胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
野生動物の駆け込み寺。
2011年 06月 05日 |
昨日保護した小鳥さん、本日、WRA( Wildlife Rescue Association) of BCに、無事に引き渡し・保護していただきました。
ここは、鳥だけでなく、『野生動物』とひとくくりにされる動物たちの保護を引き受けてくださっています。
今回のようににゃんこに捕まってしまって飛べなくなった鳥や怪我をしたネズミはもちろん、交通事故などに遭ったリスやアライグマなど、カナダではめずらしくない動物たちの保護をはじめ、ありとあらゆる動物たちの尼寺として頑張ってくれています。

SPCA(非営利一般動物虐待防止協会)と意味合い的に近いこのグループは、野生の動物が野生に還れるよう、努力をしてくださっています。
例えばねこでも、一度でも人の手に触れられてしまうと、その匂いの所為で母親が子育てを放棄してしまうことがあると、聞いたことがあり。
なので、なるべく最期まで面倒を見る覚悟がなければ、『かわいそうだから』なんていう理由だけで野生の動物を保護することはしないようにしていますけれど。
それでもやっぱり、目の前でまだ暖かみを残している命があると、助けたくなっちゃうんですよね〜…。

とはいえ、おうちのない子たちを見るとみんな連れて帰りたくなってしまう私は、そういう場所でのボランティアは絶対に出来なくて。
ただ、ひとつでも多く、命が大切に救われることを願っています。
…だからたろーちゃん、私のために、ネズミや鳥など、捕まえなくていいからね〜?
[PR]
by yuling | 2011-06-05 10:30 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/15716941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お外なおうち、第57回目。 PageTop たろーちゃんの愛情請求。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon