胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
カテゴリ:D.I.Y.( 49 )
|
|
2016年 05月 07日 |
b0090654_8571355.jpg数年前に、気づいたらヒビが入っていた居間の窓ガラス。
二重ガラスで、ヒビは内側に。
外側が割れていたのなら近所のガキんちょがボールでもぶつけたかなとか、外気温との差によるものかなとか納得出来るのですが、なんでだったんだろう?
b0090654_8572376.jpgせっかくなので、大窓の両側にある小窓も替えることに。
下半分だけしか開閉出来ず、それも一番下が20cmほど外に押し出せる程度のもので、通気にすらならないくらいだったんですよねー。
b0090654_933145.jpgD.I.Y.ではいつもお世話になる義弟くんズが今回も来てくれ、なんとか設置終了。
日本の窓はスライド式がほとんどだけれど、カナダでははめ殺しが主流。
これだけの大きさなのだから、開け閉め出来たらいいのになあと思うけれど、防犯としても薦められないそうです。
b0090654_933990.jpg両側の窓は、全体的にかなり大きく開けられるデザインに。
これだけでもかなり違います。
東向きの窓なので、特に早朝の澄んだ空気を入れられるのはうれし〜。
b0090654_934728.jpgフレームを含むガラスの入れ替えが一番の大作業だったので、ここまで出来ればあとはだんなが地道に仕上げるだけ(のはず)。
毎度、D.I.Y.のたびに手伝いに来てくれる弟くんズには本当に感謝です。

弟くんズには、短期の時には日当を、長期の時にはある程度の期間分をまとめてバイト料として渡してはいますし、お昼と夜の食事は私が作るか、外食しても我が家持ちにしていますが、それ以外に謝意を示す方法ってないですかねえ。
マンション暮らしの義弟Dは我が家のように改装等出来ないし、実家住まいの義弟Mはそもそも他力を必要としないし。
日本でなければ入手出来ないもの(もしくはカナダでは送料などを含めても倍以上するもの)を購入してあげるということはしていますが、彼らの労力&時間に比べれば微々たるもので。
訊いても笑って誤摩化されてしまうし、現金が一番いいんだろうけどね〜。
ま、ちょこちょこ話す時にでもアンテナをはって、誕生日やクリスマスにでもお返しするかなあ。
[PR]
2015年 01月 13日 |
b0090654_114192.jpg昨年の冬からイマイチ調子が悪かったファーネス(furnace、セントラルヒーティングシステムのもと)。
タイマーと室温計と連動しており、この時間に何度未満ならオン、以上ならオフと自動で切り替わるようになっていたのですが、どうも作動がうまくいかず、スイッチは入るのだけれどオン状態にならず。
車でいうと、エンジンはかかるのにギアを入れても動かない、みたいな感じで。
この冬は、なのでずっとガス暖炉のみで頑張ってきましたが、万が一私とだんなが日本に行く可能性もあり、そうすると暖炉だけではお留守番をお願いする弟くんが泊まる客室まで温められないため、今のうちに修理をすることに。
専門の方に来ていただいたら、かなり古いし、修理出来ないこともないけれど、新品を買う半分くらいの値段がかかってしまうと言われまして。
仕方なく、買い替えることになりました。
b0090654_114291.jpg本体だけをまるっと替えるだけでなく、排気口の大きさ等も変わるため、天井裏にまで上がっていただいての大作業となりました。
本体は小さくなりましたが、全体的な大きさも今までのものとあまり変わらず、また、場所もたいていいつもドアで隠れているところなので、違和感はほとんどナシ。
作動中の音がなんだか今までのより大きいように思いますが、1年以上ぶりに聞くことになるから気のせいかな?
ともあれ、これでにゃんずにも寒い思いをさせずにすむわ〜♪
[PR]
2014年 05月 17日 |
b0090654_2242437.jpgふふふ、玄関ポーチ、完成しました。
基本的に自然色が好きなので、今までのグレーよりもこっちの木に近い色目に変えて大正解♪

次は、リビングの窓(カーラー花壇の上にあるでかいやつ)にヒビが入ってもう何年も経つので、いい加減はめ直してもらわないと。
庭のデッキの上に屋根もつけてほしいし。
まだまだD.I.Y.は終わらない〜。
[PR]
2014年 05月 16日 |
b0090654_13182826.jpg玄関ポーチ、2塗り目。
1塗り目が乾いたあと、やっぱりどうしても色が気に入らなかったので、購入したお店で濃くしてもらいました。
缶入りのペンキが半量以上残っていれば新しいものと交換してもらえるそうですが、全く違う色にするわけでもないし、色見本から選んだものに近くなるように使いさしのものに足してもらうことにしました。色見本から選んだものに近くなるように使いさしのものに足してもらうことにしました。
b0090654_13184162.jpg最初の色が踏み台のもの、濃くしてもらったのがポーチの色。
カフェオレ色からチョコレートミルク色になった感じ?(笑)
でも変えて正解。
やはりこれくらいの濃さの方が、落ち着いたイメージになりました。
b0090654_1318556.jpgそして踏み台には滑り止めのため、ペンキが乾く前に細かい砂を振りかけます。
この上からもう一度塗り重ねたら、完成のはず。
はー、思ったよりも時間がかかったなあ…。
[PR]
2014年 05月 14日 |
b0090654_1313843.jpg暑くなって日中の作業がしんどくなってきた代わりに日没もかなり遅くなっているので、お外での作業は夕方から。
特に玄関が東向きなので、その方が涼しいんですよね。

ということで本日は、玄関ポーチのペンキ塗り、1回目。
まずは先日塗った白い部分を新聞でカバー。
せっかくのところに色が飛んじゃったらいやですもんねー。
b0090654_13124221.jpg今までグレー系でなんとなくくすんだイメージがあったので、だんなのチョイスでベージュ系に変えます。
いやあ、これだけでかなり印象が変わるもんですねえ。
一体どこの家?って感じです。
しかし…塗ってから気付いたのが、明るくはなったものの、なんだか印象がかなりぼやけているような。
柱やポーチ下の白でなく、壁の薄い生成りでもなく、かといって自然の木の色でもなく、屋根の濃い色でもなくとメリハリがなく、すごく中途半端なんですよね。
どうせ2〜3度塗り重ねなくちゃいけないので、最終的にはもうちょっと濃い色にしようかなー?
b0090654_12265722.jpgステップも、忘れずに。

初日から約1ヶ月、花壇のカーラーの伸びがすごい(笑)。
毎年、これでもか!っていうくらいワサワサになるので、そうなる前に作業をしようと取りかかったはずなのに、すでに新聞を貼り付けるのにも苦労したほどでかくなってます。
カーラーが伸びすぎてペンキが付いちゃう前に終われるのかなー?
[PR]
2014年 05月 02日 |
b0090654_0212829.jpg先日下準備をした、玄関ポーチ。
ようやくあたたかくなってきたので、ペンキを塗る作業開始です。

まずは昨日、1回目のペンキ塗り塗り。
窓枠、柱とポーチの下の白い部分。
クリスマスのイルミネーション用の取り付け具のために空いていた穴やペンキが剥げた部分との段差に、ペンキを埋め込んで平らになるように塗っていきます。
b0090654_0214110.jpgそして本日2度塗り目。
雨や花壇のスプリンクラーが当たりやすいポーチの下の部分は、もうひと塗り必要かな?
これだけでも結構見た目がマシになりました♪
[PR]
2014年 04月 12日 |
もう何年もずっと『やらなきゃ〜』とだんなが言い続けていた、玄関のポーチのペンキの塗り替え。
ようやく思い思い腰をあげて、取りかかることになりました。
b0090654_756149.jpgまずはペンキを塗り替えるだけでは効かない、腐食した木の張り替えから。
b0090654_7562488.jpg普段はあまり目の届かない端っこだったので分からなかったのですが、結構酷い!
b0090654_7563333.jpg軒下の柱部分も、かなりみすぼらしくなっています。
b0090654_7564277.jpg腐食した部分をはがして、新しくしたところ。
うーん、広くないし、全部張り替えたいくらいですが、屋根を支える柱があるので無理!とだんなに一蹴されちゃいました。
b0090654_7565198.jpg浮いたペンキを剥がす道具は2種。
まずはこちらでガリガリと大きなものを刮げとります。
b0090654_756591.jpgその後、固めのブラシで細かいものを。
気になるところはさらにサンドペーパーをかけますが、そこまでしなくてもいいかな?
b0090654_757719.jpgついでにぐらぐらと不安定なステップも作り替えてしまえと、張り切るだんな。
b0090654_7571584.jpg今までよりもすこ〜し幅も奥行きも広くなりました。
あとはペンキを塗るだけですが、朝晩の気温がまだ低すぎて(水性なので乾く前に露がかかるとダメなのだ)、出来ていません。
さて、だんなの選んだ色は何かな〜?
[PR]
2013年 09月 14日 |
b0090654_1022140.jpg先日は池の周りの大きな面にスレートを固定するところまでだったのを、10日の時点で、その他の小さい面も含め、池のコンクリートと同じ高さまで、スレートの周りにコンクリートを埋め込むところまで終了しました。
b0090654_1023940.jpgさらに本日、池の周りとの境界線を隠すように、スレートを置いてみました。
これもいずれ、固定するのかなー?
一応この後、池のぎょぴちゃんたちを捕獲して水槽等に移し、水を抜いて何やら作業をするとのたまっているので、まだまだ終わらないようですけれども。
[PR]
2013年 08月 04日 |
b0090654_9333917.jpgもう何年越しになるのか、数えるのも面倒になってきているお庭のD.I.Y.。
ようやく、家庭菜園周辺が落ち着いたので、お池回りに着手です。
まずは、パズルピースのように、スレートが隙間の多少があまりないように並べてみます。
b0090654_9335192.jpgそれぞれに番号を振り、別所に移動。
b0090654_934274.jpgスレートを置く場所をパワーウォッシャーの高水圧できれいに洗い流します。
実はここには、愛しのたろーちゃんの足跡が残っているので、それを埋めてしまうのはいやだったんですが、仕方ないですよね…。
b0090654_9341328.jpg番号を振ったスレートを、写真に撮ったオリジナルと比べながら、コンクリートを敷きつつ戻してゆきます。
この作業の時には、我が家が改装する時にはいつも手伝ってくれるだんなの末弟Mくんが駆け付けてくれました。
b0090654_9342661.jpgそしてなんとか一番大きな面は固定出来たかな。
空いてる他の面や池の周りには別のスレート板を置きたいし、スレートの周りも平らになるようにさらにコンクリートを流し込まなくちゃいけないからまだまだ作業は続くけど、一番の大作業が終わってほっとしています。
あとは時間を見つけて地味地味と埋めていかなくては。
[PR]
2012年 08月 20日 |
b0090654_5431347.jpg日本に行っている間に、お庭の改装が終了していました。
菜園箱が3つになり、その周りの芝生をめくって砂利を敷き、デッキの横にあったブルーベリーはフェンス脇の日当りのいい場所へ移動。
なかなかに見目良く仕上がっています。
ありがとう、だんな&義弟Mくん!
b0090654_5432381.jpgなのだけど、どうやらお野菜たちは放置されていたようで、大根は花がついてるし、ほうれん草その他も伸び放題で食べられそうにありません。
あーあ。
おちおち家を空けていられないってことなのかしらねえ?

ちなみに、現在は寝室横のシャワールームが改装中です。
私が戻るまでに作業を終えておくつもりだったらしいのですが、思っていたよりも床や壁の腐食が酷く、手間がかかってしまったそう。
でもすでに新しいシャワールームは設置され、壁も塗り直され、あとは床に新しいリノリウムを敷いて節水ライプのトイレを設置するだけとなっています。
今までよりもかなり明るくなるので、うれしーっ♪
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon