胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2006年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 11月 30日 |
ようやく、外気が業務用冷凍庫から家庭用冷凍庫くらいに上がりました。
日中は、家庭用冷蔵庫くらいにまでなったのかな?
おかげで、めでたく郵便箱のふたも開けることが出来、4日分の郵便物を取り出せました~♪
しかし、マイナス10℃からだと、たかだか1℃や2℃が、あったかく感じてしまいます。

とはいえ、昨日の午後から夜半にかけて粉雪がまた降ったので、さらに積雪量が増えました。
どれくらい増えたかというと。
b0090654_1072957.jpg昨日の夕方の時点でこれくらいだった池が、
b0090654_1074026.jpgこんなになるくらい降りましたー。
穴のまわりにあるのは、近所のにゃんこたちの足跡。
池の表面が凍結しないように噴水をつけておいたので、にゃんこたちはちゃんと水が飲めるようになってるのだ。
b0090654_108030.jpg玄関側なんて、雪かきをした上にまた積もったので、こーんもりとしちゃってます(手前の方の雪かきしてあるところは、ドライブウェイから玄関のポーチへと続く通路)。
b0090654_1081549.jpgちなみに、先日と同じ場所で、またもや定規をぶすっとさして積雪量を測ってみましたら。
b0090654_1082731.jpgんーと、約24cm、かな。
でもこれはフェンスの上なので、平地部分(下が芝生でやわらかいので測れませんが)は、きっともっと多いに違いない…。
b0090654_1083970.jpgそして、カメラを持ってうろうろする私の後を、私の足跡をたどってついて来るたろーちゃん。
こんな雪の中を歩いたら、肉球がシモヤケやアカギレになっちゃう!
そして、私の足跡がついてないところでは、かなーり歩くのに難儀し、早く戻ってきてーと、にゃーにゃー訴えられました…。
はいはい、今戻りますよーぅ。
[PR]
2006年 11月 29日 |
始めないと!ということで、クリスマスカードを作りかけてます。
クリスマスカードは、当日に届くようにする日本の年賀状と違い、せめて1週間は早めに届くように出さなくてはいけないから、準備に早すぎるということはないんです。
それに、ニュースで、ここ数日の雪のために郵便が(飛行機便も含めて)遅れがちだそうなので、余裕を持って送るようにしてくださいと言っていたし。

私のカードは、市販されているカードの方が、凝ったデザインで見た目もきれいなんですが、まあ、趣味でもあるカリグラフィでここ数年はいつも手作り。
大きな紙を切り出すことから、全てです(封筒は市販のやつですが)。
なので、まず、デザインを考えることから始めなくてはいけないんですが、これがけっこう大変。
だって、渡す人は毎年同じだから、回数が重なれば重なるほど、アイデアが減るのは当たり前。
しかも、数年前はどんなの送ったっけ?と覚えてないので、デザインが似たようなものにならないようにしたいのに、それもアヤウイ…。

ともあれ、日本に送る分だけでも、ちゃっちゃと仕上げないとっ。
[PR]
2006年 11月 28日 |
昨日の日記に書いたとおり、雪&氷点下な気温の所為で、郵便箱のふたが開きません。
と、だんなに言ったら、職場の方が同じような状態になっていたのを、『郵便箱の鍵をライターで温めて開けた』と教えてくれたそうで。
とりあえず、1日のうちで、一番気温が高いであろう午後2時ごろに、レッツ・トライ!

チャッカマンを持って、いそいそと集中郵便受けに行きました。
が。
気温が低すぎてチャッカマンすら火がつかない!
仕方がないので、『強風の中でも火がつくライター』というものをだんなの部屋から持ち出し、再度挑戦。
温めた鍵で、凍りついた鍵穴の周りが解ければいいんですが、何度頑張っても、やっぱり、無理。
そうこうしているうちに、自分が凍りそうになってきたので、諦めまして。

で、仕事から戻ってきただんなに話したら、『じゃあ奥の手を使おう』と、メタノールを取り出してきました…。
何でそんな危険なもんがうちにあるんだ?という疑問はこの際置いといて。
それをだんなは、スポイトのような小さな容器に入れ替え、それを鍵穴の周りにかけてみたらしいんですが、『ドアそのものが凍り付いているみたいで無理』だそうで。
あー…、やっぱ、気温が上がるまで待つしかないんかー…。
そろそろ、日本から小包が届いてそうだから、『郵便局で預かってますよ』葉書が来てないか気になってんだけど。

週間天気予報によれば、週末には日中の気温が0℃以上になりそうということなので、期待したいと思います。
というかその前に、郵便配達の人も、郵便受けを開けれてないのかも…。
[PR]
2006年 11月 27日 |
この『11月のどか雪』は、20数年来の記録だそうです。
しかも、一昨年の初雪は11月29日、去年の初雪は11月27日、そして今年はさらに早まっているので、『地球温暖化』って騒ぐほどのことでもないのかも?
b0090654_0232432.jpgとりあえず、今朝は雪は降りやんでました。
でも、かなりの積雪量です。
車のタイヤをオールシーズン用に新しくしておいてよかった~。
b0090654_0233944.jpg庭の方も、こんな感じで、真っ白。
b0090654_0235584.jpg当然、池にも氷がはってました(真ん中は凍結防止用に噴水にしてあります)。
b0090654_024688.jpgフェンスの上の雪に30cmの定規をぶっさして、積雪量を測ってみました。
b0090654_0242083.jpgええっと、約21cm。
30cmくらい積もってるかなぁと思ってたので、ちょっと残念。
でも、吹き溜まりとかはかなーりこんもりしてますけどね。
b0090654_0243274.jpgそしてこれが日中の気温。
早朝はもっと冷えてます。
なので、夏には、この温度計が、40℃をさしていたことを思えば、年間を通しての気温の差は、日本よりも大きいかも。
b0090654_0245881.jpg玄関側から見える山。
夏の間はどうという景色ではないけれど、冬になって雪をかぶると、すごくきれいなのでお気に入りの景色です。
ほんのわずかの間ですが、陽もさしたので、くっきりと見えましたー。
b0090654_0244431.jpg雪が積もっても(いや雪が積もっちゃったからこそ?)やってくるアライグマ。
丸っこいにゃんこの足跡とは違い、ちょっと縦長です。
b0090654_0251340.jpgアライグマが雪の中を歩いた跡(左側)。
足跡と、お腹がこすれた跡がしっかりとついてます。
b0090654_0252755.jpg見にくいけど、これは多分、鳥か小ネズミの足跡。
雪に埋もれるほど体重が重くない、小さな小さな足跡です。
うーん、こうやって見ると、本当にうちって田舎なんだなぁ(苦笑)。
さて、雪雪~♪と喜んでる私ですが、困ったことがひとつ。
実は。
郵 便 箱 が 凍 り 付 い て 開 け ら れ ま せ ん!
ご近所さん20軒くらい分がまとまった集中郵便受けで、それぞれのドアに鍵がついてるんですが、鍵穴に鍵は差し込めても、鍵が回らず。
こんな日に郵便配達はないのかもしれませんが、あと数日は予想最高気温もマイナス5℃だとか言ってるし、凍りついた鍵が解けそうになく。
うーん…。

ちなみに、本日はだんなの学校は休校。
いや、開校されてても行けなかったとは思いますが。
お休みになるのは嬉しくても、結局その分、後で行かなくちゃいけないので、それは面倒かも。
ちなみに職場は、定刻どおり出勤したのはだんなを含めて3人のみ。
しかも、バンクーバー近郊に住んでいる方はお休みされてたそうです。
ま、当たり前っちゃ当たり前かな~。
[PR]
2006年 11月 26日 |
b0090654_1262699.jpg朝起きたら、いつもよりもお外が明るくて、びっくり。
それもそのはず。
b0090654_1264181.jpg雪が積もってましたー!
b0090654_1265151.jpgあの、雪の日独特の、空気がキンと冷えていて、たまに通る車の音以外、とても静かで、無音の世界にいる感じ。
b0090654_127698.jpg午前中は、まだ積雪量は数センチくらいでしたが、ずーっと雪は降り続いていて。
時々電気が暗くなるのはきっと、木などに積もった雪が重さで落ちるときに、電線に触ってゆくからなのかなぁ。
念のために、キャンドルも用意しておきました。
b0090654_1271924.jpg午後になったら、更なる積雪のため、ついていたはずの車が通った後もかなり消えてました。
b0090654_1273042.jpg一面、真っ白です。
近所の子どもたちは、さらさらの雪にまみれて遊んでましたけどね(笑)。
b0090654_1274222.jpgこんな感じのつもり具合。
まだまだ、降り続いてます。
b0090654_1275490.jpgあんまりにも寒そうだったので、たろーちゃんも一瞬だけ、避難(笑)。
でも、たろーちゃん専用の箱の中のほうが、家の中よりもあったかいんだよなー。
b0090654_128761.jpgそして暖房をつけていても寒寒としているキッチンをあっためるため、クッキーを焼いてみたり。
b0090654_1281864.jpg日がおちても、降り止まず。
b0090654_1282946.jpgあー、明日は雪かきが大変そうだ…。
[PR]
2006年 11月 25日 |
初雪でしたー。
お昼過ぎ頃、ほんの数十分の間だけでしたけど、雪が降りました♪
しかも、気温が低いときの、細か~いやつが。
このまま積もってくれないかなぁと期待してたけど、残念ながらすぐにやんでしまいました。
ちぇー。

そして雪の中、またもやダイビング・ショップのセールへ行ってきました。
というのも、土・日の2日間は、製造社からもスタッフが来店し、ショップだけでなく、卸値からもバーゲンに応じてくれるという特典があるのです。
欲しかったのは、だんなのレギュレーターとオクトパス、そしてだんなと私のBCD。
基本的に欲しいシリーズは決めてあったので、あとはどこまで交渉できるか、だったんですが。
え~と、だんなのレギュレーターは、希望していたものよりもランクが上の(というよりもその会社のトップクラスのもの)を、私たちの希望よりも、『え?ほんとにいいの?』っていうくらいに安くしてくださいました(苦笑)。
BCDも、製造社のスタッフご自身とその奥様がお使いになっているものと同じだそうで、『これ以上のオススメはない』とまでおっしゃっており、それもかなーりお値打ちにしてくださいまして。
BCDは、あいにくショップには在庫がなかったので、お取り寄せということになりましたけども。
ともあれ、現在手元にないものは、全て搬入待ちということで、それさえ届けばいつでもダイビングにGO!出来ることになります。
相変わらずだんなが忙しいので、海に行くのはしばらく先になりそうですが、その前にまずは、プールで試用してみることになるかな。
うふふ、楽しみ~♪

…あ、しまった、ウェイト(錘)がないや…。
[PR]
2006年 11月 25日 |
現在、夜9時。
夕ゴハンを終え、ふと外を見たら。

い つ の 間 に か 雪 が 積 も っ て る!

いつから降りだしていたんだろう?
最近は、4時半ごろから暗くなるので、外を見ていなかったから気付かなかったわ~。
けっこう細かめの雪が降り続いているから、明日までにはもっと積もりそう。
ふふふ、明日は雪の中、お散歩に行けるかな~っ♪
[PR]
2006年 11月 24日 |
午後から、ご近所に住む友人のところへお邪魔しに行ってきました。
夏以降、私が旅行に行っていたり、彼女がだんなさまのご親戚のいらっしゃる国や里帰りをされていたりでなかなかゆっくりと会えず、とても久しぶりです。

おこんにちは~と訪ねたら、彼女のわんこがおおはしゃぎ(笑)。
大歓迎をしてくれるのは、動物好きの私としてはとても嬉しいので、なにはともあれ、わんこと遊びまして。
そして、彼女とおしゃべりしながら、チビ助くんを抱っこさせてもらいました。
いやー、大きくなってました!
これまでは、あんまりにも小さく思えて、抱っこするのも怖かったんですけど、ここまで成長してくれればもう大丈夫(笑)。
あんまり人見知りもしないみたいで、こっちを見てはにぱーっ!と笑ってくれるものだから、つい、嬉しくなっちゃいます。
でも、暗くなってからお暇をし、帰ってきてから気付きました。
…右上腕部が筋肉痛だよ…。
ほんのちょっと抱っこしていただけなのに、腕がふるふる。
彼女が腱鞘炎になると言っていたのが分かった気がしました…。
ともあれ、長々とお邪魔さまでした。
でも、久しぶりにゆっくりおしゃべりできて、楽しかったです~。
美味しいおやつ、そしてその他も、ありがとうございました♪
[PR]
2006年 11月 24日 |
現在(朝8時半)、ものっそい勢いで霰が降ってます。
あれ?雹かな?
んーっと、霰は『雪の結晶に過冷却状態の水滴が付着して凍り、白色不透明の氷の小塊になって地上に降るもの。古くは雹をも含めていう。雪あられ。凍りあられ』で、雹は『積乱雲から降ってくる氷塊。主として雷雨に伴って降り、大きさは豆粒ないし鶏卵ほど。夏季に多く、畑作物や家畜に害を与える』らしいので、今降っているのはアラレであっているな、よし。
b0090654_234730.jpgあっという間に、まるで雪が降ったときのように白くなった池の周り。
芝生も、けっこう白くなりました。
池の水にある白っぽく浮いたものも、霰です。
この勢いで雪が降ってくれたら、すーぐにどっかり積もって楽しいのに~。

b0090654_23336.jpgこんな感じでジャジャ降り。
こんな状態は、かえって車のスリップ事故が多くなるだけで、お外を歩いても楽しくないし、詰まんない~。
早く雪になれ!

この写真じゃ見づらいので、大きな写真もアップ。
カメラレンズについた埃のように見える白い点々が、霰さっ。
[PR]
2006年 11月 23日 |
本日、1日中キッチンにいたような。
b0090654_13443184.jpgまず、だんなの朝ゴハン&お昼ゴハン用のパンがなくなったので、焼かなくちゃ~、と思ったものの、普通のパンじゃあ芸がない(いやパンを焼くのに芸はいらんだろう)と、先日きゃびっちが焼いてくれたビスケットに挑戦。
材料を混ぜ合わせたら、冷蔵庫へ。
いやぁ、冷蔵庫で発酵だなんて、初めてです。
ちゃんと膨らむのかなぁとドキドキしてましたが、被せたラップが破裂しそうなほどにパンパンになるくらい膨らんでくれました。
そして、ちょっと厚めに伸ばして型抜き。
レシピでは、直径5cmくらいとあるのですが、だんなのお弁当の基本はサンドウィッチなので、イングリッシュ・マフィンの大きさで。
これは、イングリッシュ・マフィンの型を見つけたときに、同じ大きさでクッキー型を一つ買っていたので、それできれいに抜くことが出来てラッキー。
さらに、今回初めてオーブン用のシートなるものを買ってみたので、それを敷いて焼いてみたら、天板にはもちろん、シートからもさらさらと滑るくらいに引っ付かず、驚喜。
こんなことならもっと早く買うんだった~っ。
ということで、焼き上がりはけっこう大きめです。

そして、ビスケットを冷ましている間に、だんなからリクエストがあったティラミスを作成。
とはいえ、これは本当に混ぜるだけの簡単なもの。
卵白、卵黄+砂糖、マスカルポーネチーズを思いっきりホイップしてから軽く混ぜ合わせ、濃いコーヒー(うちはカルーアで代用)にさっと浸したレイディフィンガー(というざっくりとしたお菓子)とを、底の広いめの容器に交互に重ねいれたら、冷蔵庫に入れて冷やすだけ。
これは、今晩だんなが学校から帰ってきたら、夜食になるらしい。

b0090654_1344522.jpgそれから夕食を作り、だんなと一緒に食べて後片付けをし、だんなが学校に出かけてから、イングリッシュ・マフィンを焼きまして。
ビスケットを焼いたときに型を取り出したら、せっかく買ったものなら使わなきゃ損でしょー、と焼きたくなっちゃいましてねぇ。
焼き立てを、湯気が抜けたらすぐに冷凍保存すれば、けっこう保つし、食べるときにトーストすれば、焼きたての風味が戻ってくるし。
前回焼いたときに買ったコーンミールも、あんまり放っておいたらもったいないし。
そんな感じで、大量、大量~♪
…焼くのはいいけど、私はあんまり食べないから、頑張ってだんなに消化してもらわないと!(え)

しかし、いくらフレーム内に収めるためだからといって、ビスケットもイングリッシュ・マフィンも、山積みするのはどうかと…。
しかも、焼いた大きさも数も一緒だから、見た目はほとんど変わんないし…。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon