胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
<   2006年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 10月 31日 |
Happy Halloween!
今朝起きたときの気温がマイナス3℃(とラジオで言っていた…)で、晴天に恵まれた今晩はやはり冷え込みが厳しくなり、近年のうちで一番寒いハロウィーンになりそうだとか。
お菓子をくれぃ!と家々をまわる子どもたちは楽しくていいかもしれませんが、付き添う大人はちょっと可哀相かも…。

b0090654_11212648.jpgそんな寒い日には、オーブンを使うのが良きね!ということで、本日もパンを焼きました。
またもや、ちびパンです。
今回は、普通の食パンの材料で1斤分、ミニ型以外の分は、普通に丸いバンズに。
こうしておくと、だんなが仕事に行くときに、朝食&昼食用に持って行くサンドウィッチにしやすいのだ。
b0090654_11213831.jpgそして、ミニ型のほうには、チョコチップを入れたロールパンにしてみました。
生地に甘味があまりないので、こういうことをしても、重くならないみたい。
帰ってきただんなに、早速1個、ぺろっと食べられちゃいましたが、まあ、ハロウィーンだし、チョコレートでちょうどいいのかな~。
[PR]
2006年 10月 30日 |
今朝、気温が0℃をマークしたと、ラジオで言っていました。
ふと、室内の温度計を見れば、13℃。
…今月いっぱいは、オイルヒーターのみで頑張り、電気代がどれくらい違うのかを調べよう、と言っていたんですが、ギブアップ。
セントラル・ヒーティングのスイッチを入れました。
そんな1日の始まり。

で、ここまで冷えればもう『冬』でしょうと、ぬくぬくの毛布を出すことにしたのですが。
あれ、見当たらない…?
お客さま用や使っていない季節のシーツや布団を入れてある長持ちにも、普段使わないキルトのカバーやマットレスをしまってあるクローゼットにもなく。
おかしいな、どこにしまったんだろう?
今年の春に、あったかくなったからもういらないねって、洗って、ええと、その後どうしたっけ。
うわーん、どこで迷子になっているんだよぅ!
あと思いつくのは、床下の収納ボックスの中か…。
これは近いうちに、だんなに見てもらわないと!
[PR]
2006年 10月 29日 |
昨日で夏時間が終わり、今日から通常時間に戻ります。
ということで、家中の時計を全て、1時間遅らせたんですが。

強風&豪雨の所為か、午前11時過ぎごろに停電になりやがりました!!!
電池で動いているものはともかく、ラジオとか電子レンジなどについてる時計は、全て設定がパー。
うえええん。
結局2時間くらい、電気ナシだったかなぁ…。
かなりの暗さだったので、ロウソクを3つくらいつけ、テーブルトップのガスコンロでお湯を沸かして紅茶を作り、暖炉で暖を取り。
電気がなくとも、短時間ならば、それなりに何とかなるもんです。
[PR]
2006年 10月 28日 |
本日、義母のお誕生日でした。
こういう誰かの誕生日などは、たいてい家族で主役が希望するお店のディナーに出かけるのですが、今日は、夜にパーティにご招待していただいているので、代わりにランチに連れ出しました。
朝イチで近所のワイナリーに行き、プレゼント用にワインやフルーツビネガーなどを買い、義母を迎えにノースバンクーバーへ。
義母とだんなと私、そしてちょうど家にいた義弟Mくんの4人で、先日だんながお友達に教えてもらった、デルタ市にある美味しいインド料理のお店に行きました。
ディナーメニューよりもちょっと軽めでしたが、アペタイザーもランチスペシャルも美味しく、義母にも満足していただけたようで、ほっ。
しかもこのお店、お皿を配るときには紙ナプキンを使って直接指がお皿に触れないようにするなど、サービスも心得ているので、『また来なくちゃ』と思わせてくれます。

そしていったん家に戻り、パーティへ行く準備開始。
お誘いしてくださったのはきゃびっちで、なんと、『よかったら仮装もしてきてね』なハロウィーン・パーティ。
ポットラックということで、代わり映えしませんが、スモークサーモンとハーブ&ガーリック味のクリームチーズをトルティーヤ皮で巻いたラップを作りまして。
それだけじゃあさみしいかなと、IKEAのスパークリング・ジュースも添えて。
仮装は、安いものを買ってもいいかなと思っていたのだけれど、ハロウィーン直前のスーパーなどにいいものが残っているわけもなく、私は5年位前に、当時参加していたサークルのパーティで使った、トラジマのねこ耳&手袋&しっぽを再利用。
だんなはな~んにもなかったので、『自分に仮装する』とか何とか言い訳をし、いつもどおり(苦笑)。

パーティ開始は午後6時だというのに、『最初の客になるのはイヤだ』とか何とかだんながごねて、家を出たのは6時過ぎ。
…ヲイ。
きゃびっち宅まで、片道45分かかるってことをお忘れでないかえ?
しかも、ダウンタウンでフットボールだかの試合があったらしく、あちこちで渋滞に引っかかり、駐車スペースを探すのにも手間取って、結局着いたのは7時半。
うえーん、こんなに遅れてごめんなさ~い。

b0090654_1122644.jpgそして、こちらが用意されていたお料理の数々。
キッシュ、パスタ、巻き寿司にケサディーラ、お豆のサラダにたまごのサラダ。
うーん、豪華です。
この他にも、トルティーヤチップスとサルサなどのディップもありましたよん。
b0090654_1125572.jpgそしてこちらがデザート。
ハロウィーンですから、パンプキンパイは必須です。
しかもこのどちらも、きゃびっちのだんなさまが作られたそう。
すごいー。
また、写真には写ってませんが、しっとりサクサクなチョコレートクッキーと、ローストしたパンプキン・シードもありました。
b0090654_1133150.jpgきゃびっち宅のにゃんこ、うーちゃんも、もちろん参加(笑)。
楽しいことや美味しいものは、みんなでシェアしないとね!
b0090654_1124012.jpgお部屋も、ハロウィーン仕様にディスプレイされていましたよ。
この写真では見にくいですが、黒い点々はプラスチックのクモ。
お部屋の隅や垂れ下がり式のライトにも、コットンで作られたクモの巣とこのクモがわらわらといました。
ひょえーっ!
b0090654_113774.jpg落ち葉であしらったリースも雰囲気が出てたし、オレンジ色のパンプキンで作られたキャンドルホルダーもいっぱいあり、かわいかった~♪

この他にも、壁には垂れ幕やかぼちゃのお化けのパネルなんかもあったし、大画面TVでは映画『アンダーワールド1』がセットされてて、雰囲気出まくりでした。

実は、本名で書かれていたので写真はナシですが、それぞれに用意してくださったガラスのコップには名前が貼ってあり、そのプリントされていたフォントも、血やペンキがたら~っと垂れている感じのもので、細部まで本当に拘ってくださったんだなぁと感心していました…。

b0090654_1131737.jpgさて、ハロウィーンといえば、欠かしちゃいけないのが、ジャック・オ・ランタン。
集まった8人が、それぞれパーツをくじで割り当て、しかも、誰が何を彫ったのか、また、どんな形に彫ったのかを判らないようにして作ったのが、これ←。
どんなパーツがあるのかさえ知らなかったので、割り当てられたパーツを彫るときに、『これはー…髭かな?』とか、『マユゲもあるの?』なんてびっくりしました。
b0090654_1134370.jpgキャンドルを中に入れると、こんな感じ。
これはこれで、なかなかにオモムキはあるかな(笑)。
なんともいえない怖さは、ほら、ハロウィーンだからさ!
世界にひとつしかない、ジャック・オ・ランタンです。
きゃびっちとだんなさま(とうちのだんな)以外、参加された方は、私にとっては『はじめまして』な人ばかりだったのですが、みんな気さくで楽しく、いい人たちばかりでした。
きゃびっち、ご招待してくださり、楽しい時間をありがとうございましたー。
だんなさまにもお礼を伝えておいてくださいましね。
[PR]
2006年 10月 27日 |
昨日の続きで、スモークサーモンの作成です。
b0090654_7275725.jpgまずは、マリネして、しっかりと味が染み込んだサーモンを、ある程度乾かします。
べたべたのままだと、煙を吸ったマリネ液がたれたりするので、何段かにしてスモーカーの中に入れると、下の段にあるものがキチャナクなってしまうんですねー。
そして、液がたれなくなったら、スモーカー(スモーカーについては2005年7月27日の記事参照のこと)に並べて入れます。
このスモーカーは、最高6段まで、多分サーモン4尾分くらいまで一気にスモークできます。
b0090654_7282298.jpgそしてスモーカーのふたを閉じ、セットしたら、スモークのための煙作りです。
直径15cmくらいのフライパンに、ウッドチップをこんもりと入れ、弱火で加熱します。
高温すぎるとウッドチップが燃えてしまうし、かといって低温すぎると煙が出ないので、加減がちょっと難しい。
だいたい1時間ごとに、最低6回はウッドチップを入れ替え、スモークします。
b0090654_7283317.jpgちなみに、今回使ったウッドチップは、りんごの木と桜の木を半分ずつ混ぜたもの。
木によってスモークの香りが違うので、幾種類かある中から自分が気に入ったものを使い、自分でブレンドしてもOK。
もちろん、ホットスモークをするときにも使えます。
b0090654_7284732.jpgスモークは、うちのだんなお手製スモーカーの場合、これくらいのすこーしの煙がスモーカーからゆるゆると出てくるくらいがちょうどいい具合かな。
密閉しすぎると、焚いたスモークの逃げ場所がなくて、ヤニのようになってしまうのです。
もちろん、煙が出すぎても、スモークできないので、スモークしている最中は、スモーカーから目が離せません。

こんな風にして出来上がるスモークサーモンは、魚を釣ってくるところから全て自分たちでする(なんせスモーカーそのものもだんなお手製だからね)ので、お店で売っているものにも負けない味だ!と自負してます。
いいの、自己満足でも。

そしてスモークが終わったら、一切れずつ真空パックにし、冷凍保存します。
賞味期限は分からないけれど、数ヶ月は平気かな~。
b0090654_729267.jpgそして、デッキでスモークしている間中、煙たそうーにしていたたろーちゃん。
それでも逃げないあたり、『ここには美味しいものが入ってる!』って知っているのかも(笑)。
[PR]
2006年 10月 26日 |
b0090654_1145292.jpg夕べ、だんなが学校の帰り(夜10時過ぎ)に実家へ寄り、『そろそろいい感じに外が冷えてきたし、スモークサーモンを作ろう!』と、夏に釣って冷凍保存してあった鮭を2尾、もらってきました。
この冷凍が半端じゃなく、殺菌(滅菌?)できるように、かなーり低い温度なので、解凍にも時間がかかります。
しかも、たつぼんととらにょは、今すぐ日本に連れて行ってもOK!なほど魚好き。
となれば、キッチンのシンクなんかに置いておいたら、朝までに身が減っていることが確実なので、ドアを閉めることができるバスルームに一晩置いてありました。
この写真は、すでに解凍が終わった状態。
カメラを構えていたら、ちゃっかりたつぼんが入りこんできました。
私を気にしつつ、ちょっとずつ近寄ってはにおいを嗅ぎ、だんだん大胆に鼻をくっつけて、ビニール袋をぺろっ!
あー、ダメダメっ、いつぞや、生で食べて吐いたの、覚えてないのーっ!?
ソッコーで、バスルームから連れ出しましたとも。

b0090654_11453417.jpgまずは、解凍されたものを、それぞれ1/3の大きさに切り、残っている血やぬめりをよーく洗います。
そして、それぞれを3枚におろし、身に残っている骨をピンセットで取り除きます。
これがまた、面倒なのよね。
シンクや手は生臭くなるし、取りきれなかったウロコは飛び散るし。

ちなみに、別に1/3に切らなくてもスモークは出来ますが、かなりでかい(頭を落とした状態でも40cmくらいあるのだ)ので、その大きさで誰かにあげる予定があれば別ですが、普通はそれだけを一度に食べる切ることは出来ないし、スモークしてから切るよりも、切ってからスモークした方が見た目もいいので。
それに、これくらいの大きさの方が、作業もしやすいしね。
b0090654_11455048.jpgそして、きれいになった身の部分に、マリネします。
うちは、コーシャ(Kosher)という天然の塩と、ブラウンシュガーを使います。
割合は、塩と砂糖が1:3~1:4くらいかな。
グラニュー糖を混ぜるときもあるし、あら塩を使うときもあるけど、それぞれに味が変わってくるので、材料と割合をいろいろと試している途中です。
ちなみに、この写真で、1.5カップ(375ml)分くらい。
b0090654_1146536.jpgそしてこれが、マリネが終わったところ。
手ですり込むようにつけるのですが、水分ですぐに解けちゃうのだ。
漬け込む時間は、たいてい一晩。
はじめのうちは、数時間ごとに、底の方に溜まった液に満遍なく全体が浸かるよう、身を入れ替えなくてはいけませんけどね。

さー、明日はスモークだっ!

…まだ手が魚クサイけど、いつになったらこのにおいは消えるんだろう…。
魚の生臭さは、レモンの汁がいいと聞いた覚えがあったので、レモン水を作って洗ったけど、まだ取れない~。
日本の食器洗い洗剤が、レモンやライムなどの柑橘系の香りがついているのが多いのは、必要に迫られているからなんだねぇ。
[PR]
2006年 10月 25日 |
b0090654_10424675.jpg先日、ダイソーで買った戦利品は、実はこのミニ・パウンドケーキ型。
大きさの比較として、普通のローフ型とティーキャンドルも並べてみました。
6.5×12×3.5cm(底部面積は5.5×10.5cm)の手の平サイズで、かわいいのだ。
以前、ミニ食パンというのを見かけて以来、ずーっと探していたのだけれど、カナダのキッチンショップでは見つけられず。
このたび、めでたく日本のお店で発見したので、買ってきました~。
b0090654_1043197.jpgそして、早速焼いてみたパン。
何の味をつけなくても美味しい、生クリームパンです。
外はパイのようにサクサクパリパリ、中はふんわりしていて、焼き立てならバターもいりません。

とりあえず、1.5斤分の分量で試してみたら、ローフ型の生地がちょっと足りず。
うーん、2斤分くらい必要かな。
b0090654_10433616.jpgふふふ、ほらね、こうやって切ると、『ミニ食パン』。
二口か三口で食べきれちゃう、おもちゃみたいなパンです。
もう、これがやりたくて仕方がなかったの~(笑)。
ひとつがおやつにぴったりな大きさだし、あと2~3つ、この型ほしいな。
そうしたら多分、1斤分の分量がちょうどよさそうだし~。
b0090654_10434930.jpgそして、オーブンを使うと、ちゃーんとあったかくなることを知ってるみすにゃがスタンバイ♪
[PR]
2006年 10月 25日 |
b0090654_10302969.jpgうちの表側にある楓も、ようやく色付き始めました。
春から夏の間は、ちょっと薄めの緑の葉で、他の木よりもゆっくりと赤くなり始めます。
そして、霜が降りるころにようやく葉っぱが落ちます。
全ての葉が落ちて丸坊主になったら、クリスマスのイルミネーションを飾るのだ~。

でも最近、近所のお子さまたちがこの木の股に登ってゆさゆさと揺らすので、折れてしまわないかと、ちょっと心配(木も子どもも)。
細目の木だから、よくしなるので、こどもの力くらいでは簡単にはばっきりと折れたりしないと思うけど…。

b0090654_1030462.jpgそしてこれは、収穫したシソの種。
容器の大きさの目安のために、ティーキャンドル(直径4cmくらい)を並べてみました。

いつの間にか、気付かないうちに、すでにもうかなり落ちてしまっていました。
鉢の中にあったものは拾えたけれど、床などに落っこちたものは気付かずに掃除機で吸っちゃっているらしく。
全部ちゃんと取っていたら、これの3~5倍はあっただろうに…もったいない。
でも、これでも袋入りで売っている量くらいはあるけどね。
来年、ちゃんと芽が出てくれるかどうかは、天任せです。
[PR]
2006年 10月 24日 |
とりあえず、昨日で後片付け(?)を無理矢理終わらせたのですが。
今日は1日、ずーっと眠かった。
いや、今も、まだ、眠いー。
お天気がよくないと、低気圧の所為で眠くなるともいうから、さらに。

ということで、もう寝ます。
現在、カナダ西海岸地方、夜9時ですけど(笑)。
[PR]
2006年 10月 23日 |
朝7時過ぎ、T氏とO嬢はスミザーズへ帰りました。
休憩なしでも12時間かかるなんて、BC州って、本当に広いんだなぁ…。
事故や渋滞などなく、無事に戻っているといいのですが。

ということで、今日はお掃除の日。
いつもの掃除に加え、T氏たちが使ったシーツやタオル類のお洗濯もあり、ちょいと息切れ中。
今日は絶対に早く寝るんだーい!
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon