事件…じゃないといいけど。
2006年 06月 27日 |
昼間、だんなが仕事に行く直前に、となりの奥さん(=たろーちゃんの本当の飼い主)が来ました。
ドアを開けたら、開口一番、『10歳くらいの、これくらい(手の平を腰のあたりで下向けながら)の男の子を見かけなかった?』。
なんだ?と思っていたら、お隣さんちから見て斜向かいのお宅に男の子がいまして、よく、お隣さんちの子どもたちと一緒に遊んでいるのですが、彼が10分ほど前から姿が見えないんだとか。
『裏庭の方とかで、見かけてませんか?』って訊くものだから、慌てて庭に走りました。
というのも、うちの庭の囲いの後ろは、うちの土地でありながら、さらにその向こうに変電所があるため、公共の人たちも使えるようになっていて、結構な広さがあるのです。
そこは、他の家の横から通り抜けて来れるようになっているので、男の子なら、少々の茂みなどへっちゃらで通ってきていても不思議ではないのです。
とりあえず、そのときは誰もいないようでしたし、その後も大きな騒ぎになったり警察が来たり、なんてことにはならなかったので、見つかったんだと思いますが。
田舎ではありますが、昼間でも治安がいいとは決していえないし、誘拐事件でなかったのならよかったです。

さて、明日は朝イチで、だんなの最後の1本の親知らずを抜きにノースバンクーバーまで行きます(結構きつい麻酔をかけるらしく、帰りは私が運転しなくてはいけないので)。
その後だんなは、仕事もできないので、来週のカナダデーの連休まで、6日間ずっとお休み。
さすがに最初の2、3日はおとなしくしていないとダメだろうけど、その後はどうなることやら。
とりあえずは、あまり噛まなくても食べられるメニューを考えないとっ!
[PR]
by yuling | 2006-06-27 00:00 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/5133311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。