正直?
2015年 07月 28日 |
本日、だんな、3度目4個目の鼠系ヘルニア(脱腸)の手術。
これは腹筋を鍛えればいいとかではなく、遺伝的に弱いそうで、義父も施術経験あり。
それでも、常に重いものを持つような職種でなければ大丈夫らしいのですが、だんなの場合は最悪の一例かも。
なんたって執刀医が『3回目の人は初めてだ』とおっしゃっていたそうなので。

最初は8月4日の予定だったのに、執刀医の他の患者さんの都合で1週間早い今日になり、更なるイレギュラーにより11時15分の予約が2時15分に遅れ。
6時半ごろに『迎えに来てもらってもいいですよ』と連絡をいただいたのですが、病院に着いた7時ごろの時点でまだだんなは意識はあるもののぐったり。
じゃあ先に処方箋をもらって薬をいただいてきますと席を外し、30分ほど後に戻ったら痛み止めの作用により1時間くらいは寝ていた方がいいとのことで、いったん私は帰宅。
8時半ごろ戻ったらようやく何とか動ける状態になっており、歩いて体調を確認したり、ゆるゆると着替えをしたりで、結局家に着いたのは9時半でした。

それでも、昨夜のご飯を最後に絶食を強いられていただんなは、空腹を訴える元気はあって、ほっ。
お粥など胃に負担のかからないものを食べ、痛み止めを服んで、長い1日が終了。
しばらくは切腹…ではなく開腹の傷が痛むので安静が必要ですが、病気ではないので、痛みさえ引けばあとは無理しない程度に動けるはず。

しかし、3度目の正直というか、できればこれが最後の手術になるといいなあ。
[PR]
by yuling | 2015-07-28 22:00 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/24738812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。