TopOut
カテゴリ:お外でごはん( 298 )
|
|
2018年 02月 03日 |
b0090654_12490402.jpg2週間ほど早いけれど、お誕生日ディナーに連れてってもらいました。
というのも、当日は既に帰国しており、それまでにゆっくり出来る週末が今日しかなかったので。

行ったのは、お友だち情報で知った、まだ開店して数ヶ月という新しい『Rail and River Bistro』。
既に暗く、雨も結構降っていて外観の写真は撮れませんでしたが、以前からあるパブの一角を改装した感じです。
b0090654_12491222.jpg入ってすぐにバーカウンターがあり、軽く飲んだりするのはもちろん、席に空きがない時にはここでも普通のメニューをいただけるそう。
b0090654_12491937.jpg白や明るい木目でまとめられた店内は、テーブルは4人席が10個くらい。
ただ、かなり贅沢に空間を取っているので、ゆったりした雰囲気です。
b0090654_12492552.jpgオープンキッチンも、食器類も全てが白く、清潔な雰囲気がよろし。
b0090654_12494235.jpgメニューは、ベニヤ板にゴムバンドで留めてあるのですが、それはそれでおしゃれに見えちゃいます。
内容に変更があっても、これならすぐに入れ替えられる、いいアイディアです。
b0090654_12494760.jpgまず前菜は葉っぱから。
Baby Romaine Caesar Salad(C$12)。
ローマレタスに、リッチなブリオッシュのクルトン、カリッとさせたグアンチャーレ(分厚いベーコンみたいなもの)にケイパーを揚げたものと、他のお店とは少々違うトッピングが面白かったです。
ドレッシングはかなり濃厚なので、葉っぱがもうちょっとあってもよかったかなー。
b0090654_12495392.jpgだんなは本日のおすすめメニューから、Chan Mush Bisque(マッシュルームとロブスターのクリームスープ、C$10)を。
スープそのものはそれほどマッシュルームの味はなかったけれど、ガーリックブレッドにのっていたロブスターの身と、カナダではめずらしくカイワレ大根が添えてあったのがびっくり。
b0090654_12500269.jpg私のメインは、Duo of Lamb(C$31)。
子羊のサーロインと胸肉の2種と、マッシュポテトにお野菜少々。
お肉はどちらも味が濃厚で美味しく、添えられたレモンマーマレードが脂身の重みを相殺してくれてグー。
b0090654_12500861.jpgだんなはBraised Boneless Beef Short Rib(C$32)。
焼き加減もちょうど良く、量も無理せず完食できるくらいでよろし。

アルコールを供するお店にしては、全体的に塩分控えめなのが嬉しく、お値段的にはちょっとお高めだけれど、ちょっとしたおデートや記念日などにはオススメです。
[PR]
2018年 01月 25日 |
b0090654_06541968.jpg本日は外出の予定があったので、夕ごはんは手抜きに店屋物。
T&T Supermarket内にあるフードコートのRodem Koreaという韓国料理屋さんです。
炒飯とおかず2品、2人前でC$15.75。
ごはんはお茶碗山盛り2杯以上はあるし、おかずもぎっしり。
しかもどちらももう1品ずつおまけで乗せてくれました。
レストランと同じくらいのいいお味だし、めっちゃお値打ち〜。
わざわざは行かなくても、出かけた帰り道に寄るにはグーだな!

[PR]
2018年 01月 16日 |
カナダ西端のBC州ではおなじみのファミレス(?)、White Spot Restaurants系列で、ガソリンスタンドの一角にあることが多いTriple O’s restaurant
ハンバーガーが美味しいと言われており、しかも火曜日はオリジナルバーガーが半額くらいだと聞いて、行ってみました。
b0090654_13593677.jpg結構しっかりと大きさがあり、フレンチフライもマッシュして型から押し出したものではなく、ちゃんと皮付きのものを切って揚げたものです。
b0090654_13594363.jpgオリジナルよりもつい惹かれてしまったので、Spicy Ultimate Crunchを。
そしてカナダにもありました、バンズをレタスに替えてくれるサービスが!
どのバーガーでも、追加料金なしでレタスにしてもらえるので、パンまで入らないなーという腹具合の時にはありがたいし、北米では入ってないことすらあるお野菜が食べられて幸せ♡
ただし、トマトとドレッシングとレタスの水分がこぼれやすいので、食べ方は要注意ですけどね。
でもこれはクセになりそうでっす。

[PR]
2018年 01月 13日 |
b0090654_12563785.jpgなんと、2年半ぶりくらいに行ってきました、Pasta Polo
行こうねと言いつつ、いざ外食する時になるとなぜか他のところへだんなが行きたがるので、すっかりご無沙汰になってしまっていました。

メニューも以前と少々変わっており、見たことのないワインがあったので頼んでみました。
Citra Montepulcianoというイタリアの赤ワインです。
私には少々軽すぎでしたが、頼んだごはんがチキンだったので、釣り合いは取れていたのかな。
b0090654_12565990.jpg私は、数量限定のFlame Roasted Chicken Italian Style(C$11.95)を。
いつもパスタ系を頼むので、これは初めて。
オーブンでローストされた丸ごとチキンの1/4サイズで、ローズマリーなどのハーブで香りをつけてあるものに、選べる付け合わせからGarlic Cream Spinachを。
ほうれん草のサラダにニンニクが効いたドレッシングがかかっているのかと想像していたら、むしろパスタソースというかスープに近いものでした!
でも、表面はともかく内部は味のないチキンを、このソースをつけていただいたら幸せなほどに美味でした〜。
b0090654_12570885.jpgだんなは、本日のスペシャルから、ロブスターとシュリンプのアルフレッドソースのパスタを。
シーフードでも、お魚が好きな私と違い、だんなはむしろ甲殻類が好きということで、これは大満足だったよう。
さすがにちょっと摂取カロリーが気になるところだけれど、たまならいいよね〜。

[PR]
2017年 12月 19日 |
b0090654_23303128.jpg本日はお友だちEさんとRichimond市へショッピング。
お昼過ぎごろから降雪の予報が出ていたので、出発時間を少々早めてレッツゴー。

…なのに、目的地が近づくとお昼前からガンガン降り出し、あっという間に真っ白に。
でもここまで来たのだからちゃんとお買い物はしますよ。
b0090654_23304241.jpgランチは、ショッピングモール内の韓国系スーパーの一角にあるフードコートで。
欧米のものに比べてアジア系のものの方が熱々なメニューが多いような。
その中でも韓国のお鍋はぐらっぐらな状態でいただけるので、寒い冬の贅沢なごはんです。
b0090654_23305581.jpg前回一緒に来た時には순두부찌개(Seafood Soondubu、豆腐鍋)を食べて美味しかったので、今日は、お店のおばちゃんにおすすめを訊いて、김치찌개(Kimchi-pork stew、キムチ鍋 C$8.98)を。
もっとお野菜がどっさり入っているといいのになあと思いましたが、でも美味しかったし、身体も暖まって幸せ〜。
他のも美味しそうだから、また食べに行かねばね!

[PR]
2017年 11月 10日 |
b0090654_03595498.jpgいきなりだんなが『魚が食べたい!』とのたまいまして、行ったのはNoma
とはいえ、お外は冷えてるし、あったかいものはうどんとか照り焼きとか重そうだしと迷って見つけたのが、Assorted Aburi Nigiri Conbo(C$17.95)。
炙りというかタタキというか、お刺身候ではないし香ばしい風味もあるし、何より私の苦手なものがほとんどないのが嬉しい♪
シャリも小さめでネタは大きく、うん、これは気に入った〜。
b0090654_04000593.jpgだんなはJazz Roll(C$10.95)。
ウナギをあげたもの、カニかま、アボカド、きゅうりが入っていて、上にスモークサーモンとさつまいもを削って揚げたものが乗っています。
b0090654_04001414.jpgだんなの場合、お魚=ウナギだし、満足してたからいっか。
b0090654_04002996.jpg〆(?)にラーメン(C$8.95)。
和食レストランだけれど韓国系のオーナーなので、ラーメンといえばインスタント麺。
それでも味噌ベースのスープは、おそらくハラペーニョを一緒に煮出してあるようなピリ辛で、お野菜も結構乗っててそれなり。
チキンとビーフから選択出来、ウェイターのお兄ちゃんのおすすめでチキンをお願いしたけれど、ラーメンにビーフっていうのもあんまりなくてちょっと興味はあったかも。
ともあれ、ラーメンはやっぱりちゃんと日系の専門店の方がいいということが分かったので、よしとしよう。

[PR]
2017年 11月 05日 |
久しぶりにギリシャ料理が食べたいというだんなの指定は『Poseidon Greek Restaurant』。
ここは味付けが濃過ぎないのでけっこう好きなのです。
b0090654_22011987.jpg頼んだのは、ATHENA PLATTER for TWO(C$54.95)。
最初に来た6年前よりもお値段がC$5ほど高くなっていましたが、仕方ないですね。

まずは、サラダ。
だんなは、油分が少なくぼろぼろとしたフェタチーズはヤギのミルクから作られていて独特の臭みがあって苦手なのですが、今回はそれが全くなくて喜んでいました。
私はむしろそのクセがけっこう好きなので、ワインを飲みながらだとちょっと物足りないかなと思いましたけれど。
b0090654_22012915.jpgメインは2人前ということで偶数ピースですが、女性なら3〜4人でシェアしてもいいくらい。
内容は、ビーフ&チキンのスブラキ(串焼き)、ロースト・ラム、ギリシャ風ミートボール、スパナコピタ(ほうれん草のフィロ包み)、ムサカ(マッシュポテトとナスのグラタン)、ピラフ、ロースト・ポテト、温野菜と盛り沢山。
シーフードメニューもあるのだけれど、お魚はともかく、エビなどの甲殻類&イカ・タコなどの軟体類、更には貝類が苦手な私は、どうしても敬遠してしまうので、ホタテやエビが好きなだんなには申し訳ないなあといつも思います。
ちなみに、ひとり分でいろいろ食べたい時にはランチがおすすめで〜っす。

[PR]
2017年 10月 27日 |
b0090654_21115274.jpgめっきり冷え込んできたし、最近はだんなの仕事が忙しくて出来なかった外食は、『진수성찬(Jin Soo Sung Chan) Korean Restaurant』ヘ。
お友だちのMさんがたまにランチにいらしているというのを知り、興味がありまして。
ここはWEBページや雑誌等への広告もなく、しかも大通り等に面しているわけでもないので、口コミのみでお客を増やしている、ある意味隠れ家的な感じです。
b0090654_21115906.jpg入口のドアを開けると、なんだかホテルのロビーのようなカウンターが。
韓国の時代劇ドラマを見ているとお馴染みの格好のお人形もたくさん♪
b0090654_21120555.jpg明るい雰囲気の入口から一変、店内は落ち着いたダークブラウンでまとめられていました。
来店時間が夕食にはまだ少々早めだったからか、他のお客さんも少なく、まだ静かでいい感じです。
b0090654_21125475.jpg頼んだのは、진수성찬 정식(Traditional Korean Set Course Menu)。
ひとりC$20、2人前以上から頼めます。

반찬(口取り)。
いろいろなお店でいろいろな種類を食べたけれど、そのままワカメにヤンニョム(?)がかかっているのと、大根をハラペーニョで漬けたものは初めてでした。
b0090654_21121172.jpgまずは、죽(お粥)と샐러드(サラダ)。
この韓国式のお粥、日本の米粒がしっかり残っているものでもなく、中国のお米を煮溶かしたようなものでもなく、米粉の濃いスープという感じ。
本日は、かぼちゃ。
韓国ドラマにハマる切欠になった作品では、主人公の女の子がお粥やさんでバイトをしていていろいろ味にバリエーションがあったから、機会があったら試してみたいかも。
b0090654_21121764.jpg해파리 냉채(クラゲのガーリックソース和え)。
ガーリックとメニューにはあったけれど、むしろわさび風な辛味の方が強かったです。
木耳も久しぶりに口にしたし、きゅうりやカニかまのサラダという感じで、なかなかにグー。
b0090654_21122276.jpg청포묵무침(緑豆ゼリーの和え物)。
見た瞬間、イカそうめんかと思ったけれど、食べてみるとゼリーというよりむしろ寒天?
そのものには味がなく、他のもののソースなどと一緒にいただきました。
b0090654_21122711.jpg잡채(チャプチェ)。
いっしょに해물파전(海鮮チヂミ)もいただいたのに写真撮り忘れた!
チャプチェはともかく、チヂミは少々厚めでモッチモチ、なのに縁から底面はパリパリですごく美味しかったのに!
b0090654_21123283.jpg보쌈(ポッサム)、包んでいただくもの。
これは大根の漬物でお肉とキムチを包んで(挟んで)食べるのが正式なのかな。
b0090654_21123770.jpgLA갈비(骨付きカルビ)。
鉄(石?)板は見た目だけで熱くなかったのがちょっと残念。
b0090654_21124319.jpg깐풍기(鶏の辛唐揚げ)。
辛味はもちろんあるけれど、おそらくコチュジャンベースと思われる甘味もしっかりついているのが韓国風。
b0090654_21124858.jpg가마솥밥 또는 냉면(釜飯または冷麺)と選べたので、釜飯で!
しかも彩りのためか、お豆やミックスベジタブルが乗っかっててなかなかによろし。
お味噌汁も、しっかりとハラペーニョが利いていて美味辛。
しっかりと暖まれてよかった〜。

[PR]
2017年 09月 29日 |
b0090654_07540444.jpgだんなが久しぶりにタイ料理が食べたいというので、口コミ評価のかなり高いLHY THAI RESTAURANTへ来てみました。
大通りから1ブロックほど離れているだけでけっこう静かな界隈です。
b0090654_07542470.jpg店内はかなり小さめ。
席数も多くないからか、ホールも店員さん2人で切り盛りしていました。
b0090654_07543124.jpgまずはだんなのおすすめ、Moo Satay(C$6.95)。
豚肉を香油でグリルしたものを、ピーナッツソースをつけていただきます。
実はピーナッツが苦手な私、たいていのものにピーナッツがかかっていたりソースに使われていたりするので敬遠していたのですが、除けて食べれば美味しいものが多いと発見。
b0090654_07543664.jpg私が大好きなPapaya salada(C$8.95)。
以前、タイレストランでバイトをしていたお友だちに教えてもらって以来、自分でも作るほど好きなのサラダですが、青パパイヤを入手出来るお店が少ないのでなかなか機会がないんですね〜。
b0090654_07544147.jpgTom Yum Gai(C$4.50)。
有名なトムヤムクンはエビなどのシーフードですが、こちらはトムヤムガイ(鶏肉)。
生シイタケ、レモングラスやネギなどがどっさり。
辛いけれどしっかりとライムの酸味が利いていて、アツアツなのが美味〜。
b0090654_07544822.jpg私のメインは、Gai Phrick Phao(C$10.95)。
鶏肉にニンジン、ピーマン、パプリカ、玉ねぎ、マッシュルームなどをローストしたカレーペーストとスイートバジルで炒めたもの。
少々味付けは濃いめなので、白いごはんに乗せて食べるとちょうどいい感じ。
b0090654_07545347.jpgだんなはGreen Curry(C$10.95)。
お肉は牛をチョイス。
濃厚なココナツミルクでこちらもウンマ〜。

暑い国の料理は、暑い時にはもちろんだけど、肌寒い日にも合うわ!
家庭料理ではあるけれど、ちゃんと本物の味を知らないとレシピを見ながらでも自分で作ってもイマイチなのよね。
うん、いいお手本でした!

[PR]
2017年 09月 08日 |
b0090654_11302258.jpg本日は、『そこにしか店舗がない』ということでTsawwassen Millsヘ。
バンクーバー島へ行くフェリーの乗船場からほど近くにあり、モール内はかなり広いのでぐるり一周まわるだけでも結構な運動になるかも。
そしてそのモールに隣接されたアウトドア用品のお店が、だんなの目的地。
入口からまっすぐ奥まではロフトのようなところに野生動物の剥製が。
全てカナダではお馴染みの子たちですが、野生だと全部を一緒に見ることは不可能なので、博物館的に楽しめます。
b0090654_11303044.jpg突き当たりにはサーモンや鱒のいる水槽があります。
b0090654_11303708.jpgそして併設されたボーリング場は、深海の難破船をイメージしたインテリアになっていました。
b0090654_11304369.jpgもちろん、ボーリングのレーンも深海にあります。
b0090654_11305063.jpgボールが戻ってくるところも、遊び心満載♪
b0090654_11305687.jpgその奥にあるレストランUncle Buck's Fish Bowl and Grillも、海の中にあります。
b0090654_11311764.jpgサメ、まぐろ、アジなどが頭上にうようよ。
b0090654_11312132.jpgお手洗いは船室っぽく。
b0090654_11312752.jpgまずはSeasonal Salad(C$8)からスタート。
本日はベーコン、ゆで卵、ブルーチーズのトッピング。
以前ブルーチーズを試食した時にはかなりの臭みで苦手だと思ったのですが、これはややクセはあるけれど美味しかった!
どこのメーカーなのかなあ。
b0090654_11313393.jpgメインは、お店の名を冠したUncle Buck’s Fish and Chips(C$15)。
Codという鱈(?)をビール入りの衣でカリッと揚げたもの4切れに、フレンチフライがどっさり。
この衣がお店によって当たり外れがあるのですが、ここのはアッツアツの揚げ立ててガリガリと言ってもいいほどの歯応えで、美味〜。
薄味なのにタルタルソースさえ不要なほど美味しくて、グー!
でも、残念ながらサラダで既にお腹が満たされつつあったので、半分はお持ち帰りに。
b0090654_11313976.jpgだんなはCajun Catfish(C$13)。
ナマズをピリ辛な衣で揚げたもの、なんですが、嫌味もなく食べられました。
ただ、黒胡椒はともかく塩分もかなりしっかりと効いていたので、ビールのおつまみにした方が良さそうです。

この後私の目的であったチリソース専門店に行って、一番辛いソースは手が出せないほどの値段だったので、2番目に辛いと教えていただいたものを購入してほくほく。
アウトドアのお店、チリソース専門店とこのレストラン、最低3ヶ所行きたいお店があり、さらに姪っ子たちのプレゼントに良さそうなところも数軒あったし、片道1時間弱かかるけどたまになら行く価値はあるかな〜。

[PR]


ページトップ
The Original by Sun&Moon