<   2007年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 11月 30日 |
b0090654_10433719.jpgハロウィンが終わるよりも早く、お店ではすでにクリスマス商戦が始まっていましたが、ここ1、2週間で一般の家も外にイルミネーションをつけたり、窓からはクリスマスツリーが飾ってあるのが見えたりとし始めていました。
でも、うちはだんながあまりクリスマスが好きでないので、『12月になるまで待て!』と言われてたんですけど、どうせ週末だしと本日とっととツリーを出して、クリスマスモードに突入しました~!
さらに、いつもはラジオはクラシックの番組(FM105.7)を聞いていますが、クリスマスの時期だけは、クリスマス曲ばかりをかけてくれるFM104.9に変えます。
まだ今日の時点では、普通の曲の中にたまにクリスマスソングがかかるくらいですが、近日中に、『1日中ずーっとクリスマスソング』に変わることでしょう。
まあ、たいていはどこかで聞いたことがあるものばかりで、新曲っていうのはほとんどないんですけどね。
気分ですよ、気分♪
ちょうどいいことに、12月最初の週末には、結構な量の雪が降るとお天気予報でも言ってる(今年は近年稀にみる寒い年らしいです)ことですし、思いっきり『師走』を満喫したいと思いま~す。
うひ!
[PR]
2007年 11月 27日 |
とらにょの尿検査の結果が、出ました。
待てども待てども電話連絡が来ず、確かに持ち込んだ時に忙しいから時間がかかるとは言われたのですが、それでも当日の夜か翌朝にはと言われたのに、お昼を過ぎても音沙汰なしで。
もしかして、最悪な結果でも出て、念のためにもう一回調べてるとか?なんて予想もしちゃうくらい、待ってる時間というのは長いです。
で、だんなが帰ってきてから獣医さんに連絡をしてもらったら、『(獣医さんのクリニックでは忙しくてできなかったからラボに送っていたのが)今結果が送られてきたので、もう少したったら電話します』とのこと。
ありゃ。

で、その後1時間くらいできた結果は、驚くべきものでした。
なんととらにょ、糖尿病かもしれません。
ねこでも糖尿病になるんだ~、とまずそこで驚き、次に、うちは糖分のあるもの(ご飯など)もあげてないのになんで?とびっくり。
もしかして、キャットフードが悪いのか…?
ただ、激瘠せしてきたとか水をやたらいっぱい飲むなどの、糖尿病らしい兆候は見られないので、確定は出来ませんが。

でも、糖尿病だとすると、血尿の理由が分かんないんですよね。
もしかしたら、糖尿病ではなく、腎臓に欠陥があり、糖がうまく分解できない状態なのかも?
それはもしかしたら、かなりの重症なのでは…?

ともあれ、救急病院でもらった薬の服用が終わったら、もう一度検査をしてもらうことになりました。
薬の投与だけで症状が改善されるようならまだ安心ですけど。
しかも、とらにょとたつぼんは兄弟にゃんこで似たような体質をしてるので、とらにょに出る症状はたつぼんにも早かれ遅かれ出ることはほぼ確実。
食べるもので症状を良く出来るなら、一番ありがたいんですが、どうなることやら。
[PR]
2007年 11月 26日 |
朝一で昨日採取したとらにょの尿を、かかりつけの獣医さんのところへ持っていきました。
でも、どうやら今日は先生が忙しいらしく、結果が出るのは今日の遅くか明日になってしまいますとのこと。
まあ、一応とらにょの症状も落ち着いてきて、食欲も出始めたところだったので、あわててどうこうすることもないかな?
というか、医者嫌いなとらにょを、連チャンでお医者さんに連れてゆくなんてことはできませんから…。

さて、昼間にたたーっと家の中を掃除し、夜は外食でございます。
しかも、ガールズナイト(死語?)ということで、だんなもお子さまも抜きの、『女の子』だけです♪
約束の時間は、現地に5時半。
家を出たのは5時ちょっと前だったのですが、フロントガラスに当たる雨粒が大きいなぁ~と思っているうちに、みるみる雪に変わっていきました。
今年最初の、降雪観測です!
気温はさほど低くなく、水分たっぷりのぼた雪でしたけど、なんでこう私がたまに出かけるぞーっていう日に雪が降るかなぁ?
雪女、健在(笑)。

今回の場所は、Luxe Chinese Seafood Restaurauntという中華レストランです。
以前、同じ場所にやはり中華レストランがあったのですが、どーにも美味しそうな外装ではなくて入ったことがなく、いつの間にか違うお店になってたんですね~。
たいてい、中華系のお店というとあまり衛生的に綺麗なイメージはないのですが、ここはまだ新しいためもあるんでしょうけど、テーブルクロスもぱりっと綺麗で、サーバーさんたちもきちんとしていてよかったです。
また、月曜日の夜ということで、店内はかなり閑散としていましたが、その分サービスは結構丁寧で好感が持てました。
さて、集まった女の子6人で頼んだのは、Dinner for Fourというセットと、うち一人がここに来たことがあって、その時に美味しかったというレタスラップ。
b0090654_14543.jpgまずは、スープから。
鶏とスイートコーンのとろりとしたスープは、コーンの甘みがしっかりと出ていておいしかったです。
どれだけ美味しかったかというと、この私がおかわりをしたくらい(笑)。
え、そんなんじゃ分かんない…?
b0090654_1452317.jpgこれは叉焼と鴨のロースト、かな?
きちんとメニューを覚えてないので、料理の名前は分かりませんが、どちらも味がしっかりとなじんでいておいしかったです。
でも、結構味は濃い目で、白いご飯がほしくなりましたね~。
b0090654_145441.jpgで、こちらが噂の(?)レタスラップ。
牛肉の炒めたものをレタスで包んでいただきますが、やはり野菜と一緒に食べるお肉は単品よりも好きですね。
これは頼めばレタスのおかわりをくれるとか。
今日のメニューの中では、私はこれが一番お気に入りでした~♪
b0090654_1462719.jpgそしてこちらは定番、チャーハンです。
実はこれ、最初に持ってきてもらった時にはお肉が半生で、牛肉だし半生で食べられないことはないけどチャーハンだからねぇとサーバーさんに『これちょっと生っぽいのだけど…』と言って(もらって)みたら、嫌な顔一つせず、『じゃあもう少し火を通しますね』と快く了承してもらえました。
こういう時に対応がいいと、『また来てもいいかな』とポイントが高くなりますね。
お味は、日本の中華レストランのチャーハンの味に近く、食べ安かったです。
b0090654_1464687.jpgこちらは、中華レストランに行くと必ずある、野菜炒め。
いまだにこの野菜の名前を覚えられないんですが、お店によってはすごくたくさんの油で炒めてあってくどかったりするんですけども、ここのんは大丈夫でした。
また、単品ではなく、いろんな野菜が入ってるのも、うれしかったですね。
b0090654_1471296.jpgこれは何だったんだろう。
見た目は鶏肉っぽかったのですが、食べた時の味はトンカツだったんですよねぇ。
衣がすごくパリパリしてて美味しく、ビールが欲しくなったのは私だけ…かな?

で、実は写真をころりと撮り忘れてしまったのですが、実は、カニ丸ごともあったんですよ~。
丸ごと茹でたカニを、玉ねぎやショウガで炒めた感じで…なんというか、今までに見たことがない調理法でした。
私はカニアレルギー(というほど大げさではないと思うけど)があって、付け合わせの野菜だけをいただきましたが、カニも美味しかったようです(だってみんなカニを食べてるときだけ無口になってたし…)。

その後は、メニューには載ってなかったけれどちゃんとデザートもあって、オレンジピールの風味があるお汁粉と、ゴマドーナツ、アーモンドクッキーでした。
でも不思議なのが、4人前のディナーだったのに、クッキーは3枚だったんですよね~。
まあ、お汁粉は人数分もらえたので、その分減らされたのかもしれませんが。

で、チップ込みで一人当たり20ドル。
夜ゴハンなら、高くはないですよね。
総合評価としては、なかなかに良かったと思います。
お店のレビューを見るに、昼間には飲茶もあるようなので、誰か味見してきてくれないかしら(苦笑)。
[PR]
2007年 11月 25日 |
天災扱いをしちゃいけませんけども。
というか、ちょうど1ヶ月ほど前に慌てたばっかりなんですけども。
またもや獣医さんに大金を支払ってきました…。

とらにょがまたもや排尿できてないことに気付いたのが、土曜日の午後8時ごろ。
ここ数か月、ずっと血尿が続いてはいたのですが、痛がる様子も排尿に問題がある様子もなく、『またいつもの結石だろう』と、結石を溶かすための特別なゴハンをあげてはいましたが、とうとう、トイレに行ってもかなり長い間座っているし、トイレじゃないところでも排尿の仕草をしては数滴の血尿がぽたんぽたんと落ちるのみ。
他のことならいざ知らず、おしっこが出来ないというのは待ったナシの症状なので、かかりつけの獣医さんは閉まってる時間だからと、だんながとらにょを連れて動物緊急病院へと走りました。
それが、午後9時ごろだったかな。

そんな時間なのに結構混んでいたらしく、4組ほど待たされた後に検査をしてもらったそうで、その間も気が気ではなく。
まずは普通に血液検査をしてもらった(これは1時間くらいで結果が出ます)のですが、なぜか異常なし。
仕方なく、細長い管を膀胱に通して尿を採取して検査をすることになりました。
これが、実は大変難しいのです。
男の子なら、お尻から膀胱までが短いので簡単なのですが、女の子はかなり長いので痛みも伴うため、全身麻酔をかけて行うそうです。
その時点ですでに午後11時を回っていました。

そこで一旦だんなは帰ってきましたが、とらにょが麻酔から覚めたらまたお迎えに行くことになり(だって1泊させると100ドル以上かかるって言うんだもん)、その電話を待って、(日曜日の)午前2時。
右上腕部を(麻酔のために)剃られ、麻酔が完全に抜けきってないので歩くことも出来ないとらにょが戻ってきました。
そんな状態にまでなったのに、『尿の中には結晶は見当たりません』という結果で。
じゃあどこがおかしいの?となるのですが、予想ではおそらく、膀胱から尿道あたりが腫れているかなにかで詰まっているのではないかということらしく、あとはレントゲンを撮ってみないと分かりませんとのこと。
なんてこったい。
とらにょがこんなにつらい思いしてまで検査を受けて、さらにそれだけで500ドル以上(本当は900ドルくらいだと見積もりを出されてだんなが交渉した)を支払ったのに、それで『原因は分かりません』って………。
とりあえずは滅菌(?)の飲み薬をもらってきましたが、原因が分かんないのに薬ってあげられるもんなのかしら?

そうこうしているうちにとらにょがお粗相をしたので、早速(…)その尿を採取し、明日の朝一でいつものかかりつけの先生のところに持っていく予定です。
その後、きっとレントゲンを撮りましょうとか言われるんだろうけど、その先生ならうちのにゃんこたちのカルテも全部持っているし、何か分かるといいなあ。

ということで、日曜日はよたよた状態のとらにょが血尿を垂れ流して歩く(どうやらコントロールできないらしく、排尿のポーズをする時もあるけど、気付かないうちにぽたぽたと漏れてることがほとんどだった)ので、行く先々ティッシュやタオルを持ってついて歩いてました。
ふぅ。
[PR]
2007年 11月 22日 |
b0090654_3311749.jpgまあまあの出来なのではないでしょうか、クロワッサン。

自分でパンを焼くようになってから、そろそろ2年半以上がたち、普通のパンならばほぼ失敗なく焼けるようになりました。
ならば、そろそろもうワンランク難しいものにステップアップしてみよう、と思いまして。
というのも実は先日、IKEAの1ドル朝食を食べに行ったんですけど、それについてるクロワッサンが美味しくなくてねぇ。
外はパリパリ中はふわふわのサクサク、というのが理想だと思うんですが、ぎゅ~っと押しつぶされてしまって中の空気がぺちゃんこになっていた感じだったんです。
で、作るのは難しいと聞いていたクロワッサンに、初めて挑戦してみました。

あちこちレシピを検索しまくり、『失敗から学びました』というレシピを発見。
手間は当然かかりますが、仕方ありません。
材料を計るところから始めて、焼き上がりまでにほぼ4時間半。
普通のパンはだいたい3時間でできますから、かなり時間がかかってます。
これでも私、途中で何度か冷蔵庫で寝かせるという時間を、生地がまだ冷たいからいいや~と省いてんですよねぇ。
恐るべし、クロワッサン。
今までは、メロンパン(普通のパンをクッキー生地で包む)が面倒だと思ってましたが、クロワッサンの手間と時間を思えばそうではないと思えるのがコワイ。
ただ、外のパリパリ感や味は良かったのですが、第1次発酵の時から膨らみが足りなかったからか、出来上がりもふっかり感があまりなく。
やっぱ途中で冷やすのを端折ったからかな~?
でもだんなには好評だったので、まあいいか。
ちなみにこれ、一口サイズでかなーりちんまいです。
次回はもうちょっと大きく形成してみようっと(次回というものがあれば、だけど)。
[PR]
2007年 11月 21日 |
b0090654_1133099.jpg『美味しそうな和食屋さんを見つけたよ~』とのきゃびっちのお誘いにウホウホと乗って、マンガをどかっと貸しに行くついでに(どっちがついでなんだか)Mrさんと一緒に行ってきました。
ホテルの1階にあるレストランで、和朝食がお昼1時までいただけ、普通の洋食も用意できるらしく、『和食が食べたいけどパートナーがあんまり好きじゃなくて』というカップルさんにもよさそう。
私が頼んだのは、しらすおろしの定食。
一見、『(カナダでの一般的な量から比べると)ちょっと少なめ?』という感じでしたが、食べ始めてみるとなんのなんの、かな~りの食べごたえがあり、卵焼きを1/4(一切れの半分)ほどきゃびっちに手伝ってもらい、ご飯を半分残してしまいました…。
味は、元他の和食レストランのシェフさんだったというだけあり、美味しかったです~。
他では食べたことがないようなお漬物の種類の多さはもちろんですが、お味噌汁も具だくさんだったのがうれしかったですね。
ふつうは、小さ~く切ったお豆腐とわかめ、そしてワケギの細かいのがちょろっと入ってるくらいなのに、モヤシやお麩までどーん!と入ってましたもん。
ただ、普通ならサービスで出される日本茶が有料だったのはちょっと驚き。
それでも『美味しいです』とおっしゃったウェイトレスさんの言葉通り、もしかして玉露?というくらい濃い緑茶をポット+大きめの湯のみ3人分(本来はポットと湯のみで『ふたり分はいけると思います』だそうです)をいただけたので良しとしますが。
うん、また来よう~。

そしてその後は、きゃびっち宅でまったり。
そこで初めて、Wiiで遊ばせていただきました!
テニス、ボーリング、間違い探し、釣りなどをトライさせてもらったんですが、いやぁ噂にたがわず、ハマります!
はっきり言ってゲームなんていうものは、初めてインベーダーゲームというものが世に出た時(喫茶店などのテーブルにはめ込まれてたやつ。マージャンとかもありましたね)に一度だけトライしてほんの数秒であっけなくぼろ負けして以来、私はゲームの才能なんてないんだと、ずーっと触ったことなんてなく。
数年前にだんながX-Boxを買った時でさえ、せいぜいがテトリス(しかも一番簡単なレベルのみ。それ以上だとすぐにゲームオーバーになる)どまりで、パソに入ってるトランプゲームをやるくらいなんですよ。
そんな私は、なんとテニスでどんバマリ。
というのも、実は中学生の時に軟式ですがテニス部に在籍しておりまして、腕前は補欠にも入れないようなくらいの低レベルではありましたが、基本はそれなりに叩き込まれているんです。
もう10年くらいラケットを握ってませんが、それでもやはり昔取った杵柄というか、やり始めると『絶対勝ってやる!』と張り切っちゃいますね~。
しかも、『座ってても出来るから。手首だけで(コントローラーを)ちょっと動かせばいいよ』と言われたにもかかわらず、ボールに合わせて左右に走り出す始末。
そんな無駄に(だってパンツの中は汗ぐっしょりだったもん…:苦笑)張り切った結果、しっかりと右腕が筋肉痛でございます…。
すごいよ、こんなに夢中になってゲームをしたのなってはじめてかも!
ちなみに同じく初WiiだったMrさんは、『釣り』にハマってました(しかもかなりの高得点をマークしてたヨ!)

で、帰ってきてからだんなに『今、Wiiっていくらくらい?』と訊く私。
買う気満々ですか!?
でもだんな曰く、『うーん、300、いや200ドルくらいにはなってるかな。でもまだどこに行っても予約しないと買えないよ』だそうで。
いまだに『一番売れてる商品』であるWiiは、どのお店でも在庫を置く暇もないほどすぐに売れてしまい、時期的にも『今予約してお金を払ってクリスマスプレゼントに』と考える人も多いだろうということで、『待て』状態です。
ということで、買うにしてももうしばらく待って、世間のWii熱がおさまってからということになりそうかな。
まあそれまでによーくよーく考えて、『本当に欲しいの、私!?』と自問自答を繰り返したいと思います。
そしてまたやりたくなったらきゃびっちんとこに行けばいいんだしな(え)。

ということで。
きゃびっちとMrさん、昨日は楽しい時間をありがとうございました~。
[PR]
2007年 11月 18日 |
b0090654_112315.jpgあと2年と数ヶ月で開催となる2010年冬季オリンピックは、バンクーバーで行われます。
そのため、あちこちで開催会場の建設や交通整備などが急がれてますが、基本的に日本に比べて作業ののろい(と私は感じます)カナダですから、間に合うのかどうかが危ぶまれます。
まあ、それはともかく。
先日、オリンピック記念コインを発見しました!
一番上から時計まわりに、五輪とカナダグース(1ドル)、カーリング(25セント)、バイアスロン(25セント)、アイスホッケー(25セント)。
冬季オリンピックの競技のうち、幾種類がデザインされているのか分かりませんが、結構たくさんあるみたいなので、頑張って集めなくては!
[PR]
2007年 11月 17日 |
久しぶりに、VSOのコンサートへ行ってきました。
今日のプログラムは、ベルリオーズさんのTrojan March、ブラームスさんのピアノ協奏曲第1番、そしてメンデルスゾーンさんの交響曲4番の3つ。
そのうちの一番のメインがブラームスさんだった(らしい)んですが、実はこれが私にとっては一番イマイチでした。

ベルリオーズさんのは、10分弱のとても短い曲だったのですが、かっこよかったんです。
メンデルスゾーンさんのも、『イタリア』は結構有名ですし、終始テンポ良くって楽しめました。

でも、ブラームスさん。
基本的に私は、ブラームスさんは好きです。
一番のお気に入りは、弦楽六重奏曲。
これはもう、是非とも生で聞く機会があれば行きたい曲の一つです。
でも、今回のは、あか~ん!
演奏が悪かったわけでも、もちろんピアニストさんがダメだったわけでもなく、むしろ演奏だけで言うならどちらもすごかったんです。
では何が悪かったのかというと、曲そのものが私にはダメでして。
なんというか、オケ部分とピアノ部分がそれぞれ独立してしまってる構成なんですよ。
最初の始まりはずーっとオケばかりで、ピアニストさんは手を膝に置いたまま待ち続けてるし、かと思えばピアノが始まったら今度はオケがお休みタイムでもあるかのようで。
協奏曲でしょ?一緒に演奏して音が混じり合ってナンボでしょ?って思っちゃったのは、私が素人だからでしょうか。
実はこの曲、今日聴いたのが初めてで、義弟くんがすごくいいから!って勧めてくれるので行ったんですけど、期待が大きかった分、ちょっと残念でした。
同じブラームスさんの1番なら、交響曲が聞きたかったな~…。
[PR]
2007年 11月 16日 |
先週末に吹き荒れた木枯らしのため、バンクーバーを中心に周囲一帯のあちこちで停電になっていました。
うちはほんの数瞬で済んだものの、ご近所さんでは3日くらいも停電が続いてたところもあったそうで。
しかも、ニュース等によれば、電話も使えなかったところもあったということで、かなり被害は大きかったようです。

で、そのあおりを受けてか、12日(月)の朝から今日(16日(金))の夕方5時ごろまで、ネットがずーっと使えませんでした。
はじめのうちは、『停電の被害が一番酷かったところに電話会社があったから、きっと大元からダウンしたんだな~』と思ってたんですけど、本日会った他のお友だちのお家では普通どおりに使えてるよと言われ、ショック!
でもまあ、仕事などに使っているわけではないし、電気や電話等は使えていたんだから、あんまり文句は言っちゃいけないんでしょうけどね。

そして、ネットが使えなかった間に、ようやくリビングルームのDIYが終了しました!
やったー!
CDやDVD、ピアノの楽譜やLPレコードなどを淹れる本棚をIKEAで買い、ようやく体裁が整いました。
ふぅ、長かった…。
とはいえ、現在、まだだんながDVDなどのプレイヤーを設置する棚を作っている最中ですけどね。
あとは乾燥機(洗濯用の)の買い替えだ~(本棚を買ってしまったので、出費を考えると一気には買えなくてね…とほほ)。
[PR]
2007年 11月 09日 |
先日購入した布ナプキン、使ってみました~。

まず最初に、付け心地ですが、これはね、もう使い捨てよりもうんといいですよ!
だって素材が綿100%ですから、肌に当たる感覚はショーツと同じなわけで、ナプキンをつけている感覚というものがほとんどありません。
使い捨て(今までは超薄タイプを使ってました)よりも厚みがあるから、それが気になるかも…という心配がありましたが、素材のおかげか私が鈍感なだけか、それもほとんどナシ。
いいわ~♪

さらに、月のお客さま独特のにおいですが、これもほとんどないんです!
今まではトイレでショーツを下すと、『月のお客さまがいらっしゃってまーす!』というにおいが(特に夏は)むわっとしてて、それが嫌で外出するときには香水なんかをつけたりもしてたんですが、驚くことに、季節的なことを除いても、その嫌なにおいがありません。
そうか、あのにおいは使い捨てナプキンに使用されている薬品などが原因だったんだなぁ。

また、いつも使用中にあった痒みや肌荒れというのも、今回は全くありませんでした。
イエーイ。

そして気になる、月のお客さま痛ですが、そういえばいつもほど薬は飲まなかったかも。
初日はやっぱりきつくて、鎮痛剤を飲んだんですけど、いつもなら2日目3日目もかなーりどよどよなんですが、今回は『く、薬…っ』というほどではなかったですね。
まあ、この痛み(というか重み)は月によってひどさが違うので、今回はたまたま軽かったという可能性もありますから、何回か使ってみないと分かりませんけど、今までよりもひどくなるということだけはないと思います。

最後に、一番躊躇していた理由の『選択の面倒さ』ですが、これも実はあまり苦になりませんでした。
トイレに専用のバケツを置いて水を張っておき、使ったらそこへポイと入れ、夜寝る前に洗って干しておけば、翌朝にはもうしっかりと乾いてました(乾きが早いのは、カナダの空気が乾燥してるおかげもありますけど)。
汚れも落ちにくいかなと心配してましたが、バケツの水にすこーし洗濯洗剤(できればこれもオーガニックのもの。今回は布ナプキンのセットと一緒にお試しサイズの液体洗剤があったのでそれを使用)をとかしておき、手洗いする時にせっけん(普通の手洗い用でもOKだと思うけど、オーガニックのんがあればそれの方がいいでしょう)をちょっとつけてゴシゴシッとしたら、きれいに落ちました(でもこれ、外側の布部分は落ちてると分かるけど、中身の綿にしみこんだやつってどうなんだろう…?)。

ということで、概ね、布ナプキンに対しての感想は、使い捨てに比べてかなり『良』ですね。
むひゃひゃ。
[PR]