<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 03月 28日 |
日曜日の午前中に父が退院し、家に戻ってきてから、家にこもりきりの日々が続いています。
こんな状態を母がひとりでがんばっているのだと思うと本当に申し訳ないのですが、思うだけでどうにも出来ない歯がゆさもあるわけで。
それでも、あれこれと楽しいことを見つけられるのは、ある意味私の特技ではないかと思う、今日この頃。
b0090654_2225417.jpg父の退院の翌日、父よりも一足先に入退院をした祖母を訪ね、一緒に外出をしてきました。
祖母が、補聴器の電池がないといっていたのもあわせ、お掃除と電池の購入をかねて、ケアハウスでくすぶっているのを緩和せねばと思いましてね。
で、一緒にお茶をしたのが、コメダ珈琲店
愛知県を中心に、東海地方にしか店舗がないらしい喫茶店なのですが、そこのオリジナルメニュー『シロノワール』がかなり有名なのです。
ということで、私はミニサイズのものを頼んでみました。
デニッシュパンを丸く厚く焼いたものにソフトクリームをのせたようなもの、かな?
それに、パンケーキのシロップがつきます。
b0090654_22255263.jpg普通は3~4人前サイズですが、このミニサイズはひとり食べきりサイズです。
中は、こんな感じ。
デニッシュというか甘味の強いクロワッサンというか、結構サクフワです。
いつか、市販や通販で入手できるようになるといいのですが、でもきっと『その場でいただく』のが美味しさの秘訣のひとつなのかもしれませんね。 
b0090654_2225598.jpgそして昨日、ちょっと買い物に出まして。
飲兵衛な私は、たいてい買い物に行くといつもお酒売り場を覗くのですが。
見つけちゃいましたよ、素敵な日本酒。
日本史が好きで、時にドキドキワクワクハラハラな動乱期は垂涎もの、その中でも戦国時代の武将たちは大好き。
その中でも一等『奥州の独眼竜』がごひいきな私には、名前からして、惚れてまうやろーってものなのですが、それより何よりも。
b0090654_2226643.jpgなんとこのお酒、私の中の伊達氏のイメージをそのままあらわすかのように、日本酒度が+12なのです。
日本酒度というのは、まあ甘口辛口のおおよその目安なのですが、普通で±1.4で、それよりも数字が小さいものが甘口、大きいものが辛口です。
で、普通に辛口といわれるものでも、+6くらいであり、+10を超えるものはめずらしいのですよ。
ということで。
現在、冷凍庫保存でキンキンに冷やしている最中です。
うふふ、楽しみ~。

そんな感じで。
相変わらず少しずつですが、ちゃんと介護生活を楽しんでいますよ~。

伊達男の写真は、父の携帯電話で撮影。
[PR]
2012年 03月 21日 |
春休みの所為か、めちゃめちゃ混んでいた今回のフライト。
めずらしくどこにも空席がなく、結構窮屈でした。
b0090654_227361.jpgさて、恒例の機内食。
今回は、洋風か和風かのチョイスで、私は当然(?)和食を。
メニューは、焼き鳥とつくね丼、茶そば、肉じゃが、フレッシュサラダ(イタリアンドレッシング添え)、バニラアイスクリーム。
なんというか、ご飯にそばにジャガイモにと、やたらと炭水化物が多かった…。
焼き鳥もつくねもいい肴になったけれど、そばつゆでも、味は悪くなかったかな。
でも、そばつゆと肉じゃがが甘くて甘くて、途中でギブアップ。
ううむ、やはり私の味覚は、一般的じゃないのか…?

そして機内エンターテイメントでは、映画を2本、TVのバラエティ番組を1本見ました。
映画は、『一命』と『ステキ金な縛り』を。
『一命』はね、もう、すごいとしか言いようがなかったです。
ストーリーの展開の仕方、魅せ方はもちろん、役者さんたちの真に迫った演技も全部。
途中で、ちょっと目を逸らしたくなるようなシーンもありましたが、でもそれがあったからこそのストーリーなのだし。
これはね、お勧めです、ほんと。
『ステキな金縛り』は、真逆に楽しかったー。
実はこれが私は初めての三谷監督の映画なのですが、コメディなのにコメディだけではなく、それぞれのキャラクターの心の奥底までをも丁寧に描いてあって、よかったですねー。
バラエティ番組は、『和風総本家』の”外国から見た日本”の回です。
もともと帰国しているときにたまたま見た番組で、レギュラーさんたちが結構好きだったし、日本から離れて住んでみて初めて気付く日本のこともあったので、なかなかに興味深くて面白かったです。
b0090654_2282110.jpgそして軽食は、なんと箱入り!
これまでは、軽食も食事と同じようにトレイに乗せてサーブされていたんですけど、そのまま廃棄できるように手間を減らしたのかしらね?
b0090654_22114413.jpg中身は、ソーセージとコーンのパン、フレッシュフルーツ(スライスりんご)、オレンジジュースでした。
こちらも、味そのものはまあまあでしたけれど、特にパンは、あったかかったらもっと美味しかったんじゃないかなあと思います。
b0090654_22231249.jpg空港までは、姉家族が迎えに来てくれ、夕食に魚魚丸(ととまる)へ連れて行ってくれました。
ネタは新鮮だし、マグロの解体ショーなんかもやってくれるそうなのですが、いかんせん、愛知県でも東側にしか店舗がないらしく。
でも、美味しかったー。
回転寿司なのにテーブルの上に乗り切らないほどのお皿があるのは、私と甥っ子がわさびが食べられないので、直接注文をしなくてはいけなくて、どうせならと一気に頼んだら一気に全部出来上がってきてしまったからなのです…。
b0090654_2229729.jpg翌日からは、父の病院へ毎日行ってます。
以前の入院のときもそうでしたが、基本的に母と私のふたりで前半(朝から午後のリハビリ終了まで)と後半(午後のリハビリ開始から面会時間終了まで)を交代でつくのですが、昨日(20日)は、都合によりふたりとも最後までついたので、こういうときでもないとなかなかふたりで一緒に出かけたり食べにいったり出来ないということで、帰り道の途中にある和食さとへ夕飯を一緒に食べに行ってきました。
こちらは、『和膳』。
お刺身3種、季節の天ぷら、季節の小鉢、茶碗蒸し、ちりめん山椒ごはん、赤だし、漬物というラインナップ。
いろんな種類を少量ずついただけるので、こういうメニューは大好き。
やっぱ和食はいいなあ。

そして本日(21日)、父はCTスキャンから血液検査まで受け、ほぼ完治というお墨付きをいただきました。
ということで、日曜日には退院し、家に帰ってきます。
はー、よかった。
とはいえ、そうなるとまた24時間体勢の介護が必要になるので、大変といえば大変なんですけどね。
ま、やるしかないですし。
ふーっ。
[PR]
2012年 03月 16日 |
明日から4週間、すっかり恒例となった(?)定期帰国です。

帰国が決まったあとで、またもや父が入院という状況になり、その時は軽い肺炎ということで、それが治ればすぐにでも退院出来るはずだったのですが。
本日、姉から『直接会う前に知らせておこうと思って』という前書き付きで連絡があり、なんと、父がアルツハイマー型認知症であると診断されたそうで。
確かに昨年の夏の入院あたりから、何度も同じことを訊いたり、話してあったことを知らないと言ったりしており、変だなとは思っていました。
基本的にALS患者は、身体が動かないのに意識だけは最後まではっきりしていると言われていたので、痴呆は考えておらず。
ただ、その入院の原因となったのが呼吸の停止で、だからもしかしたら酸素が脳にまわらなかった時間があったために、脳に少し障害が残ったのかな、と思ったことはありました。
…なんでこう、根本的治療薬が見つかってない病気ばかり発症させるかな、父?
ただ、同じ忘れてくれるのなら、つらいとかしんどいとか、痛いとか怠いとか、そういう負の感じだといいなと願っています。
ともあれ、新しいことは忘れるけれど、昔のことは大丈夫だそうなので、なかなか会えない私のことでも、きっとある程度は覚えていてくれていることを祈りつつ。

さあ、また父の介護&母の手伝いを、頑張ってきます!
[PR]
2012年 03月 13日 |
だんながお友だちさんから教えてもらった、動画。
Needing/Getting
なんていうか、スケールがでかいというか、贅沢というか、ここまで徹底してるともう感心するしかないというか。
もともとこのOK Goさんというグループは、体当たり的なPVを作ることで人気があるようなのですが、いやはや。
彼らのオフィシャルサイトでもっといろいろ見られますので、お時間を作ってでも、ぜひ。
うん、こういうことを一生懸命やる人って、好きだわ〜。
[PR]
2012年 03月 11日 |
奇しくも、ちょうどそのとき、帰国していました。
震源地から800km以上離れている実家で、それでも震度4が観測されました。
けれど、物が落ちたり倒れたりすることもなく、その時は『長かったねえ』なんて暢気に思っていました。

そして、刻一刻と酷くなる被害状況が報道され、被災地に住んでいるお友だちや知り合い、その方たちのご家族や親類など、とにかく私が直接間接知っている方たちがご無事であることを祈っていました。

とてつもなく大きな被害の出た、東日本大震災。
今なお、行方の分からぬ人を待ち続け、不自由な生活を強いられている方がたくさんいらっしゃることと思います。
何気なく過ごす日常を、過ごせていない方たちが多くいらっしゃいます。

私に出来ることは、きっととても小さくて、無力だけれど。
ただ、応援することだけは続けていきたいと思います。
17年前に起きた阪神・淡路大震災の被災者への応援を、今でも続けていらっしゃる方々がいらっしゃるように。

たとえ上は向けなくても。
せめて、前を向いて歩いていってもらえるように。

お亡くなりになった方々のご冥福を改めてお祈りするのと同時に、生きて頑張っていらっしゃる方々の未来が少しでも優しいものでありますよう、願っています。
[PR]
2012年 03月 08日 |
大好きな曲は、たくさんあります。
日本の方のお歌はもちろん、洋楽やクラシックを含め、ジャンル問わずで、ほぼ無限大に。

その中でも、聞くたびに哀しくなるクラシックの曲が、これ。
Brahms string sextet I op18 Bflat II - Andante ma moderato
ブラームスさんの弦楽六重奏曲です。
ブラームスさんに限らず、交響曲(シンフォニー)や協奏曲(コンチェルト)はそれなりに有名ですが、ソロ以外では、こういう弦楽のみのものは結構知られていないのではないかと。
もちろん、他の方の交響曲や協奏曲、普通のオーケストラなど、大好きなものはたくさんありますが。
なぜかな、歌詞も何もないのに、聴いていると泣けてきてしまう曲は、これが一番なのですのね。
いつか、生演奏でこの曲を聴いてみたいと、思います。
そして、そんな願いがいつか叶うよう、心の底から願っています。
[PR]
2012年 03月 08日 |
b0090654_165999.jpgいつもはお弁当は水曜日の夕食にいただくのですが、昨日は外食だったので、翌木曜日の本日のランチにいただきました。
メニューは、鶏の南蛮漬け、青梗菜のクリーム煮、ごぼうとキュウリのマヨネースサラダ。
今回の鶏の南蛮漬け、なぜかやたらとだんなが大絶賛。
鶏肉がしっとりジューシーだったからか、味付けが口に合ったのか。
放っておいたらおそらく全部ペロリと平らげられそうだったので、慌てて私もいただきましたさ。
そういえばサラダがちょっと私には塩分が濃ゆかったかな。
マヨネーズを使う時にはそれ以外には何も味を足さないので、そう感じたのか、またはきゅうりなどの水切りのための塩分が残っていたのか分かりませんが。
というか、私の味覚が変という可能性の方が高いんですけど…。
b0090654_171512.jpgそして今回は、おまけつき♪
先週のお弁当メニューの、手羽先の唐揚げ。
お弁当としてはハニーガーリックを注文し、別に単品で韓国風ピリ辛たれもお願いしてあったのですが、ちょっとしたお弁当屋さんのミスで韓国風のものがキャンセルになってしまいまして。
でもそれでは申し訳ないし、今回のタレは自信作だからぜひ食べてみて!と、わざわざ私のために作ってきてくださったのです。
そして、確かにお弁当屋さんがそうおっしゃるのは誇張ではない!というくらいに美味しかった!
韓国風というくらいだからピリ辛なんですが、辛さはもちろん、なんというかコクがあって奥深い味で。
私、今後唐揚げはこの味がいいわ〜と思ってしまうほどに、美味しさにハマりました。
賞味させてくださり、ありがとうございました♪
[PR]
2012年 03月 07日 |
ボランティア先の方がひとり、来週日本へ帰られるということで、本日は学校のあとみんなでディナーを。
場所は、Thai D'or
以前私はランチに来たことがあるのですが、ディナーは初めて。
しかも、参加メンバーの中に、ここでバイトをされていらっしゃる方がおり、彼女のおすすめをお願いしましたさ〜。
b0090654_194956.jpgまずは、Som Tamm(C$10.99)。
なんと、青パパイヤのサラダです。
青パパイヤそのものは、シャキシャキっぽい食感以外には味も香りもなく、一緒に混ぜるスパイスなどが重要そう。
どうやら作り方は結構面倒そうなのですが、私はこのサラダ、気に入りましたね〜♪
b0090654_110052.jpgスープは、ココナッツミルクベースのTom Ka(C$7.99)。
チキンやシーフードなどから選べる中で、今回はお野菜を。
どうやら私、galangalというスパイスが好きみたい。
以前、他の機会で違うメニューにそれが使われているものをいただいて一口惚れ(?)をしてしまい、今回もやっぱりうまうまだなあと。
お野菜がたっぷりというのも、嬉しかったー。
b0090654_1101034.jpgこちらはLard Na(C$12.99)だったかな?
一見お蕎麦にも見える麺に、甘味の強いお醤油をからめた感じで、ちょっと不思議な味でした。
でも米粉麺だからか決してパスタの用に重くはなく、うっかりするとかなりの量を食べられてしまいそうで、危険キケン。
b0090654_1102086.jpgこちらは、Swimming Rama(左、C$12.99
)とPla Rard Prig(右、C$14.99)だと思う…。
ほうれん草とレタスを炒め、チキンをのせたSwimming Ramaは、文句なく美味しかった!
もともとほうれん草は大好きなのだけれど、レタスを炒めるというのがなかなかに食感が良くて、チキンもしっとりと味が染みていて、は〜、うま〜。
揚げたお魚にピリ辛味のお野菜をどっさりことのせたPla Rard Prigも、絶品でしたねえ。
特に、ライムの葉とレモングラスがい〜い感じの香りで、揚げ物なのにくどくなく。いやはや、やはり内容を知っている方のチョイスはハズレがなくて嬉しいわ〜。
b0090654_1102935.jpgこれはタイ料理ではおなじみのカレー、Gaeng Daeng(C$12.99)。
美味しかったのだけれど、本来はごはんなどと一緒にいただくメニューなので、そのままいただいてしまった私にはちょっと塩分がきつかったかなあ?
b0090654_1104032.jpgデザートは、揚げバナナのバニラとマンゴアイス添え。
みんなお腹がいっぱいだったので、味見だけしたいと1人前を頼んだはずなのに、サービスで(?)3人前くらい持ってきてくれました。
うひょー。
甘いものがダメな私はともかく、でもみなさんは美味しそうに食べられてましたから、お腹に余裕がある時にはぜひ試してみていただきたく。

はー、美味しかった、満足満腹♪
お喋りも楽しかったし、幸せなひと時でした。
来週からはおひとりいらっしゃらないかと思うとさみしいのですけれど、今後は日本でのご活躍をお祈りしています。
[PR]
2012年 03月 06日 |
b0090654_5344448.jpg今朝、起きたら雪が積もってた!
あれ、天気予報で、そんなこと言ってたっけ?
カナダの中では(というか唯一)温暖なバンクーバーですが、3月の積雪はまあ、めずらしいけれど有り得ないことではないのですが、全く予想していなかったので…。
b0090654_535425.jpgとはいえ、気候はちゃんと春に近付いていて、陽射しはかなり強くなってきています。
いつもはオイルヒーターにべったりなみすにゃも、今日は窓際のキャットタワーの上で寛ぎまくり。
…頭、落ちてるよー…?
b0090654_5445823.jpgなのだけど、なんだかとんでもない予報を見て、ビビってます(ピンク色の線が最高、水色の線が最低の気温を、白い線が30年の統計による平均気温を表しています)。
来週中はまあ、雨続きでそれなりに例年並みなのに、その後ガクガクッと下がって、え、マイナス10℃以下!?
おそらくそんなに冷え込むことにはならないだろうと思うのですけれど、ちょうどそのあたりからまた帰国の予定なので、またもや悪天候女の面目躍如になるのかと、みなさまには申し訳なく…をほほ。
[PR]
2012年 03月 05日 |
どうやら先月末で、愛しのたろーちゃんの正式な飼い主であったお隣さんがお引っ越しをされた模様。
同時に、昨年夏の日記で唯一遊びに来てくれていたみかんもいなくなってしまい、毎日さみしいです。
しかも、もしも今たろーちゃんがお庭にいてくれたなら、話をつけてちゃんと我が家の子に出来た機会でもあったのに…。
いなくなるのが、ちょっと早すぎたよ、たろーちゃん。
今でも、庭に面した窓にふっと鳥などの影がよぎると、つい『たろーちゃんが帰ってきたかな?』って期待してしまいます。
まだ、たろーちゃんのおうちもそのまま置いてあるからね。
いつでも、戻っておいでね。
[PR]