胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
<   2016年 04月 ( 45 )   > この月の画像一覧
|
|
2016年 04月 30日 |
4月(사월 サウォ)
30日(삼십일 サムシビ) 土曜日(토요일 トヨイ)

●30日のフレーズ
着てみてもいいですか?
イボ ボァド ドェヨ
입어 봐도 돼요?

○30日のフレーズ解体
[PR]
2016年 04月 29日 |
b0090654_0551915.jpgお友だちと話していて気づいた、『私ってまだ参鶏湯食べたことない!』。
でも、何軒か韓国料理のお店に行ったけど、季節ものだからか、そういえばメニューになかったような?
ということで、韓国系スーパーで見つけた、参鶏湯セット。
あれこれ漢方が大きなティーバッグに入っており、鶏とこの袋、ついでにもち米やらニンニクやらを一緒に入れて煮込めばオッケーだそう。
さすがに丸ごとの鶏は面倒だしそもそもオーブンならともかく煮込めるようなでかい鍋はないし、だから、ドラムスティックで代用してみようと、他の材料も揃えました。
…でもね。
作り方によれば、鶏丸ごと1羽分(約1.5kg)に対して水3Lというのは分かるんだけど。
このバッグはいくつ入れればいいんだい?
しかも、表側に内容量は60gとあるのに、裏の説明だと30g×3パック(=90g)と書いてある。
そしてどれくらい煮込めばいいんだい…?
やっぱりどこかで簡単なレシピを探すしかないか〜。
[PR]
2016年 04月 29日 |
4月(사월 サウォ)
29日(이십구일 イシプクイ)
金曜日(금요일 クミョイ)

●29日の単語
ブランド品
ミョンプ
명품

명…名〜
품…ブーム
[PR]
2016年 04月 28日 |
b0090654_3252447.jpg週間予報は、あてになるのか?
ちょろりとチェックしてみたら、なんなんですかね、この気温差。
最高が20℃前後というのはまあ普通なんですが、+10℃はもう真夏日!
GWを利用して旅行に来る人たちが、服装に困りそうな予報です。
そして暑さにめっぽう弱い私は、日・月曜日をどうしのぐかが問題になりそうなんだな…。
[PR]
2016年 04月 28日 |
4月(사월 サウォ)
28日(이십팔일 イシッパリ)
木曜日(목요일 モギョイ)

●28日の単語
ジーンズ
チョンバジ
청바지

청…青
바지…ズボンの総称
[PR]
2016年 04月 27日 |
買物ついでに、ずっと気になっていた韓国系スーパーのH-MART内にあるレストラン(?)『爐子(아궁이、a-goong-yi)』でランチをすることに。b0090654_8181692.jpgとりあえずは定番の石焼きビビンバ(돌솥 비빔밥)を。
めずらしく椎茸ものっていたし、スープもついていました。
が、このスープ、牛骨で出汁をとっただけのような味で、具もないし、なんだかな〜?な感じ。
b0090654_8182512.jpgそして海鮮チヂミ(해물 파전)も。
これが結構変わっていて、普通は日本のお好み焼きのような感じなのですが、ほとんど生地がなく、上がパリッパリに焼いてあり、これはこれでチヂミらしくはないもののなかなか美味。
しかもこちらもちゃんと石焼きプレートでだされるので、熱々をいただけます。
少々お値段は高めですが、一人でふらりと入れそうな雰囲気もグー。
しかもランチタイムはかなり混雑しており、ほとんどが韓国の方のようだし、大人気みたいで。
今度は熱々の鍋(スープ)とかも食べてみようかな〜。

追記
記事を見た友人から、『石焼きビビンバのスープは、ひょっとしたらビビンバにかけて食べるバージョンとか??』と。
はっ、そうか、その手があったんだ!
たいていワカメスープとかみそ汁とかだったから単品でいただくものと思い込んでいたけれど、そうだよね、かけちゃったらまた違う味になるよね。
機会があったら試してみます〜。
[PR]
2016年 04月 27日 |
4月(사월 サウォ)
27日(이십칠일 イシプチリ)
水曜日(수요일 スヨイ)

●27日の単語
Tシャツ
ティショチュ
티셔츠
[PR]
2016年 04月 26日 |
4月(사월 サウォ)
26日(이십육일 イシムニュギ)
火曜日(화요일 ファヨイ)

●26日の単語
ワンピース
ウォンピッス
원피스
[PR]
2016年 04月 25日 |
4月(사월 サウォ)
25日(이십오일 イシボイ)
月曜日(월요일 ウォリョイ)

●25日の単語
スカート
チマ
치마

치마…韓国の民族衣装(韓服)のチマ
[PR]
2016年 04月 23日 |
b0090654_1285981.jpg冬の間放ってあった庭の雑草を抜きました。
菜園箱はもちろん、基本的に『雨が降ったあとの曇天』が作業にはちょうどよく、雨で土が柔らかくなっているので頑固に蔓延る根っこも抜きやすく、日差しが強くないので土が乾燥したり私が日焼けしたりすることもあまりなく。
で、3年目くらいになるいちご、収穫はするけれどあまりにも放置しすぎて枯れ葉や枯れ枝で埋まっていたので、さくっと既に花が咲いていた新芽も容赦なく抜いてみました。
が。
本来ならば円形の花壇内のみのはずなのに、それ以外の場所にも雑草を抜き取ったあと、気づいたらいちごがあちこち繁殖していた!
すでに花が咲いていたり、実らしきものをつけているものもあり、なんだか申し訳なくて抜けず。
こういうの、普通のいちごを育てていらっしゃる農家の方々はどうやっていらっしゃるんでしょうかねえ?
しかしこの繁殖力、ハーブはもちろん、いちごも雑草並みだと思います。
ま、だからこそ、人の手による品種改良にも負けずにずっと生き延びているんでしょうけどね。
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon