讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
<   2008年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
| |
|
2008年 08月 26日 | |
というよりも、まだ始めてなかったの!?ってびっくりするかもですよね。
なんというか、買うものを決めるまでと、決めてから注文するまでが長かったんですよ。
でもまあ、それもひと段落、本日は注文したものが届く日でした。
b0090654_1074096.jpgまずこちら、本来ならば昨日届いていたはずなんですが、今朝早くまで注文の変更手続きにドタバタしておりまして。
でも、義弟Mくんがバイトしている建築屋さん(実はだんなの実家のご近所さんでもある)を通して、普通よりもちょっと安く購入することができたのでよしとしよう。
朝9時に届けてもらう予定だったのを、10分以上も前に来てくださいました。
しかも、ドライバーの方は、うちから数ブロックしか離れてないところにお住まいということで、わざわざ片道20分くらいのお店に行ってから自宅の近所まで戻ってきたことになるそうで、おかしいやら申し訳ないやら。
むしろ、今日のお仕事が終わって家に帰るときに持って来てくださった方が、彼にとっては楽だったかも。
まあでも、料金にはガソリン代も含まれてますしね、これも彼のお仕事なのですから、気にすることはないと思いますけど。

b0090654_1075595.jpgこれらはすべて、屋根の下地になるもの。
でかい板60枚以上に加え、長~い板も30本以上。
もちろん全部をガレージには収めきれないので、防水シートがかけられている板はお外に置いておくことになりました。
まさか誰も盗んだりはしないと思いますけど、大丈夫かなー?
b0090654_1081013.jpgそしてこちらは、お昼までには届くはずだったもの。
それが、うちの前にもう1軒届けるところがあって、そこでちょっと積み荷を降ろすのにトラブったらしく、うちに来てくれたのは午後2時半。
まあ、カナダ時間ということで、許容範囲なんですかね。
こちらは、屋根の一番上にのせる、日本でいう瓦に当たるもの。
1枚1枚はそんなに大きくなくて軽いんですけど、1軒分の屋根をカバーする分となればかなりの量になります。
b0090654_133742.jpgこれで、ちゃんと屋根全部、足りるのかなぁ。
こちらもガレージには入りきらないので、お外に放置。
誰も盗まないでね~っ。

とりあえず、明日またちょっとだけ届くものはありますが、ほとんどの材料と道具がこれで揃いました。
義弟くんたちは、泊まったり通ったりでほぼ毎日来てくれていますが、材料がなかったのと、何より晴れの日が最低2日くらいは続いてくれないと屋根を引っぺがす作業が出来ない(引っぺがしてから防水シートを乗せるのに、それくらいの時間がかかるらしい)ので、結構停滞していたんです。
そして、予報では今夜から週末まで雨。
一応週末は降水確率0%という予報が出ているので、材料も届いちゃったことだし、今週末に一気にがーっと出来るよう、願っています。

…そういえば、私の部屋(キッチンから続いているファミリールーム)に天窓をつけようという話が出てたんだけど、どうなったんだろう…?
[PR]
2008年 08月 24日 | |
b0090654_025120.jpgざざぶりの雨の中、コンプレッサーを買いに行ってきました。
いろいろ市販のお値段などを調べてはいたものの、これという機種もお値段も見つからず、いっそレンタルかな~と考えていたときに、昨日、だんながcraigslistでよさげなのを見つけまして。
早速電話をしたところ、まだ売れてないとおっしゃるので、本日訪ねてきました。
買われてから数回しか使っていないという新品同様で、だんなはすぐに気に入ったらしく、商談は結構簡単にまとまり、買われた時の約半値で譲ってくださいました。
これで、釘打ちが楽にできます~。

ちなみに、譲ってくださった方は日本人のご家族で、1歳のにゃんこ姉妹が2匹いまして。
真っ黒な毛色に白い手袋と靴下をはいてて、でっかいお目めの、めちゃめちゃかわええ子たちでした~っ!
すごく人見知りをする子たちだとおっしゃっていたんですが、娘さんがわざわざ探してきて抱かせてくれまして、すんごく小さくって軽ーい♪
奥さまは、『(家族でない人に)大人しく抱かれてるなんて珍しい』とおっしゃっておりました。
うはは、やっぱり私からは『ねこ大好き』オーラがビシバシと出ていたに違いない…。
そして、そういうときに限って、カメラを持っていなかったりするんですよねえ。
ちっ。
ともあれ、コンプレッサーも買えたし、にゃんこたちも抱かせてもらえたし、ラッキーな日でした♪
[PR]
2008年 08月 22日 | |
弟くんたちが、今夜は家に戻るというので、だんなのお友だちR氏を誘って、夕食後に映画を見に行ってきました。
周りでは大絶賛されていて、だんながどうしても映画館のでっかいスクリーンで見たいと言い張った『蝙蝠男、暗い騎士』編。
前作の『始まり』編は、ストーリーには興味はなかったけれど渡辺謙さんが出演されているのが見たくて行ったら、結構面白くって。
なので、『前よりも断然いいよ!』と弟くんたちも言っていたしと期待していたんですが、なーんか、私にはイマイチ。
アクションシーンはそこそこだったんですけど、ストーリーそのものが、余分なことは多いのに軸になるものがツマンナくて、だらだらと長いだけという感じでした。
この映画がお好きな方、ごめんなさーい。
あ、でも、やっぱりゲイリー・オールドマンさんは、カッコよかったでっす♪
そしてなぜか、ヒロインのレイチェルさん役の方が、どうしても蜘蛛男の彼女役の女優さんにダブって見えて仕方ありませんでした…てへ。
[PR]
2008年 08月 22日 | |
b0090654_2133184.jpgだんなの家族は、全員長身。
両親ともに背が高いからか、弟たちはみんな180cm超えてるし、妹たちも170cm前後あります。
ということで、現在うちに来ているDくんもMくんも、靴がでかい!
私は、身長(157cm)に比して足(だけでなく手も態度も:笑)は大きめサイズ(24cm)ですが、その私の靴がちっちゃく見えちゃう。
私の実父は小柄な人で、靴のサイズなんて私とあまり変わらないくらいなので、実家では態度のでっかい靴だったのになぁ。
どひゃー。
そして、180cm以上の、しかも細いけどそれなりにちゃんと筋肉がついてるやつらが家の中をうろうろしていると、嵩張る、嵩張る。
カナダの天井が高く仕切りも少ない家ですらそう思うのだから、もしこれが日本のおうちだったら…と想像するだけで(特に夏は)暑苦しそう。
[PR]
2008年 08月 21日 | |
b0090654_232951100.jpgだんなの弟、Dくん&Mくんに来てもらって、とうとう屋根の解体作業開始です。
とはいえ、今週末には雨の予報があり、大屋根を剥く事はちょっとためらわれるし、とりあえずは大屋根にちょっと重なっている庭のデッキのトタン屋根から。
b0090654_2330866.jpgプラスチック素材の屋根と、梁の木材をばりんばりんと、いっそ気持ちいい程に壊してゆきます。
この間、たろーちゃんがすんごくうろたえていて、うるさいデッキから逃げ出したいけど、でも怖いから私のそばを離れたくない~、という感じでうろうろしていました。
怖がらせちゃって、ごめんよー。
b0090654_23302249.jpgそしてすっかり取り払われました。
この屋根がないだけで、部屋の中が明るい、明るい♪
新しくつける屋根は、もっと光を通す乳白色にしたいなぁと思っています。
そして、一応屋根の軒はあるものの、たろーちゃんの居場所が激減しているので、かなり申し訳なく。
今なら、芝生の庭に放り出したデッキ用のテーブルの下が一番濡れないと思うんだけど、どうだろう…?

詳しい過程はまたいずれ、D.I.Y.ページへ記載する予定です(あ、まだプライドパレードの写真もアップしてないや…)。
[PR]
2008年 08月 19日 | |
数年前から、そろそろやらなくちゃな~と言い続けてきた、屋根の葺き替え。
この家に引っ越してきたときには、葺き替えてから3年という査定でしたが、葺き替えたというよりも、古い屋根の上に新しく乗せただけということで、10年前後でやり変えた方がいいとは言われていたんです。
で、現在8年目。
そろそろ、と言いつつも、秋から春は雨が多いし、昨年は夏でさえ晴れ間が少なく、なかなか始められなかったのです。
今年は7月に入ってからいいお天気続きだし、うちはたいていのことは本職さんに頼まずだんなが自分でやるので、なるべく晴天の続く時に一気にやりたかったのです。
しかも、今ちょうど、隣州に行ってるハンディな弟Dくんも夏休みで戻ってきてるし、一番下の弟Mくんも、以前他のことで屋根の葺き替えを手伝った経験があるということで戦力になるしで、いいタイミングなのではないかと。
ということで、DくんとMくんが本日午後に、やってきます。
今日はとりあえず屋根を見てみて、どれくらいの量が必要なのか、また、どんな道具を買わなくちゃいけないのかなどを調べてもらう予定。

…ただし、これには余談がありましてね。
弟くん2人、はじめはキャンピングカーをうちの庭に停めて、そこで寝るって話だったのですが、『兄弟でひとつベッドでもいいよ』なんて言うことで、うちの客室に泊まることになりまして。
ということはですよ、キャンピングカーならば、キッチンもついてるし、バストイレ&夕食くらいを提供すればいいかなっていう感じだったのに、うちに泊まるとなると、朝・昼ご飯はもとより、まず、義家族とはいえ男の子(ってもう言えんかな~、Dくんは28歳、Mくんも二十歳過ぎてるから…)と一緒に暮らすことになるんですよね。
6月にお友だちの夕ゴハンを作った時は、メニューは私の好きな和食でよかったし、量も普段作る倍くらいですんだけど、今度は男二人(しかもどっちもだんなよりもよく食べる)ということで結構半端ない量になるし、メニューも普段うちが食べてるものはあっさり過ぎて好みに合わないだろうし、しかもそれが3食となると…うーむ。
これがむしろ本職さんに頼むなら、お金だけの問題になるんでしょうが、身内に手伝ってもらうとなると、少ないけどバイト料を払い、食事・洗濯などの世話をしなくちゃいけないわけで、それは肉体労働をしない(というかそれも手伝えと言われたらどうしよう)私に全てかかってくるわけで。
ま、うちの屋根を直してもらうんだから、文句は言っちゃいけないって、分かってますが。
だんなは、目標1週間、できれば10日間、長くても2週間くらいで終わらせたいと言ってるけど、私、耐えられるかしら…。
[PR]
2008年 08月 17日 | |
昔のTVドラマを見まくってます。
あまりTVは見ない方なのですが、一時期、私が好きそうな内容のものが、同時期に放映されてて、頑張ってみてたんですよね。
私がカナダに来る前のものばかりなので、画像が結構古いものが多いんですけど、懐かしくって。
妹よ、愛していると言ってくれ、この世の果て、ケイゾク、Long Vacation、星の金貨などなど。
当時は普通に見てたんですけど、まだ携帯電話も普及してなくって、じれったくなるほどすれ違いとか多いんですよねー。
今は、携帯電話を持っていない人の方が少ないだろうから、どういうドラマ構成になっているのかなー。
そして、あの頃私が大好きだった俳優さんたちは、今何をされているんだろう…。
[PR]
2008年 08月 16日 | |
リッチモンドに行きたい用事があり、ついで(?)に先週行ったばかりのお店、『凡く~ら』に、またもや行ってきました。
用事としては、行く時間帯はいつでもよかったのですが、ディナーメニューも美味しそうだったので、にゃんこにちょっと早めの夕ゴハンをあげてから、GO!
凡く~らのあるあたりには、中国、韓国、日本などなど、結構たくさんのレストランがひしめいていて、夜は特に駐車スペースを見つけるのがちょっと大変なのですが、運良くすぐに停められてラッキー。
ということで、いそいそと店内へ入ったのは、8時頃だったかな。
今夜は、日本人女性3人と中国(韓国?)のカップル、そして6人ぐらいの大きなグループがいらっしゃいました。
土曜日の夜にこれだけでいいのかなぁと思いつつも、待たされずにテーブルにつけるのはうれしいです。
b0090654_23173318.jpg注文をすませると、まずはアペタイザーがいただけました。
コースメニューならばもう少し多めなのでしょうが、普通の単品でもサービスでもらえました。
1.5cmくらいに小さくしたお魚の身を軽く揚げ、甘酢かな?で味付けされていて、大葉とともに食べると、さっぱりと美味しかった~。
ビールのおつまみに合いそうな味で、でもなかなか自分じゃこういうのんは作れないんですよね…。
b0090654_23174915.jpgこちらは、ちゃんと(?)注文したアペタイザー、自家製サーモンクリームコロッケ。
いやぁ、これはヒットですよ!
私もだんなのお肉のディナーを頼んだので、お魚も食べてみたいし、だんなはコロッケが大好きなのでと頼んでみたんですが、おいすぃ~っ。
衣はカリカリザクザク、中はとろとろのクリームの中にほぐしたサーモンの身がたくさん入ってて、贅沢な感じです。
それにトンカツソースとタルタルソースをつけていただくとね、いやもう、『ビールください~い!』って叫びそうになるほど美味しくてね(笑)。
これはもう、おすすめの一品です!
b0090654_2318487.jpgこちらはカナダではおなじみ、ダイナマイト・ロール。
大ぶりのエビと大きく切ったアボカドがドーン!と巻いてあり、かなり満腹感があります。
でも、寿司飯にしてはちょっとご飯が柔らかすぎた気も。
きっと、普通のごはんのまま作ったのかな~?
ま、ここはお寿司屋さんじゃないし、味は悪くなかったですよ。
b0090654_23183688.jpgこれは私の夕ゴハン、豚ギョーザグラタン。
おしゃれなお皿にのせた餃子の上に、しいたけ、エノキ、もやし、白菜などたっぷりのせ、ホワイトクリームソースをふんだんにかけたもの。
ご飯もパスタもないことにちょっとびっくりしましたが、食べてると結構ボリュームがあり、お腹もいっぱいになります。
美味しかったんだけど、うーん、ちょっと途中からくどく感じたかな。
おそらく、ソースを吸ってくれるご飯やパスタがないためだと思いますが。
不満はないけれど、もう一度頼むかと訊かれたら、迷うかなぁ。
b0090654_23191111.jpgこちらはだんなのディナー、オムライス豚ヘレカツカレー。
オムライスもトンカツもカレーライスも大好きなだんな(←お子さま味覚)なので、全部一緒に食べられるこれは頼まなくちゃ!でしょう。
トンカツは、お肉は柔らかく、衣もサクサク熱々でグー、オムライスも、美味しかったです。
ただ、カレーが、結構苦みと甘味が濃く、だんなはルーを使ったいわゆる日本のカレーというものを想像していたようで、ちょっと首をかしげておりました。
むしろ、味としてはハヤシライスに近かったような…?
b0090654_23193539.jpg最後には、ランチの時同様、デザートもいただけました。
ただし、ディナーの時にはゼリーの味が抹茶、コーヒー、オレンジ、ラズベリーの4種から選べ、私は当然(?)抹茶、だんなはコーヒーでお願いしましたー。

総評としては、頼んだものにもよるのかもしれませんが、ランチの方が好きだったかな。
ただ、今回はちょっと続けて来てしまったので他のものを頼みましたが、私としては、照り焼きじゃないハンバーグステーキをどうしても食べてみたいんですよねー。
ということで、ディナーはいつか、もう1度リベンジしたいと思います。

その後は、リッチモンドまで来た用事、River Rock Casinoへ行ってきました。
別にカジノで遊びたかったわけではなく(それならうちの近くにも新しく1軒できたしね)、実は9月にこのカジノのシアターで私の好きな方のライブがあるんですよ。
で、とりあえずカジノの場所と、シアターの位置の確認をしたくて、下見に行ったのです。
うひひ。
ついでだからとカジノもぐるっと見回ったんですが、もともとギャンブルとかゲームとかに興味がないせいもあるんでしょうけど、全然『やってみたい!』っていうようなものがなかったです。
多分、すべてがコンピュータ&カードシステムになってて、全部同じように見えてしまったのと、映画などで観て想像していた、コインなどがじゃらじゃら出てくる音などがなくて静かだったからかもしれません。
また、おしゃれした有閑マダムや渋くてかっこいいおっちゃんらがいなくて、Tシャツに短パンという人ばかりで、雰囲気がちがったからかも。
ま、そういうのを求めるなら、ラスベガスに行けって言われそうですけどね。
ともあれ、場所も位置も分かったし、これでライブの日は迷わずに行けそうです。
ほっ。
[PR]
2008年 08月 15日 | |
火曜日に、家電話の会社Tから、携帯電話のプロモーションの電話をもらいました。
私はお友だちと出かけていたので、だんなが話を聞いたのですが、新品の本体(デジカメ、MP3プレーヤーなどいろいろな機能付き)を、3年契約ならタダでもらえ、今2人分申し込めば、3年の契約中は月々の支払いも、現在のだんなや私の携帯よりも安くしてくれるそうで。
もちろん、現在使用中の番号は引き続き使えることが条件です。
そして、請求書も、今は家電&インターネット、だんなの携帯、私の携帯とすべてばらばらのんが、ひとつにまとまってすっきりするんですよね。
ただし、だんなは一応私の意見も聞いてみたいし、機種も選べる中でどれがいいかを調べてみたいから、翌日(水曜日)の夕方6時以降にまた連絡をくれと頼んだのだそうです。

だんなは10年以上もずっとF社のを使っていますが、2、3年ほど前に古い携帯を失くして新しいのを買ったんですが、それでも最低機能のみの安いのを選んだためにいまいち使い勝手がよろしくないと普段からこぼしており、また、職場で使える安くて小さいデジカメを欲しがっている(私のデジカメはそういうのに使うには良すぎるらしい)ので、カメラ付きなら恩の字です。
私は私で、B社のんを、4年前に義兄の妹がカナダに滞在していたときに私が代理で買って以来のもので、本体も古いし、当時のプラン内容も期間限定のものだったため、本体を新しくしたいのなら契約も新しくしなくちゃいけない(そして今より安いプランはもうない…)などと言われ、しゃーないから壊れるまで使うしかないかな~と諦めモードに入りつつあったんです。

ということで、もしもT社の携帯に変えられるなら、月額で話せる時間や、3年後の請求書がどうなるかなど、ちょっといろいろ細かいことも訊きたいし、ずーっとTからの電話を待っているんですけどね…まだ、ないです(苦笑)。
えへ。
で、昨日の夜にT会社のカスタマーサービスに電話してみたら、機械の声で、『コンピュータがトラブっているので、携帯電話を含め、質問や料金の支払いなど、すべてできません、しばらくお待ちください』ですって。
あらら~。
そういえば、義兄の妹が携帯を申し込んだときも、B社がコンピュータシステムを一新したのだけれど、データ入力だのなんだので手間取ってごちゃごちゃになり、月額30ドルくらいのはずのものが、オプションなどのサービスがすべて計上されて10倍くらいの請求書が来てびっくりし、文句を言おうと電話をしても何時間も待たされたりして、それが半年以上も続いて腹立ててたことがあるんですよねー。
なので、今回もしもT社が同じようなことになってるなら、むしろ申し込む前でよかったのかもとも思います。
…それでも、運良く、安く高機能な携帯に変えられるチャーンスッ!なんて喜んだので、ちょっとがっくり。
期待させといて、これだからカナダは…(カナダの会社全部が、というわけではないと思うけど、どうも裏切られたり迷惑かけられたりすることが日本に比べて多い気がするんですよね…)。
くっすん。
[PR]
2008年 08月 13日 | |
昨日、お友だちのSくんと、バンクーバーダウンタウンにあるカラオケ歌い放題に行ってきました。
日本でもあまり行く機会がない(むしろ歌うよりも、周りを気にせずお友だちとしゃべりたいというスペース確保のために使うことが多い:笑)カラオケは、もちろんカナダでは初めて。
それでも、平日のお昼12時~5時は、ひとり10ドルで歌い放題だなんてお安い価格だし、下手だろうが練習だろうが気にしなくていい友だちと一緒なら、それもありかなと。
とはいえ、さすがにふたりで5時間は大変かな?(べつに疲れたら途中でやめればいいんだけど)ということで、Yさんもお誘いして3人でGO!
SくんとYさんはもちろん初対面ですが、どちらも私にとっては言いたいことを遠慮せず言える、気の置けないお友だちなので、心配はしていませんでしたけどね。
みんな年代が似ているし、『20年前の歌しか知らないよー』なんてことで、むしろ歌う歌ほとんどすべてがみんなで歌えちゃうようなものばかり。
日本ではあって当たり前の曲がこちらには(まだ?)来てないし、有名で人気があるのに!?っていうのも入ってなかったりで、選択肢は広くなかったんですけどね。
ポップだろうがロックだろうがフォークだろうが演歌だろうが、もちろん英語だろうがなんでもござれ!で、楽しかった~。
懸念していた長時間も、むしろ『もう5時間?』ってびっくりするくらい早く過ぎてしまいました。
大人数で行くと、私はコーラスとかタンバリンとかばかりで歌いたくないんですけど、こんなに楽しいならまたSくんに付き合ってもらっていってもいいなぁ♪

その後、Yさんをおうちまで送り届け、Sくんはうちへお泊り。
もともと、うちのだんなとSくんは知り合い(というかだんながSくんを私に紹介してくれたのだ)なので、遠慮もいらず。
下準備をしておいたチーズフォンデュ&ワイン飲み放題(4L入りの箱だもん)で簡単に夕食をすませた後は、さっさとダウンしただんなを放って飲み放題&喋り放題の始まりです。
とはいえ、いい感じに酔いがまわって、お泊り会にしてはすんごく早い午前1時半にはお布団へ移動したんですけどね…。

翌、本日は、8時前には起きてきたSくんと紅茶を飲みながら、プランニング。
うちの周りはこれといって見るところも行くところもない田舎なのですが、ワイナリーは点在しているので、ワイナリーツアーをしようということになりました。
b0090654_020225.jpgアルコールを摂取するなら、血糖値をあげねば!と、まずはランチ。
Sくんが『夢の中で、サンドライトマトとボッコンチーニとバジルのピザを焼いてた。すんごいピザが食べたい気分ーっ』というので、先日お友だちと一緒に行って気に入ったMe-n-Ed'sへ。
今回注文したのは、写真手前右から時計周りに、サラミやぺパロニなどイタリアン素材がたっぷりのGANGSTER、前回も食べて美味しく、Sくんが夢にまで見た(?)トマトとボッコンチーニとバジルのTHE SOPRANO、そしてこちらも前回すんごく美味しかった、ガーリックとスモークサーモンのROAST GARLIC & SMOKED SALMON。
どれもやっぱり美味しかったんですが、Sくんの夢の中では、トマトやチーズは生ではなく、乗せてからオーブンで焼いた感じだったということで、ちょっとイメージとは違ったそう。
それでもここはまた来たい!と言ってくれるほど気に入ってくれたので、よしとしよう。

その後は、Sくんが行ったことのあるワイナリーを除き、Lotusland Vinyards Glenugie WineryTownship 7 Vineyards & Wineryの3軒をまわりました。
Lotuslandでは、Sくんにはどうやらちょっと味が重すぎるようでしたが、私はお気に入りのを数本ゲット。
Glenugieは、今秋オーナーが変わるために在庫売り尽くしセール中で、残っていたのは赤・白・赤のスパークリングワインが1種ずつの3種のみ。
白は苦手でパスし、他の2種をテイスティングさせてもらったのですが、赤は私もSくんも『うっすーっ!』とびっくりするほどの味。
でも、私は赤のスパークリングワインは気に入ったし、せっかくの30%オフだからと2本お買い上げ~♪
そして最後に行ったTownship 7が、一番ヒットでした。
ここは、できた最初の年に私は行ったことがあったのですが、その時は美味しいと思えず、ずーっとご無沙汰だったのですけど、今回テイスティングさせてもらった6種類はすべて美味しく、今まで来なかったのが悔やまれるほど。
とはいえ、ここは1本当たりのお値段が結構高めなのが多いので、自分用ではなくプレゼントとかにいいかな~という感じです(でも白を1本買っちゃった:笑)。

そして、アンティークショップを数軒冷やかしてから、最寄りの駅までSくんを送って、お泊り会は終了。
Sくん、Yさん、楽しい時間をありがとうございました。
そして、ふだん家にひとりでいて話すことが少ない私の喉は弱いので、歌って喋ってはしゃぎまくったせいで、ちょっと嗄れています…(苦笑)。
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon