胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
見せる収納。
2016年 03月 25日 |
和食器はもちろん、ティーセットやボヘミアングラス、アクセサリ類、マニキュアなど、気に入ると結構集めちゃいます。
その中で最近一番増えているのが、ピアス。
もともと服装はシンプル・イズ・ベストで、モノトーンでまとめたり、Tシャツ&ジーンズが基本だったりと、むしろ流行のものしか置いていないお店の品揃えに困ってしまうタイプ。
その代わり、一点豪華主義でポイントとなるところにアクセサリをジャラッとつけるのが好きでして。
一時期はブレスレットにハマったんですが、手(掌)が大きい所為でサイズ変更が出来ないもの(輪っかタイプのもの)はつけられないということが分かって以来、断念。
インド系のものとか、いい感じのものが多いのにねえ。
で、首周りが詰まる感じの服は苦手なので、普段つけっぱなしのものがあるし、ネックレス系はあまり需要がなく(しないワケじゃないですよ)。
一番あれこれ遊べるのが、イヤリング系。
もともとカナダに初めて来た記念にピアスホールを開けた時には大丈夫だったのに、いつの間にかシルバー系のものにはアレルギーが出てしまうようになり、難儀していましたが。
数年前に見つけたお店で、日本製の手術で使う医療金属(縫合に使うもの)のものを発見し、行く機会があるたびに物色しては増やしまして。
さらに、地元の空港に入っているお店で低アレルギー仕様のものを扱っているお店を発見して以来、父のためという頻繁の帰国のたびにあれこれ増やし。
でもイヤリングみたいに輪っか部分で繋げることも出来ないので片方ずつバラバラになったり、フックタイプだと他のものに引っかかったり、ケースなどでも大きさや長さによって入れられなかったりと、結構収納の仕方に困るんですよね。
b0090654_3583398.jpgということで、100均の壁掛けワイヤーネットを利用して、お店のディスプレイのようにしてみました。
トイレタンクの上にガラスの棚があり、普段使う細々を置いてありましたが、そこにちょっとスペースを取りまして。棚の高さに合うサイズがちょうどあったので、それを2枚、片側をワイヤーで繋いで自立出来るように。
売っている時の台紙はたいていそのまま捨てずに使っていたので、ちょうどネットの幅にすっぽり。
少々幅が広いものは一番上にひっかけて。
b0090654_3584436.jpgよく使うものを手前に、季節ものや服装や使うシーンを選ぶようなものは奥に。
台紙がないものは小さな袋に入れ、以前友人が折り紙で作ったバラにちっちゃい洗濯バサミをつけてくれたものがあったので、それで留めて見た目も華やかに。
スペース的にはワイヤーネットをもう1枚くらいは増やせそうだけど、1枚ずつでも立つような脚をつけられるといいなあ。

普段使う洗面台のすぐ右側にあり、(洗面台の)左には化粧品やバスルーム関連のストックを入れてあるクローゼット(?)があるので、使いやすい場所かなと。
ただ問題は、トイレの蓋を常に閉めるようにしないと、ぽっちゃんと落ちちゃう可能性があるんだよな〜。
[PR]
by yuling | 2016-03-25 11:45 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/25572186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon