胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 04月 30日 |
ここ数日、世間を騒がせている豚インフルエンザのニュース。
その所為で、6月初めに日本からお友達が来る予定だったのに、キャンセルになったりして、その影響の大きさを実感しています。

しかし!
実はもっと大きな影響があるんです。
豚インフルエンザのニュースがカナダに入って来るのと前後し、メキシコにバカンスに行っていた義両親がカナダに帰って来ているのだ!
彼らが帰って来たのは26日早朝、メキシコではすでにその前日には感染患者が1,000人を超えていると言われています。
ということは、現地や帰りの飛行機内等で、感染している可能性があるわけで。
その翌日の月曜日に、前庭の改装を手伝ってくれていた義弟Mくんを送って行ったのですが(その時私はまだ豚インフルエンザのニュースを知らなかった)、義両親は(フライトが真夜中だったので)疲れて寝ていたし、にゃんこのゴハンまでには帰らねばと義両親宅には入らずに、Mくんだけを降ろしてとっとと戻って来たんです。
いつもバカンスの後は、私にも写真を見せたり話をしたがったりする義両親なので、どうやって逃れようかと画策するわけなのですが、今回はもう、(冷たいようですが)彼らが感染していないと確定するまではしばらく訪ねたくないですわ〜。
すぐに母の日がやってきますが、それを口実に今年はお祝いはなし!とか、出来ないものだろうか…。
[PR]
2009年 04月 29日 |
b0090654_10335160.jpgふと気づいたら、いつの間にやら、たろーちゃんの左側の腰のあたりにハゲが出来ていました。
前庭を改装する時に、裏庭の池の周りもやり直し、いつもは平和なたろーちゃんのテリトリー内に(たろーちゃんにとっては)知らない人が何回も出入りした所為で、ストレスを溜めてしまったのでしょうか。
よく見ると、ハゲてるところの皮膚に引っ掻いたような傷があるので、他所のにゃんことケンカをしたのかもしれませんが。
しばらくは様子を見て、もしもハゲが広がるようならば、カビなどの皮膚病の心配があるし、もしそうであれば、たろーちゃんと撫でた後は手を洗うようにはしていますが、うちのにゃんずにもうつる可能性があるので、病院に連れて行かないといけません。
ただ、一部分だけがすこーんと毛がなく、その周りは薄くなったりしていないので、大丈夫だとは思うんですけどね。
でも、昨秋に屋根を直した時には、義弟くんふたりがずっといて、騒音もすごかったのに、大丈夫だったんだよなあ。
ううむ?
[PR]
2009年 04月 27日 |
b0090654_23234447.jpg本日は、ドライブウェイの残り半分にコンクリートを入れてもらいます。
真ん中の板を外し、どんどんコンクリートを流し入れます。
この時、でかいコンクリートミキサートラックが、コンクリートを敷く範囲ギリギリに入り込んでおり、もちろん後ろでガイドをしてもらってではありますが、その運転技術に感動〜。
b0090654_2324972.jpg今回は、細かい部分はなく真っ直ぐな場所なので、作業も着々と進みます。
b0090654_23242173.jpg思っていたよりも結構早く、埋める作業は終わりました。
とはいえ、ここからきれいにならすのが、むしろ時間がかかるのですけれどもね。
b0090654_23243688.jpgそして、乾いてないコンクリートににゃんこの足跡発見!(笑)
だ〜れ〜の〜だ〜?
このまま放っておいてもかわいいかもですが、一応は家の正面側だし、補正していただきました。
b0090654_23245134.jpgじゃじゃ〜ん!なかなかに、見目良い仕上がりですよ。
とりあえず、おおよそ24時間でコンクリートは乾くそうなので、また後日、型の木枠を取り外しに来てくださるそうです。
b0090654_2325378.jpgそして裏庭の池の周りにもコンクリートを分けてもらい、こちらも終了〜。
お隣さんちから伸びてる桜の木から、花びらがひっきりなしに落ちて来るのですが、くっついたりはしないのかなあ?
b0090654_23251563.jpgそして、こちらはたろーちゃんの足跡が…。
気づいた時にはすでに職人さんたちは帰ってしまっていたし、どうせ裏庭の手作りの池のものだし、これはこれでかわいいから、そのまま放置(笑)。
だって、うちは『ねこ屋敷』だし、むしろにゃんこの足跡があって当然じゃないですかね?
もちろん、コンクリートは身体には毒なので、急いでたろーちゃんが足を舐める前に拭きましたよ。
[PR]
2009年 04月 26日 |
ドライブウェイと前庭の改装を始めて以来、家の中がザリザリしています。
北米の家って、日本の家のような上り框がないので、どうしても靴を脱ぐ場所(=土足で入る)場所と室内履きの場所との区別が曖昧になり、靴などから落ちた砂や泥などが室内に入って来てしまうんですよね。
しかも、だんなの実家は、(申し訳ないけれど)靴を脱いであがるには少々抵抗があるほど清潔さとはほど遠く、そういうところで育った義弟くんは、あまり気にしてくれず。
おかげで、外で作業を進めてくれるのはとてもとても本当にありがたいのですけれど、そのまま服や靴に付いた砂などを落とさずに家の中に入って来たりするので、家中がザリザリと音がするくらいです。
ひどい時には朝昼晩と掃除をしても、追いつかないくらいで。
まあ、もともとにゃんこがいるのでねこトイレの砂が落ちてることはよくあるのですけど、つい、ため息をつきたくなってしまいます。

それでも、ようやく終わりは見えて来たし、あと少しの我慢かな。
作業が終わったら、絶対、徹底的に床掃除してやるんだ〜っ!
[PR]
2009年 04月 26日 |
b0090654_22554823.jpg朝も早くから、友人R氏とカメラ・スワップ・ミートに行っていただんな。
あちこち寄り道していたらしく、結局帰って来たのは夜7時を回ってからだったのだけれど、玄関を開けて開口一番『買っちゃった〜!』。
毎回、このカメラ・スワップ・ミートでは、今では希少になってしまった白黒写真のフィルムや現像関連のものなどをはじめ、あれこれと掘り出し物を見つけては買って来るので、驚きはしなかったのですが、今回はなんと、デジカメでした。
もともと、今あるデジカメ1号は、一眼レフに近い機能のもので、コンパクトカメラとしてはかなりでかくて重いのです。
普段持ち歩くのも結構嵩張る上、お値段もそこそこしたものなので、汚れたり粗雑な扱いでぶつけたりするのが嫌で、例えばだんなの職場やオフロードのバイクツアーなどには持って行ってほしくなかったんですよね。
なのでずっと、だんなはポケットに入るような小さなのが欲しいと言っており、いっそ、デジカメ付きの携帯電話を買うかとも考えていたのです。
それが、2008年モデルで比較的新しく、見た目もきれいなままだし、充電器とメモリーカード付きでC$60で買えたということで、なかなかにいいお買い物だったのではないかと。
ただ、私もこの2号を使ってみたんですけど、本体サイズが小さすぎて、かえって使いにくい〜。
まあ、でかい1号を持ち慣れている所為かもしれませんが、どうせ使うのはだんなだし、気にすることもないか(をい)。
[PR]
2009年 04月 25日 |
b0090654_8474424.jpg朝早く、お向かいさんではなんと7時過ぎにはもうコンクリートを敷く作業が始められていました。
あらかたを終えてうちに来てくださったのが、10時ちょっと前くらいでした。
いやあ、コンクリートミキサートラックは今までに何度も見たことがありましたが、自分ちの敷地に入って来たのを目の当たりにしたのは初めてです〜。
b0090654_8475212.jpgまずは、道路から一番遠いポーチの前から、どんどんコンクリートを乗せてゆきます。
生コンクリートって、もっと滑らかなもんだと思ってましたけど、一見、石でも混じってるのかな?っていうくらいつぶつぶしていてびっくり。
b0090654_8483168.jpg補強するための鉄の網を引き上げて、コンクリートの厚みの間に来るようにしながら、進めていきます。
b0090654_8485067.jpg同時に、花壇の枠にも埋めてゆきます。
b0090654_849331.jpg大きなへらのようなもので、周囲をならし、
b0090654_8491746.jpg長い棒を両端の枠の上に乗せて滑らすようにしてすりきり。
b0090654_851689.jpg細かいところから、広い場所に移行しても、作業は同じように進みます。
b0090654_8512082.jpgすりきり作業の時には、棒を動かすふたりの他にもうひとり後ろに控えていて、コンクリートが足りないとき(棒の下に穴が開きそうな時)はシャベルで押したり、枠や棒の上からあふれそうな時には余剰分を後ろにならしたりしていました。
b0090654_8513598.jpg平らになったコンクリートの表面を、大きな平たい板で滑らかに。
b0090654_8514961.jpgさらに、薄い鉄板で仕上げ。
この作業のあとは、顔も映るんじゃないかと思うほどツルツルになってました。
ここまでの作業で、ちょうどお昼くらいだったかな。
やはり専門職人さんが大勢で作業をされると、当たり前ですが、個人でちょろちょろやるよりもうんと早くてきれいです。
b0090654_852337.jpgこちらは、角をちょっと丸くする作業。
b0090654_8521521.jpgやらなくてもいいけどやっておいた方がいい手順として、コンクリートに割れ目を入れることがあります。
好みによって、この割れ目がない方がいいという人もいらっしゃるようなのですが、コンクリートも(アスファルトよりは少ないですが)寒暖や湿度により多少伸縮するので、割れ目を入れておいた方がひび割れを防げるんだそう。
b0090654_8522814.jpgさらに、ブラシで横縞を入れます。
これは滑り止めだと思いますが、見た目もうんとおしゃれな感じがします。
b0090654_8524024.jpg丸くした角の隙間に入ってしまったコンクリートを除きつつ、縁取りのようなラインもつけて、終了!
はじめは、コンクリートを敷いてならせば終わりだと思っていたのですが、それ以外の作業の多いこと!
やはり一度は、本職さんのやることを見てみる価値がありますね〜。
b0090654_8525221.jpgその間に義弟Mくんは、トプソイルをならしておりました。
コンクリートが乾いたら、その周囲と、花壇の隙間にも入れないと。
b0090654_853396.jpgその花壇の枠ですが、これもちゃんと作業の間にやってくださいました。
b0090654_8531478.jpg木枠を外すのが大変そうですが、どうなんでしょうね?
b0090654_8532657.jpg少し余ってたコンクリートをもらって、裏庭の池の周りにも入れてもらいました。
b0090654_8533856.jpg微妙に足りない部分はまた、ドライブウェイの残りの半分をやってもらう時に出来るはず。
とりあえずは、コンクリートが乾く前に、にゃんこたちが歩いて足跡をつけたりしませんように!(ついてもそれはそれでかわいいかなとは思うんですけどね:笑)
[PR]
2009年 04月 24日 |
b0090654_0262296.jpg昨日に引き続き、前庭の花壇の枠作り。
コンクリートはかなり重量があるので、しつこいくらいにしっかりと固定しておかないといけないのです。
b0090654_0263776.jpgそして午後からは職人さんがいらして、ドライブウェイから玄関のポーチまで、コンクリートを流し込むための枠作り。
ポーチは、今までは直線的な形でしたが、今回は緩やかなS字カーブになります。
b0090654_0265092.jpgポーチから花壇へも、枠が繋がりました。
b0090654_027495.jpg素人が作ったにしては、なかなかにいい感じなのではないかしらね?
b0090654_0271727.jpgドライブ性は面積が広いので、半分ずつに分けて、コンクリートを流し込むのだそうです。
今まではドライブウェイを横切るように別れていたのですが、縦割の方が水が流れやすいということで、こんな感じに。
よく見ると見える格子柄は、コンクリを補強するための鉄枠です。
b0090654_0273175.jpg裏庭の池の周りも、作業が進みましたよ。
ここも、水はけを助けるために、砂利を敷いておきます。
b0090654_0274385.jpgさらにその上に砂をかぶせ、あとはコンクリートを待つのみ。
b0090654_0275457.jpg幅の狭いところは、池を作った時に余ったコンクリがあったので、手作業であるだけ埋めておきます。
余談ですが、このふたりが作業していたとき、ご近所さんに『Identical Twin(一卵性双生児)ですか?』と訊かれました。
や、確かに兄弟の中では一番似てるふたりですが、年齢に15年くらい差があるんですよ〜。
だんなが若く見えるのか、Mくんが大人びて見えるのか…。
まあ、顔も背格好も似てる上に、同じような髪型(限りなく坊主に近い…)にバンダナと、紛らわしい格好をしてればね…(苦笑)。
b0090654_028691.jpgとりあえず、ここまでで手持ちのコンクリをすべて使い切りました。
予定では明日、ドライブウェイの半分にコンクリを入れ、残りの半分は月曜日なのだそう。
あと一息で終わるぞ〜。
[PR]
2009年 04月 23日 |
本日は、職人さんはいらっしゃる予定がないのですが、それまでに済ませておかなければならないことをする日です。
b0090654_014061.jpgまずは、前庭の花壇の枠を、コンクリートで作るので、その型の作成。
ガレージに余っていた板切れ(本棚とか:笑)を使って、水平になるように組んで留めてゆきます。
また、コンクリートの中心に鉄棒を入れて丈夫にし、割れにくくします。
b0090654_0141720.jpgどーんと山にしたままのトップソイルも、少しずつならします。
b0090654_0143153.jpg裏庭の池の周りも、いらない土を取り去り、コンクリートを流し込むための枠を作成。

こまごまとした作業ばかりだし、あまり進んでいないようにも見えますが、ドライブウェイにコンクリートを流し込む時に一緒に入れてもらえるよう、やっておかなくちゃいけないんですね〜。
[PR]
2009年 04月 22日 |
さすがはプロ。
そうか、職人さんに頼んでいるから、カテゴリーはD.I.Y.じゃいけないんだ!?
ま、細かいことは気にしない〜っと。
b0090654_23365638.jpg本日も早朝から作業に来てくださいました。
朝イチでダンプ2杯分の砂利が届き、それをならす作業から。
これがきれいに平らになった上に、コンクリを敷くわけです。
b0090654_23365974.jpgさて、その前にまずひとつ、余分な手間をお願いしました。
実は、ドライブウェイの横(庭と反対側)の細い部分が、水はけが悪く、いつもドロドロだったのです。
なので、ガレージ脇の雨樋から流れて来る水と地面にたまる水を、排水溝へ誘導するパイプを入れてもらうことにしました。
ということで、まずはパイプを埋めるための溝を掘ることから始めます。
b0090654_2337115.jpg大きな排水溝の横に、パイプを通すための穴を開けます。
実はこの作業をするまで私は、ここに排水溝があるなんて知りませんでした〜(苦笑)。
b0090654_23372271.jpgパイプを通して、
b0090654_23373276.jpg雨樋からガレージの前を通ってつなげます。
b0090654_23374320.jpgあとは元通り土を戻し、
b0090654_23375439.jpg出来上がり!
作業時間としては1時間にも満たないくらいのものでしたが、これを自分たちでやろうと思うと大変だなのですよね。
b0090654_23382950.jpg雨樋部分は、こんな感じ。
これでもう、泥濘に悩まされずにすみます〜。
b0090654_2338539.jpgそのあとは、大まかにショベルカーで砂利をまんべんなくのばしてならし、
b0090654_233817100.jpgプレス機(?)でしっかりと固めます。
b0090654_23384026.jpgその間に、芝生の部分に敷くトップソイルも届きました。
またこれをならさなくちゃいけないんですが、それはまたあとで。
b0090654_23385242.jpgそういえば、いつの間にか、花壇の前に掘った溝にも、ちょろりと砂利をもらって敷いてありました。
b0090654_2339367.jpgそして、ついでにと裏庭の池の周りにもコンクリを敷いてしまおうと、ほじくり返しておりました。
今までは、50cm四方くらいのコンクリがタイル状に並べてあったんですが、どうしてもその隙間から雑草がはびこるし、それが引っこ抜くのが結構大変なので、どうせ大量に持って来てもらうのだし、自分たちで買うよりも単価が安いので、一緒にやってしまおうという魂胆らしく。
でも、間に合うんですかねえ?
[PR]
2009年 04月 21日 |
当初の予定では芝生のところだけだったはずなのに、いつの間にやらドライブウェイ(ガレージから公共の道路までの部分)までやり直すことになっていました。
うちの近くを貨物列車の線路が走っており、その振動のせいか、ドライブウェイのコンクリートに大きくひびが入っています(お向かいさんがやり直しを決めたのもそのためです)。
が、昨年屋根を直して結構な出費があったし、また来年あたりに…と考えていたのですが、例えばショベルカーを運んで来るだけでも結構な金額を請求されるらしく、はがしたコンクリートを破棄する金額やそのダンプ(&運転手さん)を借りるのだってお高いので、お向かいさんと話し合って、今一度に済ませてしまえばその辺りを折半して節約することが出来るよねということになったそうで。
b0090654_22565949.jpgそして本日、朝7時半(早!)から職人さんがいらして、コンクリをはがす作業を始めてくださいました。
結構きれいに、大きなピースではがれるものなのですね〜。
これを、破棄する時には小さく砕いてダンプに乗せて運びます。
b0090654_22572420.jpg玄関ポーチからドライブウェイまでのコンクリもはがし、余分な土も取り去ります。
どうやら、この土ではクッション性がない所為でコンクリにひびが入ったのだそう。
やり直す時には土ではなく、砂利を敷く予定です。
b0090654_22573699.jpgついでに、花壇の周りもコンクリで固めようと、溝を掘ってました。
水はけが悪くなったりはしないのかなあ?
ま、そういうこともちゃんと考えてるとは思うんですけどね。

コンクリは、早ければ金曜日、遅くとも週末には敷いてもらえるはずですが、塗り込めるのにはそんな時間はかからないけれど乾かすのに少なくとも数日はかかるんですよね。
それまでは当分、車をガレージには入れられないので、路駐することになるし、だんなのバイクは盗まれるのがいやなのでガレージに入れたままにするので、私は引きこもりになります。
あーあ。
そして本日から、義弟Mくんに泊まりがけで来てもらい、職人さんとのあれこれや、ついでに家の壁を洗ったり、屋根の葺き替えでのやり残した部分などを一気に片付けてもらうことになりました。
いつも呼びつけて、すまんねぇ…。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon