胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
カテゴリ:健康のためにできること( 43 )
|
|
2015年 04月 30日 |
20年以上ぶりに、バドミントンをしました。
だんなの同僚さんがハマっていて、その方がだんなにも付き合わせようとラケットを貸してくださったので、近所のコミュニティセンターに練習に行ってきたんです。
まあ、中学生の時に軟式テニスをかじったので、昔取った杵柄でそれなりにラリー(?)は続くのですが、試合となるとルールからサーブの仕方からさっぱり分かんない!
何よりも、寄る年波には勝てないというか単なる普段の運動不足というか、30分も経つと右の前腕と左の腿の付け根が悲鳴をあげ始め…。
何よりも明日明後日あたりは全身筋肉痛に見舞われそうで、今からドキドキ。
やはり無理は禁物、ちゃんと準備運動やらストレッチやらからしないといけませんね〜。
[PR]
2015年 03月 16日 |
と、仕事から帰ってきただんなが(英語)で叫びました。
いつも仕事のあと、職場でシャワーを浴びて来るのですが、どうやらそこの姿見で自分のお腹を見てショックを受けたようで。

そういえば父の病気が発覚し、私が日本へ帰る回数が増えてから、その間は食事の量のコントロールが難しく、たつぼんがでっぷり太り、みすにゃが痩せ細ってしまいまして(←ゆっくり時間をかけて食べるみすにゃの分をたつぼんが横取りしていた)。
久しぶりに体重を計ってみたら、なんとたつぼんはみすにゃのちょうど2倍!
うへー。
ちなみにだんなは、私の1.8倍でした(身長は私の1.18倍:苦笑)。
とはいえ私も決して細い方ではないので(太いとも思わないけれど)。

ということで、明日からみんなでダイエットするんだ!(みすにゃだけは増やす方に、だけどね)
내일부터 모두 다이어트 할거야!(1月17日・18日の韓単を参考)
[PR]
2014年 09月 05日 |
あまりにも体の凝りが酷いだんなが、通っているカイロプラクティックの医師から薦められ、マットレスを変えることにしました。
基本的には低反発のものがよく、薦められたお店に行ってはみましたが、税込みでC$3,000前後となるとやっぱり躊躇してしまい、同じようなものがないかとあちこちうろうろ探しまわりまして。
なんとかこれならば、と見つけたのが、Cloud 9というシリーズのもの。
ホテルや病院でも使用されているということで、品質はいいはず。
分厚いものだとやっぱりそれなりの値段になるのですが、スポンジ専門店で購入したので、厚さは普通のマットレスの約1/3ほどで、お値段は1/4くらいですみました♪
b0090654_1027416.jpgということで、現在使っている9層のFuton Mattressのシーツを開け、白い布状の綿のカバーをとって、半分ほど綿を抜き取ります。
b0090654_1027575.jpg真ん中にスポンジが入っていたので、その上の部分をメリメリメリッと。
b0090654_1028717.jpgカバーを戻し、シーツをかけ直しまして。
b0090654_10281582.jpgその上に今回購入した低反発のマットレスを置き、いつも通りにシーツ等を敷いたら完成。
なんとなくまだちょっとオイル系のにおいがしますが、使っているうちに抜けるでしょう。
これで今晩から、快眠が約束された、はず?
[PR]
2014年 08月 23日 |
私が帰国する少し前から背中の不調を訴え、カイロへ通っていただんなから、(今更ながらではありますが)指圧に行きたいと要請があり、予約を入れました。
私としては5年ぶりになる、指圧クリニックです。
ほぼ丸5年ぶりになるというのに、いまだ私たちのカルテを保存されていたことに驚きながらも、要所ではなく全身をお願いしたいということで、学生さんの施術をお願いしました。

…これがほんと、侮れない!
気持ちいいの!
いや、その前に場所によってはもんのすごく痛いということもあるのだけれど、痛くても気持ちがいいという感じは、実際に体験しないとわからないと思います。
や、マゾじゃないですよ?
最後の方は気持ちよすぎてうっかり(数秒?数分!?)寝転けてしまうほどの極楽気分。
あー、なんでもうちょっとうちから近いところにないのかなあ。

本来、何か不具合を感じている人は、プロによる全身の施術を受け、どこが悪いかを教えてもらってそこを重点的に施術してもらうのだそうですし、私も基本的に鞄等を左肩にかけるクセがあるから重心が歪んでいるんだと教えてはいただきましたが、おいそれと治せるわけでもなく。
とはいえ、なかなか頻繁に通える距離でもないので、あとは自分の努力次第かな。
少しずつでも、左右交互に掛けるとか、両肩に負荷をかけられるバッグパックに変えるなど、努力出来ることはしてみようかなと思います。
[PR]
2012年 09月 22日 |
8月末頃からの、耳閉塞感。
相変わらず絶好調(?)で続いています。

お医者さまに言われたことだけでなく、お友だちや、ネットで調べたことで、いいと言われることは全て試していますが、改善せず。
片耳だけで始まったのに、最近は両耳(今まで片側100%だったのが、それぞれ50%ずつに分配された感じ)である時間も増え、どうしようかなあと。
しかも、閉塞感だけでなく、たまに、首筋から後頭部をぐいっと後ろにひっぱられるような不安定感もあり、立ち眩みのように視界が閉ざされるわけではないのだけれど、平衡感覚がおかしくなるみたいな時もあって、少々心配です。

まあ、耳の奥には三半規管という平衡感覚を司るものがあり、閉塞感の原因(耳管狭窄症・開放症やメニエール症など)からバランス感覚が正常でないのかもしれませんが。
スキューバダイビングや飛行機の乗降で、気圧の急激な変化は体験済みですが、普通にある坂道の乗降では改善されないし、10,000メートルまで上昇する国際便の飛行機に乗るのが不安なのだけれど、むしろそこまでの気圧の違いを体験した方が治ったりして?とか思っていますが、治るどころか、我慢出来ないほどの痛みを伴ったらどうしようかとか、悩むところです。

っていうかね。
原因の最たるものがストレスだっていうから、びっくりですよ。
基本、のほほんさんなので、きっと他の方が感じるストレスの半分も分からないくらいだと思ってるんですけどね。
しかも、父の病気が発覚した時の慌ただしさを思えば、年に数回帰国するのと、最近はとらにょが不安定なくらいで、それ以外はストレスになるようなことはないはずなんですけどね。
…ただ、似たような症状を体験された方が、一時期は入院するほど悪化したというお話も聞いたので、出来ればそうならないといいなあとは思っています。

閉塞感はあるけれど、ちゃんと聞こえるし、むしろ、重低音が頭に響きすぎるくらいで、常に車のエンジンや換気扇、ガレージの開閉の音がしている感じで鬱陶しいかなって感じだから、日常生活に不便はあまりないんですけどね。
でもやっぱり、いつもと違う感じというのは不愉快だし、早く治るといいなあとは思っています。
[PR]
2012年 09月 09日 |
…なんか歌詞に間違いがある気がしますが。

ここ10日ほど前から、右耳にずっと閉塞感があり、ぼーーーーっという音が聞こえているような気がしてます。
痛みは、ないのよね。
感覚としては、耳抜き(鼻と口を塞いで一気に鼻で息を吐く)をしているのに近いかな。
一応1週間目くらいでこりゃいかんとウォークインクリニックに行って診てもらったのですが、耳あかもないし、傷や感染症なども見当たらず。
鼻(の中)もきれいですよーと言われ、おそらくは耳(鼓膜の後ろ)と鼻をつないでいる管の圧力が変わってしまっているのでしょうということで。
処方出来る薬はないので、副鼻腔洞用の風邪薬を服んで、湯気をよく吸い込み、耳抜きしてください、だそうで。

っていうか、湯気ってどうやって吸い込むの…?
熱湯作って、頭から何かかぶって、と言われたけど、うーん?
なんか怪しげな美容法みたいな気がするよ…。

とりあえず、違和感が消えず、音も聞き難いから、早く治るといいなあ。
[PR]
2012年 04月 28日 |
本日は、Richmond市まで遠征です。
ボランティア先の責任者であるSさんと、カナダに戻ってきて以来2日と明けず会っているYさんと一緒に、『足裏マッサージ』なるものを体験しにいってきました!
b0090654_12552315.jpg目的の地は、日本人関係者にならば耳に親しい100円均一(カナダではC$2均一ですが)のお店ダイソーが入っているAberdeen Centreの斜向かいにあるShangri-La Footspaです。
入っているお店の軒数のわりに駐車場が狭く、早めに着いた私たちも駐車場探しに結構な時間を費やしてしまいました。
特に、建物に近い列は45分という時間制限があったために、1時間のマッサージの予約をしていたのでそこには停められず。
それでもまあ、なんとか余裕を持って駐車&入店で来たのは良かったです。

普通のオフィスビルのような入り口をくぐり、目的のお店を見つけた時にはうっかり一歩(以上)引いてしまった私。
中華系の配偶者をもつ私は、結構こういう雰囲気には慣れたと思っていたのですが、お祝い事など特別な行事のない時にこの飾り付けは、やっぱり少々インパクトが強すぎました…。
b0090654_12504034.jpgこちら、入り口を入ってすぐ、受付の脇の風景です。
もしかしたら、本当の日本を知らない人に印象づけるためにわざと浮世絵などを飾る和食レストランの如く、外国の人が思い描く中国という雰囲気を演出していたのかもしれませんが。
というか、中国に行ったことがないので、私のイメージとして捉えているだけで、もしかしたら本当に中国ってこういう装飾を当たり前にしている可能性もあるんですけど。
でもやっぱりちょっと、慣れないです…。
b0090654_125537100.jpg入り口だけでもビビっていた私が通されたのは、こんな装飾が当たり前のようにされた空間でした。
中国というよりもタイなどの東南アジア系も入ってんじゃないかと思いましたが。
それでも、『お茶をどうぞ』と出されたものが高麗人参茶だったのは、さすがだと思いましたねー。
名前は知っていても何に効くのがちゃんと知らなかったので、マッサージを担当してくださった方に聞いてみたら、『いろんな効果があるから(説明は)難しい』なんて言われてしまいましたけど。
でも調べてみた限りでは、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効き、自律神経の乱れを整える作用もあるそうで。
今の私に必要そうなものはないんですが、まあ、高齢ということで、動脈硬化の緩和(予防)か滋養強壮になればいいのかな?
b0090654_12511100.jpgこんなゆったりした椅子に寛いで、マッサージをしていただきましたよ。
そのままうっかり寝てしまえそうなほどに、見た目以上に座り心地のいいソファでしたが、マッサージが思っていた以上に痛みがあり、ゆっくり寝てなんていられなかったのが残念。
ちなみに、最初に薬湯を入れた桶に足を漬けての足湯をし、その間に肩から背中・腕をもみほぐしてくださったのですが。
くすぐったがりの私は、背中に指を滑らされただけで笑ってしまい、それ以後の上肢へのマッサージはなくなってしまいました。
SさんとYさんが、肩から腕にかけてあれこれしてもらってるのを見て、うっかりうらやましげに眺めてしまいましたよ…。
ということで、もしも今後おためしになられる方はぜひ、くすぐったさに耐えてそれ以降もしていただいてくださいませね!

足裏をメインに、足の甲やふくらはぎまでのマッサージを丹念にしていただき、至福のひとときを過ごさせていただきました。
もちろん、足の裏には身体のあらゆるところに通じるツボがあると言われており、しかも初めての体験ということで、どこを押されても痛かったんですけど、それも時間が経つうちに慣れてきて、気持ちのいい箇所など『そこそこそこ〜』なんて叫びたくなったほど。
ただ、マッサージから6時間ほどが経過した今、足の裏と甲が全体的に、触ると打ち身の後のような痛みがあるんですよね。
整体でもマッサージでも、やっていただいてすぐは揉み返しで痛くなるとか聞きますし、その痛みを我慢して通ってこそ効果が出ると分かってはいますが。
さすがに片道50分は、遠いよなあ。
b0090654_12555097.jpgこちら、駐車場から建物に入ってすぐのところにあった看板。
基本は中国語なのに、なぜか要所は日本語表記で、しかも微妙に正しくない…。
こういうことは、バンクーバー近郊に限ったことではないのかもしれませんが、もともと読書が好きで、つい間違った書き方にはチェックを入れたくなってしまう私としては、そりゃもう赤ペン先生以上の厳しさで修正したかったんですけれども。

ともあれ、全身の指圧をしていただく体験はしていたものの、足だけというのは今回が初めてだったし、料金も良心的だったので、近ければ頻繁に通えるのになあとちょっと残念に思ったほどです。
とりあえず、今回痛いと思ったところを中心に、自分でもマッサージをして、せめて気持ちいいと思えるようになるくらいには頑張ってみようかなあ…。
[PR]
18の差。
2011年 01月 06日 |
新年を機に、帰国した時からサボり気味だったWii Fit Plusを再開しています。

んが。

現在、BMI判定が微妙なラインをうろついているようです。
北米仕様の設定では、BMI18がどうやら私のボーダーラインのようで、それ未満になると『under weight(痩せ過ぎ)』と言われてしまうんですが、最近はうっかりするとBMIが19を越えてしまうんですよね。
きっと同じ数値でも、日本仕様では『普通』っていわれるか、むしろ『太っています』って出ると思うんですけれど。
数年前に3kgほど太って、昨年春頃から頑張ってダイエット&エクササイズをし、なんとかBMI18を切れるくらいにまではなったんですが、なかなかそれを持続出来なくて。
とはいえBMI18といっても、18.0〜18.9までの範囲があって、それは私の身長では2kgくらいの差があるんですよねえ。

もともと甘いものは好きではないので、減らせるものと言えば炭水化物(ご飯とかパスタとか)なんですが、そういうものをなるべく食べないようにしてBMI18未満になったこともたま〜にあるんですが、ついお酒を飲んじゃったりすると増えちゃうし。
最近は特に、あれこれと溜めているストレスをお酒で発散することが多いので、BMI19オーバーになることもしばしば。
そうすると、上半身はともかく、特にお腹周りがポッコリとして、『妊娠何ヶ月ですか』なんて訊かれそうなほどになるんですよね〜。
もともとの骨格がでかい(肩幅は同じ身長の男性と同じくらいある)、テニスをやっていたから腕も太い(細身の服は胴回りはともかく腕がパンパンになって着れない)、手足は同身長の女性よりも小さかったことがないほどで、さらに遺伝的に胸もでかい、という、かな〜り『いい体格』に見られがちなのです。
出来れば、出産経験もないことだし、落とせるところは落としたいんですけど、難しいですねー。

しかもね、もともと太る時にはほっぺたからで、さらに逆まつげ気味なので、計らなくても体重の増加はそのあたりで覿面に表れていました。
逆まつげということで、ちょっと頬がふくよかになると睫毛が目に入る、なんて問題があるくらいだったんですけど、それが最近は上睫毛と下睫毛が、目の端あたりで交差するようになってしまい、瞬きするのも『重いなあ』なんて思っちゃうくらいでしてね。
これは、逆まつげである下の睫毛が、頬が太って盛り上がったからという紛れもない証拠であり、こうなったらもう、あとはダイエットするしかないワケで。
しかも最近、上睫毛が長くなったように思うので、余計に鬱陶しいのかもしれません。

ということで。
なんとかBMIを18未満に落とさないと、日常生活に不便をきたしそうなので、頑張ってダイエットします!
といってもお酒は止められないので、おつまみでカロリーを減らすかなぁ〜?
[PR]
2010年 07月 26日 |
数年前から、増えた3kgを落とそうと躍起になっていました。
エクササイズはもちろん、食事制限など、いいと言われることはいろいろと試みてはみましたが、一時的な効果はともかく、結果は持続せず。
なのに、ここ1〜2ヶ月で、暑さのための夏バテと、義弟くんの滞在&その他というストレスを溜めた所為か、あっさりと『増える前』の体重に戻ったじゃないですか!
なんだかなあ、今までの私の頑張りはなんだったのかと、ちょっとがっかりもしたりしています。
ただ、ストレスや疲労、病気等で落とすとみすぼらしくなるし、また落ちた分はすぐに戻りやすいし、今後今以上に増えないように気をつけなくちゃいけないんですけどね。
…しかし、世の中に蔓延する『健康的に痩せる』方法よりも、ストレスの方が効果があるとは、皮肉ですよねえ…。

ちなみに、年とともに重力に従って上から落ちる分が増えるためか、相変わらず下半身は存在感があるままですが、もともとないデコルテ部分(鎖骨下から胸部にかけて。でも胸はそこそこ大きいんですよ)がげそっと減り、だんなには『あばらの影が見えて不憫』と不評です…。
もうちょっと、モデルさんのようにとは言わないけれど、きれいに落とす方法はないのかなあ…?
[PR]
2009年 12月 03日 |
b0090654_0191660.jpg今朝、なんだか不思議なお空の色でした。
西の空に十六夜の月が名残惜しげに浮かんでいて、朝焼けを反射した雲が横縞模様にかかっていて。
綺麗なのだけど、なんとなくちょっと気味悪さと怖さが入り交じったような景色でした。
b0090654_0192784.jpgさてさて、タイトル通り、今年3月末から始めたWii Fitのアップグレード版、Plusを始めましたよ!
今までの記録がそのまま移行されるので、『これまで頑張って来たのが全部チャラか…』としょんぼりすることもなく、さらに、新たに消費カロリーも表示されるようになり、また、おまけ(?)としてフィットネス項目がちょっと増えており。
大好きなみんなのfitnessと、どちらがいいかなあ?
しばらくは、両方試してみることにします。
ふっふっふ。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon