胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
<   2010年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 06月 30日 |
頑張れなくても。
頑張らなきゃいけないって時はあって。

きっと今が、私にとってはそんな時なのだと、思う。

頑張りたくないけど。
頑張るしか、ないからね。

『頑張れ』って、『つらい時には話を聞くからね』って、言ってくれるお友だちがいること、そして、そういってもらえる私に育ててくれた両親に感謝しつつ。
[PR]
2010年 06月 30日 |
b0090654_12104658.jpg本日、バイト先の親御さんが企画されたポットラックパーティに参加してきました。
この季節にしては、緯度の高いカナダとしても肌寒い日ではありましたが、普段はなかなかお会い出来ない保護者の方々とお話出来る機会が持てましたこと、とても嬉しく思いました。
しかも、美味しいお料理付き!
おにぎり、サルサ&チップス、マカロニサラダ、たまご焼き、巻き寿司にミートボール、さらに写真を撮り忘れてしまいましたが棒棒鶏や各種スイーツなど、全てを味わうことなど不可能なほどにたくさんの種類のお料理が並びました。
ちなみに、写真は1回分。
この後おかわりをいただき、帰る前にもまだ食べていたような…(苦笑)。
とてもいい方達ばかりで、勢いで引き受けてしまった感のあるお仕事ではありますが、それでも頑張れそうかなと思うことができました。
新米で未熟な私ではありますが、どうぞ9月からもよろしくお願いいたします。
[PR]
2010年 06月 29日 |
毎日、なんだかんだと忙しい日々を送っています。
楽しいことも、辛いことも、あまりにもいろいろたくさん一気に起こり過ぎて、5月末からこっち、『呪われてるんじゃ?』なんて思ったり。
公開出来ることは、来週になってしまうかもですが、いろいろ順次アップしていきたいと思っています。
とりあえずは、精神安定剤と言いつつ増えてる酒量を減らさないと…。
[PR]
2010年 06月 27日 |
本日は、現在アメリカ在住の、そしてなんと7年ぶりの再会(!)となるお友だちT氏ご一家と、ウィスラーへ。
お天気予報ではすっきりしないお天気ということでしたが、ざざ降りじゃないし、とにかく行ってみよー、ということで車を走らせました。
途中でBrandywine Falls寄ったりもしまして。
到着したのがちょうどお昼時間だったので、まずは腹ごしらえ。
b0090654_0351491.jpgお店は、
Caramba! Restaurante

ここは前回ウィスラーに来たとき(…何年前だっけかな?)に入って、気に入ったところ。

まずはお店の方一押し!のCalamari A La Plancha(C$10.95)。
たいていは軽く衣をつけて揚げてあるんですが、ここのんはオリーブオイルとニンニクで炒めてあるのです。
b0090654_0354524.jpgこちらは私のランチ、ほうれん草とトマトのピザ、La Rua(C$13.95)。
ここのピザは、ちゃんと巻のオーブンで焼いてくれ、生地もすごーく薄い上に直径が20cmくらいの食べきりサイズなのです〜。
b0090654_036878.jpgだんなはランチメニューからShaved Roasted Lamb Wrap($11.95)。
玉ねぎとトマトも入っていて、すごいボリュームでした。
これに使われてたアイオリソースが、ニンニクがしっかり効いててウンマ〜!
材料は家にあるもので作れるようだし、お肉にもお魚にもお野菜にでも何でも合う万能ソースらしいから、試してみなくては!
b0090654_0362221.jpgこちらは、だんなが『ウィスラーに来たら絶対に食べなくちゃ!』というおやつ、beavertail。
ホットドッグ屋さんのZog's Dogsで買えます。
これ、ビーバーのしっぽみたいに平べったくした揚げドーナツなんですけどね。
シナモンやメープル、チーズなどいろいろトッピングは選べますが、だんなはシナモン&シュガーがお気に入り。
本当は山の頂上まで行こうとしていたのですが、山頂の気温が3℃しかないということで服装に無理があるのと、どんよりと曇っててパノラマ風景は楽しめないだろうということで断念。
ふらふらとお店を冷やかし、残ってて安くなってるオリンピックグッズを眺めたり(笑)。
うん、何年かに1度くらいで来ると、結構楽しいところですねー。
b0090654_0363449.jpgそして、T氏の奥さまたっての希望で、夕食はラーメン。
ダウンタウンにはたくさんあるラーメン屋さんだけど、アメリカではきっと食べられないだろうオーガニックラーメンの元町食堂へご案内〜。

他のものを食べてみようと思いつつ、やっぱり私はいつも塩ラーメン。
しかも、お野菜たっぷりで♪
今回は、ゆで卵をトッピングに加えてみました。
b0090654_0364645.jpgだんなはいつも味噌ラーメン。
でも今回は、塩も味噌も、どちらも今までよりもスープが脂っこかったように思います。
もっとあっさりさっぱりだった気がするんだけど、私の記憶違いかしら?

そして今日はこのままT氏ご一家を我が家へお招きし、お泊まりいただきまして。
だんな同士、奥さん同士でビールやワインを飲みつつ延々とおしゃべりは続き、男性陣は2時半ごろに、女性陣は3時半ごろにようやく就寝。
ふー、楽しかったー。
[PR]
2010年 06月 26日 |
いつもと変わりのない生活をしていて、ふと、考えるのは。
父は、今私がしていることを、あとどれくらい出来るのだろう、ということ。

朝起きて、歯を磨く、顔を洗う。
トイレに行って用を足し、手を洗う。
そんな当たり前のことを、いつまで出来るのだろう。
そして、いつまで『いつまで出来るのだろう』と考えなくてはいけないのだろう…。

今日は、これが出来た。
でも、明日は、出来るだろうか?

きっと毎日、そんなふうに考え、怯えて暮らすことになってしまうかも知れない。
身体は動かなくなっても意識はハッキリしているから、言えない、動けないもどかしさが、きっとストレスにもなるんだろう。

私は、こんな遠くから、どれだけのことが出来るんだろう。

癌などのように、痛みはないかもしれない。
事故などのように、突然ではないから心の準備ができるかもしれない。
そんなふうに、少しでも前向きに考えられれば、いいのに。
[PR]
2010年 06月 24日 |
どこかに吐き出さなくては辛すぎるので、ここでこっそり呟かせてください。

昨日、外出先から帰ってきたら、だんながひと言、『解雇された』(正確には『金曜日で仕事は終わりで長〜い連休だよ〜』という言い方でしたけど:苦笑)。
1年半前に、職場がアメリカの会社に買収された時からそれは薄々分かっていたことだから、驚きはしません。
また、だんなの職務姿勢だの能力だの云々ではなく、だんなの所属している部署そのものが廃止されてしまうからという理由なのだし、解雇理由を記した書面もあり、有休分だの退職金だのも思っていた以上にちゃんと支払われましたし。
なので、すぐに失業保険ももらえるし、来週には友人家族が遊びに来る、その後は釣りに行く、といろいろ予定もあったし、確かに解雇されたことは驚かなくても気落ちするものですが、しばらくはちょっと遊んで、それからまた職探しをすればいいのです。

でも、数時間後の同日の夜、日本の母から電話が入りました。
『父が大変なことになっちゃってね』という言葉から始まった報告は、あまりにも想像の範疇を越えていて、その時には実感が無く、TVドラマとか小説の話かな、なんて思ってしまうくらいの…。
『筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis、通称ALS)で、余命3年』
なのだそうです。
数年前から、目がおかしい、肩が固まったみたいに凝ってる感じ、歯の噛み合わせが悪い…等々、色々あったのですが、還暦もとうに過ぎており、年齢とともに出る不具合だろう、程度に私は考えていたのです。
それでも、治療に通っても良くならず、最近は呂律もよくないということで、全身をくまなく検査していただいたら、上記の宣告だったらしく。

定年からまだたったの7年、孫(甥っ子)もまだ幼稚園のわんぱく盛り、祖母(父の母)だって90歳を過ぎても元気に長生きをしているのに。
その症状にかかるのは、10万人にひとりかふたりというものすごく低い確率なのに、なぜ、父が?
しかも、今もって有効な治療法は無く、症状の進行を遅くしたりすることも出来ず、弱っていくのを見守ることしか出来ないだなんて。
進行速度によっては早くも遅くもなるけれど、あと3年と言ったって、そのうちのどれだけを今と同じように、自分の意志で動いて過ごせるんだろう?

本人以上の辛さはないかも知れないけれど、そばでその姿を見て介護しなくちゃ行けない母と姉、遠いために何もしてあげられない私も、やっぱり辛い。
でも父が、『今医者からいわれたことは忘れて、今まで通りでいてくれ』と言うのだから、影でどれだけ泣いても、父と話をしたり、一緒にいる時には、これまでと同じ、ちゃっかり甘えて生意気な娘でいようと思います。
[PR]
2010年 06月 23日 |
b0090654_04639.jpgショックなニュースが2つも届いた本日の、心にも優しい『お外なおうち』メニューは、チキンカツ(チーズ入り)、カボチャとジャガイモのグラタン、インゲン白和えです。
衣はザクザク、中身はしっとり、そして挟まれたチーズがとろりと、食感が素敵なチキンカツは、特製のケチャップベースのソースを添えて。
カボチャとジャガイモのグラタンは、ほくほくコンビです。
カボチャや瓜系の野菜が好きで、家庭菜園でも幾種類も育てているという義弟Dくんは、先週のメニューのカボチャの煮付けもこれもいたくお気に召したようで、『来年はこれも育てようかな』なんて呟いておりました。
インゲンの白和えは、ちょっと私には甘味が強いかな?と思いましたが、甘党な野郎どもには大好評。
うちも義弟カップルもヘルシー食を心掛けているので、今後のメニューのアイデアにキープ!ですね。
b0090654_042018.jpgデザートは、チーズケーキロール。
チーズケーキ生地をスポンジ代わりに使い、中にはヨーグルトクリームを巻き込んであり、しかも冷凍保存ということで、冷たくてさっぱりとした夏向きのデザートです。
このままでも美味しくいただけましたが、カルーアをかけたり、いちごジャムを添えたりするやつもいました…。
でもこれは、注文確実なデザートメニューの仲間入りとなりそうです。
[PR]
2010年 06月 23日 |
さあ、菜園枠をさくさく仕上げますよー。
b0090654_23361877.jpgまずは、水やりをしたり野菜の根が伸びたりすると、土は落ち着いたらかなり沈むからということで、余ってた土をどーんとてんこ盛り。
たろーちゃんがおトイレに使ってなかったことにちょっとびっくりしたんですけどね。
b0090654_23362817.jpgそして、簡単に区分けし、どこに何を植えようかを決めます。
お陽さまから近い順に背の低いものから、そして窓から見える方から順に背が高いものになるよう、自宅でも家庭菜園を成功させてる義弟Dくんは、見た目にもかなりこだわります。
b0090654_23363868.jpgあとは撒き撒き。
かなり古い種もあるので、芽が出ないだろうというものもいっぱいありますが、今年は冷夏だし、今から撒いても実の成るものは収穫は絶対に出来ないだろうと、葉ものやハーブを中心に。
まあ、この状態でちゃんと育つかどうかを試験的に見るというのが、今年の目的かな〜?
b0090654_23364953.jpgあとは、しっかりとお水をあげます。
白い点々は、ニンニク。
ニンニクはかなり匂いがキツいので、にゃんこ除けになるんだとか(アライグマはー?)。
なので、せっかくだからオーガニックのニンニクで、すでにお店にある時から芽が出ているものをわざわざ選び、植えました。
今年はにゃんこ除けの役割として、来年はちゃんと収穫出来る、予定です。
b0090654_23365870.jpgさらに枠を戻して、
b0090654_2337927.jpgネットを被せたら、完成!
とはいえ、このネットはまだ被せてあるだけで留めてないので、もうひと手間必要なのかな?
ともあれ、数年来の夢だった『家庭菜園』がこれで実現します。
だんなと、そして手伝ってくれた義弟くんズ、ありがとう〜〜〜♪
b0090654_23371870.jpgおまけ。
こちらがお庭の池のぎょぴちゃんたち。
現在、鯉2匹、金魚5匹が確認されてます。
ちなみに、黄色いのが鯉。
水の中なので屈折してよく分かりませんが、体長20cmくらいあるんじゃないかなー?
b0090654_23373061.jpgそしてそれを狙うたろーちゃん。
結構元気なぎょぴちゃんたち(または鯉たち)で、たまに『誰か大きな石を投げ入れたんじゃ?』ってびっくりするくらいドボーンって大きな音がするんですが、どうやらビチビチと跳ねているようなんですね。
まあ、鯉は滝登りをするらしいから、それが普通なのかもしれませんが。
で、どうやらたろーちゃんはそれを狙っているらしく(一度跳ねて池の外に飛び出た子がいたので…)。
…とりあえずは、同じ庭にすんでるもの同士、仲良くしてね…?
[PR]
2010年 06月 22日 |
b0090654_7342827.jpgちょっとでも時間が空きそうだと、石けんを仕込んでいる私。
というのも、住んでる人数が増えると、当たり前だけどシャワールームだけでなく手洗い用、食器用などいろんな石けんも早くなくなっちゃうのよね。
もともと手作り石けんは市販のものよりも溶けやすいので、思っていたよりも減りがはやく、まだまだ義弟くんの滞在は終わりが見えないため、余分にあってちょうどいいくらいかな、と思いまして。

今回参考にさせていただいたのは、前回同様、お風呂の愉しみさんのレシピNo.121『レモングラスのシャンプーバー』というもの。
とはいえ、石けんの名前になってるレモングラスや他の精油は(持ってないから)使わず、しかもオイルは『シャンプーならこれを入れなきゃ!』とホホバオイルも足しちゃったりもしているんですけどもね。
…いろいろオイルを入れ、個々のオイルの持つ効果だけでなく相乗効果も期待してますが、むしろ互いに打ち消し合って効果が薄れたりしたらどうしよう…。
[PR]
2010年 06月 21日 |
b0090654_7175838.jpg1ヶ月以上も放置されていた家庭菜園枠
昨夜から、義弟Mくんが来てずっと泊まり込んでいろいろ手伝ってくれている義弟Dくんとふたりで仕上げてくれることになりました。

まずは、土台となるブロックの下に砂利を敷いて、高さを揃え直すことから。
同時にこの砂利は菜園の水はけを良くする効果もあるのだ。
b0090654_7181920.jpgそして、ブロックの穴にも砂利を入れて重くし、動かないようにします。
b0090654_7182936.jpgさらに底の部分にはモグラ侵入防止のために、金網を二重にして敷くことに。
b0090654_7183882.jpgその上から黒いゴム製っぽいシートを木枠に貼付け、木枠が(水やりなどで)黴びたりしないようにしまして。
b0090654_718492.jpgあとはどんどん土を入れます。
b0090654_7192243.jpgほぼ完成!
もう一度木枠にステインを塗りたいだとか、アライグマよけのビニールハウス部分をどう取り付けようかとか、いろいろまだ手を加えなくちゃいけませんが、それでも一応この状態でも植えることは出来ます♪
残念ながら、トマトとシソ以外の芽は全滅してしまったので、また種から撒き直しなんですけど…。
ってか、今頃から種蒔きして、収穫に間に合うのか知らん?
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon