胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 09月 30日 |
b0090654_4442098.jpgすっかり寒くなりましたね。
これ、昨日の朝の風景です。
最近、お天気がよくなる日の朝(というか前の晩)から、すごい霧が出ます。
こういう霧が出るようになると、秋だなぁと思いますね。
というのも、夏の間は、水温が外気温よりも低いため、いくら朝に気温が下がっても、霧にならないですもん。
秋冬に向かってどんどん気温が下がり、水温の低下が外気温の低下の速度に追いつかなくなると、水蒸気となり、こんな霧になるんだったかな。
近くに、フレイザー川が流れているからでしょう。

あ、さて~。
朝早くから、義母からの電話で起こされました。
平日だと、仕事だ、学校だと、だんながつかまらないので、休日に連絡を取ろうとしたんでしょうが、せっかくのお休みの日はゆっくり寝たいんで、出来れば日中にお願いします~…。
内容は、来週の感謝祭(もうそんな時期なんだ~)のディナーは、土曜日がいいか日曜日がいいかというお尋ねでした。
…『来るか来ないか』という選択肢は、この時点でもうなくなっていました…とほほ。

それはともかく。
どうせ起きちゃったんだし、と、お買い物へ。
というか、こういう日でもないと、平日は食料品ひとつ買出しにいけないし、翌日からまたハードな生活が始まる日曜日はのんびりしたいというだんなの意向により、土曜日にしか出かけられないんですねー。
ちょろちょろとコンサイメントストアをひやかした後、ダイビングショップへ。
というのも、現在、レギュレーター、オクトパス(予備の空気源=レギュレーター)、BCD(浮力調節ジャケット)、ダイブコンピューターのセットが、35~40%オフというセールをしているんです。
ちょうどお取り寄せをお願いしていた水中ライトも届いてますよ~と連絡をいただいていたので、もらいに行くついでに実物を見せてもらおうと思いましてね。

b0090654_7153023.jpgとりあえずは、これが水中ライトのセット。
一番大きいライト(槌型)をメインに、普通のスティック状のライトは予備に。
一番小さいのは、水中マスクのストラップに取り付けられるサイズですが、多分使わないだろうなぁ。
本当はもうひとつ、ペン型もあるんですが、だんなが改造したいと持っていってしまいました…。
全て、LEDライトで、電池も長持ち(通常のライトの20倍くらい)するので、電池切れの心配もあんまり頻繁にしなくていいのです♪
黒いストラップは付属ですが、黄色い伸縮自在のバネ(?)はだんながつけてくれました。
錆びない素材でできたキーホルダーでつけはずし自在で、うっかり手を滑らせて落としてしまっても、なくしちゃう確率がこれでうんと低くなるのだー。
b0090654_7195471.jpgそしてこれが、今回買っちゃったよ~のセット。
アクアラング社のタイタンLXシュプリームというモデルです。
特に冷水域用にデザインされているタイプなので、日本では売ってないのかな?

一番右の銀色の塊が、ファーストステージといって、エアタンクに接続する部分、そこから出ている黒いホースの先っぽをセカンドステージ、またの名をレギュレーターといい、黄色いホースの先っぽをオクトパスといいます。
b0090654_7201358.jpgレギュレーターは、冷水域仕様で、唇の周りをカバーするフードの脱着ができ、マウスピースもぎゅっと噛んでいなくてもいいデザインで、ありがたいです。
写真ではちょっと見難いですが、右側(咥えたときには左側)には空気量を調節するダイヤルもついているので、空気の無駄遣いも防げます。
オクトパスも、裏表のないデザインなので、上下を考えずに使えるという利点もあり、グー。
b0090654_7203113.jpgファーストステージ、アップ。
一番上の黒い部分を回し、ネジを緩めて、真ん中にある黒い部分を外して、そこをエアタンクに取り付けます。
そして、今はまだレギュレーターとオクトパスしか接続されていませんが、反対側には残圧計などのゲージを接続します。

BCDは、だんなも私もどちらもあまり好きなデザインではないので迷っていたら、違うものに入れ替えることもできますよーと言っていただけまして。
でも、できればいろいろレンタルで使ってみて、それから自分の使い勝手がいい物を選びたいし、と思っていると話をしたら、じゃあ、BCD抜きのセットでも、セール価格でいいよといってもらえ(しかも、BCDを買うときも同じだけの割引をしてくれるって!)、ラッキー!

そんなわけで。
レギュレーターとオクトパスとコンピュータ、お買い上げ~!(私の分だけ。だんなはもうちょっと拘りのものを選びたいんだそうな)
しかも、コンピュータには、コンパスもつけてもらえるおまけつき♪
なので、コンパスをつけてもらうのを待ってから受け取りになりますけどね。
ちなみに、BCDの使用感を試すのに、月~水にプールダイブのコースがあるので、それに便乗するなら、レンタル料・プール使用料全て無料で試させてもらえるそう。
ここのお店は、本当に良心的で、お店のスタッフもいい人が揃っており、普通のお値段も他のダイブショップよりも安いのにサービスもいいし、うちからも一番近いから気軽に行けるし、といいこと尽くめ。
もう、他のダイブショップは行かなくても、全てここでお願いすればいいね、なんてだんなと話しています。
そして、お店の開店記念日セールということで、毎年11月に大幅値下げの売出しをし、その際にスーツや器材などもメーカーから卸値に近い価格で買えるそうなので、ちょっとドライスーツを狙っていたりするんだな。
うけけ。

あーでも、その前に早くコースを終了してぇ~っ!
[PR]
2006年 09月 29日 |
本日、だんなは学校はないのに、夜、お出かけ。

というのも、学校のクラスメイト(でいいのかなぁ?)で、移民したばかりの方がいらっしゃるそうで。
彼は、家族を本国において、ひとりでカナダに移民し、まだ友だちもほとんどいないし、バンクーバー近郊のこともあまり知らないんだそう。
なので、一緒に夕ゴハンを食べに行こうっていうことになったんだそうです。

本当は私も行くはずだったんですが、彼とだんなとの3人ならいいけれど、もうひとりクラスメイトも参加することになったそうで、そうなると、男の人(しかも工場系)ばかりのところに女ひとりが行っても居心地悪いだろうと、お断りをしました。
だってねぇ、私も話が合わないだろうし、彼らだって『女性がいる』ってことで遠慮しちゃうだろうし。
もしも、彼らのうちどちらかが彼女を同伴する、というのなら別ですけれど、どちらもまだシングルだそうだし。

そんなわけで、私はひとりでお留守番。
いつぞやのパスタの残り(サンドライトマトとガーリック&シソ)とグリークサラダ(でもチーズなし)、そして、だんながちょっと最近敬遠しているやや甘口のワイン(Sumac RidgeのGewurztraminer)を開けて。
ここ最近、だんなが学校で忙しいのと、週末にはダイビングコースの予定が入っていたのとで、あんまりアルコールが飲めなかったので、今日はちょっと贅沢を。
うへへ。
[PR]
2006年 09月 28日 |
夕べ、寝る直前(といっても私は早寝なので他の人にとっては遅くない時間ですが:笑)に、ダイビングショップから電話がありました。
私の、アドバンスコースの残りのダイブ、10月になるそうです。

出来れば今週末に終わらせたいな~と思っていましたが、人数の都合上(3人以上にならないとやってもらえないのです)ならば仕方ありません。
はじめは12日(木)の夕方に、と言われたのですが、平日はだんなが車を使っちゃうのでだめなんです~、ということで、また改めて週末に設定していただくことに。
ナイトダイブが予定に入っているので、日程が遅くなればなるほど、ダイブ出来る時間は早まり、終わる(帰る)時間も繰り上がるし、これから冬に向けてどんどん水は澄んできれいになってくるって聞いてるし、海水の温度は外気温ほど変化がないので真冬の方がかえって暖かいと言われるし、どうせ冷たくてもドライスーツだからあんまり関係ないし…と、いろいろいいほうへ考えるようにしていますが。

基本的に出来ることはとっとと先に済ませたい私、なんとなくやりのこしていることがある感じで、ちょっとフクザツ…。
[PR]
2006年 09月 27日 |
朝10時半ごろ、今日もお天気がいいな~、そろそろシャワーを浴びようかな~、と思っていたとき、電話が。
程近いところにお住まいのMさんが、『お散歩にいかなぁい?』。
私が車がなく、引きこもり生活をしているのを気にしてくださり、お誘いくださいました。
そりゃもー、元気よく、ふたつ返事ですともさ。

ちゃちゃっとシャワーを浴びたところで、Mさんが、電話をくださってから1時間ほどでお迎えに来てくださいました。
とりあえずお腹が空いているからランチをしよう!ということになり、お隣のアボツフォード市にあるギリシャ料理店へ行くことにしました。
いつもディナーに行くので、もしもランチタイムはやっていなかったらどうしよう、とドキドキしましたが、駐車場にたくさん止まっている車を見、ほっ。

ディナーのときはかなりほの暗く、キャンドルの灯りで食べるような感じなのですが、さすがは日中、しかもいいお天気なので、さんさんと光が入ってきていて明るくて。
私はスパナコピタ(ほうれん草のフィロペイストリー包み)とギリシャ風サラダ、Mさんは、ほうれん草ではなくシーフードとチキンのスープを包んだものを注文。
どちらも、ピラフとポテト、温野菜がつき、9ドル弱。
もちろん、美味しかったです。
ディナーはどうしても量が多くて食べきれず、お持ち帰りをするのですけれど、ランチサイズはちょうど食べきりでグー。

そして食後のデザートに、Mさんがティラミスとお紅茶をオーダーし、私はお腹に余裕がなかったので、ブルーベリーティーをオーダー。
ティラミスは、Mさんも気に入ってくださったようでよかったです。
で、私のブルーベリーティー。
b0090654_13141916.jpg名前だけ見れば、ブルーベリーのフレイバーがついた紅茶かな、と思いますが、なんのなんの。
実は、アマレットとグランマニエ、そしてフレッシュオレンジを紅茶で割るというドリンクなのです。
リキュール類の入った(おそらくは耐熱の)ブランデーグラスにカットオレンジがついてサーブされ、これに紅茶を注いでいただく、という感じです。
これがね、うんま~!なんですわ。
リキュール類が、お砂糖とは違う甘味を出していて、ものすごーくリッチな気分になれます。
紅茶にブランデーをたらすことは知っていましたけど、こういうお酒もいいんだなぁと。
あとは、マグカップなんかで飲まず、『ブランデーグラスで』いただくというのがいいんでしょうね。
それに、熱い紅茶にアルコールということで、飲んでいるうちに身体がポカポカ。
これから冷え込む季節に、よさそうです。
暖炉の前でくつろぎながら飲むと、すんごい気分よさそう~(笑)。

Mさん、お誘いくださってありがとうございました。
とてもいい気分転換になりました~。
私はたいてい家にいるので、またいつでもお声をかけてくださいませね。
[PR]
2006年 09月 27日 |
b0090654_13171528.jpgシソの花が咲きました。
ハーブや野菜によくあるように、小さくて白い、かわいい花です。
結構みすにゃがかじっていたので、ちょっと諦め気味だったのですが、咲いてよかった~。
b0090654_13172672.jpg
しかし、お外にあれば虫さんが助けてくれるのでしょうが、室内で育てている場合、どうやって受粉させればいいのかな。
出来れば種を取って、来年もシソを食べたいし。
まあ、種はまだあるから無理に、とは言わないけれど。
[PR]
2006年 09月 26日 |
『Howl's Moving Castle』、読み終わりました。
なんてーか、この話をどうやったら、映画のようなストーリー展開になるんだろう?って思いましたね。
意訳、とも違うし、うーん?
日本語訳で読んだら、また違うのかしらん?

私としては、映画のほうが好きかな。
面倒な人間関係もなく、ソフィーちゃんの、女の子の心理がきれいに描かれていて。
原作はもっと、淡々と話がすすんで、淡々と終わっちゃった、という感じがします。
主役であるハウルくんにも、あんまり魅力がないし~。
あと、せっかく英国が舞台なのに、その設定を生かしきれてないというか。
映画を見ていなかったら、可もなく不可もなく、と思うかな。

しかし、ここまで話が違うと、原作者が映画を見てどう思ったのか、ものすごく気になるわ~。
[PR]
2006年 09月 24日 |
今朝は、早くからだんなはお出かけ。
それは、ダイビングのコースを終了させるため。
というのも、前回の海実習で体調を崩したので、あともう1日、海ダイブをしなくてはいけなかったのです。
お天気もよさそうだし、胸焼けやむかつき防止の薬を飲んで、いざ、実習へ。

ということで、私は車もないし、ぼーんやりして過ごしました。
ねこ草の種を蒔いたり、日向でたろーちゃんと遊んだり。
そうそう、現在、8月末に買った『ハウルの動く城』を読んでおり、8割くらいまできていますが、どうやら映画はかなーり違う話になっているようです。
登場人物の名前や大まかな設定は同じ(あ、マルクルくんは原作ではマイケルくんだなぁ)ですが、名前を変えたら全く別物の話になっちゃいそう。
どちらがいいとは、それぞれの好みだと思いますけど、原作がこれからラブストーリーになるのか、ドキドキしながら読みすすめたいと思います。

あ、だんなは、今回は薬が効いたのか気持ち悪くなったりすることなく、めでたく、コースを終了しました。
でも、ファンダイブで器材のレンタルをする人が多かったらしく、実習生のひとりが自分の器材をもってくるのを忘れて、でももう予備がなくて器材が足らなくて、2グループに分かれて器材をシェアしながらやったため、ものすごーく時間がかかった!と憤慨していました。
だって、朝7時に家を出、帰ってきたのが夕方6時半過ぎだったもん。
片道1時間半くらいかかる場所に行っていたにしても、そりゃー、長すぎるわなぁ。
ともあれ、これで一応夫婦ダイバーの誕生です。
一緒に潜りにいけるのは、いつかな~?
[PR]
2006年 09月 23日 |
b0090654_1124226.jpgお日さまぽかで、暑くもなく、寒くもなく。
こういう日は、寝子日和。
日の当たる場所には、あっちにもこっちにもにゃんこがいます。
←これは、玄関先のポーチで毛玉になっていた、お隣さんちのティミー。
夏に刈られた毛がまだ生え揃っていなくて、短い毛のところはそろそろ寒いんじゃないかな~と思うような気温になってきてますが、こうやってちゃんとあったかい場所を知っているので、大丈夫なのかも。
ちなみに、手前の影は、たつぼんです。

久しぶりにお天気もいいし、だんなの学校が始まってから引きこもり生活だったので、今日はお出かけ。
午前中、友人R氏も誘って、お隣のアボツフォード市まで行って来ました。
ずっとリッターあたり1ドルを越えていたガソリン代ですが、ここ最近、ちょっとずつ下がってきており、いつも安めのアボツフォード市では、なんと、90.4セント/Lで買えたんですー。
だんなの通う学校がバーナビー市で、往復80kmくらいあるので、ガソリンも、安値のときに買いだめしておかなくては…。
そして先日、だんなが出かけた際に、お気に入りのコンサイメントストアMCCのでかい店を見つけたというので、そこもちょっとひやかしに。
ここは毎年、アボツフォード市民の投票で、『一番いいコンサイメントストア』に選ばれるだけあって、広く、棚も整理されていて見やすく、お値段も衝動買いしちゃうほどの数字がつけてあり、うれしい限り。
お気に入りのシリーズの小皿も見つけ、しかも各25セントだなんてかわいい数字が貼り付けてあれば、そりゃもう、買うしかないでしょー。
近くにかわいいティーハウス/レストランも見つけたので、(R氏はあまりそういうのが好きではないから)次回行ってみたいと思います。
b0090654_1125629.jpgそしてその帰り、フォートラングレーにも寄りました。
さすがにいいお天気なだけあって、駐車場所を探すのにも苦労するほど賑わっていました~。
ついでなので、7月末ごろに行ったレストランの写真も撮ってきました。
b0090654_1131043.jpg
ちょっと分かりにくい場所にありますが、アンティーク調のすてきなお店です。
写真は、お店の前、フレイザー川に面したオープンデッキからです。
b0090654_1132319.jpgそしてこれは、レストランから道を挟んだところにあるパブの塔(?)。
いつでも、というわけではありませんが、中は上ることが出来ます。
b0090654_1133885.jpg壁に沿って階段があり、そこを上ってゆくと…
b0090654_1135161.jpg一番上からは、レストランも見えます。
足元をフレーザー川がとうとうと流れているのも見えるし、フォートラングレーの町も見えます。
ただ、あまりお手入れがなされていないようで、窓ガラスがとても汚れており、窓を開けないとあんまりきれいには見えないかも。
b0090654_114410.jpgついでにこれは、フォートラングレーで見つけたかわいいおうち。
だんなが『これくらいなら自分で建てられそう』というので、じゃあぜひ、建ててもらおうじゃないのっ!と参考に出来るように写真を撮りました(笑)。
どうせ今の家が、あちこちヒビが入ったり歪んだりしているので、ぜーんぶ壊して、ごそっと建て直してよねっ。
[PR]
2006年 09月 22日 |
涼しくというよりもすでに寒くなってきました。
にゃんこどもが、争うように膝に乗ってくるようになったら、冬と呼んでもいいのかな。
末端冷え性で、血行が悪い所為か自家発熱がなかなか出来ない私は、半纏を着て熱い飲み物を抱えています。
b0090654_1412296.jpgそんな最近、欠かせないもの。
それは、ホットチョコレート。
だんなが仕事の後に学校に通うようになって生活時間帯が変わり、夕ゴハンを4時ごろに食べるので、夜寝る前、9時ごろにやたらとお腹がすくのです。
まあ、普通はおやつを3時ごろ食べて夕ゴハンを7時ごろ食べるのですが、今は、夕ゴハンとおやつ時間が入れ替わったような感じかな。
で、寝る前だし、あんまり重たいものは食べない方がいいよな、と、軽いスナック類をちょっとつまんだりする程度ですが、同時に、寒くなるとちょっと甘いものを口にしたくなるので、甘めのミルクティも好きだけれど、ホットチョコレートもなかなかによろしいのだ。
きっと、いつもどおりの生活なら、夕ゴハンを食べて身体は暖まっているのでしょうけれど、食べるのが早すぎるため、寝るまでに熱量を全て消費しちゃってんでしょうねー。
寝る前にこんなカロリーの高そうなものを!とは思うのですが、つい。
太ったらどうするー?とだんなに訊いたら、『冬なんだからちょっとくらいお肉つけたほうがいいんじゃない?』ですって。
まあね、水温10℃のプールや海でダイビングして、皮下脂肪の大切さを実感したけどさ…。
なので、私がおデブさんになるのを一番嫌がる人のお許しも出たし、安心して飲もうーっと。
[PR]
2006年 09月 21日 |
先日のとらにょの血尿の、検査結果の連絡が来ました。
やはり、前回同様、膀胱に結晶が出来ているそうです。
ただ、痛がっている様子が無いことからも分かるように、まだその結晶は大きくなく、慌てて今すぐに注射を!とか手術で除去!とかいうほどではないそうで。
なので、買ってきた『結晶を溶かすためのゴハン』をしばらく続けて様子を見ましょう、ということになりました。
前回は、買ってきた分(2kg入り、にゃんこ1匹で約1か月分)がなくなった後は、すぐにいつものゴハンに変えていたのですが、今回は最低でもゆっくり数ヶ月は続けてみてください、と言われました。
今のところ、嫌がらずに食べてくれていますし、これで体質改善できるならありがたいことです。
ともあれ、早期発見できて、何よりでした。
こういう利点があるのなら、床におしっこするくらい、拭けばすむんだし、我慢しなくちゃいけないかな。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon