胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top |out
カテゴリ:日々の徒然( 431 )
|
|
2016年 03月 01日 |
贅沢にも、我が家は住人以上の台数の車&バイクがあります。
とはいえ、日常使える(保険がかけてある)のは車2台、もしくは+バイクのみ。
その間、他の車はまあ、放置、という感じになります。

で、現在は、常時使うエコカーと、積雪にも負けない4駆にもなるSUVの2台を使っていたのですが、SUVの保険が2月下旬で切れまして。
もう雪も降ることもないだろうと、小型車に保険を掛けかえたのですが。
エンジンはかかるのに、動かねえ〜ッ!
放置前までは普通に乗っていたのだから、不具合はないはずなのに、アクセルを踏んでも前にも後ろにも動かず。
荒療治だとSUVに繋いで引っ張ってみたりもしましたが、ずるずると車体が移動するだけでタイヤは4輪とも回る気配はなく。
うーん、4ヶ月ほど雨曝しで停めておいたから、もしかしたら錆び付いちゃったのかな〜?
ともあれこれは車関係に詳しい義弟くんに週末頼んで来てもらうことにしました。

そして問題は、本日私もボランティアに行く予定で車が必要だということ。
しかも、だんなの職場と私のボランティア先は方向が真逆。
どちらかが公共交通機関を使うということも考えたけれど、天気予報は大雨だということで。
まずは朝、私がだんなと一緒に職場まで行き、そのまま車に乗って帰宅。
午後からボランティアに行き、帰りは家に寄らずにだんなの職場までお迎えに。
だんなの仕事は私のボランティアが始まる頃に終わるのですが、最近は忙しくて残業続きだったので、そのまま仕事をしながら待ってるという…。
まあ、職場から徒歩20分ほどのところに義妹宅があるので、最悪はそこで待機ということも考えてはいたのですけれどね。

ともあれ、公共交通機関が少ない地域なので、普段は私もあまり外出しない方なので気にすることもなかったのですが、今回のことで車がないと本当に困るということを実感。
うーん、もうちょっとちゃんと乗らない車も定期的にメンテナンスをしないとね…。
[PR]
2016年 02月 02日 |
b0090654_10345746.jpg20年前の今日、私にとっては大袈裟でなく、人生の転機となった記念日です。

英語は苦手だったくせに、海外での生活には憧れており、旅行のような短期ではなく、けれど留学は勉強もお金も大変だからと、日数限定ではあるものの学校へ通うことも出来る上にバイトも可能なワーホリを選び。
残業のない職場だったのを幸い、2年ほど英会話教室にも通い(全くモノにはならなかったけどアジア人以外の外見の人にも緊張はしなくなったな)。
3年ほど働いて旅費を貯め。

1996年2月2日、金曜日。
生まれて初めて飛行機に乗り、生まれて初めてパスポートを使い、生まれて初めて長期間実家から離れたところで暮らすことを始めた日です。

当時はまだ週1便しかなかった、地元の空港からバンクーバーへの直行便(今は週1どころかバンクーバーへは毎日あるけど成田経由しかないのが残念)。
なのに雪女の威力を発揮しまくって朝からドカ雪で、飛行機が飛ぶかどうかもあやしくて。
バンクーバーに到着したら、なんと外はお昼近くなのに積雪こんもり、しかもマイナス7度だとかでびっくりして。
それからは怒濤の日々でした。
学生時代の英語の成績はなんとか赤点は免れていた、くらいの低空飛行だったのに、単身、しかもいきなり知り合いのひとりもいない海外で1年間も暮らすなんて、今思えばなんと無謀なことでしょう。
確かに楽しいことばかりじゃなく、苦労もしたしつらい思いもしましたが。
それでも、まだネットだってなかった時代、頼れるのは自分だけと頑張ったことは胸を張って自慢出来ます。
見守ってくれた家族、応援してくれた友人たち、出会ってしまった(!?)だんな、心配し気にかけてくださった方々全員に感謝です。

初心忘るべからず。
立ち止まってもしゃがみ込んでもいいけれど、でも前向きに。
のんびりゆっくり、流されず焦らず、自分のペースで。
そんな感じでこれからも私らしく時間を過ごしていきたいな。
[PR]
2016年 01月 04日 |
b0090654_232225.jpgちゃんと(?)雪。
でも見た目はあんまり変わらない…。

とりあえず明日の出発は雨予報なので、マシかな?
雪の所為で4時間ほど飛行機に閉じ込められた過去があるからね…。
[PR]
2016年 01月 03日 |
b0090654_1471131.jpg毎日、義務のようにアップしていた『韓単』。
全部ちゃんと覚えたかというと全くそうではなく(をい)、アップしたら満足、みたいな感じもありましたが。
なんでもそうですが、続けていると癖のようになり、ないとさみしくなっちゃうんですよね〜。
とりあえず帰国の際、また2016年のものを入手するつもりなので、少々出足は遅れますが今年もやろうと思います。
継続は力なり(中1の時に担任からいただいた大切な言葉です)、ですからね!

写真は、昨日よりもさらに白い景色。
b0090654_7482154.jpg雪じゃないですよ、霜ですよ〜。
[PR]
2016年 01月 02日 |
b0090654_6102359.jpg昨日も今日も、濃い霧に覆われています。
我が家の近くを大きな川が流れている所為か、日中でも晴れないまま。
しかも最高気温が限りなく氷点に近いため、木々についた霜も解けることなく真っ白です。
樹氷ではないのですが、まあこれはこれできれい、かな?
b0090654_6103662.jpgなので、外の景色はさながらホラー映画のゴーストタウンのよう。
これで黒い影が横切ったり突然鳥などの叫び声が聞こえたりすれば、完璧!?
[PR]
2016年 01月 01日 |
b0090654_1372131.jpg帰国予定日の天気予報。
数日前の予報よりも、カナダも日本も多少気温はぬくくなっているものの。
なんと、こちらは完璧に雪!
しかも結構積もりそう?
うーん、さすがはもともと悪天候女ではなく『雪女』と言われていた私。
これこそ本領発揮って感じですかねぇ?
[PR]
2016年 01月 01日 |
厳寒の折、皆様にはお変わりございませんか。
喪中のため、年頭のご挨拶を遠慮させていただきました。
本年も何卒よろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。
寒い日が続きますが、何卒お体を大切にお過ごしください。

[PR]
2015年 12月 29日 |
b0090654_1525583.jpgb0090654_153477.jpg1週間後に迫った帰国。
準備はまあ慣れたものなので適当ですませるのですが、気になるのは当日のお天気。
『悪天候女』の異名をほしいままにしている私なので、せめて他の人に迷惑がかからない程度がいいなあとチェックしています。
で、カナダを出発する5日の予報は、最高1℃、最低-2℃。
比べて、日本の地元に到着する6日の予報は最高10℃、最低2℃。
…日本の最低気温よりもカナダの最高気温の方が高いって、この差はナニ!?
もともと暑さが苦手な私なので、さすがに今の時期なら夏のようにバテることはないと思うけれど、冷え込みに慣れた身体がぬくさにゲンナリしそうでコワイっす…。
[PR]
2015年 12月 21日 |
b0090654_8243130.jpgカナダの冬至は本日、21日。
時差は日本より遅いのに、なぜか季節の節目は日本より早いという…。
そして今日の日の出は8時、日没が4時過ぎで、実質明るいのは8時間。
ということは、1日の2/3は暗いということで。
しかもバンクーバー近郊の冬は雨天が多くどんよりした空模様が続く上に、北米の家では天井に電気が付いている明るい部屋というのが少ないので、鬱になる人が多いのも納得。
だからこそ、クリスマスのイルミネーションなどで気分を明るく盛り上げなくてはいけないんでしょうね〜。
[PR]
2015年 12月 17日 |
初雪です。
しかも、結構細かいさらりとしたやつ。
でもちらほらっと落ちてきたな〜という程度で、30分も続かなかったし、知らなかった人も多いかと。
私はちょうど外にいて、窓拭きをしていたので(そうまだ私の大掃除は続いていたんです…)気付けただけだし。
以前は11月末、図ったように29日だったのに、最近は12月半ばになることが多いようだし、やっぱり温暖化の影響ですかね〜。
b0090654_9302768.jpgちょっと追記。

11時半ごろ、またもや降り始めました。
大きな牡丹雪だから、気温は低くないし、そんなに積もらないと思うけど。
b0090654_9303869.jpg1時間後くらいでこんな感じ。
でもこの後雨に変わってあっという間に融けてしまいました。
とりあえずこの冬の初雪・初積雪クリア。
次はいつだ〜?
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
夏のおみやげ Skin by Sun&Moon