー!!!
Commented by ぷりん at 2010-06-06 23:47 x
噴火してますね~(笑)
プリングルス容器では、よくこうなるようです。
けん化反応が早く進みすぎて、あるいは容器が熱を発散させにくいもので、生地の温度が急激に上がってしまうのが原因だそうです。
中に大きな気泡、というのは多分ないと思いますのでご安心を^^

廃油石けん、気に入っていただけて、私も嬉しいです~♪

あ、下の「韓国の時代劇の衣装」ですが。
もちろん、平民の衣装ですよ~。
貴族、王族はとってもきらびやかです。
Commented by chat at 2010-06-07 00:35 x
>preciousheartsさん。
いえいえ、師匠がコメントでおっしゃってくださってるように、油ではなく容器の所為のようです〜。
ご安心を。

廃油石けん、お気に召していただけてうれしいです。
preciousheartsさんちから来た廃油が大変身!して里帰りってことですかね(笑)。
廃油石けんは、まだ他に入れてみたいものがあるので、まだまだ研究は続きます…♪
そしてうまく出来ましたらまた、もらってやってくださいね。

>ぷりん師匠。
盛り上がっちゃいましたよ〜ぅ。めそめそ。
でもこれ以上にはならなかったので一安心です。
みつろうを入れたのでいつもよりもタネの温度が高かったのと、容器がプリングルスだったという、原因2つが重なってしまったからなのですね、きっと。
でもちゃんと石けんとして使えるのなら、良かったー。

廃油石けん、環境にもお肌にも優しいので、喜んでもらえて私もうれしいのです♪
それも教えてくださった師匠のおかげ。
ありがとうございます。

あ、衣装は庶民の、なのですね。
まあ日本も韓国も中国も、アジア圏の(特に平民の)服装はどれも似たようなものですもんね〜。
<< #25 お洗濯用。 頁とっぷ #23 サラダバー? >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
風鈴 Skin by Sun&Moon