<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 02月 29日 |
b0090654_10532539.jpg4年に一度しかない閏日。
そしてその日が水曜日のお弁当と重なることなんて、すっごいラッキーッ。
そんなラッキーな本日の『お外なおうち』メニューは、手羽先の唐揚げ(ハニーガーリック)、チャプチェ、キャベツの浅漬け。
中華レストランに(飲茶でなく)行くと、絶対にだんなが注文するのが、このハニーガーリック。
たいていは、一口サイズの豚肉が多いのですが、お気に入りなのでかな〜りこだわります。
そのだんなをして、この手羽先はもう、満点中の満点という感じだったらしい。
『市販のソースではなく、手作りなんだよね?』と、食べてる最中に何度も訊かれました。
うんうん、美味しくてよかったね。
チャプチェは、お弁当屋さんでは定番メニューのひとつ。
ちょいピリ辛で、お野菜も同時に摂れるので、私もお気に入りなのです。
キャベツの浅漬けは、あれ?以前にもあったっけ?
似たようなもので、白菜のおかか和えはあったけど…。
ま、白菜もキャベツも、基本的に同じ使い方が出来ますからね、ビックリはしませんが。
b0090654_10533551.jpgデザートは、何度注文しても不思議な、コーヒーなのにコーヒー色ではない、白いコーヒープリン。
食べた後、言葉は『美味しい』など以外はほとんどなかったのに、なぜかやたらと癒された表情だったのが印象的でした。
ま、ちょっとお疲れモードだったので、いい感じに甘くてうまうまなデザートに癒されたのかな。
[PR]
2012年 02月 25日 |
b0090654_1347472.jpg本日は、ボランティア先で仲良くさせていただいているYさんと、ちょっと贅沢なティータイムをしてきました。
場所は、私のお気に入りでもあるSerendipi tea
しかも、いつもはランチメニューをいただくのですが、今回はなんと、High Teaですよ〜。
バターの代わりにクリームチーズを用いた、ツナやたまご、きゅうりやチーズのサンドウィッチ&ラップをはじめ、各種スコーンやスイーツなどが、紅茶とともに供され。
いや〜、美味しかった〜。
とはいえ、基本的に甘いものが苦手な私は、サンドウィッチ以外はちょっと食べにくく、スイーツをはじめとする甘味系は、Yさんにお持ち帰りしていただいましたけれどね。

ともあれ、毎週お会いしているのに、でもなかなかプライベートなことまでは話せないので、今日は久しぶりにちょっと込み入ったことも聞かせていただいたし、私もあまり他の人に話したことのない過去もお話させていただきました。
振り返ってみると、私も結構ヘビーな過去があり、現在もそれなりにヘビーな状況で、でもだからこそ、先入観なく聞いていただける方がいるというのは幸せなことなのかなと思ったりもして。

ほんの5時間ほどの逢瀬ではありましたけれど、とてもとても救われた気がします。
ありがとうございました。
また近いうち、そしてこれからもちょくちょく、美味しいものを食べに行き、あれこれととりとめもないお話をしましょうね。
[PR]
2012年 02月 24日 |
b0090654_10592365.jpg前回ヘア・カット&パーマに行ったのが、昨年の6月末。
結構髪の伸びるのが早い私は、8ヶ月経ち、パーマもよれてきたし、毛先もバサバサに傷んでるし、ケアに面倒なほどの長さになってるしということで、カットしてもらいに行くことにしました。
b0090654_10593371.jpg家にいる時にはぼさぼさのままですが、外出する時にはホットカーラーを使って巻き巻きし、体裁を整えます。
b0090654_10594579.jpgで、ばっつり切ってもらった後は、こんな感じ。
結局20cmくらい短くなったのかな?
耳の高さあたりからはまだ多少パーマが残っているので、ブローの仕方によってはちょっとふんわりさせることも可能です。
うふ。
あー、頭が軽くなった〜♪
…いやそこで、もともと中身は空で軽いでしょ、というツッコミはナシでよろしくです。
[PR]
2012年 02月 22日 |
b0090654_23153654.jpg本日は、ねこの日。
2(にゃん)月2(にゃん)2(にゃん)日にちなんでだそうです。
我が家もにゃんずが3つ、なんだかちょうどいいような。
しかも、2012年ということで、さらに2が増える!
おそらく、10年後の2022年には、さみしいけれど3にゃんずともいない可能性が高い(現在みすにゃが14歳とちょっと、たつぼん&とらにょがこの春で14歳になる)ので、今日はちょっぴり甘やかしてあげようかな。

…と思ってたら、この態度。
猫背じゃないねこってどうよ…。
この体勢で爆睡していて、カメラを持ってうろうろしても微動だにしませんでした。
ま、ここまで堂々と安心してくれるような状況で暮らしてくれてるのなら、嬉しいんだけどね。
b0090654_23154612.jpgそんなにゃんこラブな日のお外なおうちは、おでん、ネギ餅、カボチャサラダというメニュー。
冬はおでん!
というかおでんをはじめ、毎日鍋物でもいいやと思います。
だってあったまるもんね。
じっくりコトコト煮込んで芯まで味のしみたおでんは、最高に贅沢な献立ですよねー。
ネギ餅は、表面がカリッと焼いてあって、薄〜いパンのような感じ。
学生のころハマってよく食べていたかにぱんをさらにぺったんこにしたような食感です。
別添のピリ辛ソースをつけて、うま〜。
カボチャサラダは、カボチャの甘味がしっかりとあり、サラダというよりはおやつに近いお味でした。
パスタも入っているので、サラダなのにかなりの満腹感もあります〜。
b0090654_23155791.jpgデザートは、大福。
だんなには、コーヒー味の餡をチョイス。
そういえば、コーヒー餡の大福って、日本でも見かけないですねえ?
私が知らないだけで、普通にあるのかしら。
だって私が食べてたのって、実家の近所で老夫婦が手作りしてる、春だけの限定メニューの丸ごといちごが入ったいちご大福と、アイスクリームが入ってる雪見大福くらいだったもの…(そして今は甘いものを受け付けない身体になってしまったのでそのどちらも食べられないし)。
ううむ、世間から取り残されている気がするぞ…。
[PR]
2012年 02月 19日 |
父から、メッセージが届いた。

『おはよ。くるのを、たのしみにしているよ。』

私の誕生日に、父からの一言。

来月半ばから数週間、帰国の予定ではあるけれど。
呼吸器をつけ話も出来ず、上半身もほとんど動けなくなってしまった父が、苦労してパソコンを駆使してメッセージを送ってくれることに、どれほど私が嬉しく思うか、泣けてくるほど幸せに思うか、きっと父は知らなないだろう。

大好きだよと、伝えられなかったこと。
大事なんだよと、伝えきれないこと。

もう、遅いかもしれないけれど。
でも、遅すぎる前に、伝えたい。

大好き。
ずっと今まで言えずにいて、ごめんね。
大好きだよ。
あなたの娘に生まれて、本当によかったと思ってる。
大好き。
大好きだよ。

愛してくれて、ありがとう。
これからは、私が愛していくから。
これからも、一緒にがんばっていこうね。
[PR]
2012年 02月 19日 |
本日は、所用あってRichmondへ。
たいていいつもおなじみのお店に行ってしまうのですが、今回は、先月下旬にオープンしたというさぼてんにトライ。
もともとだんなはカツが好きで、カレーを用意していると『カツカレー?』なんて予定を狂わすように期待に満ちた目で確認してくるほど。
じゃあ、トンカツの老舗のカツカレーを食べてみたらいいよと、勇んで臨んだわけですよ。

b0090654_1235193.jpgこちらは、さぼてんセット。
ヒレカツ、ロースカツ、海老フライと、用意されている全てのフライを楽しめるメニューです。
写真では見えませんが、カツの後ろには千切りのキャベツもたんと乗っています。
オープンしてまだ1ヶ月ということで、待ち時間は30分と、フードコートにしてはあるまじき事態ではありましたが、でも、揚げたてザクザクの衣のカツは美味しかったです。
個人的には、やっぱり脂身が少なく、やわらかいいヒレカツがおすすめかなー。
そのままでも充分おいしかったけれど、塩胡麻、トンカツソース、タルタルソース、ポン酢といろいろ楽しめるのもよかったかな。
b0090654_12351270.jpgだんなはカツカレーの中でも、ヒレカツをチョイス。
カレーは、万人受けするようにかなりの甘口で、しかも結構水っぽかったようですが、それでも私が食べ残したごはんも一緒に平らげるほどには気にいっていましたね。

再度行くかと訊かれると微妙なところですが、なかなか自分では揚げ物をしないし、たまの外食でお手軽に…というのならまた利用してもいいかな?という感じでした。
ちなみに、だんなとしては、私が作るトンカツ(&カレー)の方がいいと、お世辞ながらも言ってくれました。
や、手間とか考えると、料理嫌いな私は、素直に喜べないんですけどねー…。
[PR]
2012年 02月 18日 |
本日は、私の誕生日。
ということで、プレゼントを買ってくれるというだんなに連れられてバンクーバーへ。
その前にとりあえず腹ごしらえをしようと寄ったのは、飛騨 高山ラーメン
いつの間にかバンクーバーには日本のラーメン屋さんが増え、いろいろ試してみたいところは多くあるのだけれど、ざざぶりの雨と駐車料金の高さを考え、『屋内で待てる』のと『地下に無料駐車場がある』のが魅力でして。

オープン当初はかなりの込み具合だったそうですが、土曜日のランチタイムなのに飲食スペースにはお客さんはたったひとり。
それも、もう一軒入っているお店のものを食べていらっしゃいました。
そんな状況で、味はどうなんだ〜?と少々不安になりつつも、とりあえずは注文を。
b0090654_1311733.jpg私は、どこのラーメンでもまず一番最初は塩を頼みます。
ということで、ここでも天然塩ラーメンを。
高山ラーメンとは、昔なつかしい『中華そば』なのだそうで、あっさりシンプルな見た目です。
そしてお味はと言うと。
すごく美味しかった!
ダシがしっかりと効いていて、塩分もひかえめ、チャーシューは溶けるほどやわらかくて、麺もコシがあって食べ応えがっつり。
うん、私は、今まで食べたラーメンの中では一番好きかも。
b0090654_1312970.jpgだんなは、いつもは味噌を頼むけれど、他のお店では見たことがない『白胡麻ラーメン』を大盛りでチョイス。
こちらはこってり濃厚なスープで、でも大好きな胡麻の味と香りが見事に効いていて、ぺろり完食。
他にも、辛味噌とか担々麺とかトマトサラダとか、食べてみたいラーメンがあるので、また行かなくちゃ。
しかし、私たちがいる間にカップルが1組来ただけだったし、あんなにお客さんが少ないと、閉店しちゃう可能性もあるから、なるべく早めに行かないとッ!
b0090654_1314077.jpgそしてバースディディナーは、へ。
以前、Coquitlamに店舗があった時に1度だけ行ってすごく気に入ったのに、その後West Vancouverへ引っ越したと聞いてからは場所も不明で、ころっと存在すら忘れていたのですが。
たまたま先日だんながこちらの方へ来た時に見つけたということで、連れてってくれました。
b0090654_1315060.jpg高級住宅街として有名なWest Vancouver、お店もかな〜り素敵な造りになっています。
ワンルームのような空間の一面に、寿司シェフのタウンター。
日本酒や焼酎も含むアルコール類も、こちらにずらっと並んでいます。
b0090654_132230.jpgこちらがキッチンカウンター。
加熱調理するものはこちらからサーブされます。
b0090654_1321357.jpgテーブル席も、天井が高い所為か、かなりゆったりとした空間となっており、また他の人の喋り声なども響かず、とても落ち着いた雰囲気でした。
b0090654_1322380.jpgさて、私は昼間ラーメンでしっかり炭水化物を摂ったし、お酒のお供にはお寿司よりもお刺身の方がいいなあと、Deluxe Assorted Sashimi(C$42)を。
7種のお刺身を2切れずつ、ということなのですが、甲殻類や軟体類が苦手な私は、全て『お魚で』と変更してもらいました。
んで。
日本で食べるお刺身みたいに美味かった!
お値段はそれなりだけれど、それでもカナダで食べる品質としては高くないと思いましたね。
b0090654_1323334.jpgしかも、飾りだと思っていたお魚(アジかな?)の頭と3枚におろした骨の部分を、お刺身を食べ終わったあとに唐揚げにしてくださったんですよ〜。
これがまた、カリカリボリボリ、いい塩味でお酒のおかわりがほしくなってしまったほど旨くてねえ。
以前、お友だちに会いに行った先で見つけたうなぎぼーんを髣髴とさせる味でした。
いや〜、ツマの大根まできれいに平らげ、大満足の一品でした♪
b0090654_1324458.jpgだんなは、Omakase Dinnerの5 Course(C$45)を。
最初に春雨の酢の物が来、私にはちょっと酸味が物足りなかったけれど、だんなとしてはちょうどいいくらいだったそう。
その後熱々の茶碗蒸しが登場。
三つ葉、椎茸、さやえんどう、ホタテの貝柱、カニ、銀杏など、具もたっぷり。
何よりたまごがダシだけの味付けなのかと思うほどダシが効いているのに薄味で、おいしかった〜。
b0090654_2592616.jpgそしてなんだかお洒落な盛りつけなのは、Fusion Style Tempura。
ごろっと大きな海老の天ぷらに、マヨネーズとマスタードベースの甘辛なレインボーソースがかかっていました。
うん、このソースだけでも、他のものに付けてもいいかもー。
b0090654_133421.jpgそしてメインは、Grilled Seafood with Beurre Blanc Sauce。
本日のシェフのチョイスは、Halibut(大鮃)。
しっかりと身のしまったお魚に温野菜、バターの効いたホワイトソースが絶品。
でも、お寿司屋さんなのにフランス料理っぽかったかも?
b0090654_2594991.jpgデザートは、コーヒーゼリー。
普通のワイングラスにたっぷりのゼリーとアイスクリームで、だんなも大満足。
ちなみに、選択としてはカスタードプリントアイスクリームもありました。
b0090654_1332367.jpgさらに、だんながコースとは別で頼んだ、うなぎ天ぷら巻き。
アボカドやキュウリなどの太巻きを、うなぎの天ぷらで包んだもの。
これがまた、くどくなくてよかったんだなあ。

よくあるお寿司屋さんよりも質が良くて、盛りつけにもこだわったお洒落感があり、かなり好印象です。
場所的に車でないと行きにくく、我が家からは車で1時間ほどかかるし、お値段的にもしょっちゅうは行けないけれど、でも『ちょっと贅沢しようかな』っていう時にはバッチリかな。
はー、幸せな誕生日をありがとうね、だんな♪

ちなみにプレゼントは、在庫がなくて入荷待ちということで、入手は3月初めごろになる予定。
うーむ、待ち遠しい…。
[PR]
2012年 02月 17日 |
b0090654_10545720.jpg1年半ほど前に、実家から引き取ってきた雛壇飾り。
昨年は、ちょうど雛祭りの時期に帰国していたため出せなかったので、今年こそリベンジ!と、本日、飾ってみました。
実家でも最後に飾ったのはいつだったかなという感じなので、みなさま、数年ぶりのお目見えで、しかも異国の空気ということで、ビックリされてないといいのですが。
最初は、お雛さまとお内裏さまだけ、もしくは3人官女までだけをもらおうと思っていたのですが、好きなお顔のうちの2人が足軽さんなので、どうしても連れてきたく、んじゃあどうせならお道具も全部持ってきてしまえ!ということで、台から全部運びました。
でも、記憶にあるよりもなんだかすごくコンパクトで、ショック。
すごく苦労してでっかい枠(台)を組み立てたと思っていたのだけれど、今の私には『こんなに小さかったっけ?』という感じで。
でも同時に、お人形さんたちの大きさにはさほど違和感がないというのが、変な感じです。
b0090654_10532942.jpgこちら、大好きなイケメンその壱、お内裏さま。
子どものころは、この人が私の理想の彼(だんなさま)でした(笑)。
b0090654_10533930.jpgそして、大好きなイケメンその弐、沓台さん。
こんな白面郎で足軽がつとまるのだろうかと心配になってしまうほどの、美青年です。
…そういえば、考えてみたら、羽柴(豊臣)秀吉さんって、足軽から天下人へとなったんですよね。
しかも、信長さんの草履をあっためたという逸話も残っているから、もしかしたら沓台さんだった可能性もあり?
b0090654_10534852.jpg大好きなイケメンその参、立傘さん。
穏やかで優しげな風貌で、こういうおじいちゃんがほしかったなあと、両親ともに父親を早くに亡くしており、おじいちゃんという存在を知らずに育った私には、小さいころからの憧れでした。
ちなみに、左大臣さんも、この方と同じような感じで好きなのですが、やはりどこか凛とした表情をされていて、子供心にちょっと『カッコいいけどこわい』と思った記憶があります。

ということで。
おそらくにゃんずが元気に雛壇に駆け上ってくれると思うので、しばらくは毎朝落ちたり転げたりしていないかを確認するのが仕事となりそうです。
ま、実家にも以前にゃんこがいたので、みなさんにゃんず攻撃は慣れていらっしゃると思うんですけどね(苦笑)。
[PR]
2012年 02月 15日 |
b0090654_9503344.jpgバレンタインの余韻が残る本日の『お外なおうち』メニューは、ドライカレー、ごろごろポテト、インゲンのしろあえ。
ドライカレーは、ごはんに混ぜて炒めるとカレーチャーハンにもなったりします。
メニュー初登場のごろごろポテトは、カレーマヨ味で。
メインがドライカレーだし、もうひとつあったラー油マヨ味でもよかったかなー?
ま、ジャガイモ大好きな私には嬉しい新メニューです♪
インゲンの白あえは、ちょっと私には甘味が強かったのですが、あまり自分ではインゲンって買わないので、久しぶりで美味しかった〜。
b0090654_9504350.jpgそしてデザートはバレンタインの翌日ということでチョコレート尽くし。
チョコロールケーキとチョコとチーズケーキのブラウニーです。
どちらも、結構甘かったそうですが、でもふわふわで美味しかったそうですー。
b0090654_9505399.jpg実は私も、ボランティア先のお子に愛情をいただきましたよ♪
わざわざカードも添えて、他の人にも配ってくれていました。
う〜ん、かわええ…。
[PR]
2012年 02月 14日 |
b0090654_143846.jpgHappy Valentine's Day!

ということで、夜勤明けで帰ってきただんなに、チョコレートのプレゼント。
ベルギー産の、17種が2個ずつ入った、なかなかにボリュームのあるものです。
お味の方は、口の中でまろやかにとろけておいしい〜ということだったので、合格かな?

そしてこの季節になると見直したくなる映画が、『Chocolat』。
派手さ(アクションとか効果とか)はないけれど、心情を丁寧に追っていってるというか、こういう見た後にほや〜んってなる映画、大好きですねー。
b0090654_1438145.jpgそしてだんなのお仕事前に、夜食代わりのデザートはチョコレート・フォンデュ。
あ、バナナ入れるの忘れた…。
季節的にまだあまり果物がおいしくないんですけどね。
普段あまり果物を食べないので、ここぞとばかりにいろいろ揃えてみました(笑)。
チョコレートソースはかなりいい感じの味になっていたようで、だんなも喜んでくれたし、よかったよかった。
[PR]