胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
その弐。初めての試み。
2006年 06月 15日 |
本日は朝から『イングリッシュ・マフィンを焼くぞー!』と燃えておりました。
最近は、ブレッドメーカーで最後まで焼く(普通のローフ型)よりも、捏ねだけを機械にやってもらって自分で形を作りオーブンで焼く、という方が好きなのです。
そして、美味しそうなイングリッシュ・マフィンのお写真を拝見し、『食いて~っ!』と久しぶりの食欲が湧きまして。
早速、トライ!です。
b0090654_2313157.jpgで、まず取り出しましたるは、コレ。
これはペーパーカッターでして、オレンジ色の部分に目盛りがついていて、下の部分にスライド式で刃が取り付けてあるので、カードを作るときなど、真っ直ぐに何枚も紙を切るときにはとても便利な器具なのです。

で、なんでこれが必要かといいますと、私、イングリッシュ・マフィンを焼くための型を持っていないのですが、『細長く切った厚紙にアルミ箔を巻き、それを円形にすればいいですよ』と教えていただいたので、その型作りから始めなくてはいけないんですねー。
パン生地の材料をブレッドメーカーに放り込んでから、作業にかかります。

b0090654_23132956.jpgいつもはカードを作るときの厚紙(画用紙っぽいもの)とアルミ箔を、教えていただいた大きさにざくざく切り、厚紙をアルミ箔で包みます。

b0090654_2313445.jpgくるっと円を作り、重なった部分をばちばちっとホチキスで留めたら、型作りは完了。
内側には、バターを薄く塗っておきます。

実は私、こういう作業、大好きなんです。
食べられるパンを作るより、こういう食べられない工作の方が好き。
仕事から帰ってきただんながこの型を見たとき、『こんないい方法があるなら、型は買わなくていいね』。
…いやでも、使い捨てだから、紙が勿体なので、やっぱりちゃんとした型が欲しいっす。

b0090654_2314172.jpg型を作っている間にブレッドメーカーが捏ねておいてくれた生地を取り出し、8分割。
ええ、8『等分』なんて言いません。
ものすごーく適当に切り分けるので、同じ大きさにならないんですねぇ。
コーンミールをまぶし、発酵へ。

b0090654_23141796.jpgそしてこれが出来上がり。
まあ、初めてにしてはそこそこかな?って感じですか。
ちゃんと『らしく』なっているのは、写真右下の1個だけですけど、ちゃんとサンドウィッチが作れそうなくらいにはなったのでオッケー。

b0090654_23143274.jpgなのですが。
実は、失敗作が半分あるんですねぇ。
うはは。
イングリッシュ・マフィンは、天板を被せて焼き、きれいな円盤型にするのですが、その被せる天板にバターを塗っておくのを忘れ、生地が思いっきりくっついてしまったのです。
それをこそげ落とすようにしたら、この有様。
しかも、本当は被せた天板を外してからも焼かなくてはいけないのですが、それが出来なかったために白いまま。
さらに、200℃に設定したオーブンが、内部の温度計では250℃になってて慌てたり。
まあ、食べるときにもう一度トーストするし、味は悪くなかったですけどね。
はっはっは。
とりあえずはもう一回くらい、今回の失敗を教訓として焼いてみるつもりです~。
[PR]
by yuling | 2006-06-15 00:00 | おうちでごはん | Trackback | Comments(4) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/5035839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さくらごはん at 2006-06-17 01:55 x
さっそくやってまいりました~。
まずは1枚目の写真・・・
すごいものがあるのでびっくり!
定規を当ててもまっすぐ切ることの出来ないぶきっちょの私には
こういうものが必要ですわー。
なんとまぁきれいな型ができましたね!
これ、使い捨てはもったいないです。
型についたバターが腐らないように冷凍保存とかしておいたら
数回使えるんじゃないですか。

それから!
レシピには載ってないのですが
私がやってる方法をお知らせしてなかったのが悔やまれました。
私ね、上に載せる天板の下に(パン生地に触れる部分)
天板サイズのアルミハクを敷いてるんですよ。
それから、私はコーンミールの上でパン生地をのばすので
(打ち粉のようなかんじで)
コーンミールが上下にびっしりつきます。
それでアルミハクにパン生地が直接つかないので
アルミハクに油を塗る必要もありません。

でも、初めてで上出来ですよー。
ぜひまた作ってみてくださいな~。
Commented by chat at 2006-06-17 03:52 x
>定規を当ててもまっすぐ切ることの出来ない
私もこれで結構苦労したんですよ。
カッターで切ってる最中に、左手で押さえてる定規がずれたり、定規も一緒にカッターで切ったり。
これは、コンサイメントストアで4ドルでゲットしてきました(笑)。
便利ですよー。
そして型は、くっついちゃった天板からはがすときに型崩れしちゃったので、使い捨てです。
もうちょっとしっかりした厚紙を中に入れたら、数回使えるかも。

そして、
>上に載せる天板の下に天板サイズのアルミハクを敷いてる
目からウロコでした。
そして、コーンミールももっといっぱいつければ、小麦粉をふりかけたときのように、くっつかないで済むんですね。
まだコーンミールもいっぱいあるし、近いうちにリベンジ!です~。
Commented by るしふぁ~♪ at 2006-06-18 19:17 x
うはははっ!1番下の写真見せなきゃ完璧だったのに~ o(^^o )
ちゃんとオチをつけてる辺りが流石ですwww
てか、旨そ~う( ̄¬ ̄)ジュル・・・
Commented by chat at 2006-06-20 00:58 x
いやいや、私に『完璧』はありえねぇですから。
アナタのように手先が器用ならよかったんだけどねぇ。
でも、レシピどおりの材料を混ぜて焼いてあるから、味は良かったよ。
食べやすい大きさだし、バーガーにしてもジャムのように甘いものをぬってもオッケーの味だから、大量に焼いて冷凍庫にストックしておいてもいいかも。
機会があったら、試してみて~♪
<< 満腹です。 PageTop ねこにお酒はイケません。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon