TopOut
カテゴリ:手作り化粧品( 105 )
|
|
2017年 11月 30日 |
b0090654_06191668.jpg先日仕込んだ#110#111の石けんを、型出し、カット。
うん、それなりに想像していた感じに近くてよいかも。
あとはぎりぎりまで熟成させればなんとかなるかな〜。

[PR]
2017年 11月 30日 |
b0090654_06191668.jpg先日仕込んだ#110#111の石けんを、型出し、カット。
うん、それなりに想像していた感じに近くてよいかも。
あとはぎりぎりまで熟成させればなんとかなるかな〜。

[PR]
2017年 11月 25日 |
b0090654_04474822.jpgクリスマスプレゼント用石けん、第2弾。
こちらはシンプルに、カラーを混ぜ過ぎない感じで。
b0090654_04475631.jpg寝かせたあと、ちょっと色が白っぽくなったかな?
ぎりぎり、クリスマスに間に合うかな〜?

[PR]
2017年 11月 23日 |
b0090654_04394114.jpgやらねばと思いつつイタズラに日々が過ぎ、ようやく仕込みました、クリスマスプレゼント用石けん。
まずはコンフェ用のもの。
b0090654_04395050.jpgあまり小さくせず、ごろごろさせようと、1.5cm角くらいにカット。
b0090654_04401752.jpg本体用の生地を流し込んだあとに放り入れ、ぼこぼこ感のままがいいかなと、あまり表面をならさずに。
b0090654_04402533.jpg一晩寝かせたあと。
あとは型出ししてカットしてみないと中が分からないのだけれど、あまり空洞が出来ていませんように!

[PR]
2017年 11月 04日 |
b0090654_02460125.jpg久しぶりに石けん作り。
クリスマスのプレゼント用にいつも大量に作っちゃうので、それを消費するのに次のクリスマスまでかかっちゃうのだけれども。
久しぶりに揚げ物油が溜まったので作っちゃった。
贅沢に、酒粕入り♪
冬の乾燥に負けないものになるといいなー。

[PR]
2016年 11月 24日 |
b0090654_10532664.jpgクリスマスプレゼント用の石けんは打ち止めにしたはずなのですが、以前手作り石鹸のぷりん師匠からゆずっていただいたシリコン製の雪の結晶の型(白い方)を使ってみたくて、つい。
ピンクの方はそれ以前に購入したものですが、どっちも出来上がりはかなり小さいです。
普段MPソープベースを溶かす時に使う計量カップからでは微妙な加減が出来ずに溢れてしまい、最終的には先が細いパフェ用スプーンですくって入れました。
MPが便利なのは、型入れに失敗しても温め直してまたやり直せるということ。
結局3回くらいやり直したかなあ。
あんまり何度も温め直すのはよろしくないとは思うけれど、まあ、ある程度のコツが掴めるまでは仕方ないですよね。
b0090654_10533662.jpgこんな感じ。
四角いものはどちらも普通の石けんの半分くらいの大きさ。
型には、ゲスト用石けんと書いてあり、ホテルなどに置いてある感じかな。
結晶以外は、以前作って余っていたものを溶かして型入れし直したもの。
しかし、飾りを乗せるのが早すぎたのか、沈んでしまったりして、出来はイマイチ。
きれいに表面に貼り付ける方法を模索しなくては。
[PR]
2016年 10月 26日 |
b0090654_33589.jpgクリスマスプレゼント用の石けんを仕込んだあと、オーロラを見に行った時にお世話になったコテージの方にお礼を兼ねて石けんを送ったらどうかと思い、作ってみました。
本来なら、オーナーご自身から、(旅行クチコミサービスの)トリップアドバイザーに意見を書いてくださいと言われたし、そうするのが礼儀だと思うのですが、無料ではあるけれど会員にならないと意見を書き込むことが出来ないシステムだそうで。
とりあえずだんなが登録してレビューを書いてくれましたし、日本語が分かるスタッフがいるということで日本語でも…と思ったのですが、迷っているうちに時機を逃した感じで。
それでも、とにかくお世話になったお礼をしたくて、仕込んでみたのがこちら。
b0090654_323448.jpg稜線ギリギリに広がった白い雲のようなオーロラ、それでもカメラにはきれいな緑色に写っていました。
ほんのわずかな時間でしたが、雲よりも速く揺れ動く白いオーロラの裾の方に赤色も見え、感動しました。
それを形に出来ればなあと思ったのですが、うーん、微妙…。
b0090654_325346.jpg竹炭があればもっと空が暗く出来たのだろうし、緑色ももっと発色がいいものがあったのかもしれませんが、とりあえず手持ちの材料ではこれが精一杯かな。
んー、もうちょっと緑の部分が広い方がよかった気がしますが、でも、実際に見たオーロラはこんな感じだったので、オッケー。
で、これをお世話になったコテージのオーナーに送りつけてもいいのかどうか。
自然を大切にされていらっしゃるし、手作りのあれこれも多く、無碍な扱いはされないだろうとは思いますが、ご迷惑にならないかなあと心配。
熟成にもうしばらくかかるし、もうちょっと悩んでみようかな。
[PR]
2016年 10月 02日 |
b0090654_8302383.jpg本日は石けんのカットをしました。
手前から、#102 マルセイユ#104 クリスマスオリーブ#105 アボカドベビー
b0090654_751454.jpgマルセイユは期待したほど(?)中に気泡が入っていなかったし、上部は凸凹だけどそれはそれで手作りの味でよいかなと。
クリスマスオリーブは、切っている最中でもグリセリンソープが滑り出したりしましたが、型出し翌日ほどの分離もなく、微妙に角度もついているのでこのままCP部分がしっかりと熟成すれば、たとえ使っているうちに外れたとしても、渡す時に大丈夫ならなんとかならないかと期待中。
アボカドベビーは、どうやらだんながデザイン的には一番気に入ったようですし、マーブル部分も一切れずつ違うので面白いかも。
あとひとつ、グリセリンソープで遊んでみたいこともあるけれど、それは作るのはもうちょっと後でもいいかなー。
ともあれ、どれも石けんとしてはちゃんと使えるはず、だよね?
[PR]
2016年 09月 29日 |
b0090654_222054100.jpg先日仕込んだクリスマスカラーの石けん
いい感じで固くなっていたので昨日、型から取り出しました。
その時は問題なかったのに、なんと、今朝起きたらMPの外側がはがれている!
ヤバいよ!
b0090654_2221349.jpgということで、緊急に重石を。
同様に型出ししたアボカドベビーを乗せ、その上に大理石製のカッターで押さえてみました。
さて、これでなんとかなるといいんだけど。

ちなみにこのカッター、本当はチーズ用です。
タコ糸では弱すぎ、ナイフだと切り口があまりきれいにならず。
でもけっこう固いチーズもきれいに切れるこれは、石けんにも大活躍。
ちなみに替えの刃(?)はギターの弦の一番細いものを使っています♪
[PR]
2016年 09月 25日 |
b0090654_7454318.jpg石けんの材料が出ているうちに、どんどん作りますよ〜。
別に大袈裟なことではないのですが、いつの間にか食品用以上に増えたオイルのあれこれ、ぐるぐる(=湯煎しながらの撹拌)に必要なボウルやその他、精油やら型やら、混ぜて型に入れれば終わりというものならばともかく、ちょこーっと手間をかけようかなと思うと、それなりに材料・器材がありまして。
全てを取り出すとけっこう場所もとるし、ならばいっそ片付ける手間を省くためにも一気にあれこれ作ってしまえ!と、面倒くさがりな私は思っちゃうんですね。

で、今回は、基本は白っぽい色になるはずのレシピで、そのうちの少々に色をつけて垂らしこみ、切った断面の上から半分くらいにマーブル模様っぽいものが出るといいなと。
もとになる白い生地にはクラリセージを、青色を足した生地にはイランイランの精油を入れ、精油そのものも香りが混じらないようにしてみました。
さて、一緒に混ぜ込んだ時との違いはありやなしや?

表面が(中も?)ぼこぼこになった石けんもお使いものとして使えそうなら、とりあえずクリスマス用に3種、仕込めましたが。
せっかくお師匠さまからいただいた雪の結晶の型があるので、それを使って小さめでMPも作ってみようかな〜と画策中。
MPは見た目勝負!という感じで、どれだけ凝った作りでも使い心地にはあまり差がない気がしてしまい、自分用には作らないんですけど、プレゼントにするならアリかなと。
自分が冬生まれということもあるのかもしれませんが、四季の中では一番冬が好きで、雪の結晶や、特に冬はきれいに見えるという星などがモチーフになったものはピアス等でもつい見つけたら買っちゃうほど。
あ、星は、以前宝塚で一番好きだった方が星組だったということもあるんですけどね。
さて、まだまだ時間はあるし、どうしようかな〜。
こういう、作ったら思っていたものとは違うかもしれないけれど、でも最初にあーだこーだとデザインを考える時間が一番楽しいのかもしれませんね。
[PR]


ページトップ
The Original by Sun&Moon