胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
北BC州旅行記 3日目
2017年 03月 25日 |
※ 写真はクリックすると大きなサイズで見られます。
b0090654_09232172.jpgあっという間に最終日。
まずは、ちょうど昨日の夜、T氏のご両親が避寒から戻られているということで、今一度T氏宅へ。
T氏・T氏父・だんなというアウトドア大好きな野郎組と、T氏母と私というインドア派な女性組に分かれておしゃべりを。
T氏のご両親は旅行から戻られたばかりで荷解きをしなくてはいけないし、T氏も今日は豚さんを迎えに行かなければいけないし、私たちもまた8時間のドライブがあるしであまりゆっくりとは出来なかったものの、楽しい時間を過ごせてうれしかったです。
b0090654_09235615.jpgこちらは、T氏ご両親が、避寒先の別荘(!)の庭の木からもいできたオレンジ。
防虫剤など一切使わず、皮もそのまま料理に使えるほどの優良品。
当然、市販のものとは比べものにならないほどの美味しさで、私たちもお裾分けをいただいて帰りました♪

と、お昼ごろにお暇しようとしたら、なんとパンクを発見!
もともと出発する前にタイヤの空気圧を確認したとき、ひとつだけかなり低かったのですが、なぜかそれはいつものことで、ちゃんと空気を入れておけば問題はなく。
なぜいきなりぺしゃんこになったのかは不明ですが、とにかく応急で空気を入れて、修理をしてもらうことに。
最初に行ったお店では、修理は4時以降しか出来ず、しかも、万が一パンクの原因が穴ではなく直せないほどひどい破損であった場合は4輪とも買い替えなくてはいけないと言われ、さらに現在我が家の車に合うスノータイヤは予備がないということで、ピ〜ンチ!
次に行ったところは、そもそもまず修理ですら翌日以降しか予約の空きがありませんと言われ、問題外。
その後行ったお店では、ちょうどお昼時で職人さんたちはいなかったのですが、それでも2時からならと予約を入れてくださり、大きな問題がなければ1時間もかからないということでお願いすることに。
結果、釘が刺さっていたということで穴を塞ぐだけの簡単な処理ですみ、他のタイヤの空気圧も見てくださいましたが、問題はないとのこと。
この時点ですでに3時。
帰るのに8時間かかることを考えると、もう1泊した方が無難かなとも思ったのですが、とりあえず行けるところまでは行ってみようということで。
b0090654_09240970.jpg帰路も、相変わらず景色はのどかです。
往路はともかく、帰路では、だんなが睡魔に負けそうな時には私が運転することもあり、そういう時に限って写真を撮りたいチャンスがあったりするのですが、寝ているだんなを起こしてまではと、自分の脳裏に記憶するにとどめまして。
b0090654_09242968.jpgその、ちょうど私が運転していた時に、野生の鹿さんたちを見かけました。
時間的に自然界でも夕食時間だったのか、道路に来ていた子にぶつかってしまったという事故車も見たりして、改めて都会とは違う危険を実感。
b0090654_09244881.jpgおしりが白い子たちは『鹿だ』と分かりやすい〜。

おうちに着いたのは真夜中12時半過ぎ。
途中の山道でかなりの豪雨に遭い、しかもところどころ霧も出ていて、当然街路灯なんてないし道路の線はもちろん路肩も分からないくらいで、かなりのろのろ運転を強いられたせいで予定よりも1時間ほど遅れました。
旅行が終わる時にはまだ帰りたくない〜と思いますが、お家に着くと『やっぱり家が一番』と感じちゃいます。

さて、次の旅行はいつ、どこかな〜。

[PR]
by yuling | 2017-03-25 00:45 | 旅の思ひ出 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/26747244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 3月27日 月曜日 PageTop 3月25日 土曜日・26日 日曜日 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon