讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
寝倒したい…。
2012年 04月 16日 | |
昨日、無事カナダに戻って参りました。
天候も悪くなく、機内も混んではいましたが、3列席で真ん中は空いていたのでさほど窮屈感はなく。
b0090654_10582184.jpgそんな機内の食事は、ジャンバラヤ風スパイシートマトライス、野菜のピリ辛マリネとシーフードのアペタイザー、ビーフパストラミ・スモークチキンのシンプルポテトサラダとフレッシュ サラダのビネグレットドレッシング添えにハーゲンダッツ アイスクリームでした。
今回はめずらしくも私が食べられないものがなく、アイスクリーム以外は完食しましたよ〜。
まあ、ワインを2本もらい、周りの方が片付けられてもまだのんびりと食べてたという傍迷惑さではありましたが。
b0090654_10584046.jpgその後の軽食は、桜の香り ハニーレモンブリオッシュブレッドとコールスローサラダ、野菜生活。
ブリオッシュは、甘めではあったけれど美味しく、でも桜の香りなんかしてたかなあ?
ま、コールスローサラダも野菜生活(野菜ジュース)も、悪くなかったですけどね。

映画は、『しあわせのパン』と『ワイルド7』の2本を見ました。
『しあわせのパン』は、懐かしい原田知世さんが主演のもの。
相手役が大泉洋さんで、申し訳ないけれどもカッコいいタイプではなく、でもとても相手を大切に、今ある暮らしを大事にしてくれるとてもいい人でした。
素朴で、自然と手作りを楽しんでいて、だからこそ訪れるみんなが癒される、そんな優しいあったかいお話でした。
自分がこうなれたら素敵だなとは思うけれど、難しいよなー…。
『ワイルド7』は、原作は昔のマンガのものらしいのですが、なかなかに面白かったです。
毒を以て毒を制す、だけれどその毒の取り扱いには充分気をつけなよ、と、上から目線な人への警告のような感じで。
社会風刺でもあり、銃を撃ちまくるアクション映画でもあり、でもそれぞれの人物像もちゃんとあるという、結構いろんな意味で楽しめる作品なんじゃないかなと思います。

ほぼ定刻通り到着し、家に帰っては来たものの、食事2回と映画2本を見てしまったので機内での睡眠時間はほんの2時間ほどしかなく、眠たくってぐらんぐらん。
でも、少しでも早く時差ボケを解消したいのならば現地の生活時間に合わせることが何よりだと聞いたことがあるので、睡魔と戦いつつ、荷解きをしたりして。
なんとか9時半頃までは頑張って起きていたけれど、やっぱりそれ以上は頑張れずにお布団へ入ったと思ったら、真夜中ににゃんこが吐き戻す音を聞いて目が覚めたりして、なんだかなあ。
結局今朝は、だんなに起こされ、時計を見たらすでに10時過ぎ!
それでもまだ眠たくてお布団の中でごろごろしていたけれど、4週間分の掃除(だんなが私が帰る前日にやってくれたようだけれど私の満足にはほど遠いので…)をしなくちゃ〜とムリムリ起きました。
あー、寝倒したい…。
[PR]
by yuling | 2012-04-16 21:00 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/18148458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お外なおうち、第85回目。 ページトップ カナダに戻ります。 >>
The Original Skin by Sun&Moon