胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2007年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 01月 28日 |
いえ、ネットはしてます。
メールもブログへのコメントもオッケーです。
体調を壊してもいません。
でもちょっと訳ありなので、ごめんなさい。

理由が後向きなので折りたたみ。
[PR]
2007年 01月 26日 |
本日は、一番下の義弟Mくんが来てました。
お隣のアボツフォード市で開催中のモーターサイクル・ショウに行きたいというので、だんなの仕事からの帰りを待って、連れて行ってもらうためでしたが。
そして彼にもやっぱり、『いつ切ったの?』とか訊かれつつ、あんまりいい顔をされませんでした。
うーん、似合ってないのかな~?
見慣れてないだけならいいけど、確かにここ10年以上ずっと長かったから、彼らには初めての短さなんですけどね。
義の字がつくとはいえ、身内だし、遠慮をしない男の子たちの忌憚ない意見として、ちょっと気になったり。

とはいえ、散髪(…)からそろそろ10日、なんだかもうすでにかなり伸びてる気がするんですけどっ!?
長いときには感じなかったけど、短くすると伸びるのが目に見えて分かって、ちょっとショック。
まあ、だからこそ、ショートには出来ない(ショートは切ったときがベストな状態だから、すぐに伸びるとまたすぐにカットに行かなくちゃいけないもん)んだけどさ…。
[PR]
2007年 01月 25日 |
義弟Pくんがお昼ごろから来てました。
少し前にインドの方へ旅行に行ったときの写真ができたからと、だんなに見せに来たんですが、玄関のドアを開けた私に、『何で髪切ったの?』。
…開口一番それかい…。
そりゃあパーマかけてたとこが傷んでたし~と説明している間も、やたらと残念そうな目つきで見るもんだから、何で?って聞いたら、『俺は長い髪の方が好きだもん』だそうで。
いやべつに今までだって、キミの好みに合わせて伸ばしてたわけじゃないんだけどねぇ(苦笑)。

それはともかく。
やっぱり買っちゃいました、少し前に悩んでいた猫背対策ベルト。
今日、母から小包で届いたので、早速トライ!
b0090654_12123719.jpg全体的に、幅の広いゴムベルトで出来ていて、ベストを着るというよりも厚みのないバックパックを背負うという感じに近いですね。
装着すると、肩が後ろに引っ張られ、『おおお~、猫背がピシッと矯正されてるよ~っ』という感じがちゃんとします(当たり前)。
同時に、ウェストにも太いゴムベルトが巻かれるので、着物を着ている感覚にかなり近いかも!?
b0090654_12125711.jpg後ろはこんな感じで、しっかりと背中全体的にあるので、夏はさすがにつけられないな~。
それに、長時間(たとえば一昼夜)の使用は血行障害を起こす場合があると書いてあるので、とりあえず着けるのは起きてる間だけにしておいた方がいいだろうし。
ふふふ、これで意識しないときでも、背筋がしゃんと伸びるといいな♪
ついでに肩凝りがなくなって、いつの間にか増えてた4lb.(2kgくらい)の体重も戻るといいな~。

ちなみに、写真はどちらも、私が注文した千趣会から、こっそりもらってきてます(ごめんなさい~)。
[PR]
2007年 01月 24日 |
夜寝る前、布団の中で本を読んでいた私に、だんなが一言。

『…日焼けした?』

うるせぃやい!
もともと地黒で、白い肌に憧れつづけてうん十年の私、日焼けしたくないんです。
でも、カナダに来てから紫外線の強さの所為か、はたまたただ単に年取って肌の老化の所為か、今まで以上に黒いままで。
昔から、何もしていないのに、冬でも『スキー焼けした?』なーんて言われちゃうくらいだったのに、これ以上黒くならないで~っ!
しかも、最近は外出もしてないし、したとしても雨続きだったからちょっとくらいでそうと分かるほど焼けるはずもなし。
なんでだーっ!?

ちなみにだんなは、『白い肌なんて病的に見えて嫌いだ!健康的に焼けてるほうがいい!』と言い張りますが、それは私よりも白いからだよ…。
ま、ないものねだりといってしまえばそうだけど、白い肌は一時的にせよ焼くことができるけど、黒い肌はどう頑張っても白くなれないんだなー。
黒いほうが皮膚ガンになりにくいと言われているのを信じてなぐさめにはしてるけど、うーん、髪の毛みたいに、簡単に肌の色を抜く方法ってないのかしらねぇ。
[PR]
2007年 01月 23日 |
今まで美味しいと思っていたものが、突然美味しくなくなるマジック。
いや、マジックじゃなくて、多分、味覚が急変したんだろうけれど。

先日、ストロベリー・ルバーブのパイを買いました。
甘いものがあんまり得意ではない私が、唯一美味しく食べられるお店のパイなのに、それすらも『なんだか美味しくない…』と感じてしまい、ショック。
もしかしたら季節的にフルーツが美味しくなかったのかなとも思ったのですが、だんなは『今までと同じで美味しい』と言うし。

確かにここ数年、少しずつ味覚が変わっていることは自覚していました。
今まで食べられなかったお刺身を食べるようになったし、子どものころは大嫌いだったチーズも'種類によりますが)大好きになったし。
だけど、昔から好んでは食べなかったパンが、ここ数日で『見るのもイヤ~』っていうくらい体が拒否するようになり、甘いものに至っては、上記の通り本当に美味しいと思えなくなり。
さらに今日は、朝も夜も、食事の後に(甘くはなかったはずなのに)気持ちが悪くなるという症状さえ出ました。
え~なんで~?

あ、妊娠ではありません、悪しからず~(そこ!期待しないように!)。
[PR]
2007年 01月 21日 |
今週末、スタンレーパーク内にあるバンクーバー水族館で、『ダイバーズ・ウィークエンド』というイベントが開催されていました。
いまだ卵の殻をお尻にくっつけている初心者ダイバーとはいえ、やはりこれは行ってみなくては!と、(本当は土曜日に行きたかったのだけれどだんなの学校があったので)日曜日だけ行くことに。
この日は、ダイバーであるという証明(Cカードなど)を見せれば、入館料が半額になるという特典つき~♪
b0090654_045209.jpgどうせ時間通りには始まらないよというだんなの言葉を信じ、到着したのは10時40分。
一番最初のショウが10時半からベルーガクジラの水槽であったので行ってみたのですが、やたらと閑散としており、どうやら見逃したらしい…。
ここでまず、『ショウは定刻に始まる』ということと、『ショウは10分~15分で終わる』ということが判明。
しばらく真っ白なクジラさんが優雅に泳ぐ姿を眺めてから、次のショウへと移動しました。
b0090654_0453148.jpg途中で、でっかい海獣(トド?)の水槽のそばを通りかかったら、ちょうど係りの人と遊んでいるところを発見。
『鳴いてごらん』
『泡出してごらん』
『舌見せてみて』
などという係りの方の言葉を、分厚いガラス越しでもちゃ~んと理解し、がぼがぼといっぱい泡沫を出して遊んでました。
まんまるのでっかい目がやっぱりかわいいー。
b0090654_0454479.jpgそして外に出たら、運よく11時開始のイルカのショウも見れました。
いるかのショウは日本でも見られるけど、せっかくだしとちょっと見学。
まずはしっぽをあげてご挨拶~。
b0090654_0455695.jpg係りの方の指示にあわせ、いろいろな芸を見せてくれましたが、やはりなんといってもジャンプが一番の見せ所。
この子も高~く飛んでくれました。
b0090654_046952.jpgそして、11時半からのショウ、フリー・ダイバー。
写真が暗くてちょっと見づらいんですが、ダイバーさんが分かるかな。
フリー・ダイバーというのは、その名の通り、スキューバなどの器材なしでのダイビングをする人のことを言います。
同じように器材なしのシュノーケルは水面だけで泳ぎますが、フリー・ダイバーはスキューバ・ダイバーと同じくらい(いやもっと深いところまで!?)潜ります。
今回デモを見せてくださったマンディさんは、自己最長6分以上も息を止めて潜っていられるそう(男性ダイバーの最長は9分以上ですって!)で、いろんな記録を持っておられるそう。
フリー・ダイバーのためのコースもあるそうなので、スキューバのように器材を揃えるのが面倒~と思われる方はトライしてみてもいいかもしれませんね。
b0090654_0462549.jpg次のショウまでに結構時間が空いたので、せっかく水族館にいるのだからと、あちこち見学。
そこでうっかり惚れ込んでしまったのが、なんと、クラゲ。
この微妙な透明感やふよふよ具合がいいんだなぁ…。
b0090654_0464570.jpgこちらのクラゲは、蛍光(夜光?)オレンジが鮮やか。
自然の動植物がもつ色には、どれほど綺麗なものでも、人工的に作られた色は、やっぱり敵いませんね。
b0090654_0465926.jpgこちらは熱帯地方の海にいたピラニアちゃん。
結構でっかいんですよねー。
実は私、ピラニアってもっと小さい魚だと思っていたので、自宅の水槽で飼ってみたいと思ったこともあったんですが、さすがのこのでかさだと無理だよなぁ…。
ちぇ。
b0090654_0471294.jpgそして、残念ながらバンクーバー水族館には、私が一番好きな回遊魚のでっかい水槽(マグロなんかが群れで泳いでるやつ)がないので、次に好きなサメの水槽の前でまったりすることに。
ひれの先っぽが黒いこのサメ、ブラックチップリーフシャークというそのまんまの名前だそうです(笑)。
b0090654_0472360.jpgそして、そのサメの水槽に一緒に泳いでいたのが、このグリーン・タートル(アオウミガメ)。
ちょっと前にバンクーバーの海(プリンス・ルパート)で迷子になっていたらしく、救助・保護された子です。
なので、ウミガメは、この1頭だけ。
b0090654_0473526.jpgさてさて、そのサメの水槽でのショウが、1時半から開始です。
実は今日のショウの中で、だんなが一番楽しみにしていたものでもある、『ヘルメテッド・ダイバー』。
ヘルメットをかぶった、という名前そのまんまの、ダイビング・スーツです。
これは、直接に着用している姿を見ることは本当にまれで、海軍など、特殊な技術が要求される、ダイビングをするというよりも海底を歩くことが主目的のもので、フィンを履きません。
ダイビングスーツだけでも約150kg、それに錘のついたブーツやウェスト部分にまく錘を合わせると、200kg以上を装着していることになるという、トンデモナイ代物です。
なんか、ダイビング・スーツというよりも、宇宙服といったほうがイメージが近いような気がするなぁ。
b0090654_0474572.jpgその後、直接このダイバーさんとお話させていただけるブースもあったので、寄ってみました。
水槽を見ていたときはすごーくマッチョな方が中にいると思っていたのに、実際に会ってみたらとても小柄な方(身長は私よりちょっと大きいくらい?)でびっくり。
結構朗らかな方で、水槽の中でもタコの真似!とかお茶目な動作をして見せてくださったんですが、海軍とかのビシッキチッとした雰囲気を想像していたので、いい意味で予想外でしたね。
b0090654_0481338.jpgその後は、ちょっと休憩しがてら、イルカさんの水槽を眺めての~んびり。
午前中に、ショウを見せてくれた子です。
回遊魚のように、同じところばかりをぐーるぐる泳いでいるので、シャッターシャンスが結構ありそうなのに、かなり泳ぐ速度が速いので、ぼやけるぼやける。
b0090654_0482362.jpg日本でおなじみのイルカさんよりも、ちょっと小さめかな。
水槽のガラス越しでも、クルクルクルっと鳴いているのが聞こえて、ちょいと感動♪
b0090654_0483617.jpgそして最後のショウ、ファッションショーが2時半からスタート。
ダイビングスーツを作っている数社が参加していました。
ウェットスーツ、ドライスーツはもちろん、フリース素材のインナーやボディスーツなどもあり、マスクやフィンなども数点出ていました。
もちろん、私たちが買ったドライスーツも、登場してましたよん。

そんな感じで、スキューバとは違うダイビングを見れて、結構楽しかったです。
ついでに、いろんなダイブショップやグループがブースを出しており、その中でひとつ、参加してみてもいいかなというダイビンググループがあったので、次にある2月半ばのミーティングに行ってみようと思ってますー。
[PR]
2007年 01月 19日 |
数ヶ月前、九州の方のお友だちが『美味しいんだよー』と紹介してくれた『柚子こしょう』。
偶然他のお友だちからいただく機会があり、はまってます。
柚子こしょうという名前ではあっても、こしょうは入っておらず、『青唐辛子とユズの果皮のペーストに塩をブレンドして熟成させた調味料の一種である。大分県特産とされ、九州北部においては一般的な調味料として知られている(by Wikipedia)』というもの。
香辛料の辛味も柑橘類の酸味も大好きな私に、これはもう、ぴったり!
鍋物のつゆやお豆腐料理など、普通に薬味を使うところをこの柚子こしょうに変えるだけでなく、お刺身にも合うし、ほかほかゴハンにちょんと乗っけてもうんま~い♪
紹介してくれたお友だちは、自分でささっと作ってしまうらしいのですが、柚子も青唐辛子もあまり見かけないカナダでは、それはちょっと難しいかな。
もしも実家の方でも買えるなら、帰国した時に買い込んでこなくちゃ!(通販という手もあるのかな?)

そして、だんなのブームは、たらこマヨネーズ。
実はこれも、柚子こしょうをくれたお友だちからいただいたのですが、歯磨き粉のようなチューブに入っていて、とても手軽に食べられるもの。
日本のたらこマヨネーズよりもやや甘味が強く、たらこ大好き、甘いもの大好きなだんなの味覚に、ドンピシャだったよう。
パスタやトーストにはもちろん、クラッカーやポテトチップスにまで、とにかく何にでもつけて食べてます。
でもこれ、カナダでは買えないのよね、きっと。
ヨーロッパのお土産でいただいたので、ユーロデリとかで(全く同じものではなくても)探してみなくちゃ~。
[PR]
2007年 01月 18日 |
b0090654_085113.jpgお昼ちょっと前から、ご近所のお友だちのところへ遊びにいってました。
たくさんおしゃべりをさせてもらい、お友だちのにゃんこともラブラブして帰ってきたら、うちのにゃんずがこんな風にだらけてました…。
けっ…警戒心の欠片もありゃしねぇ~っ!
いつもは、玄関やガレージのドアを開けると起きる(他の人がいるときは逃げる)のに、今日はすでにだんなも仕事から帰っていて家にいたためか、だらけきってました。
なんてゆ~かキミたち、その格好は猫としてどうよ?
しかも、ちゃ~んと座布団の上でっていうこの贅沢さ。
ご飯も毎日もらえる、冬でも凍えることもなく、なわばり争いをする必要もなく、天敵もおらず(天敵は私かっ!?)。
b0090654_0951.jpgたまに、外の鳥を眺めているのを見ると、『家の中だけに閉じ込めて、外で思いっきり遊びまわらせてあげなくてごめん』とか思うんだけど。
何が幸せなのかは、言葉が通じないとわからないけど、せめて、今の暮らしを幸せだと思ってくれてるといいな。
…まあ、このだらだら具合を見れば、少なくとも不幸せではなかろーと思うんだけどね(笑)。
[PR]
2007年 01月 17日 |
インターネットのご機嫌が、よろしくないです。
いつもではないにせよ、かなりの頻度で十数分ごとにぶち切れちゃうのです。
再接続には、ページを更新して事無きをえるときと、IP設定を書き換えなくちゃいけないときと、パソそのものを再起動しなおさなくちゃいけないときと、それぞれに違いますが。
なーんか、面倒~。
パソを買い換えたら、この問題はなくなるのかしら。
それとも、パソが原因ではなく、インターネットそのものが悪いのかしら?

さらに、これは私のパソの所為ではないと思いますが、ホットメールとヤフーメールの相性が悪いらしく、私(ホットメール)が送信しても、相手(ヤフーメール)にはすぐに届かず、『遅れます』という警告が来ます。
特定の方だけでなく、ヤフーメールを使っている方全員に対して遅れるようなので、おそらくはサービス元同士があんまり仲良くないんでしょうけれども。
メールでは、特に急ぎの用件などは送らないけれど、それでもやっぱり送信したときに届いてほしいのが本音です。
それとも、紛失したりしないだけマシだと思わなくちゃいけないのかなぁ。
[PR]
2007年 01月 16日 |
髪を切ってきました。
先週行くはずだった予約が雪のためにキャンセルになり、延期したのが今日でした。
ここずっとピーカンのお天気だったのに、なぜか今日の予報はまたもや雪。
誰か、私に髪を切ってほしくない人がいるのか~?と思いつつ、朝起きてみたら積雪は数センチ程度だったし、お昼からはあったかくなるというので、とりあえずは、交通情報を聞きながら、出かける用意をしました。
そして、いつもかかる時間よりもたっぷり余裕を持って家を出たら。
なんと、ハイウェイは朝のラッシュさえなくてす~いすい。
予約の時間よりも45分も前についてしまったので、さすがにこれは早すぎだろうと、近所にあったコーヒーショップでちょっと時間をつぶしまして。

今回は、1年半ほど前に根元からかけたパーマの部分を切り落とそうと、かなーりばっさりと切りました。
ええっと、30cmくらい?
ここ数年はずーっと肩の位置よりも長めだったので、久~しぶりに首筋がすっきり。
傷んだ部分をぜーんぶなくしたので、健康そのものの髪になりました♪
でも、慣れるまではしばらく、物足りない感じがするかもー。

あ、このブログに載せてる人物像も、変えないとっ。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon