胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 02月 28日 |
いまだに時差ボケを引きずってますです…。
一昨日の夜(というか昨日の朝)、3時頃まで寝られなくて、でも朝はだんなの出勤に合わせて6時半起きをしたので、睡眠時間が足りなくて、昼間もずっと眠たかったのを、頑張ってお昼寝もしないようにしてたんですよね。
で、ありがたいことに昨日の夜はその甲斐もあって、夜9時ごろにはもうお布団の中へ。
途中で何度か目は覚めたものの、目がさえることなくちゃんと寝られたんですが。
…朝、目覚ましで一応起きたんですけど、そのままお布団にもぐりこみたいほどまだ眠い…。
これは、時差ボケではなく、単なる睡眠不足なだけだったり…する?

そうそう、帰国中に行った献血の検査結果をもらってまして、思っていたよりもかなり良かったです。
一番心配だったのが、家系的にも高いコレステロール値で、前回まではいつも『一応平均値内ですが、年齢に比して高めなので気を付けてください』って言われてたんですが、今回の結果は、今までの中で一番低かったんです~♪
平均値の中でもちょうど真ん中くらいの数字かな。
卵やら生クリームやらをよく料理に使うので心配してましたが、赤身のお肉(牛や豚)をほとんど食べないからかな。
よしよし。
ただ、アルブミン対グロブリン比A/Gというのが、今までの2倍くらいの数字(というか比率が全く違う?)だったので、これが何なのかをちょっと調べないと。
まあ、医療機関での受診が必要というマークがついてないから、あんまり気にしなくてもいいのかもしれないけど…。
ともあれ、にゃんこでもそうですが、血液検査をしてもらうだけでもいろいろな病気がわかるようなので、なるべく帰国のたびに献血しようと思います。
[PR]
2008年 02月 25日 |
カナダに戻ってきてます。
私が移動する日はいつも悪天候、というジンクスが、今回は往復ともに外れてくれました。
やったね!
とはいえ、最初から快晴というわけではなく。
カナダに戻ってくる日の前日の夜から、ちらほらと雪が降り始めていて、当日の朝起きたらうっすらと白くなってたんで、『やっぱ雪か…』とがっくりはしたんです。
しかも、そろそろ家を出ようかという頃になって、びゅうびゅうと風も吹きはじめ、空港に着いた時には突風か!というくらいに強くなっており、国内線では運転を見合わせる便も出ていたほど。
それでもありがたいことに私の乗った飛行機は遅れることもなく、成田までの国内線もバンクーバーまでの国際線も、乱気流で揺れることもほとんどなく、無事に飛んでくれました。
しかも、バンクーバーに着いたら、窓越しの日差しが熱く感じるほどピーカンのいいお天気!
ありがたや、ありがたや。
ということで、私のジンクス、破れたり!
どうせならもう一つのほう、『私が気に入るものは市場から消える』というのも、なくなるといいなぁ。

さて、帰りの飛行機の中では、実は眠れなかったんです………気になる映画が2本もあって(苦笑)。
機内での映画はビデオのように早送りや巻き戻しができないので、始まる時間まで待たなくてはならず、2本ともちゃんと見ようとしたら、結構な時間が過ぎちゃいてましてね…。
ちなみに観た映画は、ダスティン・ホフマンさんとナタリー・ポートマンさんの『Mr. Magorium's Wonder Emporium』と、スイス制作の映画『Vitus』です。
どっちも私は大好きでしたね。
内容はどちらも、決して派手ではないけれど、見た後に『よかったね』って微笑みたくなるような、やさしい感じです。
未見の方は、ぜひ~。

そして本日、朝9時半(…)に起きてから、やはりというか当然のごとく、家中の掃除をしてました。
男の一人暮らしって荒むんだよな~。
実は私が戻ってくる1週間前あたりからだんながインフルエンザにかかったらしく、家のことは何もできてないと言っていたので、大方の予想はしてましたけど。
それでも、その前までちゃんとしていれば、せいぜい1週間分の汚さだろうと高をくくっていたんですよね。
………やられたぜっ…。
夜までかかっても全部終わらなかったので、明日も引き続き、お掃除でっす。
まあ、窓を開け放していてもあったかく感じるほどの陽気だったので、別に苦ではなかったし、6週間も遊ばせていただいたんだから、文句は言っちゃいけないですね。
[PR]
2008年 02月 22日 |
最終的な荷造りをしました。
飛行機に乗るのは明後日ですが、明日は姉と甥っ子(とたぶん義兄)が来るので、スーツケースを広げてこちゃごちゃ、なんてやってられないのです。
なんとかまとまりはしたものの、そういえばまだ洗濯して干してるのが外にあったー!とか気づいたりして、完璧には出来ませんが、まあ、後は出立当日の朝詰めればいいや、くらいにはなりました。
ふーっ。

ということで、日本で書く日記も、おそらく今日が最後。
次はカナダに戻ってからになるかと思います。
日本にいる間にお時間を割いてくださった方々、ありがとうございました。
また次回の帰国の際にも、遊んでやってくださいませね。
そしてカナダにいるみなさま、またカナダに戻ったらお茶しましょうね~っ。

では、無事に飛行機が日本からカナダに飛べますよう、願っていてくださいませ。
[PR]
2008年 02月 21日 |
b0090654_13553995.jpgなばなの里へ行ってきました。
ここはほぼ年中お花が咲き乱れているのですが、屋外であるため、寒い冬の時期だけは彩が少ないです。
そして、その時期には、お花ではなく、イルミネーションが咲くのですよ。
でも、イルミネーションは、日没頃の5時半開始。
それまでは、ぷらぷらとお散歩することにしました。
b0090654_13555184.jpg数日前までの寒さがうそのように、昼間はぽかぽかのいいお天気です。
陽が当たるところの梅も、ずいぶん開花しており、メジロがたくさん来ていました。
b0090654_1356297.jpg普通の梅や枝垂れ梅など、いろいろな梅の木がありました。
まだ固い蕾をつけているものからすでに満開に近いものまで、色々ですが、どれを見ても、もう春なんだなぁという気分になります。
b0090654_13561512.jpgこれが、イルミネーションのトンネル。
かなり長く、これがいっせいに灯るのかと思うと、暗くなるのが待ち遠しいです。
b0090654_13562733.jpg日没までにまだかなり時間があったので、休憩がてらカフェ・ラ・テラスでお茶タイム。
父はエスプレッソ、母はクリームみつまめ、私は冬季限定(また…)のゆず紅茶です。
ダージリン紅茶にゆずジャムを入れたもので、ダージリンとゆずの渋みが利いていてジャムが入っているとは思えないほど甘さ控えめで、美味しかったです。
体がほっかりとあたたかくなり、しばらくはハマりそうですよ(笑)。
b0090654_13563897.jpgそしてお土産屋さん等をひやかして歩いてから、イルミネーションを見る前にと、少し早めの夕食をビール園で摂りました。
まずは地ビールで乾杯です。
父と私はデュンケルというドイツ種を中ジョッキで、母はピルスナーというチェコ種を小ジョッキで。
おつまみは、温かいソーセージの盛り合わせから♪
b0090654_13564923.jpgこれがお夕食~。
豆腐とトマトのヘルシーサラダ(手前)、バラエティおつまみセット(左)、ホクホクポテトのチーズ焼き(右)です。
これでも結構量があり、食べきれないほどでしたねー。
b0090654_1357022.jpg腹ごしらえもし、いよいよイルミネーションを見に行きます。
入り口も、ちゃんとライトアップされてます。
b0090654_1357113.jpg日没直後で、まだ少し薄明るい時間。
これはこれで、なかなかにいい雰囲気だと思います。
b0090654_13572336.jpg満開の梅も、ライトアップ。
b0090654_13573568.jpgこれが光の回廊です。
出口が見えないくらいに長く、ゆっくり歩いていると浮遊感を味わえます。
よく見ると光はお花の形の傘で、かわいいんですよん。
b0090654_13574896.jpgそして回廊を抜けると、光りの銀河天の川が広がっていました。
かなり広い範囲に一面青い光が敷き詰めてあり、その真ん中を白い光で表現された天の川が流れていて、幻想的な世界です。
b0090654_13575990.jpgその後ろには展望台が設えられていて、そこから見ると眼下に宇宙が一望でき、圧巻でした。
b0090654_13581016.jpgさらに違う光の回廊を通って戻ります。
こちらは全体的に白い光が満ちていて、冬らしい雰囲気でした。
b0090654_13582022.jpgイルミネーションは、やはり完全に暗くなってからのほうが綺麗ですかね。
建物や水の上のライトが刻々と色を変えるので、写真よりもむしろ映像で撮った方がよかったのかも。
b0090654_13583015.jpg駐車場へ向かう道にも、すみずみまでライトが飾ってありました。
カナダのクリスマスイルミネーションとはまた違った、面白い趣向でしたね。
いくら昼間は春の陽気でも、夜はやっぱりかなり寒かったのですが、なぜかこういうライトは夏よりも冬が似合うなぁとおもいます。
[PR]
2008年 02月 20日 |
b0090654_16225060.jpgカナダに戻る日が近づいてきたので、食べ残しの悔いのないよう、毎日外食しています(苦笑)。
ということで、本日のランチは、炭焼きステーキハウスのブロンコビリー
というのも実は、沖縄旅行初日の夜に食べたハンバーグの味がなつかしくて忘れられず、でもそのなつかしいお店はもうないので、せめてハンバーグステーキを専門としてやっているところならばと期待してまして。
…余談ですが、そういえばカナダには『ハンバーグステーキ』というものはないですよね?
ステーキ=肉のかたまり、ですよねぇ?
お子さま味覚で、ハンバーグが好きな私としては、ちょっと淋しいです。
余談終わりっ。
b0090654_1623843.jpgまずは、サラダから。
このお店にも、メインメニューにセットでサラダバーとドリンクバーがつけられたので、当然のように頼みまして。
コールスローやレタスなどの野菜だけでなく、パスタサラダや大根の漬物などもあって、和洋そろっててよかったです。
しかも、ドレッシングも、和・中・洋のほかにゆず胡椒なんかもあって、ウホウホでした。
これくらいのサラダを、2回、いただいちゃいました♪
b0090654_16232134.jpgこちらが私のメイン、季節限定メニュー(すいません、限定という言葉に弱いんです…)のがんこハンバーグぐつぐつシリーズよりまるごと炭焼きトマト煮込みハンバーグセットです。
完熟トマトの甘味と酸味、付け合せのナスや赤ピーマンにハンバーグととろけるチーズがなんとも微妙にマッチしていて美味しかった~ん。
セットメニューには、パンかゴハンと、スープもついていました(当然そんなには食べきれないので、パンはこっそりお持ち帰りしましたけどね)。
b0090654_16233614.jpgこちらは父が頼んだ大盛スライスステーキセット。
ステーキといえばべろんとした大きな肉、という感じですが、こんな風にスライスしてあると、食べやすくていいかなぁと思います。
写真では逆さまで見づらいですが、鉄板にはブロンコビリーおじさんがついているんですよー。
b0090654_16234928.jpgこれはピリ辛大好きな母が頼んだ、限定メニューの四川風ピリ辛煮込みハンバーグセット。
煮込みハンバーグの周りにお豆腐がいっぱい敷き詰めてあり、上にはキムチとネギがどーん!と乗っていて、寒いこの時期にはぴったりな辛さでしたね~。

さて、あとは何を食べようかな?
[PR]
2008年 02月 19日 |
b0090654_9421290.jpg国府宮神社のはだか祭りに行ってきました。
今年から厄年に入る(今年は前厄。来年が本厄で再来年が後厄だそうです)というので、その厄落とし(厄払い?)のなおいひもをもらいに行ったのです。
b0090654_9423864.jpg私たちが神社に着いたのは、朝10時過ぎ頃だったのですが、すでにかなりの人出でした。
しかも、この地域の学校はお祭りのためにお休みということらしく、小学生などの子どもの姿も結構見ましたね。
b0090654_9425022.jpgこれは本殿に奉納されていた大鏡餅。
でっかいです。
確か、トン単位で表されるほどの重さだったはず。
これだけのものを搗くのも運ぶのも、大変だったと思います。
b0090654_9434099.jpgはだか祭りの幟。
毎年、このはだか祭りの日は雪が降るくらいに寒くなるらしいのですが、今年は風も少なく、ぽかぽか陽気だったので、歩くのにはちょうどよかったかな。
それでも気温は10℃くらいなので、裸になるには寒いと思いますが…。
b0090654_9435846.jpgお参りをしてからぐるりと参道に出ている露店を冷やかして歩いていたら、12時ごろ、はだか男さんたちが参道へと入ってきました。
ざっぱんざっぱんとかけられているのは水ではなく、お酒です。
b0090654_9441522.jpgはだか男さんたち。
じっと立って見てるだけでも寒いのに、大丈夫なんでしょうかね?
b0090654_9442899.jpg擦り傷のある方もいらっしゃって、お祭りといえども大変なようです。
b0090654_9443492.jpgまいたり飲んだりされていたお酒。
b0090654_9444334.jpgこのでっかいお魚は、奉納されるのかしら?
それとも、豊作などの願いの象徴なんでしょうか。
お昼間はこれだけでしたが、夕方からが一番メインのイベント、神男さんとはだか男さんたちとの攻防(!?)なのですが、それは死者が出ることもあるくらいの激しいもので、さすがにそんな人ごみには行けねぇ!と早々に退散しました。
これで今年の厄払いが出来てるといいなあ。
b0090654_9444929.jpgその後も、一般道をはだか男さんがまだ続々と神社へ向かっているのを見ました。
b0090654_945820.jpgその後、お千代保稲荷へ行って来ました。
ここは、お正月などに来ると身動きが取れないくらい混むんですが、平日は閑散としたものです。
そして、その参道にある串カツ屋さんの玉家さんが、美味しいと評判なんですよ~。
外の出店で立ったまま食べることも出来ますし、中には座敷のテーブルもあります。
b0090654_9445889.jpg串カツとどて煮があり、串カツはソースとどて味噌の2種類が選べます。
寒い日に熱々の上げたての串カツは、絶品ですよーん。
[PR]
2008年 02月 18日 |
b0090654_9214228.jpg去年帰国したときにはなかった、新しいレストランに、両親と一緒にランチに行って来ました。
太陽のカフェというチェーン店です。
見た目は普通のファミレスをちょっとお洒落にしたような感じで、でもなんとなく自然食を扱っていそうな雰囲気もあって、店の前を通るたびに気になってたんですよねぇ。
b0090654_922246.jpgとりあえずはコース料理を頼み、まずはサラダとスープから。
カナダのレストランほどではありませんが、このサラダ、かなり量が多いです。
ディナーでは野菜もビュッフェスタイルで食べ放題が注文できるようですが、ランチではそれはありませんでした。
でも、これだけでも十分な量なので、食べ放題が出来てもしなかっただろうなぁ…。
スープはちょっと味が濃いかな?と思ったけど、久しぶりのコンソメは美味しかったです。
b0090654_9221314.jpgこちらがメインの、大葉とベーコンときのこの和風スパ(写真手前)。
ちゃんとアルデンテですよ(笑)。
バター風味で、ベーコンのお出しがしっかり出てて、それを大葉であっさりとした味に仕上げてあって、うまかったーん。
ちなみに両親は、カニが入ったトマトソースのスパゲティだったかな(写真奥)。
どちらも結構ボリュームがありました。
b0090654_9223299.jpgそしてこれが最大のサービス(?)、フルーツパフェバーです。
最初にハーフサイズのパフェグラスが来まして、何回でもお変わり自由でデザートが食べられるんですよ。
パイナップルやグレープフルーツ、キウイなどの季節のフルーツに、ムースやヨーグルトなどもあり、ソフトクリームもありました。
甘いものに目がない人や、お腹いっぱいご飯を食べたあとでも甘いものなら別腹!っていうひとには、すんごいお得なのではないでしょうか。
私はがんばって(…)2回もらいに行きましたけど、私の後ろのテーブルにいた人は、私が知ってるだけでも5回くらい行ってました。
チェーン店とはいいつつ、お店によって特色があるらしいので、お近くにお店のある方は試してみてくださいな。
[PR]
2008年 02月 17日 |
b0090654_217683.jpg本日、サプライズなプレゼントが届きました。
去年の帰国のときにも遊びにお伺いし、お忙しい中でお付き合いしてくださったお友だちのAりんから、お誕生日プレゼントです。
厳重に包まれてやってきたプレゼントは、めちゃめちゃかわいいにゃんこたち。
バナナの中で、幸せそうにくつろいでいました。
一匹一匹の表情がそれぞれかわいくて、いくら眺めていても飽きないくらいなんですよ~。
さらに、とてもとても高価そうなチョコレート付。
硬めの外身の中には、まぁるいチョコレートボールも入ってます。
せっかくだからカナダまで持っていこうかと思ったのだけれど、さすがにそれは無理そうなので、チョコレートだけは日本にいるうちにいただきます。
だんなには、写真だけでガマンしてもらおう…(苦笑)。
Aりん、いつもお気遣い、ありがとうね!
にゃんずは大事に大事に、カナダまで連れて行くからね♪
[PR]
2008年 02月 16日 |
短大時代からの親友、Mhさんとおデートして来ました。
おふたりのお嬢さんのいるMhさんはなかなかゆっくりと時間は取れないので、公共交通機関で移動する時間ももったいないからと、彼女のおうちの近くで待ち合わせることに。
11時に待ち合わせ、まず向かったのは、『ゆっくりとおしゃべりできてランチもついでに(?)出来る』だろうということでモスバーガー
あまり食べないとはいえ、数あるファーストフード店の中でも、私も『カナダに進出しないかなぁ』と思うくらいにはお気に入りなのです。
b0090654_20453966.jpgそして、注文したのは、こちら。
私は、期間限定らしいホットチリバーガーとサラダのセット、Mhさんはハンバーガーとオニポテ(フレンチフライとオニオンリングフライ)のセットを。
モスでは定番のライスバーガーにしようかとも迷ったのだけれど、やはり期間限定という言葉に弱くてねぇ。
でも、ホットチリといいつつ私にはぜんぜん辛くなかったので、むしろスパイシーホットチリバーガーでもよかったかも。
でも、以前と変わらず美味しかったです。
b0090654_2045493.jpgその後、さすがにモスバーガーで2時間以上も粘ったので場所を変え、ジョナサンというファミリーレストランへ移動しました。
ここはドリンクバーもありまして、とにかく水分をたくさん欲しい私は迷わず注文しました。
で、お茶類はルースティーがガラスのビンに入っておいてあり、好きな茶葉を選んでストレーナー付きのグラスで入れるんですが、そのグラスの形が結構かわいかったんですよ。
はじめはポットだと思って、マグカップも一緒に持ってきてしまったんですが、ストレーナーは蓋を裏返した上にちゃんと置くことも出来る、優れものでした。
ちなみに私は、ダージリンティ、セイロンティ、黒豆蕎麦茶と3杯いただきました(笑)。
b0090654_20455754.jpgそしてこちらは、お茶請け(?)のフルーツタルトと、甘党なMhが頼んだチョコレートパフェ。
タルトは、甘いものが苦手な私でも食べられるくらい上品な甘味で、やっぱり日本のスイーツは美味いなぁと改めて実感してました。
ここでも結局2時間以上も居座り、とにかくノンストップで喋り捲りました。
おかげで頬筋と腹筋が使いすぎで筋肉痛です…。
Mhさん、いつも涙が出るほどの笑いと楽しい時間をありがとう!
次回会えるときまでに、また頬筋と腹筋を鍛えておくわね~。

ちなみに、別れる直前にコンビニへ寄り、うっかりゆず胡椒味のポテトチップスと黒胡椒味のプリングルスを見つけてしまいました。
どっちも期間限定ということで、やっぱりその文句に弱い私は買っちゃったのでした…(でもどっちもワインのおつまみによくあって美味しかったですよん)。
[PR]
2008年 02月 14日 |
b0090654_10255386.jpgHappy White Valentine's Day!?
ということで、バレンタインの今日、実家地方は雪でした。
今年は、どか雪はほとんどないけど、結構頻繁に雪が降ってるようです。

さて、そんな雪の中、昨日がお誕生日だった祖母のお祝いのため、竜泉寺の湯へ、両親と4人で行ってきました。
ここは昨年末にオープンしたばかりの新しい温泉で、最近TVでコマーシャルをよく見ており、温泉好きの祖母を連れてってあげようということになったんです。
でも、お風呂場そのものは広くてきれいで気持ちよかったんですが、脱衣所が狭かったのが残念。
ロッカーの間にある通路で着替えをしていると、反対側のロッカーを使ってる人とおしりが当たっちゃうくらいしかなく、女性同士とはいえ見ず知らずの人と直接肌が当たるのはねぇ…。
とはいえ、別料金で岩盤浴や仮眠室もあり、また、食事をするところもあるので、1日中ゆったりと楽しむにはいいんじゃないかな。
91歳になったおばあちゃん、お誕生日おめでとう。
次にまた帰国するときまで、元気でいてね。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon