讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
カテゴリ:時事ネタ( 52 )
| |
|
2017年 08月 21日 | |
※ 写真はクリックすると大きなサイズで見られます。
b0090654_04103472.jpg本日、北米では日蝕。
残念ながら皆既日蝕が見られるのは北米大陸でも真ん中あたりだそうですが、うちの地域でも80〜75%くらいというそこそこのものだそう。
で、どこからかだんなが用意したのは遮光板(?)。
紙皿の真ん中を板の大きさに合わせて切り取り、ぺたっと貼り付ければ準備完了。
b0090654_04104163.jpg始まりは午前9時10分。
カメラのレンズを遮光板で覆ったら、光ってぼやけがちだけれどなんとか撮れそうかな?
b0090654_04104796.jpg30分後。
ぼやけてますがこれでも1/3くらいはすでに欠けてます。
b0090654_04105434.jpg45分後くらいかな。
肉眼ではかなり細くなってたんですけどね。
b0090654_04110009.jpg10時半、ほぼピーク時。
細い三日月ですが、カメラだとけっこう太いなあ。
b0090654_04110697.jpgそしてまた円に戻っていきます。
外はそれほど明るさは変わらなかったものの、室内はかな〜り薄暗くなり、電気が必要なほどでした。
何より、外にいても痛いほどの陽射しがなく、涼しくてすごく過ごしやすい気温になってた!
5年前の日本での金環食は見られなかったので(しかもちょうど結婚記念日だったのに!)、今回は見られてよかった〜。

[PR]
2017年 02月 19日 | |
b0090654_1038417.jpgせっかく実家からもらってきたのに、なかなか出してあげられない我が家のお雛さま。
前回はなんと、2013年
どうしても諸々の事情により1月〜3月あたりに帰国することが多いので、時機を逃してしまうんですよねえ。
そして予定では来年も無理かも…。

でも!
今年はちゃんとご挨拶出来ました♪
とはいえせっかくなのにお供え物がないので、明日にでも買いに行かねば。
[PR]
2015年 11月 21日 | |
b0090654_957194.jpg表に面したリビングの窓に、イルミネーション開始です。
今年は流れ星も増やしてみたのですが、ひかひか点滅してなかなかタイミング良く写真には撮れず。
でも見ている分にはきれいです。
外も、家の形にだんながライトを這わせていたのですが、まだ繋いでないようで残念。
まだ喪中なのでツリーを出したりカードを作ったりはしないけど、ちょっとだけ楽しんでいます。
[PR]
2015年 09月 27日 | |
今夜は『スーパームーン』という、十数年ごとにある『月が地球に一番近づく日』だそうで。
しかも、それだけではなく、北米では月の出と同時に月食も同時に起こるということで、かなり話題になっておりました。
b0090654_2338475.jpg今宵の月の出は、バンクーバー近郊では午後7時少し前。
ご近所さんの家や木々に邪魔をされない高さまで月が昇るのを待っていたら8時ごろになってしまい、残念ながら欠けるのは見ることは出来ず。
でも、満ちるのはつぶさに観測出来ました。
b0090654_23381487.jpgこれは月の出から1時間半、午後8時半ごろ。
b0090654_23382349.jpg10分後にはすでに明るさが侵蝕し始め、
b0090654_23383320.jpg望遠鏡、双眼鏡など使える器材を取り出して眺めていました。
ちょうどお隣さんのご家族もこのあたりで月見ドライブから戻って来られたので、一緒に見ましょう、なんてことになりまして。
b0090654_23384281.jpg月見をしつつ、星座を探したりしながら、一桁の気温の寒い中でそれでも暫し、楽しい時間を過ごせました。
b0090654_23385253.jpg月食のタイミングもありましたが、結局寒さには勝てず、月食が終わるのを待たずにお月見は30分ほどで終了。
不思議なことに、プロが使うものほどではないものの、それなりに設定出来る私のコンパクトカメラで、オート(自動)・露出等を設定出来る簡易のプログラム・ローライト(暗い場所)用といろいろ設定を変えて撮影してみたのですが、普通に夜景や暗いところでの撮影でならばまた違う結果になったのかもしれませんが、遠距離なんて言葉はなまぬるくて言えないほどの『月の撮影』では、なんと、『オート』設定が一番きれいに写せていました。
マニュアル大好き!なカメラ小僧であるだんながそれをどう思ったか分かりませんが、私としては、拘りのある人はともかく、記念写真やブログに使う程度のものであれば、変に自分で設定をするよりも、必要以上に機能が入っているカメラに頼った方がいいのかも、と思っちゃいました〜。
[PR]
2014年 12月 21日 | |
b0090654_0395464.jpg暦の上でも、本日から本格的に冬。
1年で日の出から日の入りまでの時間が一番短い日でもありますが。
カナダ西南端は国内でもかなり温暖で過ごしやすい気候ですが、アメリカとの国境が、北海道よりも北に位置するため、日の出8時過ぎと遅く、日の入りは午後4時過ぎと早いです。
これが反対に夏至の頃となると、朝は4時ごろから、夜は午後10時ごろまで明るいんですけどね(サマータイムなので1時間のズレはありますが)。

ともあれ今日からは少しずつ明るい時間が長くなるので。
気分的にも明るくなるといいなあ。
[PR]
2013年 03月 11日 | |
まだ2年。
もう、2年。

その瞬間に日本にいたにもかかわらず、何も出来なかった自戒も込めて。

直接・間接にお亡くなりになった方々のご冥福と、いまだ不自由な生活を強いられていらっしゃる方々みなさまに一刻も早く日常が戻りますよう、お祈り申し上げます。
[PR]
2013年 02月 21日 | |
b0090654_15403035.jpg昨日と同じ場所に、不審者が。
一応、ジーンズが昨日はブルーで今日はブラックということは、着替えを持っている、おそらくはちゃんと帰るお家があるということなんだろうけど。
どう考えても、毎朝、こんなところで座り込んでいる理由が分からないので、明日以降また見かけたら即座に警察に通報するとだんなは申しております。
はー…。
[PR]
2013年 02月 20日 | |
b0090654_8482720.jpg大通りからほぼ直角に入る我が家が面している通りと、我が家の裏庭側にある背後との通りの間には、大通りに面して、小さな変電所があります。
これは、その背後の通りからの写真です。

実は昨日、夜勤明けで朝8時頃帰宅しただんなが、『変電所の裏側(=我が家の裏庭と面しているところ)に向かって人が歩いて行った』と聞きまして。
その時にはだんなも、お散歩途中の人なのかとか、その先にある裏道へ行くんだろう、くらいに思っていました。
でも、よく考えなくても、ローカル線ではあるもののバス停はその我が家の背後にある通りにあるし、トレイル(散歩道?カナダにはよくある小道です)に行くのにもわざわざ歩き難いところを通る必要はなく。
そして翌、本日。
昨日のことがあっていつもよりも注意深く運転していただんなは、昨日と同じ時間、昨日と同じ服装の人が、昨日その人が歩いて行った場所で座っているのを見たと言いまして。
とにかく証拠を、と、カメラを掴み、一般道から不自然でなく出来る範囲で、写真とビデオを撮りました。
これは、我が家の裏庭のほぼ真正面に当たる、位置的に、ちょうど我が家の裏庭あたりの変電所の柵に凭れた人の姿です。
人を待つにしては変な場所だし、しかも2日続けて同じ人を同じ場所で見るというのもおかしく。
暖冬とはいえ、深夜から早朝の気温はマイナスにはならないものの霜が降りるほどには冷えています。
そんな中、特に理由もなく、こんなところに座り込んでいるというのは、明らかに変です。

ということで、すぐに市の警察(緊急ではない番号)に連絡をしました。
でも、緊急ではない時って、警察の対応って本当に遅いんですよ。
以前、裏庭に不審者が入ってきたときも、『もう今はここにいません』と告げたばかりに、警察は電話をしてから40分後に来ました。
今回もやっぱりそれくらいかかって来てくれまして、当然、その人はもうそこにはいませんでした。
まあ今日はだんなが家にいてくれたし、何よりその人はうちからは見えないところにいたので、前回ほどの怖さはなかったんですけれど。
ただ、実は先週火曜日かな、だんなが深夜までの勤務のとき、夜8時ごろに玄関のドアを爪でたたくような音がしたんですよね。
我が家にはドアの外にもう1枚ガラスの扉があるのですが、呼び出しベルもあるし、ドアをノックする時にでもガラスの扉を開けて(たまにガラスに直接という人もいますが)ドンドンしてくれます。
なので、にゃんこもピーターにべったり寝ててびっくりしてないし、聞き間違いかとは思ったのですが、念のため足跡を殺してドアの魚眼レンズから覗いてみましたら。
玄関の灯りが暗いこともあり、風貌はよく分からなかったけれど、パーカーっぽいフードかツバなしの帽子かを被った人が立ってるじゃないですか!
絶対変だと思ってそのまま知らんふりしたんですが、その話を今朝来てくれた警察の人に話したら、『おそらくそれは犬等がいないかを確認するためだと思います。そういうときは、応対はしなくていいけれど、部屋の灯りを点けたり、TVの音を大きくしたりして、”在宅である”ということを強調した方がいいです。不在の場合はそのまま押し入り強盗としてのターゲットになりやすいですので』と言われました。
私は逆に、女一人が家にいるだけなら余計にターゲットになりやすいかと思っていたのですが、でも確かに、外から見て女一人でも、もしかしたら他にもいるかもと思ってくれれば、襲われ難くはなりますもんね。
よし、なるべく外から人の影が見えなくて、でも灯りやTV等をリモコンでつけたり消したり出来るようにしておこう。

我が家は大通りに近いとはいえあまり車はもちろん人の往来が少なく、さらにそこから入る道は住宅路でしかも行き止まりでご近所さんやその友人知人以外に人の出入りがないので、目撃者が少ないという意味ではターゲットになりやすい地区なんだと思います。
ただ逆に、ご近所さんの車はだいたい知っているし、彼らを訊ねてくる人たちが我が家の近くに車を停めることはあっても、エンジンをかけっぱなしで放置したりずっと車の中にいたりということは絶対にないので、ある意味不審者を見つけやすくはあるのかも。
とりあえずはご近所さんたちと話をして、みんなで協力して大事にならないよう気をつけたいと思います。
[PR]
2013年 02月 17日 | |
b0090654_1452833.jpg本来は立春を過ぎたら、お天気の良い日に出すとされているらしいお雛さまを、すっかり雨水(雪がとけて雨水になる時期)間際のお出ましとなってしまいました。
でも、今そういえば去年は〜?と自分のブログをチェックして気付いたのですが、昨年も同じ日に出してた!(笑)
いっそのこと、毎年この日に出すことにするとか、いいかも知んない♪
今年はちゃんと、日本からひなあられも持ち帰ってきたので、当日までお雛さまたちが飢えることもないかなと思います。
b0090654_1463639.jpgこちらは、我が家に7段飾りがやってくる前に、母が『せめて異国にいても日本の文化を』と送ってくれた、陶器製の内裏雛。
実は鈴になっていて、持ち上げると落ち着いたきれいな音をからんころんと鳴らしてくれます。
b0090654_148088.jpgさらにこちらは、親友Bさんの娘さんのお誕生日が2月末ということで、プレゼントとして買ってきたもの。
日本人形候では高価すぎて手が出せず、でもあんまり安っぽくないものをとあちこち見回って見つけました。
女の子の健やかな成長を祝うお雛さま、出来れば今年のお誕生日前には渡せるといいなあ。
[PR]
2012年 03月 11日 | |
奇しくも、ちょうどそのとき、帰国していました。
震源地から800km以上離れている実家で、それでも震度4が観測されました。
けれど、物が落ちたり倒れたりすることもなく、その時は『長かったねえ』なんて暢気に思っていました。

そして、刻一刻と酷くなる被害状況が報道され、被災地に住んでいるお友だちや知り合い、その方たちのご家族や親類など、とにかく私が直接間接知っている方たちがご無事であることを祈っていました。

とてつもなく大きな被害の出た、東日本大震災。
今なお、行方の分からぬ人を待ち続け、不自由な生活を強いられている方がたくさんいらっしゃることと思います。
何気なく過ごす日常を、過ごせていない方たちが多くいらっしゃいます。

私に出来ることは、きっととても小さくて、無力だけれど。
ただ、応援することだけは続けていきたいと思います。
17年前に起きた阪神・淡路大震災の被災者への応援を、今でも続けていらっしゃる方々がいらっしゃるように。

たとえ上は向けなくても。
せめて、前を向いて歩いていってもらえるように。

お亡くなりになった方々のご冥福を改めてお祈りするのと同時に、生きて頑張っていらっしゃる方々の未来が少しでも優しいものでありますよう、願っています。
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon