讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Happy Christmas!
2010年 12月 25日 | |
b0090654_105464.jpg日本では一番盛り上がるのはイブですが、北米のメインはやはり25日の当日です。
いつもはだんなの実家のクリスマスディナーにおよばれに行きますが、今年はどう頑張っても私が大勢の中に行ける精神状態ではないため、参加は見合わせてもらいました。
その代わり、というわけではないのですが、だんなが用意してくれたのがこちら、でっかいハムのハニー・マスタードBBQです。
黒い点々は、クローブ(丁香または丁子)というハーブの一種で、主に肉の臭みを取るのに使われる釘型の花蕾で、見えている部分が釘の頭頂部分という感じです。
このクローブもある程度お湯とハチミツでやわらかくし、目打ち(錐の子分みたいな道具)で穴を開けながら刺して、その後マスタードを溶かした蜂蜜を表面に塗りながら、数時間オーブンの中で焼くのです。
ゆっくりじっくり火を通したハムは、ちょっとスモーク系の味もしていて、なかなかおいしいのですよね〜。
b0090654_1051956.jpgそしてこちらは、いつもお世話になっているお弁当屋さんのクリスマスケーキ、イチゴカスタードです。
これ以外にも、いつもはタルトサイズなのに今回はホールケーキサイズのプリンケーキ、モンブラン・抹茶の二種のロールケーキ、さらにお弁当屋さんがお得意とされるクッキーの詰め合わせもあり、なかなかに素敵なクリスマス・スイーツのラインナップでした。
とはいえ我が家は二人家族、しかも私は極端なまでに甘いものを口にしないということで、イチゴカスタードケーキのみを頼みました。
写真では分かりづらいと思いますが、このケーキ、実は直径23cmくらいあるんです。
ということは、日本で販売されているサイズだと、7〜8号くらいで、軽く10人前以上はあるわけです。
…ほぼだんなひとりで平らげなくてはいけない我が家に取っては、ちょっと多すぎなんじゃ…?それでも、市販のケーキよりも美味しいんですから、罪作りですよねえ(呆)。
b0090654_1052986.jpgこちらは、仕事先のクリスマス会でいただいたチョコレートに飾ってあった、かわいい赤いリボンをつけたたつぼん&おまけのだんな。
たつぼんは、男の子ですが、毛色の所為かとても赤が似合うのです。
しかも、他の神経質なお嬢さまたちと違い、少々は何をされても平気のへいさな極楽とんぼなので、こんな構図も撮れるわけでして。
基本的に、イベント等は無関心なだんななのですが(ええ、誕生日や結婚記念日さえ、私から働きかけなければちゃんと祝ったことはありませんよ)、このリボンはちょっと気に入ってもらえたようです。
ま、にゃんこたちが子ども代わりであるうちら夫婦には、これが一番幸せな構図なのかもしれませんけどね。
[PR]
by yuling | 2010-12-25 18:00 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/14646873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 消えないものと付き合う方法。 ページトップ Season's Gr... >>
The Original Skin by Sun&Moon