讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
カテゴリ:お外でごはん( 293 )
| |
|
2017年 11月 10日 | |
b0090654_03595498.jpgいきなりだんなが『魚が食べたい!』とのたまいまして、行ったのはNoma
とはいえ、お外は冷えてるし、あったかいものはうどんとか照り焼きとか重そうだしと迷って見つけたのが、Assorted Aburi Nigiri Conbo(C$17.95)。
炙りというかタタキというか、お刺身候ではないし香ばしい風味もあるし、何より私の苦手なものがほとんどないのが嬉しい♪
シャリも小さめでネタは大きく、うん、これは気に入った〜。
b0090654_04000593.jpgだんなはJazz Roll(C$10.95)。
ウナギをあげたもの、カニかま、アボカド、きゅうりが入っていて、上にスモークサーモンとさつまいもを削って揚げたものが乗っています。
b0090654_04001414.jpgだんなの場合、お魚=ウナギだし、満足してたからいっか。
b0090654_04002996.jpg〆(?)にラーメン(C$8.95)。
和食レストランだけれど韓国系のオーナーなので、ラーメンといえばインスタント麺。
それでも味噌ベースのスープは、おそらくハラペーニョを一緒に煮出してあるようなピリ辛で、お野菜も結構乗っててそれなり。
チキンとビーフから選択出来、ウェイターのお兄ちゃんのおすすめでチキンをお願いしたけれど、ラーメンにビーフっていうのもあんまりなくてちょっと興味はあったかも。
ともあれ、ラーメンはやっぱりちゃんと日系の専門店の方がいいということが分かったので、よしとしよう。

[PR]
2017年 11月 05日 | |
久しぶりにギリシャ料理が食べたいというだんなの指定は『Poseidon Greek Restaurant』。
ここは味付けが濃過ぎないのでけっこう好きなのです。
b0090654_22011987.jpg頼んだのは、ATHENA PLATTER for TWO(C$54.95)。
最初に来た6年前よりもお値段がC$5ほど高くなっていましたが、仕方ないですね。

まずは、サラダ。
だんなは、油分が少なくぼろぼろとしたフェタチーズはヤギのミルクから作られていて独特の臭みがあって苦手なのですが、今回はそれが全くなくて喜んでいました。
私はむしろそのクセがけっこう好きなので、ワインを飲みながらだとちょっと物足りないかなと思いましたけれど。
b0090654_22012915.jpgメインは2人前ということで偶数ピースですが、女性なら3〜4人でシェアしてもいいくらい。
内容は、ビーフ&チキンのスブラキ(串焼き)、ロースト・ラム、ギリシャ風ミートボール、スパナコピタ(ほうれん草のフィロ包み)、ムサカ(マッシュポテトとナスのグラタン)、ピラフ、ロースト・ポテト、温野菜と盛り沢山。
シーフードメニューもあるのだけれど、お魚はともかく、エビなどの甲殻類&イカ・タコなどの軟体類、更には貝類が苦手な私は、どうしても敬遠してしまうので、ホタテやエビが好きなだんなには申し訳ないなあといつも思います。
ちなみに、ひとり分でいろいろ食べたい時にはランチがおすすめで〜っす。

[PR]
2017年 10月 27日 | |
b0090654_21115274.jpgめっきり冷え込んできたし、最近はだんなの仕事が忙しくて出来なかった外食は、『진수성찬(Jin Soo Sung Chan) Korean Restaurant』ヘ。
お友だちのMさんがたまにランチにいらしているというのを知り、興味がありまして。
ここはWEBページや雑誌等への広告もなく、しかも大通り等に面しているわけでもないので、口コミのみでお客を増やしている、ある意味隠れ家的な感じです。
b0090654_21115906.jpg入口のドアを開けると、なんだかホテルのロビーのようなカウンターが。
韓国の時代劇ドラマを見ているとお馴染みの格好のお人形もたくさん♪
b0090654_21120555.jpg明るい雰囲気の入口から一変、店内は落ち着いたダークブラウンでまとめられていました。
来店時間が夕食にはまだ少々早めだったからか、他のお客さんも少なく、まだ静かでいい感じです。
b0090654_21125475.jpg頼んだのは、진수성찬 정식(Traditional Korean Set Course Menu)。
ひとりC$20、2人前以上から頼めます。

반찬(口取り)。
いろいろなお店でいろいろな種類を食べたけれど、そのままワカメにヤンニョム(?)がかかっているのと、大根をハラペーニョで漬けたものは初めてでした。
b0090654_21121172.jpgまずは、죽(お粥)と샐러드(サラダ)。
この韓国式のお粥、日本の米粒がしっかり残っているものでもなく、中国のお米を煮溶かしたようなものでもなく、米粉の濃いスープという感じ。
本日は、かぼちゃ。
韓国ドラマにハマる切欠になった作品では、主人公の女の子がお粥やさんでバイトをしていていろいろ味にバリエーションがあったから、機会があったら試してみたいかも。
b0090654_21121764.jpg해파리 냉채(クラゲのガーリックソース和え)。
ガーリックとメニューにはあったけれど、むしろわさび風な辛味の方が強かったです。
木耳も久しぶりに口にしたし、きゅうりやカニかまのサラダという感じで、なかなかにグー。
b0090654_21122276.jpg청포묵무침(緑豆ゼリーの和え物)。
見た瞬間、イカそうめんかと思ったけれど、食べてみるとゼリーというよりむしろ寒天?
そのものには味がなく、他のもののソースなどと一緒にいただきました。
b0090654_21122711.jpg잡채(チャプチェ)。
いっしょに해물파전(海鮮チヂミ)もいただいたのに写真撮り忘れた!
チャプチェはともかく、チヂミは少々厚めでモッチモチ、なのに縁から底面はパリパリですごく美味しかったのに!
b0090654_21123283.jpg보쌈(ポッサム)、包んでいただくもの。
これは大根の漬物でお肉とキムチを包んで(挟んで)食べるのが正式なのかな。
b0090654_21123770.jpgLA갈비(骨付きカルビ)。
鉄(石?)板は見た目だけで熱くなかったのがちょっと残念。
b0090654_21124319.jpg깐풍기(鶏の辛唐揚げ)。
辛味はもちろんあるけれど、おそらくコチュジャンベースと思われる甘味もしっかりついているのが韓国風。
b0090654_21124858.jpg가마솥밥 또는 냉면(釜飯または冷麺)と選べたので、釜飯で!
しかも彩りのためか、お豆やミックスベジタブルが乗っかっててなかなかによろし。
お味噌汁も、しっかりとハラペーニョが利いていて美味辛。
しっかりと暖まれてよかった〜。

[PR]
2017年 09月 29日 | |
b0090654_07540444.jpgだんなが久しぶりにタイ料理が食べたいというので、口コミ評価のかなり高いLHY THAI RESTAURANTへ来てみました。
大通りから1ブロックほど離れているだけでけっこう静かな界隈です。
b0090654_07542470.jpg店内はかなり小さめ。
席数も多くないからか、ホールも店員さん2人で切り盛りしていました。
b0090654_07543124.jpgまずはだんなのおすすめ、Moo Satay(C$6.95)。
豚肉を香油でグリルしたものを、ピーナッツソースをつけていただきます。
実はピーナッツが苦手な私、たいていのものにピーナッツがかかっていたりソースに使われていたりするので敬遠していたのですが、除けて食べれば美味しいものが多いと発見。
b0090654_07543664.jpg私が大好きなPapaya salada(C$8.95)。
以前、タイレストランでバイトをしていたお友だちに教えてもらって以来、自分でも作るほど好きなのサラダですが、青パパイヤを入手出来るお店が少ないのでなかなか機会がないんですね〜。
b0090654_07544147.jpgTom Yum Gai(C$4.50)。
有名なトムヤムクンはエビなどのシーフードですが、こちらはトムヤムガイ(鶏肉)。
生シイタケ、レモングラスやネギなどがどっさり。
辛いけれどしっかりとライムの酸味が利いていて、アツアツなのが美味〜。
b0090654_07544822.jpg私のメインは、Gai Phrick Phao(C$10.95)。
鶏肉にニンジン、ピーマン、パプリカ、玉ねぎ、マッシュルームなどをローストしたカレーペーストとスイートバジルで炒めたもの。
少々味付けは濃いめなので、白いごはんに乗せて食べるとちょうどいい感じ。
b0090654_07545347.jpgだんなはGreen Curry(C$10.95)。
お肉は牛をチョイス。
濃厚なココナツミルクでこちらもウンマ〜。

暑い国の料理は、暑い時にはもちろんだけど、肌寒い日にも合うわ!
家庭料理ではあるけれど、ちゃんと本物の味を知らないとレシピを見ながらでも自分で作ってもイマイチなのよね。
うん、いいお手本でした!

[PR]
2017年 09月 08日 | |
b0090654_11302258.jpg本日は、『そこにしか店舗がない』ということでTsawwassen Millsヘ。
バンクーバー島へ行くフェリーの乗船場からほど近くにあり、モール内はかなり広いのでぐるり一周まわるだけでも結構な運動になるかも。
そしてそのモールに隣接されたアウトドア用品のお店が、だんなの目的地。
入口からまっすぐ奥まではロフトのようなところに野生動物の剥製が。
全てカナダではお馴染みの子たちですが、野生だと全部を一緒に見ることは不可能なので、博物館的に楽しめます。
b0090654_11303044.jpg突き当たりにはサーモンや鱒のいる水槽があります。
b0090654_11303708.jpgそして併設されたボーリング場は、深海の難破船をイメージしたインテリアになっていました。
b0090654_11304369.jpgもちろん、ボーリングのレーンも深海にあります。
b0090654_11305063.jpgボールが戻ってくるところも、遊び心満載♪
b0090654_11305687.jpgその奥にあるレストランUncle Buck's Fish Bowl and Grillも、海の中にあります。
b0090654_11311764.jpgサメ、まぐろ、アジなどが頭上にうようよ。
b0090654_11312132.jpgお手洗いは船室っぽく。
b0090654_11312752.jpgまずはSeasonal Salad(C$8)からスタート。
本日はベーコン、ゆで卵、ブルーチーズのトッピング。
以前ブルーチーズを試食した時にはかなりの臭みで苦手だと思ったのですが、これはややクセはあるけれど美味しかった!
どこのメーカーなのかなあ。
b0090654_11313393.jpgメインは、お店の名を冠したUncle Buck’s Fish and Chips(C$15)。
Codという鱈(?)をビール入りの衣でカリッと揚げたもの4切れに、フレンチフライがどっさり。
この衣がお店によって当たり外れがあるのですが、ここのはアッツアツの揚げ立ててガリガリと言ってもいいほどの歯応えで、美味〜。
薄味なのにタルタルソースさえ不要なほど美味しくて、グー!
でも、残念ながらサラダで既にお腹が満たされつつあったので、半分はお持ち帰りに。
b0090654_11313976.jpgだんなはCajun Catfish(C$13)。
ナマズをピリ辛な衣で揚げたもの、なんですが、嫌味もなく食べられました。
ただ、黒胡椒はともかく塩分もかなりしっかりと効いていたので、ビールのおつまみにした方が良さそうです。

この後私の目的であったチリソース専門店に行って、一番辛いソースは手が出せないほどの値段だったので、2番目に辛いと教えていただいたものを購入してほくほく。
アウトドアのお店、チリソース専門店とこのレストラン、最低3ヶ所行きたいお店があり、さらに姪っ子たちのプレゼントに良さそうなところも数軒あったし、片道1時間弱かかるけどたまになら行く価値はあるかな〜。

[PR]
2017年 08月 29日 | |
b0090654_09501874.jpg本日は、久しぶりにボランティア先のEさんとランチデート。普段毎週会っているのに、夏休みに入ってしまうとなかなか予定が立たなくて、喋りたいことがたんまり。
そして待ち合わせたのは、Eさんが知り合いに勧められたというVi-La Palace Vietnamese
口コミでもかなりの高評価で、期待は大。
b0090654_09504938.jpg外がピーカンで眩しすぎたせいか、店内に入るとかなり暗い感じ。
おそらく目線の高さあたりまではカウンターや椅子なども黒で統一されてしまっているせいもあるからかも。
b0090654_09511841.jpg外観は小さそうに見えていたけれど、L字型の店内はかなり奥深くまで席があり、思っていたよりも大人数が入れそう。
b0090654_09514967.jpg2人席ばかりですが、それを移動させて大人数にも対応可。
b0090654_09523491.jpgそしてこちらがランチ、Chicken and Chicken Meatball Noodle Soup(C$10)。
Sサイズですが、ラーメン丼くらいの大きさはあります。
裂いた鶏肉と、鶏肉のソーセージのような肉団子入り。
b0090654_09530405.jpgそしてもやしとタイバジルを乗せてたらセット完了!
どちらも生(!)なので、私はスープが熱いうちに麺と混ぜて湯がいた状態にします。
ライムを絞ったりチリソースを加えたりして好きな味にしたら、いただきます!

うん、塩分も過ぎず、麺もちょうどいい状態。
どうしてもここのじゃないと、というほどの特別感はないものの、なかなかにグーです。
b0090654_09533404.jpgそしてだんな用にLemongrass Chicken(C$13.75)をテイクアウト。
こちらも味や塩分が強すぎることなく、良かったそう。

ベトナム料理店ですが、前菜にタイの青パパイヤサラダなどもあったりして、他にもちょっとトライしてみたいな〜。

[PR]
2017年 08月 25日 | |
b0090654_08271939.jpg本日はお買い物デー。
1ヶ月ほど前に初めて入った수라 SURA Korean BBQのランチセットがよかったので、今回は単品をトライ。
私は닭볶음탕(Spicy Chicken Stew, C$17)。
甘辛なスープに、鶏肉がこれでもか!というほど入っていて、かな〜りボリューミー。
でもしっかりとコクがあり、美味〜。
たいていこういう汁物はシーフードか、お肉も牛か豚がほとんどで鶏肉のものは見たことがなかったので初めて食べましたが、これはイケます!
ただちょーっと油っぽすぎかな…?

닭…ニワトリ(鶏)・トリ
볶음…味付けして炒めたもの
탕…スープ・薬湯を表わす…湯
b0090654_08274266.jpgだんなは불고기 돌솥 비빔밥(Stone Bowl Bulgogi Bibim-bap, C$14)。
ビビンバというと数種のナムルとひき肉、目玉焼きというものが定番ですが、これはプルゴギを乗せたもの。
これも今まで他のお店のメニューでは見たことがなく、初めて。
さらに店員さんが、テーブルに置く前にハサミでお肉をじょきじょきと切り、乗っていたレタス(?)と辛味ソースを混ぜてからくれました。
おそらく器が熱いうちに混ぜないと焦げ付くからでしょうが、このお店は焼肉でも途中でお肉をひっくり返してくれたり、とにかく店員さんが色々とお世話をしてくださいます。
お味はというと、美味しいのだけれど、やっぱり普通のお野菜たっぷりのビビンバの方が好きかなー?
お肉はお肉でおかずとしていただいた方がよいかもです。

불…火・灯り・電灯・電気・光・火事
고기…肉
돌솥…石釜・石焼きビビンパの器

[PR]
2017年 07月 29日 | |
夕方早めに家を出て、本日は花火大会『Celebration Of Light』へ!
とはいえ、日没が遅いので開始は夜10時から。
その前にまずは腹ごしらえ。
b0090654_00314644.jpgはじめに行こうと思ったお店はなんと、花火大会の日は休業!
なのでその近くにあった、なんとも香ばしい匂いにつられて、中近東料理のお店、AL BASHAヘ。
店内は小さく、テイクアウトのお客さんの方が多そう。
b0090654_00325058.jpg私はVeggie Lover!(C$10.50)。
Falafelsというひよこ豆粉を揚げたもの、ブドウの葉でごはんを包んだのDolmathesにひよこ豆のディップhummus、パセリのサラダtaboulehとpita bread。
ごはんとお豆なのでかなりの重量感があります。
b0090654_00330095.jpgだんなはAl-Basha Plate(C$11.90)。
じっくりローストされたチキンの下にはピリ辛なごはん、そしてhummusとサラダ、pita bread。
こちらも、腹ぺこなだんなでさえごはんを1/3くらい残したほど。
でもどれもウマ〜。

そして店内で食べる時でもお持ち帰り用のパックに入れてくれます。
お皿を洗ったりする手間がないという利点があり、量の割りにはかなりお値打ちなディナーだったのではないかと。
ピタパンで包むものは食べ歩きにも良さそうだしね〜。

[PR]
2017年 07月 26日 | |
本日はだんながVancouverで用事があるというので、その間駐車料金を払うのももったいないと私も同行して、待っている間にウィンドウショッピング。
そして早めの夕食にと、結婚当時住んでいたあたりへ行ってみました。
b0090654_03590729.jpg8月第1日曜日にPride Paradeが行われるためか、同性愛者が多く住んでいると言われる地区の横断歩道はシンボルであるレインボーになっていました。
そして夕ごはんは、そのほぼ中心にあるRamen Koika ラーメン恋歌で。
b0090654_03581027.jpgなんだか以前来た時とメニュー内容が変わってるような?
店員さんの会話もBGMも全部韓国語。
あれ?

ともあれ、今回は一番野菜が多そうなものをと思い、Mayu miso マー油味噌ラーメン($C12.95)に辛味プラス(C$1)で。
味噌ベースですが、かなり胡麻の味がしっかりとしていてどっしりめ。
ニンニクオイルがいい感じに効いていますが、焦がし風味に負け気味なのがもったいないかも。
b0090654_03585086.jpgだんなはTan-Tan Men(C$11.50)。
普通はひき肉が上に乗っかってるもんだと思っていたけど、それよりもほうれん草とナッツの方が多かった!
b0090654_03584028.jpgそして+C$4.50でMini Bowl ComboのGinza Coco Bowl(鶏唐揚げ丼)を。
衣がバリサクでけっこう美味しかったー。
b0090654_03590067.jpgそして、私が(それなりに頑張って)完食出来た量ではだんなは足りなかったようで、替え玉代わりにTriple Black Garlic Ramen 千葉黒ラーメン(C$11.50)をお代わりに。
ニンニク大好きなだんなはこちらの方が気に入ったようでしたね。

ともあれ、変わらないのは店名だけで、以前のようにまた食べたいと思うほど拘りに特徴がなくなってしまったようなので、せっかくダウンタウンまで来るのなら他のお店を試した方がいいかなー。

[PR]
2017年 07月 12日 | |
b0090654_08233077.jpg本日はお買い物のためにRichmond市まで。
せっかく来たのだからと、ランチは수라 SURA Korean BBQヘ入ってみることに。
いつ来ても空席待ちの長蛇の列だし、ひとりではなかなか入りにくいのだけれど、今日は時間が早めだったからかすぐに席に案内していただけました。

b0090654_08233444.jpg大きなショッピングセンターの1階、壁2面が外に面した大きな窓になっているので、お天気のいい日中は電灯など不要なほどに明るいです。
テーブルは4〜6人席、各テーブルにコンロが作り付けになっているので移動させることは出来ず、大人数の場合は別れなくてはいけません。
b0090654_08234050.jpgコンロを使わない時にはテーブルと同じ素材の蓋がしてあります。
また、ティーバッグではありますが、お茶が大きなポットでどーんといただけるのはうれしいですね。
b0090654_08234609.jpgガスコンロ。
中はセラミックかな?
注文をすると店員さんが火を点けていってくださいました。
b0090654_08235520.jpgオーダーしたのは、ランチセットの수정식(SU定食/2人前より、各C$15)。
メニューには15品目がずらっと並んでいたので、ドキワク。

大きなワゴンで一気に持ってきてくださったのは、左から半時計回りで、그린샐러드(Green Salad/グリーンサラダ)、조기 구이(Grilled Atlantic Croaker/焼き魚)、탕수육(Deep-Fried Sweet & Sour Pork/豚の南蛮漬け?)、꽁치조림(Marinated Pike Mackerel/秋刀魚のマリネ)。
ドレッシングはポン酢風でさっぱりと食べやすかったです。
b0090654_08240083.jpg밥(Rice/ごはん)があって、さらには오늘의 죽(Daily Congee/本日のお粥)。
しかもお粥は、コーンスープ…?
かなり甘くて、冷やしたらデザートにもなりそうなくらいでした。
だからなのか、ごはんが、他のお店だと同じ器でてんこ盛りなのですが、半量くらいかな?
そして된장찌개(Soy Bean Paste Soup/みそ汁)はお豆腐・豚肉・たまねぎ・ズッキーニなどが入っていて具沢山で、しかもハラペーニョで美味辛〜♪
b0090654_08240713.jpg바베큐・갈비(BBQ・Galbi/焼肉・カルビ)は店員さんがその場でお皿からコンロにどさーっ。
でも頃合いを見てひっくり返したりハサミで一口サイズに切ったりしてくれ、食べることに専念出来ました。
3가지 반찬(3kinds of Daily Side-dishes/副菜3種)は、キムチとじゃがいもはよくあるけれど、かなり甘味の強い大豆の漬け物(?)は初めて。
b0090654_08241274.jpg감자전(Potato Pancake/チヂミ)。
お肉もお野菜も入ってない、シンプルなものです。
b0090654_08241802.jpg보쌈(Herb Pork belly/焼豚)。
b0090654_08242405.jpg식혜(Korean Rice Punch)は、とにかく甘い水!
一口飲んだだけで私はもちろん、だんなもギブアップ。
まあ、デザートと思えば甘くてもいいのかも知れないけれど、うーん?

そして実はもう1品、오징어무침(Spicy Squids/イカサラダ)もあったのですが、ふたりともイカは苦手なのでキャンセルしてもらいました。
それでもなんとか頑張って食べきれたという感じで、ごはんが少なめでむしろよかったかも。
ともあれ、質・量ともにほぼ大満足。
これでふたりでC$30はお値打ち!
単品も気になるけれど、きっと大きな味の違いはないだろうから、次回もこれでいいかな〜。

[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon