胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 09月 28日 |
b0090654_5325520.jpgカナダの調理台には魚焼きグリルというものがついていないため、なかなか焼き魚というものを自宅で食べることは出来ません。
屋外でのBBQはとてもポピュラーなのですが、どうしてもお肉を焼く網に魚の匂いがつくのを躊躇してしまうんですよね。
そこで我が家は、お肉用とお魚用とグリル網を分け、昔ながらの日本のように炭火で調理します。

昨日、だんなが斜向かいのMさんと一緒に釣りに行った時、三枚に下ろした骨の部分や頭などはそのままゴミにしてしまうというのを聞いて、それは勿体ない!といただけることになりまして。
恒常的に魚を食べる習慣のない北米の人たちは、下ろすのでさえもあまり得意でないらしくかなり骨に身がついた状態だし、種類によっては骨だけだって揚げたりして食べるアジア人から見れば勿体ないことこの上ないんですよね。

で、釣れたでっかいキングサーモンの廃棄部分(…)の一部が、これ。
なんと、頭だけでも1.5kgあったというデカブツで、骨の部分も半分にしてさえ、20x30cmくらいの網いっぱいになるほどのサイズです。
私は体の部分を、そのまま味を付けずに焼き、だんなはしっぽに近い半分を照り焼き風にしてグリルしていただきました。
とれたて新鮮の身は、やっぱり美味しい!
しかも、ガス等の人工ではなく、炭火は最高!
日本に帰るたび、お魚の新鮮さと美味しさを実感するのですが、カナダでも全く不可能ではないということが判明したので、これからもどんどんだんなには釣りに行ってもらいたいものです♪
[PR]
豊作!
2014年 09月 28日 |
b0090654_2304673.jpg種蒔きしたのは5月頃、でも今年は暑くなるのが遅く、夏の帰国前には育つかどうか不安なほど小さな苗だったトマト。
が、日本から戻ってきたらすごい勢いで伸びててびっくり。
b0090654_231133.jpgこれ、普通の大きさのトマトとプチトマト、1本ずつしかないはずなんだけどな?
b0090654_2311271.jpgおかげで最近は、2〜3日でこれくらいずつの収穫があり、豊作過ぎてうれしい悲鳴を上げています。
ただ、すでに下の方の茎に潰され気味の実はぐちゃぐちゃになっていたり虫に食われていたりしており、そろそろ気温も高くないので現在成っているもの全てを収穫出来るかは不明。
とりあえずは、新鮮なうちにサラダとか、パスタソースに使って、残りそうならペーストにして冷凍保存…かな?
[PR]
2014年 09月 26日 |
韓国系のお店やレストランに置いてある、無料の新聞。
毎回というワケではありませんが、気がつけばもらうようにしています。
b0090654_2211272.jpg今回はこの3種。
一番よく目にするのが左のもので、他の2誌は今回初めて見つけました。
中のセール広告から察するにおそらくは週刊なのでしょうが、A3くらいの大きさで紙も薄いながらも光沢があり、なにより全ページカラー印刷!
結構コストがかかってんじゃないかと、要らぬ心配をしてしまいます。
b0090654_22113726.jpgしかも、どれも反対(裏)側から見るとまた違った表紙があり、真ん中で上下が変わっています。
こういう印刷の仕方は日本のものやカナダのものでは余り見ない気がしますが、韓国ではよくあるものなのかしら?

ともあれ、ハングルそのものは読めても全く意味が分からず、しかもちゃんとした発音も知らないので、もらって来る意味はあるのかと疑問に思ったりもしますが。
それでもなるべく視界にハングルを、音として韓国語を身近に置いておくことにより、少しでも慣れることが出来るといいなあと期待しています。
実際、覚えた単語(特に変形しない名詞など)は、会話やお歌などの中でも『あ!』と気付くことが出来る時もあるので、全く無駄じゃない、はず?
しかし、こういうものを、せめて現在の英字新聞と同じくらいに読めるようになるのはいつになることやら…。
[PR]
2014年 09月 26日 |
熱いものが食べたくなるので。
またもや韓国料理ですが、本日はChamnamoo Korean Restaurantへ。
ここはいつ来ても、店内が混雑しているということはないのですが、絶対に韓国人のお客さんが数組いらっしゃるので、本場の味(?)なんだと思います。
b0090654_22101534.jpg来るたびに少しずつ変わる、突き出し。
今回初めて、イカの塩辛(でももちろん唐辛子漬け)がありました。
b0090654_22102672.jpg동태탕(Dongtae-Tang)、冷凍タラのスープです。
白菜、もやし、パプリカ、春菊などがあっさりスープの中にどっさりこ。
めずらしくコチュジャンを使っていないのか、スープが透明だったのですが、なかなかにグー。
b0090654_2210369.jpgだんなのは、石焼きプルコギ丼になるのかな〜?
ごはんはもちろんだけれど、具もかなり多くて、お得感たっぷり。
店員さんも親切だし、お気に入りのお店ですね。
[PR]
2014年 09月 21日 |
朝から、なぜかやたらと元気に『今日はHatchery(人工ふ化場)に行こう!』と張り切っていただんな。
確かに、ここ数年は鮭釣りがイマイチで以前のように採れなかったのに、ここ数週間は義父や義弟くんたちが近場に釣りに行って収穫高を上げていることも影響しているのでしょうけど…。
b0090654_22434451.jpgまず最初に行ったのは、Inch Creek Salmonid Enhancement Facility。
b0090654_22435585.jpgいかにもな彫刻が迎え入れてくれましたよ。
b0090654_22441171.jpg思っていたよりも小規模で、今はまだ稚魚しかいないとのこと。
b0090654_22442164.jpg裏庭に、底まで見通せるほどきれいな池があったのですが、逆に魚その他の生き物が全くいなかったのが不思議でした。
b0090654_22443418.jpg次に向かう先の途中で、だんなが以前、バイクツアーか何かで見つけた、仏像。
そもそも本道から離れた砂利道の、それも注意して見ていなければ見逃してしまいそうなほどひっそりとあり、事故が起こりそうなところではなさそうだけれど、もしかしたら何か曰くがあるのかも?
みかんなどの果物も供えてあったし、苔が全く付いてないことからも、まだ新しいことは確かですが。
何のためなのかしらね?
b0090654_22444319.jpgそして訪れた、Chehalis River Salmonid Enhancement Facility。
b0090654_22445761.jpgここはそれなりの規模で、稚魚もたくさんいました。
b0090654_2245681.jpgいずれここも、産卵のために遡上してきた鮭でいっぱいになるはず。
b0090654_22451675.jpgたとえ現在は、こんな10cmにも満たないような稚魚であっても!
b0090654_22452599.jpg裏手の川は、鮭の遡上ルートになっているらしく、すでに満身創痍の鮭の姿が見られました。
b0090654_22453397.jpg画面を四分割した右下に、鮭が居るのが分かるかな?
b0090654_22454237.jpg真ん中に、かなり身体が赤くなった鮭が居ます。
カナダ西海岸では、一般的に鮭釣りは夏がピークですが、日本の荒巻シャケのように、冬に向けての収穫もあるようです。
釣りのためではなく、遡上を見るには10月半ばから11月初めにかけてが見頃なのだそうで、都会から少し足を伸ばしての日帰り旅行におすすめです。

でも、私としては、鮭はやっぱり、刺身でもグリルでも、見るよりも食べたいなーと思うんですけどねぇ…。
[PR]
2014年 09月 20日 |
だんなの探し物のため、久しぶりにVancouverへ。
地域としては、私がいつも友人と会うエリアなのですが、だんなはもう何年ぶりかというほどブランクがあるので、あっちでキョロキョロこっちでウロウロ。
それでもまあ、なんとか欲しかったものは見つかったようでひと安心。
b0090654_11115847.jpg途中で『腹が減っては戦が出来ぬ』とばかりに、ランチに立ち寄ったのがここ、Belgium Place
このあたりは年1〜2回はうろつくんだけど、はじめて見るような?
絶対にうちの近所では有り得ないような小洒落たところで、尚且つ、年齢層広く男性が立ち寄っていたのも印象的でした。
b0090654_1112758.jpg店内はオープンキッチンで、外に面した壁がほぼ全面窓ガラスということもあり、とても開放感がありました。
特にカナダでは衛生面に拘る私たちにとって、この『オープンキッチン』というのはとても重要です。
だって、客の目から見てどれくらいきれいかというのが一目瞭然ですからね。
b0090654_11121584.jpgまずはドリンクから。
普通に紅茶とモカ(日本ではコーヒーの豆の名前として知られていますが、カナダではココア入りコーヒーという方が一般的です)ですが、つまみを乗せられるデザインのトレイが可愛かった!
実際、他のお客さんで、ちっちゃなクッキー等のスナックが乗せられているのも見ましたしね。
b0090654_11122438.jpg私のランチは、Poteauflette Quiche(C$5.90)。
ハム、ポテト、玉ねぎとシメイチーズのキッシュです。
少々塩分がきついかな?とも思ったのですが、多分味付けではなく、ハムかチーズの所為ではないかと。
b0090654_11123271.jpgだんなは、Belgian Croque Monsieur(C$6.50)。
もしかしたら、初クロックムッシュです。
カリカリのトーストに、チーズやハムの他、エンダイブなども入っており、なんだかとってもお洒落な感じ。
こちらも少々塩辛かったのですがまあ、仕方がないのかな。
お値段と量もそれなりだし、こういうお店が我が家の近くにあると本当にうれしいんですけどねー。
[PR]
2014年 09月 12日 |
里帰り中に入手した韓国語の教材や、勉強したいと思う切欠になった関連商品が届いた本日、うっかりだんなまで韓国モードになってしまったようで、K-Town Korean BBQ & Hot Potへ行こうということになりました。
ここは過去二回(1回目2回目)来ていますが、今のところハズレなしのお店です。
が、前回来た時に、メニューその他全面改装するという話も聞き、ちょっとドキドキしていました。
お店の名前も、『Surfin Sumo Hawaiian BBQ and Social House』と、なんだか韓国系とは全く思えないようなものに変貌していました。
b0090654_3454582.jpgメニューの大半がハワイアン(?)になっていた中で、それでもと私が選んだのは、鍋物。
骨付きの豚肉がメインの、チゲです。
シーフードが苦手なので、むしろこれは味としてはありがたかったのですが、具のほとんどが骨で、食べられるものが少なかったのが難点かなあ?
b0090654_3455465.jpgだんなは、リブ肉系のものだと思うけど、なんだったかな?
調理法も味付けも以前とあまり変わらない韓国風で、だから見た目が以前よりもお洒落になってはいてもご贔屓にしたいねとは話していたのですが、メニューを見る限り、ハワイアン(というよりも欧米風)なものがほとんどで、韓国の味を求めている私たちにとっては、改変はありがたくないのですが。
本場ではないところで味わうことが出来るということに、まずは感謝すべきなのでしょうね〜。
[PR]
2014年 09月 12日 |
b0090654_328672.jpg里帰りしていた間に購入し、船便で送った荷物が届きました。
嵩張るものや重いものがメインなので、衣類や本などがほとんどだったのですが、その中でも特に待ちわびていたのが、これ。
そう、韓国語のテキスト(CD付き)です。

カナダでも韓国語を学べるところはあると思うのですが、基本は『英語で学ぶ』という状態なので、せっかく文法的にも言語的にも日本語と似ているところが多いのにわざわざ英語経由で勉強するのもなーと躊躇していましたら、我が手作り石けんの師匠が韓国在住ということで、『お手伝いしますよ』とおっしゃってくださいまして。
そして薦められたのが、この本です。
日本の本屋さんに行けば、びっくりするくらいたくさんの韓国語の本があり、逆にどれがいいのか分からなくなりそうだったところ、ご本人が学ばれた先生の著書ということで、どういう教え方をしているか知っているので疑問点にも答えやすいかと思います、とのこと。
CD付きなので、テキストに沿って音も学ぶことが出来るし、聞いたことをハングルで書くことは出来ないまでも、言われたことを理解したり、少しでも(韓国系スーパーの店員さんとかとでも)言葉を交わせるようになれるといいなあと思います。
[PR]
2014年 09月 11日 |
b0090654_10344926.jpg先日、隣州に住む義弟くん夫婦に女の子が誕生しました。
すでに出産祝いは欲しかったものを購入して私たちが代金を渡すという話がついているのですが、赤ちゃん用に仕込んだ石けんおまけ(?)に添えようと、カードを作成。
午年の乙女座生まれということで、色鉛筆で描き描き。
クリスマスのように大量に作るとどうしても手を抜きがちになってしまうのですが、こういうのはなるべく丁寧にと心がけています。
今週末にだんなが実家へ持っていき、今月末に義母が隣州へ行く時に渡してもらえるよう、預ける予定です。
[PR]
2014年 09月 10日 |
久しぶりに移動イタリアンレストラン『Hotties MOBILE PASTA BAR & CATERING』が近くに来ているということで、行ってきました。
b0090654_539917.jpg本日のスペシャルメニューから、Besciamella Bianca(C$13)。
ソーセージ、マッシュルームをにんにくで炒めた、白ワインベースのホワイトソースです。
これがめちゃめちゃ美味しかった!
最近はホワイトソースのこってりさが重くてトマトやオイルベースのものばかりを食べていますが、白ワインで薄めて(?)あるからかさらっといただけました。
残念なのは、定番メニューではないので、いつでも食べられる訳ではないということですかね。
ちなみにこれ、トマトソースとかでも美味しいだろうなーと思いました。
b0090654_5391861.jpgだんなは、初回と同じ普通のBesciamellaをトルテリーニで。
こちらはやっぱりソースが濃厚でしたね。
b0090654_5392780.jpgそしてデザートにPancrepesを。
パンケーキよりも薄く、クレープよりも厚いという、ちょっと変わったスイーツです。
手前がStrawberry Shortcrepe、奥がPlanet of the Crepes(ひとつC$4、ふたつでC$7)。
味は、パンケーキよりも甘めで、むしろスポンジケーキに近いような?
フルーツも生クリームもたっぷりなので、甘いものが好きな人にはおすすめです。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon