胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
Top |out
<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 03月 25日 |
昨年末にエラーをおこした我が家のエコカーが、ようやく直りました。

最初は、エラー表示としてはABSシステムが原因だということで、ディーラーさんに持っていったら『バッテリーを交換すれば大丈夫です』と言われたのに、全然状態は改善されず(しかもバッテリー代と人件費はしっかり取られた)。
そうしたら、『あと考えられるのはECUですね』ということだったのですが、これがまー高い高い。
普通にディーラーさんでお願いすると、税込み金額でC$3,000以上かかると言われ、現在10年目の我が車の価格の半分くらいには相当することになり、とりあえず保留ということにしまして。

で、一応この間の帰国の時に、日本でお値打ちに入手出来ないかと探してはみたんですが、特にコンピュータ関係のものはきちんとその車に合うかどうかの確認のために車検証(製造番号?)が必要だということで、却下され。
修理は不可能なのかとディーラーさんと話をしてみたら、新車を買ってくれるなら修理をしない状態でC$2,000で下取りしてくれると言ってくれたんですが、それもなんだかなーと迷ったりして。

そうこうしていたら、だんなの末弟くんがアメリカから中古品を入手してくれまして。
早速予約を取り、今朝ディーラーさんに持っていき、夕方には部品の交換終了、さらに問題も解決されましたと連絡が入りました。
しかも、部品(送料込み)と交換の人件費を合わせても、最初に提示された金額の約1/5ですみましたし。
やったー!
末弟くん、ありがとう!
…最初に交換したバッテリー代を返せと言いたいけど、無理だろうなあ…。

しかし、日本のように数年ごとに新車に買い替えるならばともかく、出来る限り自分でメンテ・修理をして乗りつぶすくらいの気持ちでいるカナダでは、ディーラーさんに頼まなくちゃいけない部分が多いエコカーは維持費がかかりすぎるのかも。
車としては私は気に入ってるけど、もともとどうしてもほしい!と購入したものではないし、ある程度の価格で売れるうちに手放した方がいいのかなあ?
[PR]
2014年 03月 15日 |
日本に帰っていたこともあり、かな〜り久〜しぶりにだんなと外食。
私がうっかりハマってしまった煽りを食らったのか、だんなも最近結構韓国ブームで、今回も韓国料理が食べられるところに行ってみようということになりまして。
今までに試してないところを探し、本来は和食のお店ですがメニューに韓国料理もあるということでAkasaka Japanese Restaurantへ。
b0090654_12164170.jpgまずは、Queen’s Roll(C$12.95)。
巻き寿司形態ではありますが、ごはんと海苔の代わりにsoy paperというものを使用してあります。
なので、主食というよりは寿司種のおつまみのような感じかな?
具としてはピリ辛鮪、サーモン、エビ天、きゅうり、アボカドなどが入っていて、なかなかのボリュームでありながら、ごはんではないために結構食べられちゃいます。
b0090654_12165042.jpgこちらはPopcorn Scallop Roll(C$10.95)。
カリフォルニアロール(具はカニかま&アボカド)にエビ天を加えた巻き寿司に、貝柱の唐揚げとソースがかけてありました。
b0090654_1217017.jpgこれはTiger Roll(C$8.95)。
同様にカリフォルニアロール&エビ天&レタスの巻き寿司にクルマエビ(?)とアボカドが外側に巻いてあり、酸味の利いたソースがかかっていました。

どれも、創作巻き寿司としては日本の味を壊しているわけでもなく、かなりのハイレベルだと思うし、注文して5分以内に来たというのが驚きです。
もちろん、巻き寿司の中のエビ天は冷めてはいるけれど、衣がしっとりしたりくどくなったりしているわけでもなく、なかなかにグー。
b0090654_1217996.jpgさらに、だんなのお弁当にいいかなと追加注文したのが、ブルゴギと辛味肉鍋のセット。
鍋は、リブ・辛味肉・豆腐と3種あったのですが、これだけがちょい辛な味付けだということでチョイス。
薄切りの牛肉をメインに、春雨その他の野菜と溶き卵が入っていて、これもウマ〜。
多分、ダシダ(韓国風だしの素)とコチュジャンで味は再生出来そうかなと思いましたが、試食としては充分以上でしたね。
ちょっと分かりにくい場所にありましたが、今後もご贔屓にしたいと思います。

さらにおまけとして、ずっとご贔屓にしていた和食レストランがテナントとして入っていた場所が改装の際、閉店されてしまったのですが、そのお店のオーナーの奥様をここで発見♪
ご主人はもう定年の年齢だということで、新たに店を構えるつもりはないそうですが、それでも(誰にでも親しく話しかけるだんなを)覚えていてくださり、また来ますねと約束しました。
うーん、このお店に行くのはいいけど、それよりもだんなさまの鶏の唐揚げとか餃子とか、また食べたいんだけどなー?
[PR]
2014年 03月 07日 |
b0090654_121299.jpgカナダに住んで15年、初めて鳩を見たような?
しかも、日本でよく見る青みがかった濃い灰色ではなく、かなり白っぽい。
首の後ろにマークがあるのは愛嬌かしら?
だんなはダヴ(石けん等で有名な会社Doveのロゴマークでもあります)じゃないかと言ってますが、さて、どうだろう?
[PR]
2014年 03月 03日 |
昨日日本から戻って、我が家に着いたのは11時半ごろ。
あれこれ荷物を片付け、睡魔に勝てずにベッドにもぐり込んだのがお昼12時半あたり。
夕ごはんのためににゃんこに起こされたのが夜7時、残業出勤のだんなの帰るのを待って再度布団に戻ったのが9時半くらいだったかな?
そして今朝、5時半ごろににゃんこに起こされるまで1度も起きることなく寝倒しました。
…ええっと、トータル14時間半?
でもおかげで今回は時差ボケにならずにすみそうです。
ほっ。

さー、掃除っ!洗濯っ!

[PR]
2014年 03月 02日 |
b0090654_05203555.jpg2週間の帰国を終え、本日はカナダに戻る日。
義兄と甥っ子が地元の空港まで送ってくれ、感謝です。

搭乗時間になり、出発ゲートの近くに行く時に見かけた、日本航空系沖縄発日本トランスオーシャン航空の「ジンベエジェット」。
かわええ〜〜〜!
b0090654_05204317.jpg成田では定刻通りに出発準備は整ったものの、相変わらず夕刻時は出発便が多いらしく、滑走路の使用待ちで30分遅れ。
それでも追い風のおかげでバンクーバーには10分ほど遅れただけで着きました。

機内食は、春の蒸しちらし御飯、彩り野菜のマリネ スモークサーモンとイタヤ貝、ハーブチキンとポテトサラダ、フレッシュ サラダにハーゲンダッツ アイスクリーム。
3月ということでちらしご飯なのでしょうか、ご飯もきれいなピンク色に染められ、さくらの花びらを象ったトッピングもあってなかなかに見た目はグー。
味もあっさりとしていて食べやすく、和洋どちらにもあうサラダ等の付け合わせも美味しく、久しぶりに飲み物は日本酒をいただいてしまいました。

見た映画は、『永遠の0』と『清洲会議』。『永遠の0』は戦争ものということで迷ったのですが、あらすじからあまり生々しいシーンはないだろうと見てみることに。
うん、すごくよかった。
現代も過去もどちらのシーンも丁寧で、過去を探るために会うそれぞれの人たちが語るオムニバスという感じでしたが、時間が前後しているにも関わらず混乱することもなく。
ただ、自分の命よりも家族を大切にしていた優しくも強い人がいたという、どんな理由でも死んでいい人なんていないけれど、愚かな戦争で亡くすにはあまりにも惜しい人だった、そういう人たちのことを絶対に忘れてはいけないと、思いました。
『清洲会議』は、うーん、三谷監督だからと期待していたほどおもしろくはなかったなあ。
もっとこう、シニカルで風刺の効いた笑いがあると思っていたんだけど…。
とはいえ、見始めてすぐに猛烈な睡魔に襲われ、半分まで来たところで寝てしまい、途中で起きてなんとか最後まで見たけれど、やっぱり眠いままで、結局軽食のために機内の電気がついたのさえ知らずに寝転けていたので、もしかしたらちゃんと見れてなかっただけかもしれませんが。
b0090654_05205169.jpg他の人よりも遅れていただいた到着前の軽食は、アボカドチーズパン、コールスローサラダ、野菜ジュースとコンソメ スープ。
今までは甘いパンが多かったのに、今回はアボカドチーズということで私でも食べられました。
やったね!

そしてバンクーバーに着いたらなんと、雪!
日本を出た時には気温は10℃以上あったので、久しぶりに寒〜く感じました。
睡魔は続いていて、このまま冬眠したいかも〜という感じだったから、だんなが迎えに来てくれて本当に助かりました。
次の帰国は未定だけれど、それまでにあれこれ起こりそうでドキドキです…。
[PR]
2014年 03月 01日 |
b0090654_05092100.jpg東海地区ではおそらく知らない人はいないだろうというラーメンチェーン店Sugakiyaが、新聞の丸々全面を使って『3月1日と2日の2日間は全品半額!』と広告していました。
子どものころから食べ慣れすぎて、好きだけどしょっちゅうはいいやーという感じではありますが、半額なら行ってみようかという気分になります。
ということで、祖母を見舞ったあとに、食べてきました。
ランチで混みそうな時間帯を避けて遅めに行ったのですが、それでも注文までに10分、料理が出来るまでに15分と、ファーストフードなラーメン店にしてはかなり時間がかかりましたね。
それでも久しぶりにいただいてみて、なつかしくも美味しく、たいていはスーパーで袋売りされているものを買って家で作ることが多いのですが、たまにはお店でいただくのもいいなあと思いました。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Book Skin by Sun&Moon