胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 10月 31日 |
b0090654_8544682.jpgいつもはわざわざジャック・オ・ランタンを作ることなんてしない(だってちっちゃいランタンズのライトがあるからね)けれど、今年は、2週間ほど前に、カボチャを山ほどトレーラーに積んで、訪問販売(笑)してくれた家族がいたので、一番ちっちゃいのを3ドルで購入しました。
ちっちゃいのとはいっても、直径が20cm以上もあって、結構でかいです。
そして、ランタン作りは、あんまり早くやると中からカビてくるので、今日の午前中に作成。
普通に顔を作っても良かったのだけれど、せっかく結構な大きさがあるのだからと、魔女&にゃんこで。
アイデアは、『魔女の宅急便』の看板です♪
…あ、魔女の手がない…(←今気付いた)。
ま、いっか(いいのか?)。
雨が止まない代わりにあんまり冷え込んではいなさそうかな。
さて、今夜は何組来るかな~。
[PR]
2008年 10月 30日 |
b0090654_033946.jpg買い物に出かけた道中に、気合いの入ったハロウィーンの飾りを見つけました。
お化け屋敷もかくやという程のすごさで、夜はどうなるのか、気になります。
クリスマスシーズンは、イルミネーションを見るツアーとかがあるけれど、ハロウィーンではそういうツアーはないのかなぁ。

当日のお天気予報は、雨。
せっかくの飾りも仮装も、雨では楽しめない行事なので、せめて夕方から夜にかけては止んでくれるといいのだけれど。
[PR]
2008年 10月 29日 |
朝10時、お友だちのYさんから突然、『今日忙しい?』と電話がありまして。
お互いに私事が大変でなかなか都合がつかず、もう3ヶ月ほどもあえていなかったんですよねぇ。
『今日なら時間が取れそうなの~』というYさんに、屋根関連の作業が終わって時間のある私は、ふたつ返事でお誘いに乗りましたとも。

11時ごろYさんをお迎えに行き、韓国スーパーをうろうろしてから向かったランチは、『COZA!』。
以前、だんなとディナーを食べたことがあり、少々お値段は高めではあるもののとても美味しかったし、Yさんはトライしたことがまだないとおっしゃるので、ご案内~。
b0090654_1275281.jpgつきだしは、ディナーではでかいフランスパンでしたが、ランチでは薄いピザ生地にオリーブオイルとトマトを乗せたものでした。
塩味の効いた、パリパリの食感で、ワインが欲しくなっちゃう美味しさでした~。
b0090654_128856.jpgこちらがランチ。
手前が私が頼んだ、Salmon al Limoncello With capellini, artichokes, capers and prosciutto(C$17)。
サーモンはぱさぱさしてないし、パスタもさっぱりしたドレッシング風の味付けで、ちょっと多いかな?って思っていたのにつるりと完食!
左がYさんのBroken Meatball Bolognese Spaghetti topped with our not so traditional meat sauce and grated Romano cheese(C$14)。
ちょっとピリ辛の味付けで、美味しい~とおっしゃってました。

その後、これもYさんにとっては初めて行くというCostcoへお買い物に。
まるで遊園地にはじめてきた子どものように、お店に入る前から『わくわくする~』とはしゃぐYさんは、店内もすべての棚をじっくり見ては『すごい~』を連呼。
いやぁ、楽しんでいただけたようで何よりでした(笑)。

Yさん、久しぶりにお喋りできて、楽しかったです。
ありがとうございました~。
私はたいてい暇しているので、またいつでも時間のある時やCostcoに行きたいときには連絡をくださいねっ。
[PR]
2008年 10月 26日 |
屋根の葺き替え&天窓取りつけに関わる、自分たちで出来るすべての作業が終了しました。
な、長かった…。
あとは、プロの職人さんに雨樋をとりつけてもらうよう、頼まないといけませんが、ほぼ丸2ヶ月にわたるD.I.Y.は無事終わりました。
これでようやく掃除が出来るわ…(苦笑)。
特に天窓の壁に塗ったマッドにサンドペーパーをかけた時に出た塵粉が、ちゃんとビニールカバーで覆ってはいたものの、やっぱり家じゅうにうっすらと積もっているので、なんとかしないと。

そして、ついでと言っちゃナンですが、余った材料で、たろーちゃんのおうちを作っています。
犬小屋ならぬ猫小屋。
しかも、現在デッキの屋根が取っ払われたままなので、雨が降ってもいいように、屋根に使った防水シートとシングルスも使って、かなり豪勢なものになりつつあります。
でもそれで、たろーちゃんが幸せと思うかどうかは、謎です。
だって、窓を開けるたび、家の中に入ってこようとするんだもん。
もしかしたら、『新しい家よりも中に入れてくれ!』って思ってたりして…?
[PR]
2008年 10月 25日 |
先日、買い物に行った時に見つけた、インドカレーのお店。
せっかくだから1度はトライしてみようと、行ってみました。
Ashoka Indian Cuisine』という、ラングレーのダウンタウンにあるお店です。
b0090654_9545936.jpg店内は、30席あるかどうかというくらいの小ささですが、壁に絵画とともに鏡がかけられて、空間の視野を広げていたりと工夫されています。
店員さんもフレンドリーで、初めて入った私たちに、メニューなどについていろいろくわしく説明をしてくださいました。
b0090654_9551017.jpg席に着くと、すでにカトラリーが揃えてありました。
これは、他のインディアン・レストランにはなかなかない心配りです。
また、先付としてパパドンをくださいました。
お店によっては、これは頼まないといけないものなので、ラッキー!です。
薄くってパリパリとしたパパドンは、おやつにもいいなぁと思う、私たちのお気に入りのひとつなのです。
b0090654_9552219.jpgこちらはAssorted Appetizer Platter(C$6.95)。
ベジ・パコラ、チキン・ティッカ、ラム・シーカバブとタマリンド&ミントソース。
作りたての熱々で、どれもウマ~。
タマリンドソースは、玉ねぎをうんと炒めた時に出る甘みのような味のもので、ミントソースはミントとバジル、コリアンダーのさっぱりしたソースです(どちらもそれなりに辛味はあります)。
b0090654_955342.jpgこれらは、私たちが頼んだカレー。
Chicken Hyderabadi(左上)、Butter Chiken(右上)、Lamb Curry(手前)です。
全て、ご飯がついてC$13弱で、バター・チキンは辛さの度合いが選べました(私たちはミディアム・ホットで注文)。
全体的に、他のインドカレーのお店よりも辛味が柔らかいので、から~いのが好きな人には物足りないかもです。
逆に、辛いものが苦手な人には、おすすめのカレーですけれども。
b0090654_9554457.jpgこれは、Garlic Naan(C$2.25) 。
食べているうちにカレーだけ残ってしまうことに気付き、追加でナンをオーダーしました。
みじん切りのガーリックがしっかりたっぷり乗っていて、ニンニクが好きな人にはたまならないナンです。
薄く焼いたピザ生地のような感じで、これだけでも十分に美味しいかったです。
b0090654_9555520.jpgそして帰ってきたときに、『そういえばうちのハロウィーンの飾り付けを写真に撮ってないなぁ』と気付いて、撮ってみました。
オレンジ色のカボチャのライトと、黒にゃんこ2匹です。
外から見て、にゃんこたちがフェンスの上にいるように見えるよう、飾っています(子どもたちの目線はもう少し低めなので)。

b0090654_95663.jpgちなみに、こちらは私の手作りでっす。
段ボール箱に、『不思議の国のアリス』のチシャネコを描いて切り抜き、黒色のスプレーで塗装した後、目・耳・口の部分を切り抜いて、裏側からセロファンを貼り付けてあります。
この家に引っ越してきてすぐに作ったものですが、なかなかに気に入っているので、毎年10月になるとここの窓に飾っています。
ちなみに、もう一つのにゃんこは、帰国した時に見つけた『他のにゃんこを撃退する猫』です。
目の部分にビー玉のように光るものがはめ込まれており、一時期ペットボトルに水を入れて置いておくことが話題になったように、光るものが苦手なにゃんこを寄せ付けないようにするものです。
でも、うちのにゃんず&ご近所のにゃんずにはあまり効果はなく、これを飾ってもうちのにゃんずは全く気にしないようですし、ご近所のにゃんずはヘーゼンと窓の外を通ってゆきますけどね…(苦笑)。
[PR]
2008年 10月 24日 |
7月にお会いしたMnさんのお友だち、Ymさんのお宅にご招待いただき、お邪魔してまいりました。
Ymさんは数ヶ月前に今の場所にお引越しをされ、我が家から、ハイウェイを使ってではありますが、20分くらいで行ける近距離にお住まいです。
今回は、みりんさんの運転で連れていっていただけることになり、私は楽チン~♪
今回は、Ymさん、Mnさん、きゃびっち、みりんさんと私の5人プラス乳幼児を含むお子さまが6人。
とはいえ、ちょうどご在宅だったYmさんのだんなさまがずっとお子さまと遊んでいてくださって、女性陣はずっと楽しくおしゃべりすることができました。
b0090654_9262173.jpgこちらがランチ。
Ymさんが作ってくださったナスの揚げ物、サラダ、巻き寿司、パンフライの鶏肉(&アボカド)と春雨(?)と緑野菜(ピーマンなど)の和えもの、きゃびっちお手製のラザニアと私がテキトーに作ったおからナゲット。
さらに、みりんさんが、じゃがいもをぬか床代わりにしたお漬物も持って来てくださいました。
どれも、うんま~!と叫びたくなるほどで、はちきれんばかりに食べた後にさらにおかわりまでしてしまいましたよ…うひ。
Ymさんの作られたものは韓国風の味付けで、私の大好きなゴマ油やニンニクがきりっと効いている味付けで、ガンガン食が進んじゃうんです。
美味しいくって、うっかり食べすぎ警報が発令される危険さを孕んでいますが、でも、秘伝のたれのレシピが知りたいわぁ…。

b0090654_9263431.jpgこちらは飲み物に入れてくださった氷なんですけど、ハート型や星型のかわいいもの。
お子さまがいらっしゃると、やっぱりこういう遊び心が随所に見られて、かわいいなぁと思います。

この後、おやつにMnさんお手製の黄な粉のおはぎ&わらびもちと、みりんさんのチーズケーキをいただいたのですが、食欲に負けて写真を撮り忘れました…。
しっかりとお米の触感の残るおはぎは大好きですし(ちゃんと私が食べられるように漉し餡だったし♪)、みりんさんが焼いてくださるチーズケーキは、それを食べたあとは市販のチーズケーキが食べられなくなるほどの美味なので、『もうこれ以上は無理!』という程お昼ゴハンをいただいたのに、しっかりつるりといただいてしまいました。
うーん、ウエストを締めない服を着ていったのが敗因ですかねぇ…。

屋根の葺き替えを始めてから約2ヶ月、お友だちの誰とも会わない時間が続いていたので、久しぶりにとてもとても楽しい時間を過ごさせていただきました。
やっぱり、お友だちとお喋り出来るって、いいわ~♪
Ymさん、ご招待くださり、ありがとうございました。
そしてみなさま、楽しいひと時を共有させていただき、ありがとうございました~。
[PR]
2008年 10月 23日 |
b0090654_23283719.jpgお陽さまが覗くと、濃く高い青空と紅葉のコントラストがきれいな季節になりました。
今年は、9月のインディアンサマーが長くて暑く、その後急激に冷え込んだため、紅葉がきれいです。
さて、義弟Mくんの希望により、ランチに出かけました。
彼のリクエストは、スカイトレインのサレーセントラル駅の目の前にあるベトナム料理のお店、『Pho Tam』。
ここは以前だんなが同僚さんから教えてもらって以来、気に入っているところで、Mくんも、実家からは遠いから、こちらに来る機会がある度に食べたいと言います。
b0090654_2329231.jpgこちらは私が頼んだ、BUN BO HUE、このお店で唯一『辣』と書かれているメニューです。
が、想像していたほど辛くはなかったですね。
薄切りの牛肉やハム、ソーセージなどがうんとこさ乗っていて、それだけでお腹が膨れます。
また、麺は普通のフォーと同じ米粉麺ですが、平たいタイプではなく、スパゲティのように丸いタイプでした。
b0090654_2329146.jpgこちらはMくんがいつも頼むという、PHO DAC BIET、ハウススペシャルです。
たしか、だんなもいつもこれを頼んでいるはず。
お値段は、ラージサイズが7ドル、ミディアムサイズが6.5ドル。
もちろん、他のごはんメニューもありますが、他のお客さんを覗き見してみたらほとんど全員がフォーを頼んでいたので、きっとそれが一番おいしいんでしょうね。
うちからはハイウェイを使って20分くらいかかる距離なのですが、だんなに言わせれば、それでも行く価値があるほど美味しいそうで(私はいまいち他のお店のと違いが分かんないけど)。
でもまあ、以前はフォーだけのためにわざわざメトロタウンとバンクーバーの中間くらいにあるお店(今はもうないですが)まで行っていたことを思えば、近い方ですけどね…。
[PR]
2008年 10月 21日 |
ちっとも減らない体重&体型に嫌気がさし、すっかり引きこもり生活をしております。
多分、それだけじゃなくって、『秋』は私にとってはすんごい情緒不安定になる季節なので(昔付き合ってた彼氏さんたちと別れたのも秋ばっかり…)、そのあたりも関係しているんだと思いますが。
かてて加えて、(こんなことを言うのはかなり恥ずかしいんですけども)おしりが切なくなっておりまして、寝ているとか同じ体勢のままじっとしているのはいいんですけど、立ったり座ったり歩いたりと動くと痛くて…。
まあ、椅子やソファが好きではなく、1日中床にべったり座ってることが多いので、その所為かと思われますが…ふぅ。

そうそう、今日からまた義弟Mくんがお手伝いに来てくれています。
屋根の葺き替えが終わってから1ヶ月以上になるというのに、天窓は終わってないわ、雨樋もないわで、そろそろ私が『いい加減にせい!』とキレそうなんですよ~をほほっ。
天窓は、いまだにマッドを塗っては乾かしてサンドペーパーをかける、ということを繰り返してます。
本来なら3回くらいで済むのですが、壁から屋根の上に貼りだしている部分のすき間が結構大きく、それを塗り込むのに時間がかかっているのだそう。
一期にマッドを詰め込むと乾くのに時間がかかるし、乾いてからもひび割れやすくなってしまうので、薄ーく塗っては乾かし、というのを繰り返さざるを得ず。
しかも、屋根が終わってから雨天が多くて湿度が高く、なかなか乾かないという日が続いたのも、原因の一つでしょう。

雨樋は、素人ではなかなかできないものらしいので、2軒ほど電話をして見積もりをしてもらうつもりだったのですが、そのうち1軒は、先々週の金曜日に来る予定だったのに現れず、先週の水曜日にいきなり来て勝手に図って去ってゆき、あとで値段がFAXされてきました。
もう1軒はいまだに音沙汰がなく、もう、この唯一の1軒目で手を打つかな~?と話しております。
これは、どうやら相変わらずの建築ブームで、ガーターの専門の人がすんごく忙しいらしいんですけどね。
でも、やっぱり予定を入れたんなら、予定日に来てほしいなぁ…。

さらに、軒の下側部分にソフィット(soffits)と呼ばれる、家の壁からの木の端に水平にはめ込むパネルを入れる作業も残っています。
これは、頼めばガーターを取り付けるのと一緒にやってもらえるそうなのですが、ガーターだけでも結構な金額になるので、自分たちでやっちゃえ~と、Mくんを呼び付けた次第であります。
今回は、どれだけの滞在になるのかわからないけれど、だんなは『ソフィットはやり始めれば簡単に終わる』とか言ってるし、まあ、何とかなるでしょう。
…ってか、Mくんを呼び付ける前にまず、そのパネルを買ってこいってのっ!

そんな感じで、とりあえずは生きてます。
ただ、引きこもってると、日記に書くようなことが何にもないんで、空いちゃってるだけです。ハイ。
[PR]
2008年 10月 12日 |
b0090654_050276.jpgこの週末、ガソリンの値段がいきなり下がりました。
なんと、105.9セント/Lですよ!
もちろん、ポリタンク持参で買いに行ってきましたさ~。

40年ぶりくらいにレートが急変した所為なのかどうかは分かりませんが、こんなに安く買えるのはいつ以来だろう?
このまままた、せめて80セント台くらいまで安くなってくれるとうれしいし、飛行機のチケット代に上乗せされる税金やあおりをくらって軒並み高くなった食料品なども値下げされるとありがたいのだけれど、無理かなあ。
[PR]
2008年 10月 11日 |
『そろそろ紅葉がきれいなんじゃない?』というだんなの一言により、スタンレー公園や街路樹を見にバンクーバーまで行ってきました。
でも、道中からすでに、『…もしかしてまだちょっと早いんでは?』な木々を見、お買い物へと予定変更。
そして、せっかくバンクーバーまで来たのだし、ランチはまだ試したことのないお店に行ってみよう!ということになりました。
b0090654_0292945.jpgそしてやってきたのは、『元町食堂』。
外観は、ここだけ日本の昭和(以前?)にタイムスリップしたかのよう。
数軒離れた金太郎ラーメンと、オーナーが同じだと聞いたことがあるけど、本当かな?
でも、土曜日のお昼1時半で、金太郎ラーメンは待っている人が列を作っていたのだけれど、元町食堂は待ち人ゼロ。
この差は、値段の所為か、味の所為か…。
b0090654_0294221.jpgということで、待つこともなくすぐに席につけるのはラッキー。
店内は広くなく、明るい金太郎ラーメンとは対照的に、『昔ながらの』という感じの落ち着いた雰囲気です。
真ん中にある大きなテーブル席は、おそらく季節の花を取り囲むようになっており、対側にいる人の視線をあまり気にしなくてもいいように配慮されています。
そして、2~4人のテーブルは、本物の丸太が使われており、なかなかに味があります。
また、(写真には写っていませんが)椅子の下に荷物置き場があるのも、限りあるスペースをアイデアで克服してると思うし、鞄などを持ち歩く女性には嬉しいです。
b0090654_0295519.jpgさて、気になる味はですね。
私は、美味しいと思いました。
注文したのは、私は『香辛料で新陳代謝アップ!』とスパイシー・みそラーメン(手前)、だんなは普通のみそラーメン。
どちらも野菜がドーンと乗っており、お値段は10ドル弱。
確かに金太郎と比べるとやや高めですが、こちらのラーメンはオーガニック素材を使用しているそうなので、納得。
サイドディッシュメニューやトッピングなどを足すと結構な価格になりますが、だんなは単品でも満腹になったというし、私はむしろキャベツやネギ、さやえんどう、レンコンなどまでが入った野菜が多すぎて(?)麺が食べきれませんでした(そして残りはだんなに頑張ってもらった…)。
待ち時間もなく、そこそこのお値段で自然食を食べられるのなら、私としてはうれしい限り。
次回は普通の塩ラーメンにトライしたいなっ!
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
双葉 Skin by Sun&Moon