胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
◆ あれもこれも。 ◆
2008年 05月 09日 |
寿命ですかね。

まず一つ目は、3.5インチフロッピーディスク。
私は上書きや消去などがしやすいし、ハッキングなどがあった時にはパソ内にデータを残しておくのが嫌なので、これに家計簿を入れているのですが、先日、フロッピーを読みこませようとスロットに入れたら、きゅいきゅいきゅいきゅい~んとプラスチックをひっかくような音がして、読んでくれなくなりました。
慌てて取り出し、スロット内を掃除してもう一度入れて見たけど、ダメ。
もしやスロットがもう使えないんじゃと他のフロッピーを入れてみたらそれはオッケーだったのと、家計簿フロッピーの内部のディスクにきれいに同心円状の傷が2本くっきりついていたのとで、原因は家計簿フロッピーだと判明したんですが、傷がついてしまったフロッピーはほぼ100%の確率でデータは修復不可能だとか。
一応、フロッピーは内容量が少ないので、半年ごとくらいにはCD-ROMにデータを移し替えてはいたんですが、それでも失くしたのは今年1月からの4ヵ月分なんですよねぇ…。
レシートはいつも1年分は残しておくので、また打ち込めば済む事ですが、面倒だわ~。
ちなみにオシャカになったフロッピーは、同じのをずーっと中身を入れ替え入れ替えしてたので、約8年使っていたわけで。
まあ、これまでよく保ったほうだと言うべきでしょうかね。

そして2つ目は、ガレージのシャッター。
うちのんは、こちらのおうちには普通のものですが、電動です。
昨日の夕方、何か大きな金属が高い所からガシーンッと落ちてきたような音がしたのですが、家の中や外を見て回っても、らしきものは無く。
もしかしたらご近所さんだったのかな~と思いつつも、万が一のことを考えて、今日、だんなが仕事から帰ってきたら床下の配管などが破裂していないかと見てもらう予定だったのです。
そして今朝、だんなが仕事に行こうとガレージのシャッターを開けるスイッチを押しても、ウインウインとモーターが動く音はしてもシャッターは飽かず。
どうやら、昨日の怪音の原因は、シャッターのドアを開ける時にドアを持ち上げる為のバネ(シャッターそのものが結構重いものなので、電動でも持ち上げる反動が必要らしく、そのためのもの)が壊れた音だったらしいです…。
とりあえず、私がボタンを押しつつだんなが手動でシャッターを持ち上げるということで開けることはできましたが、早急に直さないとーっ。
[PR]
by yuling | 2008-05-09 00:00 | 日々の徒然 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://chats.exblog.jp/tb/8564538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon