胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
カテゴリ:お外でごはん( 289 )
|
|
2017年 09月 08日 |
b0090654_11302258.jpg本日は、『そこにしか店舗がない』ということでTsawwassen Millsヘ。
バンクーバー島へ行くフェリーの乗船場からほど近くにあり、モール内はかなり広いのでぐるり一周まわるだけでも結構な運動になるかも。
そしてそのモールに隣接されたアウトドア用品のお店が、だんなの目的地。
入口からまっすぐ奥まではロフトのようなところに野生動物の剥製が。
全てカナダではお馴染みの子たちですが、野生だと全部を一緒に見ることは不可能なので、博物館的に楽しめます。
b0090654_11303044.jpg突き当たりにはサーモンや鱒のいる水槽があります。
b0090654_11303708.jpgそして併設されたボーリング場は、深海の難破船をイメージしたインテリアになっていました。
b0090654_11304369.jpgもちろん、ボーリングのレーンも深海にあります。
b0090654_11305063.jpgボールが戻ってくるところも、遊び心満載♪
b0090654_11305687.jpgその奥にあるレストランUncle Buck's Fish Bowl and Grillも、海の中にあります。
b0090654_11311764.jpgサメ、まぐろ、アジなどが頭上にうようよ。
b0090654_11312132.jpgお手洗いは船室っぽく。
b0090654_11312752.jpgまずはSeasonal Salad(C$8)からスタート。
本日はベーコン、ゆで卵、ブルーチーズのトッピング。
以前ブルーチーズを試食した時にはかなりの臭みで苦手だと思ったのですが、これはややクセはあるけれど美味しかった!
どこのメーカーなのかなあ。
b0090654_11313393.jpgメインは、お店の名を冠したUncle Buck’s Fish and Chips(C$15)。
Codという鱈(?)をビール入りの衣でカリッと揚げたもの4切れに、フレンチフライがどっさり。
この衣がお店によって当たり外れがあるのですが、ここのはアッツアツの揚げ立ててガリガリと言ってもいいほどの歯応えで、美味〜。
薄味なのにタルタルソースさえ不要なほど美味しくて、グー!
でも、残念ながらサラダで既にお腹が満たされつつあったので、半分はお持ち帰りに。
b0090654_11313976.jpgだんなはCajun Catfish(C$13)。
ナマズをピリ辛な衣で揚げたもの、なんですが、嫌味もなく食べられました。
ただ、黒胡椒はともかく塩分もかなりしっかりと効いていたので、ビールのおつまみにした方が良さそうです。

この後私の目的であったチリソース専門店に行って、一番辛いソースは手が出せないほどの値段だったので、2番目に辛いと教えていただいたものを購入してほくほく。
アウトドアのお店、チリソース専門店とこのレストラン、最低3ヶ所行きたいお店があり、さらに姪っ子たちのプレゼントに良さそうなところも数軒あったし、片道1時間弱かかるけどたまになら行く価値はあるかな〜。

[PR]
2017年 08月 29日 |
b0090654_09501874.jpg本日は、久しぶりにボランティア先のEさんとランチデート。普段毎週会っているのに、夏休みに入ってしまうとなかなか予定が立たなくて、喋りたいことがたんまり。
そして待ち合わせたのは、Eさんが知り合いに勧められたというVi-La Palace Vietnamese
口コミでもかなりの高評価で、期待は大。
b0090654_09504938.jpg外がピーカンで眩しすぎたせいか、店内に入るとかなり暗い感じ。
おそらく目線の高さあたりまではカウンターや椅子なども黒で統一されてしまっているせいもあるからかも。
b0090654_09511841.jpg外観は小さそうに見えていたけれど、L字型の店内はかなり奥深くまで席があり、思っていたよりも大人数が入れそう。
b0090654_09514967.jpg2人席ばかりですが、それを移動させて大人数にも対応可。
b0090654_09523491.jpgそしてこちらがランチ、Chicken and Chicken Meatball Noodle Soup(C$10)。
Sサイズですが、ラーメン丼くらいの大きさはあります。
裂いた鶏肉と、鶏肉のソーセージのような肉団子入り。
b0090654_09530405.jpgそしてもやしとタイバジルを乗せてたらセット完了!
どちらも生(!)なので、私はスープが熱いうちに麺と混ぜて湯がいた状態にします。
ライムを絞ったりチリソースを加えたりして好きな味にしたら、いただきます!

うん、塩分も過ぎず、麺もちょうどいい状態。
どうしてもここのじゃないと、というほどの特別感はないものの、なかなかにグーです。
b0090654_09533404.jpgそしてだんな用にLemongrass Chicken(C$13.75)をテイクアウト。
こちらも味や塩分が強すぎることなく、良かったそう。

ベトナム料理店ですが、前菜にタイの青パパイヤサラダなどもあったりして、他にもちょっとトライしてみたいな〜。

[PR]
2017年 08月 25日 |
b0090654_08271939.jpg本日はお買い物デー。
1ヶ月ほど前に初めて入った수라 SURA Korean BBQのランチセットがよかったので、今回は単品をトライ。
私は닭볶음탕(Spicy Chicken Stew, C$17)。
甘辛なスープに、鶏肉がこれでもか!というほど入っていて、かな〜りボリューミー。
でもしっかりとコクがあり、美味〜。
たいていこういう汁物はシーフードか、お肉も牛か豚がほとんどで鶏肉のものは見たことがなかったので初めて食べましたが、これはイケます!
ただちょーっと油っぽすぎかな…?

닭…ニワトリ(鶏)・トリ
볶음…味付けして炒めたもの
탕…スープ・薬湯を表わす…湯
b0090654_08274266.jpgだんなは불고기 돌솥 비빔밥(Stone Bowl Bulgogi Bibim-bap, C$14)。
ビビンバというと数種のナムルとひき肉、目玉焼きというものが定番ですが、これはプルゴギを乗せたもの。
これも今まで他のお店のメニューでは見たことがなく、初めて。
さらに店員さんが、テーブルに置く前にハサミでお肉をじょきじょきと切り、乗っていたレタス(?)と辛味ソースを混ぜてからくれました。
おそらく器が熱いうちに混ぜないと焦げ付くからでしょうが、このお店は焼肉でも途中でお肉をひっくり返してくれたり、とにかく店員さんが色々とお世話をしてくださいます。
お味はというと、美味しいのだけれど、やっぱり普通のお野菜たっぷりのビビンバの方が好きかなー?
お肉はお肉でおかずとしていただいた方がよいかもです。

불…火・灯り・電灯・電気・光・火事
고기…肉
돌솥…石釜・石焼きビビンパの器

[PR]
2017年 07月 29日 |
夕方早めに家を出て、本日は花火大会『Celebration Of Light』へ!
とはいえ、日没が遅いので開始は夜10時から。
その前にまずは腹ごしらえ。
b0090654_00314644.jpgはじめに行こうと思ったお店はなんと、花火大会の日は休業!
なのでその近くにあった、なんとも香ばしい匂いにつられて、中近東料理のお店、AL BASHAヘ。
店内は小さく、テイクアウトのお客さんの方が多そう。
b0090654_00325058.jpg私はVeggie Lover!(C$10.50)。
Falafelsというひよこ豆粉を揚げたもの、ブドウの葉でごはんを包んだのDolmathesにひよこ豆のディップhummus、パセリのサラダtaboulehとpita bread。
ごはんとお豆なのでかなりの重量感があります。
b0090654_00330095.jpgだんなはAl-Basha Plate(C$11.90)。
じっくりローストされたチキンの下にはピリ辛なごはん、そしてhummusとサラダ、pita bread。
こちらも、腹ぺこなだんなでさえごはんを1/3くらい残したほど。
でもどれもウマ〜。

そして店内で食べる時でもお持ち帰り用のパックに入れてくれます。
お皿を洗ったりする手間がないという利点があり、量の割りにはかなりお値打ちなディナーだったのではないかと。
ピタパンで包むものは食べ歩きにも良さそうだしね〜。

[PR]
2017年 07月 26日 |
本日はだんながVancouverで用事があるというので、その間駐車料金を払うのももったいないと私も同行して、待っている間にウィンドウショッピング。
そして早めの夕食にと、結婚当時住んでいたあたりへ行ってみました。
b0090654_03590729.jpg8月第1日曜日にPride Paradeが行われるためか、同性愛者が多く住んでいると言われる地区の横断歩道はシンボルであるレインボーになっていました。
そして夕ごはんは、そのほぼ中心にあるRamen Koika ラーメン恋歌で。
b0090654_03581027.jpgなんだか以前来た時とメニュー内容が変わってるような?
店員さんの会話もBGMも全部韓国語。
あれ?

ともあれ、今回は一番野菜が多そうなものをと思い、Mayu miso マー油味噌ラーメン($C12.95)に辛味プラス(C$1)で。
味噌ベースですが、かなり胡麻の味がしっかりとしていてどっしりめ。
ニンニクオイルがいい感じに効いていますが、焦がし風味に負け気味なのがもったいないかも。
b0090654_03585086.jpgだんなはTan-Tan Men(C$11.50)。
普通はひき肉が上に乗っかってるもんだと思っていたけど、それよりもほうれん草とナッツの方が多かった!
b0090654_03584028.jpgそして+C$4.50でMini Bowl ComboのGinza Coco Bowl(鶏唐揚げ丼)を。
衣がバリサクでけっこう美味しかったー。
b0090654_03590067.jpgそして、私が(それなりに頑張って)完食出来た量ではだんなは足りなかったようで、替え玉代わりにTriple Black Garlic Ramen 千葉黒ラーメン(C$11.50)をお代わりに。
ニンニク大好きなだんなはこちらの方が気に入ったようでしたね。

ともあれ、変わらないのは店名だけで、以前のようにまた食べたいと思うほど拘りに特徴がなくなってしまったようなので、せっかくダウンタウンまで来るのなら他のお店を試した方がいいかなー。

[PR]
2017年 07月 12日 |
b0090654_08233077.jpg本日はお買い物のためにRichmond市まで。
せっかく来たのだからと、ランチは수라 SURA Korean BBQヘ入ってみることに。
いつ来ても空席待ちの長蛇の列だし、ひとりではなかなか入りにくいのだけれど、今日は時間が早めだったからかすぐに席に案内していただけました。

b0090654_08233444.jpg大きなショッピングセンターの1階、壁2面が外に面した大きな窓になっているので、お天気のいい日中は電灯など不要なほどに明るいです。
テーブルは4〜6人席、各テーブルにコンロが作り付けになっているので移動させることは出来ず、大人数の場合は別れなくてはいけません。
b0090654_08234050.jpgコンロを使わない時にはテーブルと同じ素材の蓋がしてあります。
また、ティーバッグではありますが、お茶が大きなポットでどーんといただけるのはうれしいですね。
b0090654_08234609.jpgガスコンロ。
中はセラミックかな?
注文をすると店員さんが火を点けていってくださいました。
b0090654_08235520.jpgオーダーしたのは、ランチセットの수정식(SU定食/2人前より、各C$15)。
メニューには15品目がずらっと並んでいたので、ドキワク。

大きなワゴンで一気に持ってきてくださったのは、左から半時計回りで、그린샐러드(Green Salad/グリーンサラダ)、조기 구이(Grilled Atlantic Croaker/焼き魚)、탕수육(Deep-Fried Sweet & Sour Pork/豚の南蛮漬け?)、꽁치조림(Marinated Pike Mackerel/秋刀魚のマリネ)。
ドレッシングはポン酢風でさっぱりと食べやすかったです。
b0090654_08240083.jpg밥(Rice/ごはん)があって、さらには오늘의 죽(Daily Congee/本日のお粥)。
しかもお粥は、コーンスープ…?
かなり甘くて、冷やしたらデザートにもなりそうなくらいでした。
だからなのか、ごはんが、他のお店だと同じ器でてんこ盛りなのですが、半量くらいかな?
そして된장찌개(Soy Bean Paste Soup/みそ汁)はお豆腐・豚肉・たまねぎ・ズッキーニなどが入っていて具沢山で、しかもハラペーニョで美味辛〜♪
b0090654_08240713.jpg바베큐・갈비(BBQ・Galbi/焼肉・カルビ)は店員さんがその場でお皿からコンロにどさーっ。
でも頃合いを見てひっくり返したりハサミで一口サイズに切ったりしてくれ、食べることに専念出来ました。
3가지 반찬(3kinds of Daily Side-dishes/副菜3種)は、キムチとじゃがいもはよくあるけれど、かなり甘味の強い大豆の漬け物(?)は初めて。
b0090654_08241274.jpg감자전(Potato Pancake/チヂミ)。
お肉もお野菜も入ってない、シンプルなものです。
b0090654_08241802.jpg보쌈(Herb Pork belly/焼豚)。
b0090654_08242405.jpg식혜(Korean Rice Punch)は、とにかく甘い水!
一口飲んだだけで私はもちろん、だんなもギブアップ。
まあ、デザートと思えば甘くてもいいのかも知れないけれど、うーん?

そして実はもう1品、오징어무침(Spicy Squids/イカサラダ)もあったのですが、ふたりともイカは苦手なのでキャンセルしてもらいました。
それでもなんとか頑張って食べきれたという感じで、ごはんが少なめでむしろよかったかも。
ともあれ、質・量ともにほぼ大満足。
これでふたりでC$30はお値打ち!
単品も気になるけれど、きっと大きな味の違いはないだろうから、次回もこれでいいかな〜。

[PR]
2017年 07月 08日 |
b0090654_01203993.jpg久しぶりに都会(笑)へ出る用事があり、夕ごはんは以前からだんなが通勤の時に店の前を通っていて気になっていたというRajio Japanese Public Houseヘ。
ここは何度か行ったことのある『Suika Snack bar』と同じグループチェーンなのですが、店ごとに特徴が違っているので試してみたかったのです。

店内は神社の境内の夏祭りというコンセプトなのかレトロな雰囲気で、ちょいと屋台で一杯〜な感じでいいのですが、かな〜り狭く、音も反響して煩い感じもありますが、活気のある居酒屋さんというイメージならそれでもいいのかなあ?
b0090654_01204620.jpgまずは飲み物から。
私はHOUSE SAKE(GEKKEIKAN)のラージサイズ(C$8)を冷やで。
いやー、冷酒をステンレスのティーポットで出されたのは初めでです。
だんなはORIGINAL GINGER ALEをノンアルコール(C$5)で。
すりおろし生姜、ライム、レモンにブラウンシュガーとジンジャーエールの、甘いけれどさっぱりしたカクテルでした。
b0090654_01210997.jpgお野菜メニューからは、BAGNA CAUDA(C$6.80)を。
スティックサラダをバーニャカウダというあたたかい付けソースでいただくのは、以前お友だちが連れて行ってくださったお店で食べて以来、私のお気に入り♪
そしてスティックサラダをメジャーカップで出されたのも初めてのような…。
b0090654_01211778.jpgこのお店のメインである、串カツ。
右から、ナス、シイタケ、レンコン、玉ねぎ、アスパラガス(各C$1.50)。
そしてチキン、ビーフ、ポーク(各C$1.80)、ホタテ、エビ(各C$1.90)と本日のおすすめからウナギ(C$2.40)。
カツ=パン粉のザクザクという衣ではなく、天ぷらに近い感じでしたが、でも揚げたてで美味しかった〜。
b0090654_01212369.jpgごはんものは、NEGITORO BATTERA(C$9.80)。
日本では軍艦巻きで食べることが多いので、押しつぶしたこれはめずらしいかも。
悪くはないけれど、でもやっぱり、せっかくならタタキのふかふか感を味わいたいので、これなら普通にまぐろの押し寿司でも良かったような?
でも、どれも美味しかったし、満足〜。
うちからはけっこう遠いけど、でもまた行く価値はアリ!かな♡

[PR]
2017年 06月 25日 |
本日は、以前頼まれたことのお礼(?)ということで、Mさんにランチを奢っていただきました。
b0090654_04124723.jpg行ったのは、久しぶりの和食レストラン、noma
まずは前菜から、Spicy Agedashi Tofu(C$5.50)。
偶然会えた日本人のウェイトレスさんが、キッチン等はほぼ全員韓国の人だと教えてくれましたが、そのためか辛味よりも甘味の方が強かったような。
b0090654_04125485.jpgそしてAssorted Sashimi(C$18.95)。
やっぱりここのはかなり分厚い切り方をしてくれててうれしい♪
しかもたっぷりのツマも完食!(笑)
b0090654_04125994.jpgそして、どうしても食べたい〜とMさんはイカの握りと、私はSmoked Salmon&Cream Cheeseの巻きを。
たいしたことはしてないけど、でも楽しんでお手伝いが出来てよかったです〜。

[PR]
2017年 05月 25日 |
以前だんなが誰かからすすめられたから食べてみたいと向かったのは、Madras Club House。南インド風のレストランということで、たいてい行くのは東インド風が多いから何が違うのかちょっとドキドキ。
b0090654_12204375.jpgで、これがおすすめだと言われたらしいDOSA。
でっかい!
念のためのサイズ比較として置いた定規は、11cmです。
インド風クレープですが、生地は甘くなく、パリパリしてていい感じ。
中に入れるものもおかず系ばかりです。
私はSpinach Masara Dosa(C$7.99)を。
ほうれん草のペーストを薄く塗って、カレー味のポテトが挟んでありますが、ポテトは真ん中にちょっとあるくらいなので、大きくてもけっこう食べられちゃいます。
ソースは、白いのがココナッツミルク&ヨーグルト、赤いのは唐辛子。
それに野菜カレースープがついてきました。

b0090654_12211396.jpgだんなはKothu Parotta(C$9.99)。
削いだ(?)インドのパンと、ラム肉(たまご・鶏肉の選択有り)を炒めたもの。
どうやらこれがだんなが30年以上も前に母国で食べた味に似ていたらしく、大喜び。
添えられてたカレースープも気に入っておかわりをいただいたほど。
これからは南インド風のレストランも開拓してみなくちゃ!

[PR]
2017年 02月 18日 |
b0090654_273056.jpg朝起きたら、ダイニングテーブルの私の席に置いてあったカード。
ぷくく、こういうのを『その通りでしょ』って言えちゃうだんな、すごいと思う。
ありがとうね〜♡
b0090654_27408.jpgさて、本日のディナーは、どのサイトの口コミでも高得点を獲得しているThe Firehall Bistroヘ。
住宅街の一角にある小さなストリートモールのすみにあって分かりにくく、初めて行く地域でしかも暗くなってからということもあり、けっこう迷っちゃいました。
結局予約した時間よりも10分くらい遅れてしまいましたが、なんとかたどり着きまして。
b0090654_275157.jpg店内はかなり狭め。
しかも薄暗めの雰囲気なので、暗いところが苦手な私は少々ビビりましたが、一番奥の他よりは明るい席に案内してもらえて、ほっ。
b0090654_275957.jpgまずは前菜。
これは頼んだものではないので、全員にいただけるのかな?
ゴルフボール大のもので、カニコロッケのような、でも食感はオカラに近い感じ。
ソースも、クリームというよりはなめらかなタルタルソースといった方が近く、なかなかに美味しかったです。
b0090654_28781.jpgまずは、サラダ。
BBQしたローマレタスに、クルトンではなくトーストしたブリオッシュという一風変わったCaesar Salad(C$10.99)。
これはうまいっ!
ドレッシングも濃厚で、うーん、もうちょっと酸味があってもいいかなとは思ったけれど、パルメザンチーズとの相性もよく、大満足。
これだけならおかわりしてもいいなあ。
b0090654_281648.jpgだんなはChef's Starterから、ブリーチーズを焼いたもの(C$7.99)。
外側のタルト生地とよくあっていて、これもウマ〜。
b0090654_282422.jpgさらに気になっていて頼んでしまったというButtermilk Salad(C$9.99)も。
バターミルクで作ったチーズかな?それともドレッシングかな?よく分からなかったけれど、これもグー。
b0090654_283364.jpg私のメインは、チェフのおすすめ(日替わり)から、Coq-au-vin(C$25.99)、鶏肉の赤ワイン煮込みです。
ワイン煮込みというものはよくありますが、たいてい赤ワインは牛や豚などの赤いお肉のもので、鶏肉は白ワインが多いので、これはめずらしいなと頼んでみました。
でも期待したほど赤ワインの風味も香りもなく、普通の照り焼きという感じで。
付け合わせのリゾットはキノコのお出汁がしっかりと効いていてよかったのですが、少々塩分が強め。
たいていワインなどと一緒にいただくのでこれくらい濃くてもいいのかなあ?
b0090654_284185.jpgだんなはTetrazzini(C$24.99)、キノコのクリームソースパスタです。
が、こちらは私のものとは比べものにならないほどの塩分のきつさでびっくり。
しかも、普通はサービスでついてくるはずのパンも注文しないともらえず(当然有料)、頑張ってお水と一緒に食べていましたが、なんだかありえない〜。

口コミを信じて期待していた分、メイン料理ががっかりだったのが残念。
ハイソなおふらんす料理が私たちには合わなかっただけなのかもしれませんが、ちょっともったいなかったなあ。
でもまあ、サラダまではよかったし、美味しいふらんすワインも見つけられたのでヨシとしておこう…。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon