<   2010年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 07月 30日 |
お庭にわっさりと育ってる
b0090654_23275567.jpg大葉と
b0090654_2328826.jpgケールで
b0090654_23282454.jpgお野菜チップス作ってみました。
参考にさせていただいたレシピは、こちら
特にケールは炒めるかサラダにするかくらいしかアイデアがなかったので、なかなかグー。
ちょっとオイルをつけ過ぎた気もしますが、ポテトのように葉っぱはほとんどオイルを吸わないので、熱いうちにペーパータオルの上に乗せたらほぼ取れましたし。
食感としては、韓国海苔に近いかな?
軽くお塩をふりましたが、一味とかでも美味しいかも〜?
[PR]
2010年 07月 30日 |
b0090654_23182631.jpg今回の廃油石けんには、先日どぶろくを作った時に出来た酒粕を入れてみました。
だって、お酒って肌にいいっていうし…。
レシピは、キャノーラ油650g、みつろう44g、酒粕80g、尿素32g、蒸留水229g、苛性ソーダ83g。
酒粕に水分が結構あったので、ちょっと水分を減らしてみました。
みつろうも半端に余っていたので多めに入れたし、その所為かぐるぐる30分くらいでトレースが出ました♪
そして酒粕の香りがどこまで出るのか気になったので、精油等はナシ。
さて、どんな仕上がりになるのやら?
[PR]
2010年 07月 28日 |
義弟Dくんが、ようやく自宅のある隣州へ帰りました〜。

More
[PR]
2010年 07月 28日 |
b0090654_1441011.jpg日射しはきつくて日向は暑いものの、それでも風は爽やかだし一時期の熱さ(タイプミスに非ず)に比べれば過ごしやすくなった本日の『お外なおうち』メニューは、チキンカツの卵とじ、金時豆の煮豆、トマトとツナのマカロニサラダです。
チキンカツの卵とじは、丼メニューとして居酒屋のランチで食べて以来の大ファンなので、再登場を待っていた一品。
でも、暑さで食欲が減退気味なので、今日はご飯はナシで単品のおかずとしていただきましたが。
また、夏バテ知らずのだんなにとっては、この煮豆は大好物の一品。
甘味をお砂糖なのかみりんなのかどっち?なんて私に訊かれても分かるわけもなく、でもまあお正月に食べる黒豆を参考にいつかは作ってみてもいいかな、なんて思っていたり。

そしてデザートは冷やして食べるメロンパン。
プレーンとチョコの2種に加え、本日は裏メニューとして、紫いも、クリームチーズ、モンブランも!
…なのに、義弟くんの分も考えて注文をしていたプレーンとチョコはともかく、裏メニューのすべてを彼が持っていってしまいました…くすん。
どうやら私は甘いものは全く食べないと思っているだんなが、こんなにたくさんは食べきれないから、お家で(かれこれ2ヶ月も)待ってる彼女さんにも持っていってやれと気前良くあげてしまったようで。
わ、私のモンブラン〜〜〜っ。
いいんだいいんだ、きっとまたいつか、お弁当屋さんが作ってくれるって信じてるから!(涙拭き拭き)
b0090654_144243.jpgさらに、単品メニューとして、夏休み限定(?)の麺メニュー、冷やしうどんでっす。
さすが讃岐うどんの本場に近いご出身というだけあって、お弁当屋さんの麺は、ぷりっぷりでしこしこの絶品!
冷麺でいただくという前提で、既に絶妙な加減で茹でてあるのがいいのかも知れませんね〜。
今回は、大根おろし、ネギ、胡麻とともに、新たにお弁当屋さんの強力な助っ人みっちゃんさんの手作り納豆付き!
この納豆、実は私は既に先週のお弁当の時にサンプルとしていただいて食べさせていただいたのですが、めちゃウマ!
もともと納豆は大好きで、家系として遺伝的にコレステロール値が高く、しかもかなりの飲酒量で肝臓に負担をかけている私なので、なるべく肝機能の働きを助ける食べ物を多く摂りたいと思っていた矢先に、納豆はそのどちらに対しても効果があるということを知りまして。
で、なるべくなら毎日でも食べたいのに、カナダでは味の劣る冷凍でしか売っておらず、しかも高い!
仕方がないので、市販の納豆パックを使って自作したこともありますが、やはりちゃんと納豆菌を使ったみっちゃんさんの納豆は、そんなものに比べられないほど美味でございました。
本日も、お弁当の受け取りの時にみっちゃんさんにお話をお聞きし、本気で納豆菌を手に入れようかと思ったくらいで…。
もしも少しでも『手作り納豆』を食べてみたいなと思われた方は、私にご連絡いただけましたら、みっちゃんさんにお取り次ぎいたしますよ〜。
ってかぜひ、日本でもなかなか味わえない『作りたて新鮮納豆』をご賞味くださいませ!

さらに、写真には写っていませんが、お弁当屋さんが、今日本で大ブレイク中の『食べられるラー油』を試作されていらっしゃいます。
『食べられる』ということで、辛いもの大好き!な私には逆にちょっと辛味が足りなかったりするんですけれど(苦笑)、唐辛子とニンニクが好きな人には喜んでもらえるだろう味でございます。
卵かけご飯とか納豆と冷や奴とかね、炒飯でもパスタでもおひたしでも、とにかく何にでも使える万能選手なので、いつかは私も作ってみたいなと思っています(当然もっと辛くしますよ)。
以前、韓国系のお友だちに教えていただいた秘伝のタレと同じくらい、重宝しそうですからね♪
そんな情報を知りたい方も、ご紹介しますので、連絡プリーズ。

日本から遠く離れている時間が長くなればなるほど、日本の味が懐かしくなるものです。
そんな方々に少しでも『日本の味』を味わっていただければ、私も嬉しいのです〜。
…とはいえ、どちらもバンクーバーからはかなり離れたAbbotsford〜Chilliwack地域なので、ご期待に沿うのにも限界はあると思うのですけれどもね…。
[PR]
2010年 07月 28日 |
b0090654_582664.jpg手作りどぶろくに、銘柄を考えました。
その名も、『ねこたび』。
『ねこ』は、まあまんま、ねこ屋敷で作ったものだから、ということと。
『たび』は、ねこが好きなマタタビみたいに酔っぱらうこと、我が家のにゃんずは縞模様のTabbyであること、みすにゃが白足袋を履いてること、また度々作れたらいいなあと思っていること…なんていろんな意味を込めて。

ということで、早速ラベル作成(笑)。
漢字は、『寝子多飛』。
『多』『飛』は当て字っぽいですが、書道で漢字仮名交じりの和歌等を書く時によく使われる字ですし、たくさんのにゃんずが元気に飛び跳ねてる、なんて意味にもなるといいなーってね。

ちなみにイラストは、ちょうどどぶろくが解禁になった日に届いた親友からのお手紙に落書きされてたものが、うっとりしているようですごくかわいくて、真似させてもらいました。
事後報告でごめんよー(苦笑)。
落款が、鈴っぽく見えてるといいんだけど…。

ということで。
次はいつ作ろうかなっ。
[PR]
2010年 07月 27日 |
酒好きの友人の『簡単に出来るよ』との言葉に、どぶろくを作ってみました。
参考にさせていただいたレシピは、こちら
b0090654_23505038.jpgまずは炊いたお米とその他の材料をどりゃーっと混ぜあわせまして。
レシピではヨーグルトの種菌とありましたが、どこで入手出来るのか分からないので、オーガニックのプレーンヨーグルトで代用。
ドライイーストも、ぬるま湯で溶かすタイプではなく、普段パンを焼く時に使うクイックライズを使いました。
b0090654_2351119.jpg1翌日にはお米が表面に浮いてきて、既にお酒の匂いが♪
でもぐっと我慢して、1日1〜2回、様子を見がてら軽くかき混ぜ、さらに放置。
b0090654_23511196.jpgかなり室温が高い日々だったので、発酵は2日でいいかなと、とっとと漉しまして。
2Lのペットボトルに約2/3くらい出来ました。
思ってたよりも結構量はあるかも?
この状態で半日置き、その後は冷蔵庫へ。

漉したカスの方は、甘酒を作れるそうだけど、うーん、粕汁とか粕漬けとか出来ないかなあ?
b0090654_23512296.jpg一晩冷蔵庫で寝かしたら、きれいに分離してました。
この時、ペットボトルは発酵の際に出た二酸化炭素でパンパン。
すげ〜。
b0090654_23513383.jpgすこーしずつ空気を抜くようにキャップをひねったら、底から泡がシュワシュワと出て、振らなくても分離していたのが混ざりました。
さて、お味はと言いますと。
うん、結構イケます。
めちゃめちゃ美味しい〜〜〜〜〜!ということはありませんが、微炭酸のせいか口当たりもよくて飲みやすい!
かかった費用も、お米はいつも食べてる白米だし、米麹も2ドル分くらいだし、やっすいもんです。
ただ、ワインのように何週間も寝かせないし簡単だけど、米麹が片道ハイウェイを使っても45分はかかるお店にしかなく、手軽に入手出来ないのが問題かしらねぇ…。
[PR]
2010年 07月 26日 |
数年前から、増えた3kgを落とそうと躍起になっていました。
エクササイズはもちろん、食事制限など、いいと言われることはいろいろと試みてはみましたが、一時的な効果はともかく、結果は持続せず。
なのに、ここ1〜2ヶ月で、暑さのための夏バテと、義弟くんの滞在&その他というストレスを溜めた所為か、あっさりと『増える前』の体重に戻ったじゃないですか!
なんだかなあ、今までの私の頑張りはなんだったのかと、ちょっとがっかりもしたりしています。
ただ、ストレスや疲労、病気等で落とすとみすぼらしくなるし、また落ちた分はすぐに戻りやすいし、今後今以上に増えないように気をつけなくちゃいけないんですけどね。
…しかし、世の中に蔓延する『健康的に痩せる』方法よりも、ストレスの方が効果があるとは、皮肉ですよねえ…。

ちなみに、年とともに重力に従って上から落ちる分が増えるためか、相変わらず下半身は存在感があるままですが、もともとないデコルテ部分(鎖骨下から胸部にかけて。でも胸はそこそこ大きいんですよ)がげそっと減り、だんなには『あばらの影が見えて不憫』と不評です…。
もうちょっと、モデルさんのようにとは言わないけれど、きれいに落とす方法はないのかなあ…?
[PR]
2010年 07月 22日 |
b0090654_02088.jpg今日も石けんぐるぐる〜。
でも廃油じゃなく、普通の石けんです。
最近、陽射しが強くなったから、外出時には腕にも日焼け止めクリームを塗ってたんですが、どうやら手作り石けんの贅沢さに慣れた私の肌には刺激が強かったらしく、思いっきり乾燥して粉をふいたみたいになっちゃいまして。
こりゃーいかんと、ちょっと慌てましてね。

今回は、お風呂の愉しみさんのレシピNo.77『アボカドと卵とローズマリーのシャンプーバー』をベースに、いろいろアレンジ。
というか、卵を入れてみたかっただけ、ともいう…。
使ったのが卵黄だけだからか、かなり見た目が黄色くなり、まるでマンゴープリンとかみたいで美味しそうです。
この色、熟成後も変わらないといいなあ。
[PR]
2010年 07月 21日 |
b0090654_23211980.jpgあっついですね〜。
気温はそんなに高くなく、爽やかな風はあるのだけれど、紫外線が痛いほどの本日の、『お外なおうち』メニューは、ハッシュドビーフ、棒棒鶏、ポテトサラダ。
生まれはアジア某国だけれど育ちがカナダであるだんなと義弟くんは、『ハッシュドビーフ』なるものは初めてだったようで、はじめの一口はかなりおそるおそるで笑えました。
でもその後はお気に召したようで、バクバク。
ただ、ポテトサラダと一緒に食べて『マッシュポテトとグレイビーみたいな感じ』とやはり日本人ではないなあという食べ方をしてましたけど…。
棒棒鶏は、少し前にいただく機会があったのですが、その時からもう、大ファンで。
特にこんな暑い日には、あっさりさっぱりしているし、どれだけでも食べられてしまうんですよねー。
b0090654_23214128.jpgそして単品メニューの、冷やしつけ麺。
胡麻ダレは、豚骨と醤油と2種ありましたが、だんなも義弟くんもとんこつラーメンが好きなので、迷わず豚骨で。
これ、だんな大絶賛でした。
手打ちの麺も、タレも、ついてた叉焼も。
『美味しいです、chatちゃん〜』と何度も何度も言っておりました。
うんうん、良かったね。
また麺類がある時には頼んであげるからねー。
義弟くんにとっては『麺をタレにつけて食べる』ということそのものが珍しかったようですが、気持ちがいいほどキレーに食べてくれました。
b0090654_2322783.jpgそしてデザートは、ブルーベリーとクリームチーズのフィリング入りのバターケーキ。
こちらはまだ冷蔵庫でスタンバイ中なのですが、きっと明日の朝起きる時には大半が消えていると思われます…。
そしてひとつだけあるのは、なんと『お砂糖を入れ忘れた』なんてお弁当屋さんらしからぬ初歩的ミスのために無料で配られたマンゴーレアチーズケーキ。
甘さ控えめ(というか皆無!?)ということで、きっとこれは私が美味しくいただけるんじゃないかと♪
楽しみ〜。
[PR]
2010年 07月 20日 |
いい便り、なんて言いますけどね。
便りがないと、心配な時もあるワケで。

まあ、父の場合、誤診は有り得ないだろうということで、進展は見込めないんですけど。
それでも、ほんのちょっとの希望や、進展はないまでも、今後の対策とか。
いろいろ、いろいろ。
出来ることはないかと、模索中なのです。

遠くにいるから、とか。
そんな理由ではなくて。
それでも、何も出来ない、というのが、辛いです。

何か、したいのに。
何も、出来ない。
誰も、何も、出来ないなんて。

それなら、父の余命は、どこにあるの…?
[PR]