讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
解禁。
2010年 09月 22日 | |
本日夕方、母と話をして、どう頑張っても事実は変えられないという段階に来たので、これまで(うっかり非公開にすることを忘れたことがあっても)自分の心情の捌け口として非公開設定であったカテゴリ『余命3年』を、公開にしました。

それを読んでください、ということではありません。
しかも、なるべくならば希望を持って、最悪の未来を避けられるのであればいいなと、医療関係の方を除いては誰にも告げずにいた事柄なので、吐露している心情も重いものばかりです。
そして、これからも、さらに重くなることはあっても、軽くなることは望めません。

それでも、もしも検索等で私のサイトやブログにいらした方々が、『こういうことなんだ』という心構えをする準備のお手伝いになればと思います。

泣き言ばかりかもしれない。
文句ばかりになってるとも思う。

それでも、『今』の私の素直な気持ちは、隠さなくてもいいんじゃないかと。
無理に笑う必要は、どこにもないんじゃないかと。

開き直ったわけではないけれど。
そういう『自分』を認めてこそ、『これから』を考えることも出来るんじゃないかと、愚考している最中です。
[PR]
by yuling | 2010-09-22 22:20 | ALS | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/14064965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 何かあるといいな。 ページトップ お外なおうち、第37回目。 >>
The Original Skin by Sun&Moon