白いチーズ。
2015年 06月 03日 |
夏になるとあちこちで開かれる、Farmers Market。
たいていは週一で開かれ、野菜や果物、植物などの農作物だけではなくそれらを加工したものはもちろん、パンやパイなどの焼き物、陶器や石けんなどの手芸品などもあるので、ふらりと見に行くだけでも楽しめます。
b0090654_05979.jpg今回惹かれて買ってしまったのは、The Farm House Natural Cheesesのgoats(ヤギ)ミルクから作られたブリーチーズ。
私はいまだにカマンベールとブリーの違いが分からないのですが、単に元々の原産地の違いだけなのかなー?
ともあれ、これは牛乳よりも少々癖のある山羊乳から作られたもの。
ギリシャ料理などで使われるフェタチーズが有名ですが、早期成長を促すためにホルモン剤を与えられている牛が多い中、山羊はまだ自然のままであることが多く、なのでお値段としては少々割高にはなりますが、安全性は信頼出来ます。
味は確かに苦みに似たクセがありますし、紅茶に入れるにはちょっと抵抗はありますが、熟成させるチーズならば結構イケると思うんですよね。
これも、お店の方に聞いてみたら、確かに多少クセはあるけれど、かなりまろやかで食べやすいですよと言われたので、衝動買いしてみました。
b0090654_0591852.jpg切ってみると、中は真っ白!
味もやはり多少のクセがあり、それが苦手な人はそのままよりも何か他のものと一緒に食べた方がいいかなとは思いましたが、ワインなどにはがっつり合いそうな感じです。
詳しくはなくても飲むことは好きな私は、基本的にワインを選ぶ基準は、食べるものの色=ワインの色、です。
お肉でも、牛や豚などの赤いものは赤ワイン、鶏は白ワイン、お魚でもまぐろなどの赤身ならばワインも赤、はまちとかなら白という程度。
もちろん、鶏肉の料理で赤ワインを飲んだり、まぐろで白ワインをいただくこともありますから、基準はあってないようなものですけどね。
ただ、普通は黄味がかっていることが多いチーズですが、これはモッツァレラのように真っ白だし、山羊乳独特のくさみも残っているので、それに対抗し、負けない重めの赤ワインの方がいいかなー?
でも、残念ながらチーズ特有のコクというものがあまりないので、私には少々物足りなかったし、今後も買うかといわれると迷うところですね。
ただ、このお店は普通のスーパーでは買えないようなものも作っていらっしゃるので、贔屓にはしたいなと思います。
[PR]
by yuling | 2015-06-03 16:00 | おうちでごはん | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/24556944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。