<   2012年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧
|
つらいけど見ちゃう。 ( 2012年 08月 29日
帰国した時にポスターか何かを見かけて気になって、カナダに戻ってきてから検索して見始めたのが、ドラマ『ビューティフルレイン』。
10万人はいると言われている若年性アルツハイマー病にかかった父親と、まだ8歳の娘の親子愛がテーマ。
若年性アルツハイマー病は、ALSと同じく完治させることが不可能な病気で、難病指定されているのだったかな?
覚えられなくなる、から、忘れてゆく、最終的には家族はもちろん自分のことも忘れてしまうという病気で、このドラマ以外でも題材になっているし、韓国でも映画になっていたような。
とにかく、本人の意思に関わらずどこまでも家族をはじめとする介護者に負担がかかっていくことは、ALSと同じだ。
しかも、ドラマの中の担当医の苗字が、父の主治医の先生と同じ(漢字は違うけれど)なのも、皮肉に思える。
私の場合は、幼すぎるからではなく、住んでいるところが遠すぎるからという理由ではあるけれど、それでも父親のために何かをしたいという気持ちが空回りしてしまうのも、分かりすぎるほどよく分かってしまう。
ただ、決定的に違うのは、当たり前だけれど、病気の症状。
若年性アルツハイマー病では、身体は健康なままなのに、脳が全てを忘れてしまうから、動くことも出来なくなってしまう、というのに対し、ALSは、脳はどこまでも怜悧なままなのに筋力(を司る神経)が麻痺してしまうために動けなくなる、ということ。
前者は、当人に自覚はなくても動けてしまうから徘徊などもあるし、そういう意味での周囲の負担は多大なもので。
逆にALSの場合、どうやっても身体は動けないから、そういう心配はないけれど、でも本人の意思はどこまでもはっきりとしているのにそれを伝えられないというつらさがあるから、むしろボケたり脳死状態になってしまった方が介護する側にとってもされる側にとっても楽なのではないかと思ってしまう。
そういう、今この状態だからこそ身を以て分かるつらさが、例え種類は違うとしても、ドラマで題材にされていると、どうしても気になってみてしまう。
見たら現実を思い出してもっとつらくなると分かっていても、それでもどこかに今後に活かせるヒントがないかと、探してしまう。
最終話がどういう終わり方になるのか分からないけれど、出来れば、希望ある余韻を残した形を望むものである。
[PR]
1週間で…。 ( 2012年 08月 25日
日本から戻ってきて、ちょうど1週間。
覚悟はしていたものの、日本の暑さにはバテ気味で、それでも気を張って父のお世話や母のお手伝いをしてはいたのですが。
カナダに戻ってきて、その気温の低さにビックリで、涼しいのにあまり何も食べたくなくて、それでもなんとか紅茶やカップスープ、ワインなど飲み物からカロリーは摂取していたのですが。
ちょうど寝室に隣接したシャワールームを改装しており、体重計がどこにあるのかも分からなかったのも、原因のひとつなのかもしれませんね。
ようやく今日、体重計を見つけて乗ってみましたら、日本で最後に計った時よりも-1.5kgでした…。
いやまあ、私の体調としては、さらに同じくらい減らしておいた方が楽チンなくらいなのですが(ここ数年で激減&リバウンドでかなりヤバかったんです)、でも1週間でちょっと減り過ぎかな、と思わないでもなく。
ま、見た目は全く変わらないし、むしろだんなには『お腹のあたりに運動が必要だね?』なんて、むしろ自分はどうなんじゃい!と反論したくなるようなことを言われてはいるので、大丈夫ではありますけれども。
…とりあえずは、胃がビックリしないよう、やわらかいものから少しずつ摂取しようかなと思います…。
[PR]
b0090654_11155822.jpgいまだ身体が絶賛時差ボケ中な中、庭と家の改装を手伝ってくれている義弟Mくんが我が家に通って来やすいようにと、うちの車を1台貸していたのですが、諸事情によりそれが必要になりまして、返してもらいにいくついでに、だんなのお気に入りのラーメン屋さん『飛騨 高山ラーメン』に寄りました。
前回もすごく美味しいと思ったし、だんなは同じく和風ラーメン好きなM君をこれまでに数度連れていっているらしいし、すでに基本の塩・味噌・白胡麻を味わっているらしい。
まあ、それはともかく。
本日の私は、時差ボケの所為か、食欲以前に胃が絶不調。
とにかく水分だけは補給しなくちゃ十水は飲んでいましたが、それ以外は紅茶はもちろんどんな水分も身体が受け付けてくれず、固形物は言わずもがな。
さらにラーメンなんてかなり油分が多いし、危ないアブナい。
それでも胃にやさしそうな野菜ラーメンを注文してはみましたが、やっぱり野菜でさえも食べるのに苦労し、だんなに面を半分ほど手伝ってもらいはしたものの、私自身はどうしても食べられず。
で、無理を承知でテイクアウトをお願いしたら、快く了承してくださり、無事、お持ち帰り出来ました。
しかも、麺もスープも一緒に入れてあったのに、夜に食べてみようとしたところ、麺がスープを吸って膨張するということもなく、そのまま温めて美味しくいただけました!
ここはラーメンというよりも中華そば屋さんということで、麺がラーメンよりも太く固めだからでしょうかね?
今度体調が万全な時にはぜひ、トマトラーメンを試してみたいものです♪
[PR]
大改装終了? ( 2012年 08月 20日
b0090654_5431347.jpg日本に行っている間に、お庭の改装が終了していました。
菜園箱が3つになり、その周りの芝生をめくって砂利を敷き、デッキの横にあったブルーベリーはフェンス脇の日当りのいい場所へ移動。
なかなかに見目良く仕上がっています。
ありがとう、だんな&義弟Mくん!
b0090654_5432381.jpgなのだけど、どうやらお野菜たちは放置されていたようで、大根は花がついてるし、ほうれん草その他も伸び放題で食べられそうにありません。
あーあ。
おちおち家を空けていられないってことなのかしらねえ?

ちなみに、現在は寝室横のシャワールームが改装中です。
私が戻るまでに作業を終えておくつもりだったらしいのですが、思っていたよりも床や壁の腐食が酷く、手間がかかってしまったそう。
でもすでに新しいシャワールームは設置され、壁も塗り直され、あとは床に新しいリノリウムを敷いて節水ライプのトイレを設置するだけとなっています。
今までよりもかなり明るくなるので、うれしーっ♪
[PR]
第29日目。 ( 2012年 08月 18日
今回の帰国は、今まで以上に『あっという間』の4週間でした。
一般的な婦女子よりも男性に誓い体力・筋力があるということで、いつも息子扱いされつつもこなしたD.I.Y.をはじめ、帰国するたびにあれこれと頼まれごとがあり。
それらも以前に比べれば、ある程度形が整った今は、改装だけですむので楽ではあるのですけれどもね。そんなこんなで過ぎた4週間、〆はやはり機内食でしょう。
b0090654_138546.jpgこちらは、チキンカツカレー。
カツのサクサク感はなかったものの、カレーは結構おいしかったと思います。
メイン以外も、青パパイヤのサラダ”SOM TAM”やスモークサーモンのアペタイザー、ビーフパストラミのデリカサラダにシンプルポテト・フレッシュ サラダにビネグレットドレッシング添えということで、なかなかに美味しいラインナップでしたね。
とはいえ、本当(?)の青パパイヤのサラダを賞味したことがある私には、ちょっとというかかなり辛味が足りないなあとは思いましたけれどね…。

映画は、あんまりこれというものがなく、『Mirror Mirror』と『宇宙兄弟』の2つのみ。
どっちもまあ楽しかったけど、おすすめ!っていうものではなかったなあ…。

b0090654_139573.jpg朝食は、メープルシロップのブリオッシュブレッド、細切りポテトサラダと野菜生活というメニュー。
サラダはともかく、メープルシロップが入ったパンは、ちょーっと私には甘すぎでしたね。
甘いケーキなどを食べられる方なら大丈夫と言うか、むしろ物足りないくらいかもしれませんが、私にはあまりにも甘すぎて、食べきれませんでした。
いつものように、ツナとかコーンとかのお惣菜パンの方が、よほどいいんじゃないかと思ったのは、私だけでしょうかねえ?

ともあれ、無事にカナダに戻ってきました。
微妙に時差ボケ中で、うっかり昼寝とかしていますが、体調を崩したりはしていませんので、ご安心くださいませね。
というか、カナダの夏が、こんなに過ごしやすいのかと改めて思うほど、日本は暑かったです…はふ。
[PR]
第28日目。ニッポンの夏。 ( 2012年 08月 17日
b0090654_1381795.jpgお盆期間には間に合いませんでしたが、母方の祖父母の墓参りに行って来ました。
お参りをすませ、帰ろうとした矢先に、正面入り口からすぐのところにある大木に、蝉がしがみついていることに気付きました。
基本的に私は、足が2本か4本であるもの以外は苦手と豪語して憚らないのですが、それでも、カナダでは味わえない『音による季節の推移』を、夏限定でももらえる蝉たちは、その地中にいる時間よりも圧倒的日常に出てからの時間が短いということで、昆虫を含む全ての虫が苦手な私でも、頑張れ〜と応援したくなってしまうのです。
7月下旬に帰国した頃には、聞いているだけで暑くなるようなアブラゼミのじーじーという声が鬱陶しかったのに、ふと気付けばもう、夏の終わりを告げるツクツクホウシが大合唱をしていたりして。
音をはじめに、小さな景色の違いから季節の移ろいを楽しむ日本の文化は、他の国に住んでいるからこそ、貴重なのだと思えるのかな。
当たり前だと思っていたことが、本当はとても希少なものなのだと気付かせてもらえただけでも、父が病気になった意味があるのだと、思います…。
[PR]
第27日目。熱々最高! ( 2012年 08月 16日
3度目の正直と言うか、今一度、レスパイトのために父を預ける病院への道順を確認するために、姉の運転で母と一緒に行って来ました。
距離的には少々遠くなるのですが、もともとがトラックなどがばんばん走る大通りのため、前回の道よりはかなりスムーズに走れ、その道へ入るための出口さえ間違わなければかなり簡単な道順であると判明し、母も私もほっとしました。
b0090654_132182.jpgほっとしたついでに、一時期は地元民であった姉のおすすめのお好み焼きのお店へ、連れていってもらいました。
二輪・四輪問わず、ライダーたちの憧れの地である鈴鹿サーキットからほど近いところにあるお好み焼きのお店、
浪花でおますです。
b0090654_1322949.jpg基本的に、カウンター席でなければ焼いて持って来てくれるお好み焼き、今回は甥っ子がいたためか、マヨネーズ等でアンパンマンの顔を描いてくれましたー。
b0090654_1324185.jpgコチッラは私が頼んだ、ほうれん草とベーコンのポパイ焼き。
とろけるチーズも入って、美味美味でしたよー。
b0090654_13252100.jpgこちらは母が頼んだもの、キムチ入りのものです。
キムチはもちろん、お肉や野菜などもてんこ盛りで、お好み焼きって本当に自分が好きな『お好みのもの』を入れて焼けばいいんだなあと、改めて思いましたね。
b0090654_133487.jpgさらに、姉おすすめのサイドメニュー、『オムレツ』です。
ふわとろオムレツに、好きなトッピングで頼めるこれは、もしかしたらメインのお好み焼きよりも人気があるメニューかも?
b0090654_133184.jpgこちらは、定番オムレツにトマトを入れたもの。
野菜好きな母や私は、普通のものよりもこちらの方が好きでしたね。

お好み焼きそのものも、他店よりはわずかに割高ではありますが、それでも支払うだけの価値はある味とボリュームだと思います。
ここ以外にチェーン店があるかどうかは分かりませんが、もしも鈴鹿サーキットへおいでになる時にはぜひ、ご賞味いただけるといいなと思うほどには、おすすめのお店でしたねー。
[PR]
第25日目。極楽の2日間。 ( 2012年 08月 14日
父の病気が発覚して以来、なかなか遠出がままならない私のために、お友だちがふたり、隣県から遊びに来てくださいました。
隣県とはいっても、実家は県の西の端にあり、お友だちはふたりとも東側に隣接した県の出身で、しかもうちひとりは隣県でもさらに東のほうにお住まいで。
なのに、夏休みだからとわざわざ一泊の予定を立てていらしてくださり、今回は父の様子もかなり落ち着いていることもあり、母が私も(何かあったらすぐに帰ってこれる距離でもあるから)一緒にお泊りしておいでといってくれまして、久しぶりに時間を気にすることなくゆっくりとおデートを楽しむことが出来ました。
b0090654_21472049.jpg待ち合わせは、ウェッジウッド・ザ ハウス オブ ティーで。
憧れのアフタヌーン・ティはちょっと量が多くて重そうだったので、比較的食べられそうなものが多いランチのセット(?)を。

こちらはセットの前菜のサラダと、平日なのに『ウィークエンド・ブレックファースト・ティ』(笑)。
紅茶は、カップ3杯分あり、あとのほうは濃くなりますのでミルクを入れてお楽しみください、といわれ、つい『お湯の継ぎ足しサービスはないのね…』と残念に思ってしまいました。
だってイギリスの紅茶といえばミルクティであり、ミルクを入れるのは当たり前で、だから濃いときはお湯を足して楽しむはずなのに…。
まあ、美味しかったからいいけどさ。
b0090654_21473385.jpgこちらがメインのセット。
チーズ、スモークサーモン、トマト、きゅうりのサンドウィッチと、スコーン、チーズ、フルーツ、ショートブレッドクッキーというラインナップ。
ぱっと見た目にはそんなに量はないし、大丈夫だろうと思っていたのに、半分くらい食べたあたりでギブアップ。
それでもお持ち帰りは出来ないということで、甘くないものだけはがんばって食べましたけど、いやはや、侮れんぜイギリスメニュー…。
b0090654_21474271.jpgこちらは最後のデザート。
3種の中から選べるのですが、一番小さいものを選び、それでもやっぱり食べられなくて、ケーキ大好きなお友だちに食べていただきました♪
ありがとうございましたー。

その後は周囲を気にせず喋られるという利点を最大限に利用するためいカラオケルームに行ったり、早々にホテルにチェックインしてさらに喋ったりしまして。
b0090654_21475067.jpg夕食は、ホテルから徒歩数分のところにあった『イタリア食堂GiGi』というところへ。
店内はそれほど広くはなく、案内されたのは2階席。
木目が基調の、派手すぎない優しい雰囲気の店内でした。

こちらは突き出し。
スライスされた大根と、少々ピリ辛なサルサが美味~。
これだけをもっと大量に一品として頼みたいくらいでした。
b0090654_21475919.jpgまずは、生ハムとルッコラのサラダ。
実はルッコラを食べるのは初めてだったのですが、いやみのない苦味が生ハムとドレッシングにあってて美味しかったー。
いつか庭にも植えてみよう…。
b0090654_2148830.jpgイベリコ豚のソーセージ。
ソーセージはもちろん、付け合せの豆の煮付け(?)も美味しかったです。
b0090654_21481742.jpg三河風のもも肉は、トマトソースと一緒に。
b0090654_21482537.jpgこれはええとなんだったかな。
写真がボケている所為ではなく、メニューの名前を忘れてしまった…。
でも、美味しかったことは確かです!
b0090654_21483317.jpgサーモンとキノコのクリームソース。
クリームソースなのに重くなく、バクバクと食べられた逸品。
b0090654_21484186.jpgそして、飲兵衛がふたりいたので、イタリアワインも当然のように注文しましたよ。
ともあれここは、味にハズレがなく、雰囲気も上々、カナダに引っ越したりしていなければリピートしてたと思うくらい大当たりなお店でした♪

さらに、ホテルに戻るときには日本酒(750ml)を2本も買い込み、翌朝4時ごろまでお喋りしてました~。
ふっふっふ。
b0090654_21484890.jpg2日目の朝はゆっくりめに、地下街にある名古屋老舗のサンドウィッチのお店コンパルで。
モーニングセットはハムと卵のトーストサンドだったのですが、私は一等お気に入りのミックスサンドを。
とはいえこれも起き抜けで働いていない胃には多すぎて、半分ほどお友だちに助けてもらったんですけどね…。
その後もお喋りに重きを置いて、あちこち移動しながらお茶しまくり、夕方4時半ごろのお開きまで、本当にお本当に楽しくて美味しい時間を過ごさせていただきました。
Aさん、Yさん、わざわざ遠いところまでいらしてくださり、そして素敵な機会をご一緒させてくださり、ほんとうにありがとうございました!
[PR]
第20日目。ドライブへ。 ( 2012年 08月 09日
一昨日の火曜日、秋に父をレスパイトで預ける病院へ、担当の医師に問診を(母が代理で)受けるために行ってきました。
実家からは43km離れたところにあり、けれど姉夫婦が一時期住んでいたところからは程近いため、今回は姉が運転してくれました。
渋滞にハマったりしながらも、何とか医師との面会も出来、ほっとしつつ、帰路の途中で遅くなったランチを取りました。
b0090654_6385973.jpg大通りを走っていたのであまり飲食店はなく、とりあえず目に付いたBRONCO BILLYへ入ることに。
ここはサラダバー、大かまどごはん、日替わりスープがつくので、かなりのボリューム。
サラダだけでも、全種類制覇したわけでもないのに、こんなにたっぷりもらっちゃいました♪
b0090654_639851.jpgこちらは、ジューシーがんことチキンステーキのコンビ。
ハンバーグもそれ以外も食べたいというワガママな私にはうれしい、ちょっと贅沢なメニューです。
姉は私と同じものを、母は和風鬼下ろしハンバーグを、レディースセットでさらにスイーツがついたランチでした。
そして本日は、『レスパイト中に母がひとりで父を訪ねる場合』を想定し、母の運転で私が念のために同乗し、今一度病院へ行ってみることに。
一昨日は急いでいたので高速道路を使ったのですが、母は一般道路で行きたい人なので、道順の下見が必要なのです。
本来ならば、病院の近くまでずっと道なりに走ればいいはずなのに、どこで間違えたか、全く違うところに出てしまい、うっかり迷子になりかけました。
それでも、以前姉が住んでいたところの近くだったため、おおよその位置はわかってはいたのですが、そこから病院へ行く方法がわからず、大往生。
とりあえず、道を訊くためと昼食を取るために、目に入った小さなお店に入りました。
b0090654_6392380.jpg23号線と一色という信号の交差点の角にあったD and M's cafe 12:3(だったかな)という個人経営のところで、正直、見た目はあまりぱっとしない、古そうなところでした。
でも入ってみると、クマのぬいぐるみがいすに座っていたり、透明なテーブルクロスの下に手縫いの刺し子(?)が飾ってあったり、いたるところにわんこやにゃんこの写真(というか雑誌等からの切り抜き?)が飾ってあったりと、なかなかに内装にはこだわりのありそうな感じでした。
パスタや幕の内弁当、日替わりの定食等があるランチメニューの中、私が選んだのは、卵とじハンバーグ定食。
カツなどなら卵とじはあるけれど、ハンバーグでは見かけないなと思いまして。
母は、おろしを選んだのですが、実はどちらもかーなーり塩分(というかお醤油)がきつくて。
ハンバーグも、卵とじも、煮物も茶碗蒸しも味噌汁も、それぞれはちゃんと美味しいのに、全体的に塩辛くて、ちょっと残念。
しかも、目的のひとつであった病院の場所はぜんぜん知らなかったようで、空振りで。
それでもまあ、昔私が、『もしも自分で店を持つなら』という理想に近い、こじんまりとして、メニューは多くなく、でもご近所さんなどの常連さんが来てくれるようなアットホームなお店、という感じで、よかったです。
…問題は、迷子の末にたどり着いたところなので、二度と行けないだろうなということでしょうかね…。
[PR]
第19日目。婆上と。 ( 2012年 08月 08日
b0090654_62759100.jpgお盆には行けないからと、本日、ケアハウスにいる祖母をつれてお墓参りに行ってきました。
その帰り道に、ランチに寄ったのは、昨年冬に姉に連れてきてもらったまるさ水産
祖母は前回同様、祖母は選べる刺身3種盛り定食(¥1,000)、私は海鮮ユッケ丼(¥1,000)を。
これ、大正解でした!
一口大にぶつ切りされたマグロ、はまち、サーモンなどが、ごはんの上に敷かれたカイワレ大根の上に黄身つきでどっさり乗っており、別添のたれもごま油の風味が聞いたピリ辛で、これがまた卵と混ざるとウマ~!
味噌汁もアラ汁で、でも肴の臭みなんてぜんぜんなくて、うまうま。
祖母も、『盆と正月がいっぺんに来たみたい』と喜んでくれ、イヤでも今は盆だけだからと、お約束な突っ込みを入れさせてもらいましたけどね。
ここはもう、祖母との外出の定店にしようかなー。
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Gold Snow Skin by Sun&Moon