胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
カテゴリ:手作り化粧品( 100 )
|
|
2016年 11月 24日 |
b0090654_10532664.jpgクリスマスプレゼント用の石けんは打ち止めにしたはずなのですが、以前手作り石鹸のぷりん師匠からゆずっていただいたシリコン製の雪の結晶の型(白い方)を使ってみたくて、つい。
ピンクの方はそれ以前に購入したものですが、どっちも出来上がりはかなり小さいです。
普段MPソープベースを溶かす時に使う計量カップからでは微妙な加減が出来ずに溢れてしまい、最終的には先が細いパフェ用スプーンですくって入れました。
MPが便利なのは、型入れに失敗しても温め直してまたやり直せるということ。
結局3回くらいやり直したかなあ。
あんまり何度も温め直すのはよろしくないとは思うけれど、まあ、ある程度のコツが掴めるまでは仕方ないですよね。
b0090654_10533662.jpgこんな感じ。
四角いものはどちらも普通の石けんの半分くらいの大きさ。
型には、ゲスト用石けんと書いてあり、ホテルなどに置いてある感じかな。
結晶以外は、以前作って余っていたものを溶かして型入れし直したもの。
しかし、飾りを乗せるのが早すぎたのか、沈んでしまったりして、出来はイマイチ。
きれいに表面に貼り付ける方法を模索しなくては。
[PR]
2016年 10月 26日 |
b0090654_33589.jpgクリスマスプレゼント用の石けんを仕込んだあと、オーロラを見に行った時にお世話になったコテージの方にお礼を兼ねて石けんを送ったらどうかと思い、作ってみました。
本来なら、オーナーご自身から、(旅行クチコミサービスの)トリップアドバイザーに意見を書いてくださいと言われたし、そうするのが礼儀だと思うのですが、無料ではあるけれど会員にならないと意見を書き込むことが出来ないシステムだそうで。
とりあえずだんなが登録してレビューを書いてくれましたし、日本語が分かるスタッフがいるということで日本語でも…と思ったのですが、迷っているうちに時機を逃した感じで。
それでも、とにかくお世話になったお礼をしたくて、仕込んでみたのがこちら。
b0090654_323448.jpg稜線ギリギリに広がった白い雲のようなオーロラ、それでもカメラにはきれいな緑色に写っていました。
ほんのわずかな時間でしたが、雲よりも速く揺れ動く白いオーロラの裾の方に赤色も見え、感動しました。
それを形に出来ればなあと思ったのですが、うーん、微妙…。
b0090654_325346.jpg竹炭があればもっと空が暗く出来たのだろうし、緑色ももっと発色がいいものがあったのかもしれませんが、とりあえず手持ちの材料ではこれが精一杯かな。
んー、もうちょっと緑の部分が広い方がよかった気がしますが、でも、実際に見たオーロラはこんな感じだったので、オッケー。
で、これをお世話になったコテージのオーナーに送りつけてもいいのかどうか。
自然を大切にされていらっしゃるし、手作りのあれこれも多く、無碍な扱いはされないだろうとは思いますが、ご迷惑にならないかなあと心配。
熟成にもうしばらくかかるし、もうちょっと悩んでみようかな。
[PR]
2016年 10月 02日 |
b0090654_8302383.jpg本日は石けんのカットをしました。
手前から、#102 マルセイユ#104 クリスマスオリーブ#105 アボカドベビー
b0090654_751454.jpgマルセイユは期待したほど(?)中に気泡が入っていなかったし、上部は凸凹だけどそれはそれで手作りの味でよいかなと。
クリスマスオリーブは、切っている最中でもグリセリンソープが滑り出したりしましたが、型出し翌日ほどの分離もなく、微妙に角度もついているのでこのままCP部分がしっかりと熟成すれば、たとえ使っているうちに外れたとしても、渡す時に大丈夫ならなんとかならないかと期待中。
アボカドベビーは、どうやらだんながデザイン的には一番気に入ったようですし、マーブル部分も一切れずつ違うので面白いかも。
あとひとつ、グリセリンソープで遊んでみたいこともあるけれど、それは作るのはもうちょっと後でもいいかなー。
ともあれ、どれも石けんとしてはちゃんと使えるはず、だよね?
[PR]
2016年 09月 29日 |
b0090654_222054100.jpg先日仕込んだクリスマスカラーの石けん
いい感じで固くなっていたので昨日、型から取り出しました。
その時は問題なかったのに、なんと、今朝起きたらMPの外側がはがれている!
ヤバいよ!
b0090654_2221349.jpgということで、緊急に重石を。
同様に型出ししたアボカドベビーを乗せ、その上に大理石製のカッターで押さえてみました。
さて、これでなんとかなるといいんだけど。

ちなみにこのカッター、本当はチーズ用です。
タコ糸では弱すぎ、ナイフだと切り口があまりきれいにならず。
でもけっこう固いチーズもきれいに切れるこれは、石けんにも大活躍。
ちなみに替えの刃(?)はギターの弦の一番細いものを使っています♪
[PR]
2016年 09月 25日 |
b0090654_7454318.jpg石けんの材料が出ているうちに、どんどん作りますよ〜。
別に大袈裟なことではないのですが、いつの間にか食品用以上に増えたオイルのあれこれ、ぐるぐる(=湯煎しながらの撹拌)に必要なボウルやその他、精油やら型やら、混ぜて型に入れれば終わりというものならばともかく、ちょこーっと手間をかけようかなと思うと、それなりに材料・器材がありまして。
全てを取り出すとけっこう場所もとるし、ならばいっそ片付ける手間を省くためにも一気にあれこれ作ってしまえ!と、面倒くさがりな私は思っちゃうんですね。

で、今回は、基本は白っぽい色になるはずのレシピで、そのうちの少々に色をつけて垂らしこみ、切った断面の上から半分くらいにマーブル模様っぽいものが出るといいなと。
もとになる白い生地にはクラリセージを、青色を足した生地にはイランイランの精油を入れ、精油そのものも香りが混じらないようにしてみました。
さて、一緒に混ぜ込んだ時との違いはありやなしや?

表面が(中も?)ぼこぼこになった石けんもお使いものとして使えそうなら、とりあえずクリスマス用に3種、仕込めましたが。
せっかくお師匠さまからいただいた雪の結晶の型があるので、それを使って小さめでMPも作ってみようかな〜と画策中。
MPは見た目勝負!という感じで、どれだけ凝った作りでも使い心地にはあまり差がない気がしてしまい、自分用には作らないんですけど、プレゼントにするならアリかなと。
自分が冬生まれということもあるのかもしれませんが、四季の中では一番冬が好きで、雪の結晶や、特に冬はきれいに見えるという星などがモチーフになったものはピアス等でもつい見つけたら買っちゃうほど。
あ、星は、以前宝塚で一番好きだった方が星組だったということもあるんですけどね。
さて、まだまだ時間はあるし、どうしようかな〜。
こういう、作ったら思っていたものとは違うかもしれないけれど、でも最初にあーだこーだとデザインを考える時間が一番楽しいのかもしれませんね。
[PR]
2016年 09月 23日 |
b0090654_228293.jpg今回は異種類の石けんを合わせる試み。
なので、使ってるうちに分離しちゃわないか、あげる前に使い勝手をテストする期間も考え、少々早めですがクリスマスプレゼント用に仕込んでみます。
まずはMPを赤と緑で色付け。
CPよりも少ない量で色を入れたのですが、かなり発色がよくて思ったよりも濃い色でびっくり。
b0090654_2283766.jpg赤い方にはマンダリン、緑の方にはティートゥリーの精油を。
なんだか見た目は羊羹みたいだなーと思いつつ、縦半分に切りまして。
b0090654_2284526.jpg型に並べていれ、その上からオリーブ油のみの石けんを流し入れます。
b0090654_2285424.jpgこれで切ったら、赤と緑のMP石けん部分がステンドグラスのように透けて見えるといいんだけどな。
[PR]
2016年 09月 16日 |
b0090654_23315452.jpg何をぐだぐだしていたのでしょう、なんと今年に入ってやっと!2つめの!!石けんです!!!
確かに年明けから父の一周忌、すぐに呼び戻されて祖母の葬儀で最初の1/3が過ぎ。
次の1/3は、それほど暑くはなかったおかげか、なぜか料理を作る方に意欲があり、さらに窓のはめ替えで義弟くんズたちが来てくれたり、うさぎさんを預かることになってアワアワしたりと、気持ち的にゆっくり石けんをぐるぐるしようと思えず。

で、熟成に4週間(以上)かかるCP石けん、シンプルなものはもちろん、多少デザイン的に試してみようかなと思うものがあるのなら、失敗した時のことを考えると、クリスマスプレゼント用のものをそろそろ作り始めないといけません。
ということで、ほぼ半年ぶりのぐるぐる。
そこそこ失敗も繰り返し、ある程度はそれなりに作れるようになっていたと自負していたんですが、その余裕がいけなかった!
以前作ったこともあるレシピだったし、その時はトレースが出るまでにけっこうかかったし〜と思っていたら、ぐるぐるしている間にあっという間にトレース状態を通り越してマッシュポテト状態に!
慌てて精油を入れることさえ忘れてとにかく型に入れましたが、表面はぼこぼこ。
まあこれはこれで、けっこう真っ白な石けんだし、中に気泡なんかもありそうで、ふわふわの雪です〜みたいなイメージで面白いかもしれませんけど。
ただ、プレゼントに出来るかどうかは、切ってみないと分かりません…とほほ。
[PR]
2016年 05月 25日 |
b0090654_9571094.jpgもうご近所さんになってから何年も経つというのに、本日初めて、南西の斜向かいさんちのにゃんこシンバの飼い主さんがソーパーさんだということを発見!
ずっとご同居されていた方と近日結婚されるご予定で、内輪でパーティをする時にプレゼントするために石けんを作っているとおっしゃったことが切欠で。
で、作品を拝見したらすごい量!
しかも、段ボールにいっぱい、切り口がまずいものとか商品(または贈り物にする)のに値しないものがどっさりあり、それらは全部捨てるとか言うんです!
それはもったいなさすぎると、少々いただいてきました。
昨年の夏ごろから始められたそうですが、何年も作ってる私よりもとってもきれいな石けんばかり。
ただ、クラフトフェア等で手作り石けんを売られている方もよくいらっしゃいますが、どうも私には香りがきつすぎるんですよね…。
私は鼻を近付けてようやくほんわり、というくらいにしか香りを入れないので、余計にそう思うのかなー。
ただ、もともと石けんを手作りする切欠になったのが、北米の石けんのにおいの強烈さもあったので、仕方ないのかも。
ともあれ、しばらくは部屋の芳香剤としてあちこちに置いておいてから、ありがたく使わせていただきま〜す♪
[PR]
2015年 11月 28日 |
b0090654_85202.jpg本日も元気よく(!?)グリセリンソープ作りです。
まずはコンフェ用に、にゃんこたちを。
白い色は、入浴剤で。
b0090654_853064.jpg透明のベースを流し入れて、にゃんこをポンポンと置きます。
b0090654_853972.jpgその後、青色をつけたベースで蓋をして。
b0090654_854898.jpg完成〜。

石けんを作り始めて、なんとこれが99バッチ目。
次回100回目の記念には、何を仕込もうかな〜。
[PR]
2015年 11月 27日 |
先日購入したグリセリンソープ(MP=Melt&Pour)を作ってみることにしました。
手元に作り方の本などがないので、今回参考にさせていただいたのは私が師匠とお呼びするぷりん(さとこ)さんのサイト、『手作り石けんデザイン研究所』。
お世話になります〜。
b0090654_22484343.jpgまずは石けんベースを融かします。
融けやすいように小さくカット。
b0090654_22485585.jpg電子レンジで様子を見ながら温めて融かし、色をつけたりエッセンシャルオイルを加えたりして、型に流し入れ。
これはコンフェ用なので、直径4cm、深さ2cmくらいの小さなものです。
b0090654_2249543.jpg固まったら型から外し、同様の手順で大きめの方に透明のものを2/3くらいの深さで作り、その中に最初の小さなものを投入。
b0090654_22491664.jpgさらに待ち、蓋をするように違う色をつけたものを流し入れまして。
b0090654_22493050.jpg横から見るとこんな感じ。
b0090654_22494253.jpg完成〜♪
今まで作ってきた石けん(CP=Cold Process)と比べると、呆気ないほど簡単に出来てしまうので、なんだかちょっとつまらないかも。
まあ、時間はかからないしすぐに使えるので急ぐ時や、CPでは出来ない『透明石けん』が作れるからコンフェで勝負!という見た目重視のものにはいいのかなぁ。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon