胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2006年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 12月 31日 |
ここ何年も、だんだん1年が短くなっている気がします。
小学生の頃は、1年が本当に長くて、カレンダーをめくっては、夏休みや冬休み、いろんな行事を楽しみにしては、『まだまだずーっと先だなぁ』ってしょんぼりしてたのに。
昔も今も、1年は365日、1日24時間は同じはずなんだけどね。

でも、今年はそれなりにいろいろ動いた気がします。
旅行にも行ったし、ダイビングのライセンスも取ったし。
叔母ちゃんにもなったし…(でも『オバチャン』なんて呼ばせないぞ)。
夫婦ゲンカ(というか一方的に私がキレる)も、少なかったかな。
あ!
そういえば1度も髪を切ってない!が~ん。

ま、そんな1年。
夫婦ともに、大きな病気もしなかったし、だんなはまだ仕事辞めてないし(…)、にゃんこはちょっと結石で病院通いはしたけど、それでもまずまずの年だったと思います。
2007年も、無病息災、家内(も家外も)安全でいられたらいいな。

本年も、オンでもオフでも、みなさまには大変お世話になりました。
来年もどうぞ、変わらずよろしくお願いいたします。
[PR]
2006年 12月 29日 |
前回おしゃべりをしてから、なんだかんだでお互いの都合が合わず、気付けばうっかり半年も会ってなかった友人と、おでぇとしてきました。
本当は、クリスマス前にあってプレゼント交換をしたかったのだけれど、私はだんなが学校に行ってて車がなく、彼女もクリスマス直前まで仕事が入っていたので忙しくて。
ということで、ちょっと遅くはなったけれど、久しぶりの逢瀬です。

11時半ごろ彼女のところへ行き、まずは『久しぶり~!』のハグ。
そして、遅れてしまったプレゼント交換。
彼女から、すてきなイヤリング(ピアスではなく)をいただきました~。
最近ちょっと左耳のピアスの穴がただれてるので、ちょうどよかった♪
カナダで採れる石とメレダイヤ(?ダイヤモンドをカットするときに出るクズ)を、メープルの葉の形にあしらった、一見シックだけどよく見るとかわいいのんです。
いつも思うのですが、彼女はこういうセンスのいいものを見つけるのが上手です。
きっと、『すてきなものセンサー』とかがあるに違いない…。

その後は、レッツ・ティタイム!と、グランビル通りにあるクレープ屋さん『Cafe Crepe』でランチを。
私はハムとスイスチーズと卵の、彼女はチキンとマヨネーズのクレープをそれぞれ堪能。
どっちも美味しかったーん。
腹ごしらえをしてから、グランビル通りをふらふらとウィンドーショッピング。
普段、だんなと一緒だとゆっくり見られないようなものを、じーっくり見てまわりました。
途中でもう一度、お茶タイムをはさんで、結局6時間くらいもぶらぶらしてたのかな?(笑)
b0090654_1331477.jpgそうそう、このお茶、エッグノッグ・マッチャという、ラテに似たもので、結構美味しかったです。
もともとエッグノッグが(なぜか)クリスマスの飲み物として有名で、卵と生クリームをホイップしたもの(これにラムなどを入れるのだ)なのですが、マッチャ・ラテのミルクをこのエッグノッグに変えた感じで、マッチャ・ラテよりもさらに濃厚で、寒いときに少し甘くして飲むのにグー。
うちでも作れるかなぁ。
さて、今回の私の戦利品は、お気に入りの写真家さんのスケジュールブックと、大手のスーパーでは見かけない紅茶会社のリーフティ。
スケジュールブックは、毎年カレンダーにはなるものの、この写真家さんの写真集というものは見たことがなく、しかもカレンダーはたった12枚の写真しかないのに20ドルくらいして結構お高いのに、このスケジュール帳はボクシングディ・セールで半額になっていて10ドルで入手。
大判カレンダーよりも写真は小型になりますが、かなりたくさんの枚数が入っていて、『写真集を買ったらスケジュール帳がついてきた』っていう感じで、ホクホク。
紅茶は、少し前にだんなが、『同僚さんが飲んでたのをもらったら美味しかった』と言った、英国のもの。
ちゃんと缶カンに入っているのに、200gで13ドルとは、かなりのお値打ちです。
うけけっ。

いっぱいおしゃべりできて、うちの周りにはなさそうなお店をいろいろ一緒に見てまわれて、充実した時間でしたー。
今度は、半年も間を空けずにまた会えるといいな。
[PR]
2006年 12月 28日 |
お気に入りの通販会社のWEBカタログで、現在、猫背を矯正するベルトがセールになってます。
小さい頃から姿勢が悪く、母には『背中に定規を入れるよ!』と言われ続け、自分でもなるべく背筋を伸ばして!と意識はしているんですが、気がつくと背中がま~んまるになってまして。
姿勢が悪いせいで、どんな服を着ても肩のラインがずれてみっともなくなるし、宣伝文句を信じるならば、どうやら無敵の肩凝りの原因もこの姿勢の悪さらしいし。

この猫背矯正のベルト、見た目も結構薄そうで、夏はともかく、重ね着する冬の間なら、着けているのが分からなさそうなくらいなのよね。
しかも、定価が3,000円くらいなのが、1月半ばまでの特別プライスで2,000円になってて。
買うにしても、直接海外送付はしてもらえないから、住所登録してある実家に送ってもらって、それから母にこちらに転送してもらうことになるんですが。
どうしようかなぁ。
[PR]
2006年 12月 27日 |
ボクシング・デーセールで買ってきた電話のセットが完了しました!
b0090654_151366.jpgこれが親機、コードレスです。
留守電機能内臓で、ボイスメモも出来ます。
しかも、今までの留守電と違い、メッセージを聞いたあとに新しくメッセージを受け取っても、古いメッセージは消えずに残っているのがうれしい~。
また、日付と時刻設定もできるので、メッセージをいつ受け取ったかというのが分かるというのも、ありがたいです。
いやー、今までのはホント、最低限の留守電機能だったから~…。
b0090654_152576.jpgそしてこちらが子機、もちろんコードレス。
親機と子機に、それぞれ10件ずつ、計20件の電話番号登録ができるので、いちいち住所録などを出してこなくてすむのが便利~。
内線通話は出来ませんが、狭い我が家では、わざわざ内線電話を使うよりも、叫んだ方が早いですしね(苦笑)。
ということで、うちには電話線が、キッチン(兼ファミリールーム)、リビングルーム、だんなの部屋の3ヶ所にあるんですが、親機はキッチンにあるFAXと繋ぎ、子機は電話線がいらないので寝室に設置。
リビングはキッチンの隣だから要らないし、今まで使っていた電話はだんなの部屋へ移動。
これでだいたい、どこにいても電話の呼び出し音が聞こえることになります。
今までは、寝室に隣接しているバスルームにいると、全く!聞こえなかったんで…。
あとは、コードレスということなので、余分な雑音とか電波を拾わないことを願うのみ、かな。
[PR]
2006年 12月 26日 |
クリスマス商品売りつくし大セールの日です。
…いやなんかちょっと違う気もするけど、ともかく、どのお店もここぞとばかりに値引きし、クリスマス前よりもさらにお店も駐車場も混雑します。
大型家電ショップなどでは、前日の夜から並ぶ人もいるほど。
でもまあ、うちはそこまでしてほしいものはないし、ということで、お昼過ぎ頃からゆるゆるとお出かけし、電話を買ってきました。
というのも、これまでうちには、普通のとFAX機との2台の電話があったんですが、先日買ったFAX機には電話がついてなくて、でも、古いのは処分した(といってもだんなの弟妹が履歴書などを送りたいともらってくれた)ので、電話が1台だけになってしまったので。
なので、ちょうどボクシングデーセールの広告でよさげなのがあったので、買ってきました。
親機と子機のセットで、どちらもコードレス。
ついでに留守電機能も内臓なので、今まで使ってた外付けのテープに録音するタイプのんは、もういらないかな。
現在充電中なので、明日になったらいろいろとセットアップしなくては♪

さて、今年もいろいろとクリスマスプレゼントをいただきましたが、その中でもうれしかったもの一覧~。
b0090654_152321.jpgまず、だんなの職場のクリスマスパーティでもらってきた、ワインオープナー。
左下にあるものは、ビンの注ぎ口のプラスチックを切り取るものです。
そしてこのワインオープナー、ものすっごく簡単に栓が抜けるんですよ!
レバーを上にあげておき、ビンの口に添うように当て、レバーをおろすと、栓に螺旋状の部分が差し込まれるので、ビンからワインオープナーが離れないように支えながらレバーをもう一度上げると、あっという間に栓が抜けちゃうのだ。
しかも、ワインオープナーに刺さった栓は、レバーと反対側についているノブで栓を固定してレバーを上げれば、簡単に取れちゃうというスグレモノ。
どうしよう、こんなに楽チンだと、さらにワインを飲む機会を増やしそうで怖いわぁ…(苦笑)。
b0090654_153685.jpgそしてこちらが、先日遊びに来てくれたきゃびっちからいただいた、ワインラック。
キッチンに、大量収納できるワインラックはあるんですが、棚もかねていて、シンプルだけど機能重視であまりお洒落ではなく、人様にお見せ出来るようなものではないのです。
でも、こんなかわいいのならば、お友だちを招待したときなどに、これにワインをセットしておけば、持ち運びもできるし、見た目もかわいいし、とってもグー。
しかも、うちのリビングルームは、テーブルが葡萄の蔦がデザインされたワイヤーアートのものなので、このワインラックのデザインもすごくマッチしてさらにグー!
きゃびっち、ありがとうね~ん。
b0090654_153248.jpgそしてこちらは、友人R氏からいただいた、ランプ。
ここ最近、やたらと停電が多く、だけどロウソクだとたくさん灯さないと暗いし、しかもにゃんこどもがひげを焦がしたりしちゃって、ロマンチックな雰囲気は堪能できるけど、あんまり便利なものではないんですよね。
なので、フリーマーケットに行くたびに、こういうオイルランプを探していたのですが、値段が高い割にいいデザインがなくて、しょぼくれていたんです。
そして、たいていフリーマーケットに一緒に行くR氏なので、私たちがほしがっていたのを知っており、総ガラス製のこのランプを見つけてくれたのです。
オイルを入れるところもガラスなので、(今は透明のオイルを入れてますが)色つきのオイルを入れてもかわいいし、芯の幅が広いので、調節すればかなーり明るくも出来るのです。
うわ~い、はやく停電にならないかなっ(ヲイ)。
b0090654_1533830.jpg今回いただいたプレゼントの中で、唯一と言ってもいい日用品だったのが、義妹夫婦がくれたこのポット。
今まで使っていたものにヒビが入って、お湯を沸かしたり、水を入れたまま放っておいたりすると、ダダ漏れしちゃっていたので、新しいのがほしかったんです。
でも、こういうステンレス製のポットはかな~り高い(定価で90ドルくらい)ので、ボクシングデーのセールに期待しようねってだんなと話していたところだったんですよ。
だから、すごくうれしかったです。
しかも、ポットがほしいなんて、義妹はもちろん、だんなの家族の誰にも話したことがなかったから、びっくりです。
これでまた、私のお茶タイムが快適になるわ~。うふふ。
[PR]
2006年 12月 25日 |
b0090654_135657.jpgこちらのクリスマスは、日本のお正月と同じようなもの。
ということで、昼間っからアルコール解禁!と、カクテルなんぞを作って飲んでました。

これは、SHARK BITEというレシピ。
ダークラム、オレンジジュース、レモンジュースにグレナディンを混ぜたもので、やや甘だけど柑橘類の酸味が利いていて、後味はさっぱり。
ジュース感覚で飲めちゃうのですが、実はかなりラムをたくさん入れるので、アルコールに弱いだんなはすぐに酔っ払っちゃってました~(笑)。

そして夜はいつも通り、だんなの実家でクリスマス・ディナー。
でも今年は、毎年同じメニューじゃいやだ!ということで、ターキーやハムではなく、ステーキを持っていきました。
マッシュポテトも、義妹がチーズや玉ねぎを混ぜてオーブンで焼いたものを用意してくれて、美味しかった~。
しかも、いつもは生木を買ってきて飾るのに、なぜか実家もクリスマスツリーがなく、一番『クリスマスらし』かったのは、"プレゼントの山"のみ。
たまにはこういうのも、いいかな。
[PR]
2006年 12月 23日 |
クリスマスの連休第一日目です。
これまでずっと仕事と学校の両立で忙しかっただんなは、この連休はゆっくりしたいということで、あんまり予定を入れないようにしていました。
それでも、せっかくのクリスマスなんだし、と、お隣アボツフォード市にガソリンを買いに行くついでに、ちょっと前に見つけて『絶対に行こう!』と思っていたティーハウスでブランチをしてきました。
b0090654_153929.jpgSerendipi Teaという、とてもこじんまりとしたレストランです。
アボツフォード市ダウンタウンの隅のほうにあり、ちょっと分かりにくい場所なんですが、かわいいお店です。
しかも、開店時間が月~土の10時~3時までという、本当に『軽食やお茶』だけというスタイル。
b0090654_16331.jpg内装は、白っぽい色で統一されていて、明るい感じがいいです。
家具などもアンティーク調でまとめられているし、テーブル同士が近すぎず、かなりゆったりと空間を使っているのがグー。
b0090654_161840.jpg壁のあちこちに鏡があって、店内を広く明るくしているのも、いいアイデアだと思います。
英国調のティセットやお皿などが飾ってあったりして、どちらかといえば、女の子たちがゆっくりお茶を楽しみながらお茶をするところ、という雰囲気でしょうか。
私たちがいた間も、ほとんどがオバチャンたちばかりでしたし。
b0090654_163129.jpgお茶ももちろん、ボーンチャイナのカップでサーブされます。
ティポットが(私には)小さめでしたが、ティコージーもあるのが本格的っぽくでいいです。
b0090654_164445.jpgこれが私たちのブランチ。
手前は、私がオーダーした今日のキッシュ(ブロッコリーとチーズ)と、今日のスープ。
どちらも作りたて新鮮で、熱々で美味しかった~ん。
キッシュは、ベーコンと野菜のもありましたが、日替わりのようなので、違う味もトライしてみたいな。
そして、左奥にあるのが、だんながオーダーした、クラブサンドと、同じく今日のスープ。
ハムやターキーがこれでもか!というほど挟んであるクラブサンドは、だんなが大口をあけてもかじれないほどの厚さがあって、満腹感たっぷり。
他の方が頼んでいたものや、メニューにあったデザート類も美味しそうだったし、私が気に入ると店でも物でもすぐに消えるというジンクスがあるから、お店がなくなる前にまた行かなくちゃ!
[PR]
2006年 12月 22日 |
b0090654_0333938.jpg『冬至のランタンフェスティバル』に行ってきました。
6ヶ所くらいで開催されていたのですが、家を出た時間が遅かったので、チャイナタウンの隣にあるDr.Sun Yat-Sen Classical Chinese Garden(中山公園)しか見られなかったのですが、なかなかにきれいでしたー。
ランタンといっても、中国系の公園だったからか、『提灯』といったほうがしっくりくるようなものも多くて、うれしかったなぁ。
この写真はまた後日、サイトのほうにアップする予定です。

その後、グランビルアイランドでも開催されていると聞いたので行ってみたんですが、どうやらちょっと間に合わなかったらしく、すでに終了していまして。
でも、あんまりにも寒かったから、せめてちょっと夜食でも食べてあったまろー!ということになり、友人R氏オススメのSandbar Seafood Restaurantに入ってみました。
以前はパスタのお店だったんですが、いつの間に変わったのかなぁ。
ともあれ、夕食を食べていなかったR氏はシーフードのパスタを、お腹が空いてなかっただんなはデザートを、そして私は『冬至のお祝い!』と勝手に決めて、赤ワインと、おつまみにフレンチフライをオーダー。
b0090654_0411974.jpgたかがフレンチフライなのに、こんな風にお洒落にサーブしてもらうと、されどフレンチフライ!という感じになります。
熱々の揚げたてフライを、新聞(のように印刷された紙)で作った容器に入れてあり、なかなかにグー。
ちなみにワインは、普段自分では買わないフランス産のものをオーダーしたのですが、ボトルで買おうというほどではなかったものの、結構イケました。
あー、どんどん赤ワインにはまってく~…。
ちなみに右の方にぼんやりと写っているのがR氏のパスタです。
b0090654_0414155.jpgそしてこれがだんなのデザート。
ええっと多分、洋ナシのパイ(?)の上に、シナモン風味のクランブルを乗せ、その上にバニラアイスクリームとイチゴを飾った感じかな。
シナモンも、火を通した果物も苦手な私は、アイスクリームだけ味見させてもらったんですが、極甘でした…。
でも、甘党なだんなはご満悦の様子だったので、甘いものが好きな方にはオススメ、かな。
[PR]
2006年 12月 22日 |
お昼ごろ、ダイビングショップから、注文していただんなのドライスーツと私のBCDが届きましたよと電話がありました。
ということで、だんなが仕事から帰ってきてから、いそいそと取りに行ってきました。
b0090654_0184153.jpgこれがBCD。
空気を入れる部分が脇にはなく、背中のみという、バックフロートタイプです。
講習中に貸してもらっていたのは、脇の部分にも空気を入れるタイプだったんですが、同じところにウェイト(錘)も入れるため、どーにも邪魔だったんで。
しかもこれは、一般的にはユニセックス仕様なBCDを、わざわざ女性の体のラインに合わせてデザインされたものなので、背負ったときの据わりがいいし、肩や背中など、タンクの重量がかかる部分には余分にパッドが入れてあるなど、『より快適なダイビング(水中だけでなく陸上でも)』がコンセプトなんですねー。
うふふ、これで、ダイビングをするのに必要なものの、ほぼすべてが揃いました。
さー、まずはプールに行って仮ダイブをしてみないと!
そして、その後はダイビングにがんがん行くのだ~っ!!!
[PR]
2006年 12月 21日 |
9月上旬からはじまっただんなの学校も、ようやく今日を持って終了。
無事に試験もパスしたようで、一安心。
3ヶ月ちょっと、お疲れさまでした。

そして今週末からはクリスマス本番!
26日のボクシング・デーまではお休みになるし、次の週末はお正月休みと、ちょっと連休が続きます(でも週半ばの数日は出勤)。
さらに今年は、いつものクリスマス・ディナーはもう飽きた!というだんなが義妹と相談し、趣向を変えた料理をせめて数点持ち寄ろうということになりました。
まあね、日本のおせち料理だって、1年に1回しか食べないけど、なんとなく、飽きたかなぁっていう感じはあったからね(今は食べる機会がなくなったから懐かしい気はするけどね)。
義母のところでは、クリスマスのときだけでなく、イースター(復活祭)やサンクス・ギビング(感謝祭)などでも同じようなものを用意するから、もういらない~っていうのも分かるんだな。

そんな感じで。
もしかしたら日記の更新が滞るかもしれませんが、みなさま、楽しいクリスマスをお迎えくださいませね。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon