胡桃林の寝子日和。
chats.exblog.jp
讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
ブログトップOut
<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
2013年 04月 30日 |
b0090654_9432819.jpg日中の車内はサウナ状態に暑いのに外の空気はまだまだ冷たい本日の『お外なおうち』は、手羽先の唐揚げ、青梗菜のクリーム煮、ポテトサラダ。
手羽先はなんと、ハニーガーリックと韓国ダレと2味ありましたので、両方お願いしちゃいましたよ。
だってだんなは絶対ハニーガリックって言うけど、わたしはピリ辛も好きなので韓国ダレも食べたかったんだもん!
で、どっちも美味しかったのだけど、やはりというか、お互いの意見は予想通りでした(笑)。
青梗菜のクリーム煮とポテトサラダは、安定のまろやか味。
多分、手羽先を韓国ダレのピリ辛でいただいたわたしは、余計にその美味しさを味わえたんじゃないかな。
b0090654_9433923.jpgそして受け渡しの時に『裏メニューあるよ』と囁いていただき、一足お先に山菜おこわの素も入手しました♪
一緒に移っているのは、先週注文していたはずがいただき忘れてしまった数の子こんぶです。
どちらも今の季節にしか食べられないので、機会は逃さないのだ!
[PR]
2013年 04月 28日 |
いきなり韓国料理が食べたいモードになってただんなに、誘拐されるように車へ。
なのに、目的だった我が家から一番近いところは日曜日の夕食時間だというのに店内は暗いまま、仕方なく以前通ったところへ移動したなら、そちらはなんと閉店していた!
もう韓国料理は諦めようと、しばらくご無沙汰だったギリシャ料理店、Kostas Greek Restaurantへ行くことに。
b0090654_7161716.jpgまずは、だいたいメインを頼めばどの店でもついてくるピタパンとギリシャサラダ。
なのに、特にサラダのドレッシングはお店によって結構特徴があり、ここのは酸味も塩分もほとんどなくてかなりマイルド。
空きっ腹にはちょうどよいわね〜。
b0090654_7162833.jpgこちらはわたしのメイン、Greek Dinner(C$15.95)。
ギリシャ料理の代表とも言える、Spanakopita(ほうれん草とチーズのパイ包み)、Calamari(イカの唐揚げ)、Dolmadakia(ロールキャベツをキャベツの代わりにブドウの葉を使ったものっぽいもの)の3点セットです。
全体的に薄味で、すごーくわたし好み♪
とはいえ、軟体類・甲殻類のシーフードが苦手な私は、カラマリは半分以上だんなのお腹におさまりましたけどね。
その分、めずらしくもきっちりと残さず食べ切れたのは嬉しかったなー。
b0090654_7163970.jpgだんなは、本日のスペシャル、Chicken Souvlaki with Prawns(C$15.95)です。
わたしとは逆に海老などが大好きなだんなは、きっとチキンだけなら頼んでなかったでしょう(笑)。
こちらはピラフやベイクドポテトもついていてかなりのボリュームでしたが、私のイカも合わせてだんなも完食。
美味しいものはたくさん食べられるのかしらん。

いつもギリシャ料理店では、あれこれ種類が食べられる2人用のディナーセットを頼むことが多いのですが、たまにはこういうのもいいなあ。
[PR]
2013年 04月 23日 |
b0090654_4332156.jpgまだまだ八重桜(?)が満開な本日の『お外なおうち』メニューは、棒棒鶏、チャプチェ、にんじんサラダ。
棒棒鶏って、鶏肉ときゅうり(またはレタス)のみで出来る、結構お手軽な品なのに、そういえば自分で作ったことがないことに気付きました。
原因はやっぱり、タレが面倒だからかなあ?
ともあれ、鶏肉をにゃんこに盗られないように死守しながら、うまうまの胡麻ダレでいただきましたよー。
今回はちょいピリ辛めのチャプチェと、辛さを柔和するマヨネーズ味のサラダで、キレイに完食!
今回はなんだかすごくヘルシーな献立でしたね。
b0090654_43333100.jpgデザートは、お団子。
みたらしときな粉+メープルシロップをいただきました。
9月のお月見の時期に、ボランティア先へ作って持っていくくらいしか、自分では作らないお団子。
でも実はだんなのお気に入りでもあるし、実家の近所の香ばしくお醤油誰を少々焦がしたお団子は大好きなので。
雨が少なくなってきた最近、BBQグリルを出して、作ってみてもいいかなー。
[PR]
2013年 04月 22日 |
b0090654_4313143.jpgせっかく石けん作りキットが出ているうちにと、もうひとつ仕込んでみました。
美肌効果をねらって、酒粕と牛乳入りです。
…なのですが。
トレースが出て型に流し込む直前に酒粕を混ぜてみたら、いきなり分離した!!!
こんな状態ではさすがの牛乳パックも役に立たず、慌てて湯煎用のボールに戻すことに。
b0090654_4314431.jpgで、いつもは40度くらいのお湯で温める生地を、少々高めの温度で湯煎しぐーるぐる。
1時間ほどで、トレース状態をすっ飛ばし、マッシュポテトのようにもたーんと固まってくれました。
b0090654_4315879.jpgそれを型に移し込んだら、固すぎて表面が平らになってくれなかった…。
それでもまあ何とか使えるものにはなってくれるんじゃないかな。
で、こんなことになった敗因はおそらく、水分量。
苛性ソーダ水を作る分量から、酒粕の分を引いておくのを忘れちゃったんですよね。
というのも、うちの酒粕は、私がどぶろくを作った時に出るもので、市販のものよりもかなり水分が多いんです。
ま、次回からはそれももうちょっと気をつけませんと、ね…。
[PR]
2013年 04月 20日 |
b0090654_927950.jpg久しぶりに、廃油ではない石けんを仕込みました。
これは、仕事のあと職場のシャワールームで汗を流すだんなの希望で、デオドラント効果のあるIrish Spring Deodorant Soapを入れたものです。
レシピとしては、1Lの牛乳パック1本分ですが、手作り石けんは解けやすいから大きめで作ってという要望もあり、8cm四方で3cmほどの厚さの容器に。
普段は7cm四方で20cmほどの高さの牛乳パックを横にして使うので、1個あたりの大きさはだいたい7x6x1.5cmくらいなのですが(あれこれ作ってみた結果、このサイズが一番手で持ちやすかった)、だんなならこれくらいでもいいかなーと。
b0090654_9272239.jpgこちらが、コンフェ(コンフェティ、本来の意味は舞台上で使われる紙吹雪ですが、手作り石けんでは大小を問わずタネとは別に入れる小さな固形の石鹸のことをいうようです)。
チーズ卸し器でIrish Springの固形石けん約1個分(約というのはだんなが少々使って減っていたからです)をごりごりと卸したものです。
自分で作る、香料の少ない手作り石けんに慣れた私には、卸している時から香りがきつくて鼻が痛くなったのですが、タネに混ぜてしまえばそれほどでもないかも?
解けやすい手作り石けんに、小さくした市販の石けんがスクラブのようになるといいなあと願いつつ。
[PR]
2013年 04月 17日 |
本日、外出先で久しぶりにID(身分証明書)の提示を求められました。
ええ、酒屋さんで。

BC衆は違法飲酒に対する取り締まりが結構厳しく、飲酒運転はもちろん、未成年の酒類購入もきっちりしています。
日本のように、自動販売機でお酒が買えるなんてもってのほか!
お酒は酒屋さんでしか売っていないし、店内でもあやしいと思われればその場で年齢を確認されます。
なので、基本として『25歳未満』に見えたらまずID提示を求められます。

日本ですら実年齢よりも幼く見えていた私、カナダに来てからも三十路に突入するあたりまでは当然のように年齢を訊かれていました。
最近はそれもなかったんですけどねえ。
だって、お酒が飲めるようになるまでの年齢と同じだけ、年とってるんですよ?
いくら童顔だとはいえ、目尻の皺も気になるし、白髪だって増えてきてるのに。
しかも、レジのおばちゃん、私の運転免許証を確認したとたん、『ウフフ』ってな感じでにや〜んって笑ったの!
ねえそれ、どういう意味かなっ!?

そんな感じで、あんまりにもありえねーと思ったのでした…。
[PR]
2013年 04月 16日 |
b0090654_2131039.jpg三寒四温でヒーター必須の日と半袖のTシャツでオッケーな日がぐるぐるして困ってる本日の『お外なおうち』メニューは、焼き鳥、肉じゃが、春雨の中華風サラダです。
なんと、焼き鳥はお弁当屋さんの初のメニュー!
1月に帰国していた時、だんなと焼き鳥屋さんに行ったのですが、そこでやたらとだんなが気に入っていたので嬉しい〜。
これはやっぱりお酒が必要でしょう!
そして居酒屋等では定番な肉じゃがと、さっぱりサラダでグー。
でも全体的にちょーっと私には甘味が強かったかなあ…。
b0090654_2132329.jpgデザートは、作るのが大変ということらしく、なかなかメニューに上らないプリンケーキ。
今回はカスタード、チョコに、『裏メニューあるよ〜』という甘言に飛びついてしまったパンプキン。
そしてだんなが一番気に入ったのがパンプキンでした。
そうだよねえ、パンプキン・パイとか大好きだし。
カボチャを丸ごと焼いたグラタン(?)も、結構な頻度で作ってーってせがむし。
ふふ、どんどんお気に入りが増えてよろしいことですわね♪
[PR]
2013年 04月 13日 |
b0090654_7594697.jpg久〜しぶりの外食です。
なぜかだんなが、通勤途中にあるインドカレーのお店にどうしても行きたいと言うので、少々遠路ながらも行ってきました。
お店は、どうやら数年行かなかった間に店内改装をしたらしい、Mirch Masala
でもメニューは記憶にあるものとほとんど変わりはないようで、ひと安心。
ということで、オーダーしたのは、ナン3種(Butter(C$1.50)、Garlic Basil(C$2.50)、Onion Cilantro(C$2.50))、カレー4種(Malai Kofta(C$8.99)、Shrimp Korma(C$13.99)、Butter Chicken(C$10.99)、Lamb Vindaloo(C$11.99))とVegetable Biriyani(C$8.99)。
ナンはやっぱり、ガーリック&バジルが一番好きかな。
玉ねぎ&シラントロ(コリアンダー)も美味しいけれど、いまいちカレーに負けてるような。
バターナンは、いい香りなんだけどちょっとオイリーだったかな。
カレーはどれもグー。
でも私は辛口なラムが一等好き。
だんなは当然バターチキン。
ポテトボールが入ったマライコフタと海老入りのコーマは、基本は同じ味のようで、あんまりカレーっぽくはなかったけれど、そのままスープとしていただけそうな感じでした。
他のテーブルで、インド系の方々が鉄板焼きのようなものも頼んでいたので、カレーだけじゃなくおかず系も美味しそうだなあとちょっと横目で見たりして。
うん、やっぱりこのお店はハズレがなくてよいわー。
[PR]
2013年 04月 09日 |
b0090654_745924.jpg結構肌寒いんだけど冬の上着はいまいち…という微妙なお天気の本日、『お外なおうち』は酢豚、焼きビーフン、カリフラワーのカレーマリネというメニューです。
お酢はもちろん、酸味のあるものに火を通すものは苦手な私ですが、お弁当屋さんの酢豚は、平気なんですよね。
多分、名前ほどにお酢が利いてないからかしら?
おなじみの野菜たっぷりビーフンと黄色いカリフラワーも、安定の美味しさです。

さらに本日は、デザートメニューにいちご大福が登場!
私の中で一等症ないちご大福は、実家の近所で『期間・個数限定』で個人で作られているところのものなんですが、なかなか自分では作ろうとはしない一品です。
でも、クリスマスシーズンの温室栽培のものよりも、露地栽培でもおいしい今の季節のいちごはやっぱり絶品!
…なんだけど。
つ、粒あんだったんだ…がっくり(←ぷちぷち系の食感が苦手)。
私の中では、なぜか大福=上用まんじゅう系、という図式があって、こしあんだと理由もなく思い込んでいたんですよ…。
うん、でもいいの、美味しかったもん。
だんなも気に入ってくれたし、オッケーですともさっ。
[PR]
2013年 04月 08日 |
これを知らないと困る!ということでもないんだろうけど。

ネットをしていると、Eメールをはじめ、個人を特定するページではIDとパスワードを訊かれることがよくあります。
で、その訊かれ方の違いについて。
おおまかに3種、『サインイン』『ログイン』『ログオン』。
一番多いのは『ログイン』かな?
これって、どう違うんでしょ?
…そういえば、サインオンって聞かないなあ。
[PR]
頁とっぷ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
風鈴 Skin by Sun&Moon