讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
| |
|
2013年 07月 31日 | |
b0090654_553583.jpg我が家の庭にある池、鯉が2匹とコメットという種類の金魚が十数匹いたんですが、実は昨冬、私が帰国している間にちょっとしたアクシデントがあり、金魚2匹を残して全滅してしまっていました。
3歳半になる鯉や2〜3歳のぎょぴちゃんたちは、体長20cmくらいまで大きくなってくれていたのに…。
ともあれ、さすがに2匹だけじゃあ(池がバスタブのようにでかいので)さみしいだろうと、本日、新たに10匹をお迎えしました。
体長は2cmくらいのちびっこたちです。
全員が馴染んでくれるのが一番だけど、せめて半分くらいはがんばってくれるといいなあ。
[PR]
2013年 07月 27日 | |
b0090654_547912.jpg私やだんなが庭にいると、たいていやって来る、南西の斜向かいさんちのにゃんこ、シンバ。
はじめのうちはうろうろと足元に来ては撫でれ〜と催促しますが、ある程度満足すると、菜園箱に入り、まったり。
しかも、他にも大きくあいたところがあるというのに、なぜかこの一角がお気に入りらしい。
鳥やリスなど、特にいちごやブルーベリーなどを啄んでいくので、シンバが番犬ならぬ番猫をしてくれているとありがたいのだ。
[PR]
2013年 07月 26日 | |
b0090654_12301134.jpg5月半ばに我が家にやってきたゆずの木に、ようやく新しい葉っぱが出始めました。
直植えならば大きくなるのも実がなるのも早いそうなのですが、冬の寒さにどこまで耐えられるのかが不安なので、とりあえず最初は大きめの鉢で育てています。
最近は暑い日が続いていたし、やっと植え替えた土にも馴染んでくれたのかな〜。
b0090654_12302475.jpgでも、同じ親木に植え付けられたかぼすの方が、いまいち元気がありません。
葉っぱに黄色い部分が出てしまい、なんとなく見た目もしょぼくれている感じ。
同じ鉢、同じ親木なので、全く同じ条件なのに、なぜ違う?
唯一思いつくのは、親木から植え付けられた位置かな。
ゆずは、土から5cmほどの高さで植え付けられていますが、かぼすは20cmくらい上からなんですよ。
もしかしたら親木のからたちの木に、栄養が吸い取られていたり…しないよねえ?
とりあえず、実はならないまでも、枯れないように、がんばってくれ〜。
[PR]
2013年 07月 24日 | |
暑い日には暑い国の料理を食べよう!ということで、本日はタイ料理に挑戦。
b0090654_1472932.jpg左は、昨年の春に日本に帰られたボランティア先のお友だちYさんから伝授いただいた、Som Tammと呼ばれる青パパイヤのサラダ。
トッピングのクラッシュピーナッツがなかったので、松の実で代用してしまいましたが、それはそれで結構イケました。
右は、同じくYさんがバイトをされていたお店のおすすめレシピですと教えてくださった、タイサラダ。
レタスの上に、Galanga(タイのショウガ)やRoasted Rice、Fish Sauce(ナンプラー)、ライムジュース等で風味をつけた挽き肉と野菜や香草をドレッシングの代わりに乗せて食べます。
これがね、美味しいんですよ!
どちらのサラダも、早めに作って(タイサラダは食べる前にお肉を乗せますが)冷蔵庫で冷やして味を馴染ませておいたら、自分で言うのもなんだけど、超ウマ!
だんなにも大好評でした♪
b0090654_1474046.jpgさらにメインは、ガパオ(バジル)炒めごはん(参考レシピはこちら)。
庭にわっさわっさと育っているバジルの葉も大量消費出来、しかもこれもだんなは大絶賛。
そんなにタイ料理好きだったっけ?と首をかしげたくなりましたが、まあ、喜んでもらえたのなら良かった良かった。
作り方は簡単だけど、材料や調味料があれこれ結構多くて面倒なので、次回はまた来年とか、かな〜。
[PR]
2013年 07月 23日 | |
b0090654_1402895.jpg本日、ボランティア先の『今年度もお疲れさまでしたのランチパーティ』に行ってきました。
とはいえ、今年度は子どもの数が極端に少なく、前期は閉校、後期もボランティアを含めて講師側は3人だけというさみしい感じだったので、パーティもこじんまりと。
でも気心の知れたメンバーなので、楽しかったですけどね。
普段はなかなかプライベートなことなどお話しする時間がないので、こういう機会は嬉しいです。
持ち寄り料理は、いなり寿司、五目いなり、サーモンコロッケのきゅうりカナッペ、春雨サラダにおからチキンナゲット。
デザートに手作りどら焼きと、ブルーベリー。
お昼間の4時間くらいでしたが、たくさんお喋り出来て楽しかった〜。
みなさま、1年間、おつかれさまでした!
[PR]
2013年 07月 22日 | |
b0090654_3561465.jpg久しぶりにお豆腐を手作りし、ついでに出来たおからで、おからチキンナゲット(参考レシピはこちら)を作りました。
大きめスプーンで形成したものが、どどーんと60個以上!
ふっふっふ。
でもこれは、明日用なのさっ。
[PR]
2013年 07月 13日 | |
また行ってきました、だんなのお気に入り和食レストラン、NOMA Sushi Japanese Restaurantb0090654_3291731.jpgまずは私のチョイス、Spicy Seafood Salad(C$8.95)。
これ、大正解!
マグロやサーモンの一口サイズのお刺身がごろごろ入ってて、葉っぱもいっぱい、ちょい甘辛のダークソースとピリ辛のレッドソースが混ざって、うんま〜。
しかも、サラダとは侮れないほどのボリュームで、軽く女性の一食分以上はあったんじゃないかな。
うん、これはおすすめでっす。
b0090654_329533.jpgそして今回は、Boat for two(C$39.95)というものを頼んでみました。
まずは、エビの酢の物。
なぜかカナダの酢の物って、甘酢の汁物のように水分がたっぷりです。
そして、基本は春雨もどき(?)とエビ、レモンのスライス。
なーんかちょっと違うような気がするのは、私だけ?
b0090654_329301.jpgこちらは天ぷら6ピース。
2人前なのに、2個ずつあるかと思いきや、なぜか1個ずつしかないものの方が多かった…。
まあ、その方が種類は多く食べられるとはいえ、なんだかなあ。
ま、衣はサクサクだし、美味しかったからいいんですけどね(でも天つゆには大根おろしか紅葉おろしが欲しかったなあ)。
b0090654_3294080.jpgこれがメインの舟盛り、お刺身6切れ、ダイナマイト巻き&カリフォルニア巻き、マグロとサーモンの握り寿司。
やっぱりお刺身がかなり厚くてでかくて、太っ腹なサービス。
しかも、巻き物もごはんより中の具の方が多いという素晴らしさであります。
b0090654_329507.jpg最後に、照り焼き。
ビーフかチキンから選べます(これはチキン)。
熱々の鉄板も嬉しいけれど、てんこ盛りのもやしも嬉しい♪
味はちょっと濃いめですが、ごはんやもやしと一緒に食べるのならばこれくらいでもいいのかな。

量としては、最初のサラダも合わせると、2人で2食分くらいあったかも。
でもどれも美味しかったし、やっぱりハズレなしと、これからも期待していいかな〜。
[PR]
2013年 07月 08日 | |
今年は春が遅く、種蒔きしたのは5月に入ってから。
それでも2ヶ月で、あれこれ収穫出来るようになってきました。
b0090654_57379.jpg一番奥は、じゃがいも。
一昨年の大根から種が落ちたのか、いくつか大根も植わっていますが、じゃがいもに負けて葉っぱもひょろひょろです。
真ん中は、バジル、シソ、パセリ、ホウレンソウ、ケールなどの葉ものと、ビーツと大根が少々。
手前は、コーンサラダ、ニンジン、ホースラディッシュと、大根2種(青首と辛味)。
ニンジンは、なぜか出て来た芽が全部食べられてしまって、やり直しなのでまだまだ時間はかかりそう。
そのニンジンと植え付けが遅かったビーツとホースラディッシュ以外は、収穫バリバリです♪
b0090654_575211.jpg少しずつ収穫出来ている、いちごとエンドウ。
エンドウの真ん中に実はきゅうりもあるんですが、なかなか大きくなりません。
真ん中右寄りの鉢では、5月半ばに入手した柚子とカボスの木も、まだ枯れずに頑張ってくれています。
b0090654_58469.jpgということで、本日の夕食用に、お庭で採れたじゃがいもを蒸かしてみました。
ほっくほクで、美味〜。
お店で買うものよりも、かなり味がしっかりしていて、塩も何にもなしで食べられます。
うひゃひゃ〜い。
[PR]
2013年 07月 03日 | |
先月下旬から待っていた新しいPR(Permanent resident=移民)カードがようやく届きました!
やったー!
郵送してから3ヶ月半、まあまあかな?

これで国外に出られる(というかカナダに戻ってこられる)ので、安心して帰国の計画が立てられます。
とはいえ、どうせ今からでは夏休み中のチケットは無理だろうし、そもそも今月末にいつ予約が取れるか要確認ですが8月中(運が悪ければもっと後)にだんなの鼠系ヘルニアの手術の可能性があるし、9月末には義弟くんの結婚式もあるので、それ以降かなあ。

ともあれ、問題なくカードが届いてよかったー。
ふーっ。
[PR]
2013年 07月 01日 | |
b0090654_14174260.jpg今日はね、本当に暑かったんです。
いつもなら、日本に比べれば湿度が低いカナダなので、少々気温が高くても、直射日光が入らないようにすれば平気なんですけど。
上の数字は室内、まあ、真夏気候なら当たり前ですが。
下の数字、直射日光の当たるところの数値です。

…ありえねえ!

バターはもちろん、チーズも融ける温度です。
パンや納豆の発酵にも、高すぎる温度です。
気象庁が伝える気温は、日陰でのものだと聞いたことがありますが、うん、それも納得です。
こんな日向の温度、伝えられないよねえ。
とりあえずこの熱波は、明日以降はなりをひそめ、普通の『カナダの夏』になるそうなので、ほっとしています。
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon