カテゴリ:書道・カリグラフィ( 41 )
|
|
2016年 12月 31日 |
喪中につき 聖誕祭及び年末年始のご挨拶を
謹んでご遠慮申し上げます

今年中賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます
向寒の折から皆様にはご自愛のほどお祈りいたします

[PR]
2015年 12月 31日 |
喪中につき 聖誕祭及び年末年始のご挨拶を
謹んでご遠慮申し上げます

今年中賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます
向寒の折から皆様にはご自愛のほどお祈りいたします

[PR]
2015年 12月 28日 |
b0090654_951464.jpg年明けすぐに帰国予定のため、今のうちにボランティア先での書き初め用のお手本を作成。
おそらく幼少の子らだけになるため、ひらがなメインで、遊びを入れて。
漢字はまあ、もしかしたら父兄も参加出来るかもしれないので、念のため。
基本のものは毎年使い回しのものですが、やっぱり干支はほしいですもん。
大人用ならもうちょっと手の込んだデザインでもやりたいところなんですけどねー。
[PR]
2015年 04月 13日 |
b0090654_1150277.jpg父の写真の横に掛けようと、法名軸を作ってみました。
本来ならば位牌なのですが、それは実家の仏壇に入れておくものだし、でも写真だけ飾っておくのもなんだかさみしいしと思いまして。
材料は、100均で見つけた20cmx10cmの小さな飾り用の掛け軸。
それに法名を書いて裏打ちしたものを入れ、糸で留めただけ。
書いた人も材料も安物でごめんよ、父。
b0090654_11501276.jpg裏にはこんな感じで、俗名と行年を。
玉止めが不格好だけれど、まあ裏側なんて誰も見ないし、いいよね〜?
[PR]
2015年 01月 03日 |
b0090654_7272679.jpg来週はじめに、ボランティア先で予定されている書き初めのためのお手本を作りました。
今年は未年、故事やことわざに使われている『羊』はあんまりいい意味のものがないのですが、だからこそ、今まであまり良くなかったことが好転するといいなと思います。

こちらは、普通のもの。
b0090654_7273649.jpgこちらは、ちょっと文字をデザイン化して遊んでみたもの。
b0090654_7274470.jpg毎年使い回している、お正月らしい言葉を集めたもの。
b0090654_7275469.jpgと、書き初め用紙のもの。

ちびっこやひらがなさえもちゃんと書けないような子が大半なので、これでもかなりレベルは高いと思いますが。
一番年嵩の子たちは高校生だし、『初夢』とか『富士鷹茄子』とかもやってみた方がいいかなあ?
[PR]
2014年 12月 12日 |
カナダに来てから毎年欠かさず、手作りしていたクリスマスカード。
でも今年はサボります。

いつもは11月半ばあたりからデザインの考案・材料の収集をはじめ、12月に入ってすぐくらいには送っていたのですが、緊急帰国していたこともあり、時間的にも心にもそんな余裕はなく。
また、毎年、私が送る半数も返信はなく、さらには私が送るから送り返してくれる、という感じのものが多いので、なんだか相手にも義務感を抱かせてしまうのが申し訳なく。

なので今回は、くださった人にだけ寒中見舞いを送ろうかなと思っています。
それで、いいよね?
[PR]
2014年 09月 11日 |
b0090654_10344926.jpg先日、隣州に住む義弟くん夫婦に女の子が誕生しました。
すでに出産祝いは欲しかったものを購入して私たちが代金を渡すという話がついているのですが、赤ちゃん用に仕込んだ石けんおまけ(?)に添えようと、カードを作成。
午年の乙女座生まれということで、色鉛筆で描き描き。
クリスマスのように大量に作るとどうしても手を抜きがちになってしまうのですが、こういうのはなるべく丁寧にと心がけています。
今週末にだんなが実家へ持っていき、今月末に義母が隣州へ行く時に渡してもらえるよう、預ける予定です。
[PR]
2013年 12月 25日 |
b0090654_1234127.jpg


季節のご挨拶を、申し上げます。

今年のカードは、カリグラフィではなく、ちょっと手抜きをして工作っぽく。
何が大変って、直線が一ヶ所もない型の切り抜きですよ。
それを折り込んで、四角く。
でも今までで一番クリスマスカラーっぽいかも知んない(笑)。
[PR]
2013年 02月 25日 |
b0090654_12112100.jpg少し前に、クラフトのお店でこんなものを見つけました。
日本でならめずらしくもない、カラーの筆ペンですが、カナダにもあるなんてびっくり。
しかも、よくあるフェルトペンではなく、ちゃんと(ビニールかアクリルかの素材ですが)一本一本細い毛で作られた筆ペン仕様なのです。
画材には目がない私、早速(?)衝動買いしまして、結構遊んでおります。
b0090654_12111434.jpgで、今回、2月末にお誕生日を迎える友人の娘さんのバースデーカードを作り、メッセージは普通の黒の筆ペンで、その隅にこんな絵を描いてみました。
桜にはまだ早く、ちょうど桃の節句が間近なので、そんな感じに見えるといいなと(お誕生日のプレゼントも、日本から持って来た内裏雛なのです♪)。
絵の具のように多彩には出来ませんが、でも絵の具のように準備や後片付けが面倒ではなく。
水墨画のように濃淡は出ませんが、むしろ気軽に遊ぶ感じで。
ふふ、楽しい〜。
[PR]
2013年 02月 22日 |
ちょっと、書道週間。

知り合いの方から、空手の大会のため(?)にTシャツを作りたいから、それにプリントする文字を書いてくださいとお願いされ。
普通よりもちょっとデザインっぽさを出したいなあと、あれこれ悩みつつ、鋭意創作中。

さらに、日本に帰国中に書道教室に興味があると連絡をくださり、10日ほど前にお教室の見学にいらした方が、本日はいよいよお筆を持つおけいこにいらっしゃいました。
見学時に早速硬筆のおけいこをされ、『きちんと書く』ことの難しさを実感されていたようですが、本日は基本の横画、さらには線ではなく『文字』としてのバランスも大切な漢数字としての『一二』をおけいこされたのですが、たかが横線一本でこんなに苦労するとは!と驚かれていました。
うふふ、でも楽しんでくださっていたようなので、とりあえずはひと安心、かな?
しかもにゃんこ好きさんなので、雑談もとめどなく盛り上がり、私も楽しい時間を過ごさせていただきました。

そんな感じで、お筆と戯れています。
楽しいんだな、これが♪
[PR]