胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
未来のない辛さ。
2010年 08月 22日 |
実家や実姉と話をしても、結局は『現状どうしようもない、未来の展望がない』ということで、ケンカ腰の会話に、言い返せないで終わってしまいます。
もう少し希望を持とうよ、とか、なんとかなるかもしれない、とか、不確定でも、少しでも明るい未来を見たいのに。
現状の日本の制度としては、元気すぎる故に補助が受けられない祖母と、難病と指定されつつも現状は不自由がないために福祉を受けられない実父と。
そして、遠くにいるがために、何を言っても母にも実姉にも『あんたには分かんないよ』と二言目には切って捨てられて。

じゃあ、私には、何が出来るのだろう?
何もしないことが、一番の家族孝行なのかな?

出来れば秋頃には帰国したいなと思っていたけれども、もしかしたらそれも、迷惑なのかなあ。
何もしないで、ただ遠くから現状の報告を受け取ることが、一番の孝行になるのかな。

もう、何をすればいいのか、分かんない。
このまま、『遠くに嫁いだのだから』って、全てに無視をすればいいのかな。
言外に、『(日本の)制度も知らないあんたに何が分かるの』っていう実姉の言葉に、逆に何も知らないなら手も口も出さないのが一番いいのかなと思いつつ。

何か、したいのにね。
何にも出来ないのが辛いというのは、自己欺瞞なのかな。
[PR]
by yuling | 2010-08-22 19:00 | ALS | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/13827100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-08-23 13:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yuling at 2010-08-25 14:28
どうにも出来ないから、みんなが神経を尖らせて、ギスギスしてしまうんですけどね。
何でもいいから、少しでも出来ることをしたいのに、『何にもない』ってきっぱり言われるとね…正直、凹みます…。
Commented by missy at 2010-09-27 07:50 x
公開することにしたのね。良いことだよ。いろんな人とシェアすることは心の健康にも良いことだから。

きっとね本人も周りの人もどうしていいかわからないと思うよ。誰にとってもはじめての経験だから(経験を重ねてもそのケース時々に違うもの)。遠くにいても近くにいてもそれぞれの視点で思いがあって、お互いに分かり合えるほど気持ちを伝えれるようになるには時間がかかるもの。

なにもせず、いつも通りで、できるだけお互いオープンに会話ができる心がけ、それで十分だと思うよ。

未来はなくても今がある。今を大切に、、、
Commented by chat at 2010-09-27 23:11 x
その節はありがとうございました。

いいか悪いかはともかく、お友だちには何も言わない方が心配をかけてるみたいだし、もう誤診だのなんだのと未来を期待出来る状態じゃなくなってしまったので。
治る見込みが残っていれば、何もなかったようにすませられれば…と思っていたのですけれど。

『今』を大切に、本当にそうですよね。
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon