讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
2007年 03月 27日 | |
新しいパスポートを受け取ってきました。
機械で読み込めるようにチップが入っている厚紙が挿入されているので、大きさは今までと一緒なのに分厚いです。
持ち歩くのに、面倒だわ。
でもこれでお隣のアメリカに行くにもビザを申請しなくていいし(今のところ行く予定ないけど)、便利になったはず。
b0090654_753316.jpgそして、出かけたついで(?)に、日本のカレー屋さんへ行きました♪
海外にいると、こういう、普通のものが無性に食べたくなるんですよね。
母に、日本のカレールーは送ってもらっているけれど、自分で作るのとはやっぱり違うんですもん。
ちなみに、ここでクレジットカードサイズになってる小さな写真付きメニューをもらってきました。
カナダに戻ってからだんなに見せたら、『一通り全部作って?』。
…いや、トッピングはカナダじゃ手に入らないものもあるから、さすがに全部は無理だよー。
[PR]
2007年 03月 26日 | |
パソと共に、ネット注文した品が届きました。
これで今回、パソコン関係に関しては、『日本に帰ったら絶対買おう!』と思っていたものが、ほぼすべてそろったことになります。
やれやれ。
あとはこれらをどうやって壊さないようにカナダに持ってくかだな~。
[PR]
2007年 03月 25日 | |
あっという間に、もう帰国してから2週間。
日本は時間の進むのもあくせくして早いのかしらねぇ?

昨日から来ている甥っ子と、過ごしました。
もうすっかり慣れてしまったのか、『抱っこー!』とせがむのにも戸惑わないらしい。
とにかく元気で、見てるだけでも疲れそうなのに、毎日過ごしてる姉は、すごいかも。
うーむ、母は強し!?
[PR]
2007年 03月 24日 | |
ちょくちょくカナダまで遊びに来てくれるお友だち、Hねぇさまとおデートです。
なのに私、嬉しすぎたのか、オオボケをしました。
待ち合わせ時間は、11時20分。
ちゃんと前日に電車の時刻も調べ、意気揚々と出かけたのに、20分になっても彼女は現れず、30分を過ぎた頃には『電車が遅れてるかな?』と心配になって、彼女に『今どこ?』と電話をしてみたら。
『え?待ち合わせは、11時20分だよね…?』
言われて時計を見直してみれば、なんと、10時半ではないですか!
まあ、彼女を待たせたわけではないのでよかったのですけども。
時間つぶしに、本屋さんとCDやさんへ行き、欲しかったものを買い込んで、今度こそ待ち合わせ場所へ。

迷路といわれる地下街をうろうろしてから、彼女が予約をしておいてくれたランチのお店へ移動しまして。
まずは再会を祝して(笑)、スパークリングワインで乾杯。
いやん、おいしい~♪
名前を控え損ねちゃったのが残念なほど、さっぱりしてておいしかったー。
b0090654_7135091.jpgそしてやってきた、前菜。
サラダの下に隠れていますが、お刺身が生卵(黄身だけ)を添えてあります。
和風ユッケ、という感じかな?
お刺身が食べられるようになっていて、本当によかったー♪
b0090654_71431.jpgメインは、トリさん。
表面はパリパリ、中はジューシー。
添えてあるサラダのドレッシングと混ぜてもなかなかにイケるお味でした。
b0090654_7141813.jpgデザートは、いちごの実をつぶしたジェラート(?)が、サングリアの中に浮かんでいました。
どうしよう、おいしいよ、これ。
甘いものはあまり食べられないのに、いちごの酸味ときんきんに冷えてるのがグー。
ああ、幸せ~♪

そのあと、少々の腹ごなしも兼ね、新しくできたばかりというビルを見に行きました。
というよりも。
そのビルに行くまでの地下道がすごいんです!
基本的に、お店も何にもない殺風景な通路なんですが、その壁画が、もろ、わたし好み!
草原だの海だの空だのと、いろいろなカテゴリーに分かれていて、歩いて行くうちにいろんな空間を楽しめるよう、影絵のように絵が描いてあるんですけどね。
そのどこにも、にゃんこがいるのーっ!!!
b0090654_7341327.jpgまずは地下道へ降りるエスカレーターを、まるで手すりの上を走っているようなにゃんこ。
実は反対側の壁には、まっすぐに階下へきれいに回転しながら飛び降りるにゃんこもいました。
b0090654_7342826.jpg草原のセクションでも、にゃんこがいます。
ちょうちょを捕まえようとしている子だけでなく、ちゃっかりとお馬さんの背中に乗っている子もいたんですよ。
b0090654_7344796.jpg空のセクションでは、なぜか翼もないのに、鳥に交じって飛ぶにゃんこが(笑)。
にゃんこに不可能はないってか?
b0090654_735270.jpg合間合間にあるお店の看板の周りにも、当然にゃんこがいるわけです。
b0090654_7351640.jpg海のセクションでは、にゃんこが見当たらないな、と思っていたら、なんと、天井にいました!
しかも、セクションを覆い尽くすかのような大きさで、写真に収まりきらない(苦笑)。
天井の赤いライトが両目のようについているんですけど、かなり離れないと全貌が見えないのに、離れちゃうと今度は天井が黒く見えるだけで何が何だかわからなくなってしまうという、素晴らしいデザインです。
これはもう、直接見ないと、わかりませんねー。

お茶もして、たくさんおしゃべりもして、彼女とはまたカナダか日本で会う約束をしてお別れ。
素敵な時間を、ありがとう!
次は、前回行けなかった場所のワイナリーツアーに行けるといいね♪
[PR]
2007年 03月 23日 | |
朝起きて、全国的に有名な『喫茶店のモーニング』に行こうかなとも思っていたのだけれど、きゃびっちの愛車のご機嫌が少ぅしだけよろしくなかったので、今日はまた遠いところまで運転して戻らなくてはいけないのだからと修理やさんをまわってみるも、原因はわからず。
お昼過ぎに他の方と待ち合わせがあるということで、12時過ぎにしばしのお別れをしました。
遠いところまで来てくれて、ありがとうね。
またカナダに戻ったら、おしゃべりをしましょう~!
[PR]
2007年 03月 22日 | |
本日はなんと、カナダのお友だち、きゃびっちとおデートです。
同じ時期に里帰り帰国をしていて、しかも彼女はカナダに来る前に私の実家のある県に数年間住んでいたこともあるので、その時のお友だちに会いにはるばる来ていたのですねぇ。

b0090654_6184079.jpgお昼ちょっと前に、駅で待ち合わせ。
うーん、なんだかちょっと違和感(笑)。
だって、お互いあれこれ接点はあるものの、最初に会ったのはカナダでなんだもん。
日本で会うなんて、ちょっと信じられない~。
なんだかちょっぴり照れつつ、彼女の愛車でランチへGo。
一昨年の帰国の際、きゃびっちに教えていただいて訪ねたときは、運悪くオーナーご夫妻のご不幸があって休業中だった『ビストロ猫』です。
今度こそ!と予約を入れ、意気込んでつれてってもらいました。

b0090654_612614.jpg一歩入ればそこはいたるところににゃんこがあふれ、私の憧れをそのまま形にしたような空間が広がり、『この日を待ち望んでいたのよ!』と感慨もひとしお。
アンティーク調の、濃すぎない色目のインテリアも、落ち着ける空間を作るお手伝いをしているのでしょうね。
b0090654_6122186.jpg窓辺にも、小さなにゃんこたちがたくさんいました。
ひとつひとつがとても可愛く、ねこと暮らしたことがある人にしかわからないにゃんこのしぐさなども、丹念にあらわされていました。
b0090654_6163169.jpgきゃびっち曰く、『たぶん亡くなられたオーナーの奥さまの手作りじゃないかな』。
雰囲気がとてもねこっぽかったらしい奥さまとお会いできないのが、とても残念でした。
b0090654_635319.jpgさてさて、私はここににゃんこを見に来たわけではなく(もちろんそれもあるんですけども)、お食事をしに来たんです。
ということで、こちらがメニュー。
どうしよう、こんなとこにもにゃんこがいるよーぅ。

フレンチということで、夜はやはりそれなりのお値段になるそうですが、ランチメニューはお手軽に楽しめる価格です。
いくつかあったコースから、私はお肉ランチを頼みました(きゃびっちはパスタランチでした)。
b0090654_6123659.jpgまずはサラダ。
上に乗っているのはチキンとスライスしたアーモンドです。
ドレッシングも、まったりしてるのにさっぱりしてて、おいしーい。
b0090654_6124845.jpgこちらがメインの、鴨のクロケット五種豆のマッシュポテト添えです。
クロケット、いわゆるコロッケだと思うんだけど、熱々ホクホクでうまいのだ!
揚げたてなので、衣もざくざくして手歯ごたえばっちり。
そしてその下には、いろいろなお豆が混ざったマッシュポテト。
普通のマッシュポテトなら、カナダのレストランでも食べられるけど、こんな風にお豆が混ざってるなんて初めて!
こちらもお豆がほくほくでおいしかったーん。
b0090654_613017.jpgそしてデザートには、にゃんこ型クッキーが乗ったアイスクリームと、今の季節しか食べられない桜の花が乗ったムース(?)とフルーツ。
どれもこれも、まず目で見て楽しめるのが、日本のいいところよねぇ。
味は言うまでもなく、うまうまでしたよ。
b0090654_6164516.jpgちなみにこちらは、レストランのトイレのドアについてたノブ。
欲しい!これ!
以前、このお店をきゃびっちに教えてもらった時に、このノブのことも知ったのだけど、確か8,000円くらいするのよね。
自宅につけるには、ちょっともったいないかなぁとも思うんだけど。
ああでも、愛しい…。
b0090654_6165877.jpg当然というべきか、トイレの窓にもにゃんこはいました(すいません、トイレにもカメラを持ち込みました…)

とにかく、お料理は絶品な上に、どこを見回してもにゃんこばかり、そのうえオーナーさんもとてもいい人とくればもう、帰国するたびに行かなくちゃですよねぇ。
b0090654_70367.jpgちなみにこちらは、店内で買えるお土産のクッキーです。
こんな可愛いにゃんこの型は、やっぱり手作りなんでしょうか。
さすがにカナダに帰るまで1カ月もあるので、だんなに持って帰ってあげられないのは申し訳ないけど。
…うーん、この型、だんな作れないかなぁ?

b0090654_6592583.jpgその後、どうせ近くにいるのだからと犬山上へ上りました。
実は私、犬山城って来た記憶がないのよねぇ。
近くの明治村やらリトルワールドやらには何度か来てるのに。
それとも私が忘れちゃってるだけなのかな。
b0090654_6594435.jpg一見小さなお城ですが、お城特有のめちゃめちゃ急な階段を上り詰めると、それなりに見晴らしはいいです。
この下の川では、鵜飼が有名だし、季節のいい時なら、ライン下りとかいうアトラクション(…)も人気があるみたいです。

そのあとは、一度きゃびっちのお友だちのところまで戻ってから、うちまでご案内~。
前日に父に教えてもらっていたのに、曲がるところをどうやら2度ほど間違えて迷ったものの、無事到着。
夕食後は、なぜか母も交えて女3人で食っちゃべり、日付変更線をまたいだところで就寝となりました。
きゃびっち、運転お疲れさま~。
[PR]
2007年 03月 21日 | |
お彼岸ということで、父方の祖母の家を訪ねました。
元気そうで、何より。
b0090654_0521693.jpgそして、祖母が行くのを楽しみにしているという、毎月21日に覚王山の日泰寺で開かれる市にも行ってきました。
おまいりもそこそこに、境内だけでなく、外の道路にもずーっと続いている露店を物色しに。
野菜や乾物から植物、アクセサリーや小物、置物など、とにかくいろんなものがた~っくさんあり、一通り見てまわるだけでも大変(笑)。
その中の一軒で、うっかりかわいいにゃんこ柄のリュックを見つけ、母に買ってもらっちゃいました。
うひょひょ~。
[PR]
2007年 03月 20日 | |
高校時代からの親友Mちゃんと、今度こそおデート♪
お互いの家から近いピザやさんでランチをしようと待ち合わせたのだけど、お昼は予約でいっぱいということだったので、ちょっと離れたイタリアンのお店に移動しました。
ふたりでパスタ2種とピザ1つを頼めるコースを選んだのだけど、いやぁ、大当たり~♪
b0090654_0225053.jpgまず、前菜。
サラダとトリと、これはチーズのディップだったかな。
どれもあっさり風味でくどくなくて、美味しいのだ。
これだけでもおかわりが欲しくなっちゃうほどです。
b0090654_023959.jpgそしてパスタ2種。
たくさんある中から、私とお友だちが好きなのをひとつずつ選びました。
手前がサーモンとほうれん草のクリームソースパスタ。
奥にあるのが、すでに取り分けちゃってちょっとお皿が小さいけれど、つぶ貝のジェノベーゼ。
味ももちろんよいのだけど、なによりパスタがアルデンテというのに感動(笑)。
カナダじゃ、茹で過ぎっぽいのが当たり前なんだもん~。
b0090654_0232582.jpgそしてピザは、オーソドックスなマルゲリータです。
これは私は食べきれなくて、お持ち帰りしましたが、トースターでちょっとあたためて食べたら、薄いめの生地がパリパリになって美味しかったです~。
b0090654_0234496.jpgさらに、デザートつき。
これもたくさんある中から、自分で好きなのを3つ、選べるのです。
とはいえ、かなり小さい(比較対照・友人の手:笑)ので、おなかいっぱい食べた後でも何とか頑張れました。
ちなみに、飲み物はコーヒー、紅茶(ハーブティ含む)、ソフトドリンクがあり、おかわり自由でした。

食べ物も美味しかったけど、やっぱり何より、久しぶりにお喋りできたのがうれしかった~。
彼女はもう、一児の母なのだけど、お子さまを連れていないと高校時代とちっとも変わらないので、若返った気がするわ~(笑)。
しかし、どうやら今日は卒業式だったらしく、このお店も、その後で行った喫茶店でも、スーツを着た母親軍団が幅を利かせていて、注文や支払いに時間かかって、それだけがちょっと残念だったかなぁ。

そうそう、彼女から、改築される名古屋城の記念切手をいただいたよん。
楽しい時間を、ありがとうー。
[PR]
2007年 03月 19日 | |
のんびりゆるゆるの日。
カナダではいつもそうなのだけど、日本に帰ってくるとやたらと動き回ってしまうから、たまにはこんな日も必要なのです。
[PR]
2007年 03月 18日 | |
朝イチで、パソの動作確認、終了。
電源も入るし、郵送途中でのダメージもなさそう。
でも、保証書に添付するお店のシールが同封されてなかったので電話をしたら、担当者はお休みだそうで明日以降に対処してもらうことになりました。
さらに、このパソにはOSのCD-ROMは標準装備されていないらしく、問い合わせてみたら『リカバリディスクを作ってください、それがOSのディスクになります』と言われてしまった。
そんなん、あり!?
ともあれ、それを作らないことには、何かあったときに困るから、やらなきゃいかんけどさ~。
なんか腑に落ちない…。

さて、カナダからのブログを見ていた両親に頼まれ、手作りパンを焼いていたら、ブログの友であり、ねこ友でもあり、ついでに(?)従兄弟でもあるるしふぁ~♪くんから電話が。
平日・休日に関わらず、いつもおイソガ氏な彼だけど、今日は家にいるからにゃんこを見に来る?って誘ってくれたのに、残念ながらパンの製作途中だったので断念。
…と思ったら、彼の方から来てくれました。
さすがににゃんこは連れてこられなかったけど(笑)。
カナダに来る前から、あんまり親戚とは会わない淡白な関係だったから、いつ以来だっけ?
でも、記憶の中にある彼とほとんど変わってなくてよかった~。
数時間おしゃべりしただけだったけど、やっぱりブログなどで間接的に喋るよりも断然いいね。
あとは、にゃんこたちを見に行けるといいんだけどな~。
[PR]
ページトップ
The Original Skin by Sun&Moon