胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
|
2013年 06月 30日 |
前回からひと月も経たないうちに、またもやG麺です。
だんなとしては、隣州に住んでいる弟くんが帰って来ているし、末弟くんもラーメンは好きだからということで、連れていきたかったらしいのですが、どうやら彼らにも予定があってフラれてしまったらしく。
でもだんなはすでにG麺モードに突入していたので、とにかく行くぞっと誘拐されました(笑)。
b0090654_14162092.jpg前回は塩を頼んだので、今回は正油を。
これが結構グー。
鰹の出汁がすごーく利いてて、かなりあっさりした味でした。
基本、ラーメンは塩!と思っている私ですが、この正油はハマりそうなくらい美味しかった!
んもう、大正解!って感じです。

だんなは前回と同じものでしたが、やはり美味しいと顔はにやけ気味。
ちなみに、各テーブル常備のおろしにんにくをどかんと入れることも必須らしい…。
あとランチメニューで試してないのは、和えそばというスープのない、つけ麺のみ。
夜は居酒屋さんになり、それはそれでものすごーく気になるメニューがいっぱいあるのですが、なかなか(にゃんずのごはんのために)時間的に行けそうにないのが残念。
うちの近くにこういうお店、出来ないかなあ…。
[PR]
2013年 06月 29日 |
だんなが、UBCに住んでいるお友だちに渡すものがあるからということで、ついでに彼も誘って夕食に行くことに。
菜食主義である彼でも食べられるものがあればと検索して、Nubaというレバノン料理のお店を発見。
以前、Habibi'sという中東料理のレストランがお気に入りだった私たちは、とにかく試さなくちゃ!といそいそいそいそ。
b0090654_14131121.jpgまずは前菜、Le Petit Feast(C$16)。
ひよこ豆のペーストHummus、クスクスとパセリのサラダtaboulleh、炙ったナスのペーストbaba ghanoojにビーツの漬物を、ピタパンとともにいただくのですが。
うま〜!
これ、絶対にマストメニューです。
だんなが気に入ったナスのペースト、どこかにレシピないかなあ。
他のものはそこそこ作れると思うんだけど、どうやったらナスをペーストに出来るのか、不思議…。
b0090654_14132399.jpgこちらは私のオーダー、本日のおすすめでもあるLamb Kibbeh Sainieh(C$9)。
中東風ピザという感じだけれど、酸味の利いた(多分)Hummusにラムの挽き肉、アーティチョークも乗ってて、すんごい私好み!
少々塩分はきつめかな、と思ったけれど、許容範囲内だったし、うん、今度自分でピザを焼く時の参考にしよう♪
b0090654_14133322.jpgだんなは、Lamb Hushwie(C$9)。
形状は違えど、私の頼んだものと味は結構似てるかも?
味としては、酸味はなく、むしろピタパンとかと一緒に食べたい感じでした。

ちなみにお友だちさんが頼んだStuffed Eggplant(C$17)はかなりボリュームがあり、しかもすごーく美味しそうだったので、次回を楽しみにしていたりします。
…なかなか、夕食のために遠出が出来ないので、いつになるかは分かんないんですけどね…。
[PR]
2013年 06月 25日 |
昨日の時点では『受け渡し日時の詳細を記した書面』が送られて来るということだったのに、今日もう一度確認してみたら、『PRカードは申込者に直接郵送される』となっていた!
あれ?
ってことは、4週間とか関係なく、ただ待ってればいいってこと?
どれくらい待てばというおおよその日数も併記してほしいなあ…。
[PR]
2013年 06月 24日 |
5年ごとに更新手続きをしなければならなくなったPR(Permanent resident=移民)カード。
5月下旬に切れてしまうので、2月初めにカナダに戻ってきてからすぐに必要書類を集め、3月半ばに申請をしました。
オンラインで経過をチェック出来るということで、ちょこちょこ覗いていたのですが、私が申請用紙を送った日付けをかなりすぎても、『経過が確認出来ません』という表示がずーっと続いていました。
で、ようやく先日、『5月下旬に受理されました。4週間以内に受け渡しの詳細を記した書面が届きます』という確認が出来まして。
やったー!っと思ったのも束の間、受理された日付けから4週間経った今日になっても、書面が届かない…!
カナダの郵便事情は日本に比べるとかなり悪く、遅延は当然、盗難(クレジットカードの明細等は特に盗まれやすい)もめずらしくはないので、ちょっと心配です。
遅れているだけならいいのだけれど、受け取りの日時は指定されているので、それに間に合わなかったらまた申請し直しかもしれず、あわあわしています。
うーん、いっそ、直接電話して、訊いてみるべきかしら…?
[PR]
2013年 06月 22日 |
久しぶりのディナー外食は、だんなが同僚さんから薦められたというOriginal Joe’s
とにかく、ビールの品揃えが豊富で、酒屋さんや他のレストランではあまり見かけないものも置いてあるんだとか。
あまり炭酸系は得意でない私ですが、ゴハンも美味しいから!と言われたそうなので行ってみることに。
b0090654_6595355.jpgまずはビールに合いそうで、しかもだんなが好きなpork ribsを、めずらしくも地中海風の味付けがされたMediterranean Short Ribs(C$10)。
これ、大正解!
ビール自慢のお店のスターターなので、少々塩分が強めなのは仕方がないのですが、にんにくとハーブ、黒胡椒を効かせてバリッパリに揚げてあって、うんま〜!
地中海風ということでヨーグルトディップのtzatzikiがそれにまろやかさとさっぱりさを加味して、ちょー美味ーっ!
リブ肉なので骨付きで少々食べにくいのが難ですが、これは絶対おすすめです。
ちなみに私のドリンクは当然、ビール。
日替わりのおすすめで、この日はちょうどBC州の地ビールが安かったので、それを500mlくらいのグラスで。
濃いめでコクがあるビールが好きな私としては少々軽すぎるものでしたが、うん、まあ、いいんじゃないかな?
b0090654_70686.jpgメインは、やはり初めてのお店ということで、The Original(C$12)。
付け合わせは2種類選べるということだったので、caesar saladとだんなの好きなsweet potato friesをチョイス。
他のレストランと変わらないパンはともかく。
ハンバーグが絶品。
バーガーサイズではありますが、日本のハンバーグステーキにでも出来そうなくらいやわらか〜い!
野菜も、モスバーガーには負けますが、かなりしっかり乗っているし、うん、これは良いよ!
最近めっきり高値になったファーストフードのセットに比べれば、値段としては1.5倍くらいかもしれないけど、絶対こっちの方がいいと思う。
他にも美味しそうなメニューがいっぱいあるので、また来なくっちゃだわ。
[PR]
2013年 06月 09日 |
b0090654_7243049.jpgだんなが仕事に出かけようとしたら、外に停めてあった車の下に新顔さんがいた!
近寄ろうとすると逃げるけど、でも遠くまではいかず、数メートル先でまた座り込むという、人見知りさんではありますが。
ぱっと見た目は、南西の斜向かいさんちのにゃんこシンバと似ていますが、身体はひと回り小さく、顔も女の子っぽいような?
b0090654_7244330.jpgそういえばここ最近、やたらとたつぼんが表道路に面したリビングの窓でわおわおと鳴いていたんですが、もしかしたらこの子がいたのかも。
車の下で寛いでいたり、玄関先で座り込んでいたり、どう見ても『初めて』ではなさそう。
玄関側によくいたみかんやティミーもいない今、次はこの子のテリトリーになるのかな。
しっかし、入れ替わり立ち替わり、ほんとにゃんこの多い家よねえ…。
[PR]
2013年 06月 02日 |
b0090654_1337524.jpgRichmond市へ行く所用のほとんどが、日本の100均のお店、ダイソーへ寄ることなのですが。
そのダイソーが入っているショッピングモールに、日本の食器等を扱っているお店が入っており、そこも私の憩いの場となっています。
で、今回食器ではないのですが、うっかり一目惚れしてしまったのが、この暖簾。
私の好きなちょっとくすんだ緑色で、ちょうどラーメン屋さんでびっくりどっきりの逢瀬をしたこともあり、かかれてる言葉にじーんときちゃいまして。
しかもまるくったいにゃんずの雰囲気が我が家の甘えたさんたちそっくりであることも加味されて、衝動買いしちゃいました。
…うん、私って基本、一目惚れの人かも…。
いやでも今回は、他の店にいただんなをわざわざ引っ張って来て『これいいよね?』って見せてからの購入なので、衝動買いとはちょっと違うのかな?

ただね、日本の暖簾って、日本の扉(横幅90x高さ180cm)を基本に作られているので、カナダのお家ではきっちりフィットするところはないし、どうしても違和感はあるんだけど。
でも、私のプライベートスペースは、テーブルを日本のちゃぶ台の高さに足を切ってもらったり、あちこちに日本から持ち帰ったものを使ったり、ついでに私の書道の作品も加えたりして結構和風な雰囲気になっているので、この暖簾でさらに和風度がアップするといいなあ。
[PR]
2013年 06月 02日 |
以前、Richmond市にあったラーメン店G麺
いつの間にか場所を変え、おそらくはオーナーも変わって、開店していました!
お帰りなさい〜〜〜!

場所としては、以前からそんなには変わらず日本の100均のお店ダイソーが入っているショッピングモールからほど近い場所にあり、店内の席数も以前とそれほど大差のない小さなところです。
が、何よりもメニューが増えた!
どうしても遠方ということで、お酒の入る夜は行き難い私にとって、メインはランチメニューなのですが、以前は塩か醤油かという2択に近いものだったのに比べ、現在は豚骨ベースの担々麺やスープなしの和え麺、トッピングもあれこれ追加出来るようになっていました。
そうそう、ちょうどお店に入った時に、ボランティア先でお世話になっている方のお家から2軒先にお住まいのご家族と偶然お会いしました!
直接の関わりはあまりなくても、イベントがあるとちょくちょく顔を合わせるし、知り合い以上友だち未満な感じの方々なのですが、お互いにお店からの距離を考えると偶然なんて考えもしないくらいで、いやあ、びっくり。
b0090654_856030.jpgとりあえず私は、どこに行ってもまずは基本(?)の塩ラーメン(C$8.75)、トッピングはミックスベジタブル(C$2.50)で。
メニューには、叉焼とかバター&コーンとかも載っていますが、基本的に、普通の塩ラーメン+トッピングの値段です。
これは他の醤油や豚骨ラーメンも同様かと。
結論から言うと、美味しかった!
トッピングの野菜は少々冷めていたけれど、スープにぐいぐい押し込んでしまえばどうってことなかったし、細めの麺も茹で過ぎではなく、何よりスープがすごーく控えめな味だったのが良かった!
基本的に私は塩分や化学調味料が多いのが苦手で、だから美味しいまずいの判断はむしろ曖昧なクセに、逆に不味いと思うことはないけれど『美味しいけどしょっぱい』と感じることが多いのですが、今回はもう、うまうまでした!
ついでに、苦手な叉焼やメンマを全てだんなの丼に移し美味しいところだけを食べられたのは、本当にラッキー(笑)。
b0090654_856848.jpgだんなは、Tonkotsu Tantan Men(C$9.50)。
だんなの基本は、とんこつラーメン。
それが味噌味ならば、さらにウェルカム、という感じです。
今回、残念ながら豚骨ベースの味噌ラーメンはディナーメニューにしかないということだったのですが、それでも胡麻とピーナッツがたっぷりの濃厚スープはかなりお気に召したようです。
ここ最近気に入っていた、Downtown Vancouverにある中華そば屋さんの胡麻味噌ラーメンを凌ぐほどの味だったということで、お店があるうちは機会ごとに行きそうな勢いです。
機会があれば、自分の好きなところには弟くんたちも連れていきたいという兄の鏡のような人だし、特に日系のお店だと私も連れ出されることになるんだろうなあ。
ま、なかなか日本に帰国しても思い通りにはならないので、許されるならこちらで思いっきり美味しいものを食べさせてもらっても、いいかな?
[PR]
2013年 06月 01日 |
外食大好き、というよりも、自分で料理することが嫌いな私のために、唯一ゆっくり夕食を食べに行ける朝シフトの期間は、だんなは結構お外に連れ出してくれます。
b0090654_854057.jpg本日は、新しく出来た小さなショッピングモールの片隅に位置する、NOMA Sushi Japanese Restaurantへお試しに。外観はシンプルで、パティオもあり、結構広いのかと思っていたら、なかは思ったよりも席が少なく、手狭な感じでした。
でも、店名のロゴが毛筆体で、かわいいお魚もついていたりして、なんだかちょっと嬉しくなりました。
そうよね、私もこういうデザインが出来るようにならなくては!
b0090654_8541325.jpgでも結構拘った内装のようで、床は一面、池の上に立っているかのように、ところどころに鯉などが描かれています。
b0090654_854246.jpg油絵っぽい感じで、本物の池の上にガラスやアクリルの板を置いたらこんなふうかな、と思って、ちょっとどきどき。
まあ、メニューに『鯉』がなくてよかったですけどね(笑)。
b0090654_8543480.jpgまずは、Assorted Sashimi(C$16.95)。
メニューには何が何切れ、等書いてなく、しかもお魚以外の刺身(イカ・タコ・エビ・貝等)な私はいつも出来る限り多少加金してでも交換してもらうのですが、お願いすることを忘れまして。でも、やってきたのはこんなに豪華な『お魚のみ』の盛り合わせ。
サーモン2種(多分キングと紅)、マグロ2種(普通のと白鮪)、はまちに、あとは鯛かな?
全てが肉厚で大きく、しかも口の中でとろける感じで美味〜!
カナダでは、これだけを購入するだけでもおそらくつけられた値段以上するんじゃないかな。
これはもう、すんごい『お得』な一品です。
b0090654_8544471.jpg続いて、Assorted Tempura(4pcs prawn、5pcs vegetable C$9.95)。
なんとなーく日本の天ぷらと衣が違うような気はしつつも、それでも揚げたて熱々で衣もザクザク、かなり高評価です。
海老もでかかったし、野菜は、カボチャ、アスパラ、シイタケにサツマイモ2つ。
特にシイタケは、カナダでは天ぷらの具材としてはめずらしいんじゃないかな?
盛りつけにも拘っているようで、いっこいっこ外から崩していかないと大変なことになる(笑)んですが、お料理は見た目からという意味ではすごーくグー。
ただ、天つゆに大根おろし(または紅葉おろし)がついてなかったのが残念ポイントかも。
b0090654_8545437.jpgこちらはJazz Roll(C$9.95)。
うなぎ、カニ、アボカド、きゅうり等を入れた巻き寿司を揚げ、スモークサーモンを乗せたもの。
彩りよくかけられているソースもクセがなく、鰻の脂の多さが苦手な私でも食べられた、万人受けしそうなものです。
b0090654_855438.jpgこのAngry Roll(C$9.95)は、とにかく見た目で選んでみました(笑)。
わざわざ写真付きのスペシャルロールのなかで、先のJazz Rollとあんまり具材が被らないものを、と探し、ごはんの代わりに春雨を使い、ちょい辛めのソースという、私の好みに近いかな?
多少時間はかかりましたが、デーぶるに置かれた時には、うん、びっくりした(苦笑)。
でも、揚げられた春雨はやっぱりちょっとくどかったし、巻き寿司のなかの春雨はなんだかイマイチ食感がよろしくなくて、おそらく2度と頼むことはないと思うけれど、まあ、初めての人を連れていく時にはインパクトのあるものだと思います。

メニュー全般としては、普通の巻き物は少なく、演出重視のスペシャルロールが重要視されているようですが、お刺身の盛り合わせを考慮に入れると、生ものに結構信頼が置けるかも?です。
日本人や日系人の多いバンクーバーから離れた地域なので、あまり贅沢は言えませんが、創作に懲りすぎてミョーなソースをかけられる某店寄りは、うん、いいんじゃないかなあ。
ということで、ご近所にお住まいのお友だち!
ランチとかディナーとか、行きませんかッ!?
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon