胡桃林の寝子日和。

chats.exblog.jp
讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top |out
2006年 06月 15日 |
支払期限が迫ってきていたので、プロパティタックスを納金しに行ってきました。
さすがに平日の、しかも午前中だったこともあり、銀行内はガラガラ。
4つある窓口も2つしか開いていないのに、私が行った時点で、窓口は2つとも接客中でしたが待ち人は0人。
で、3分も待たずに私の番となったのですが、担当してくれたオジニーサン(オジサンとオニイサンの間くらいの年齢)が変な人で。

プロパティタックスの請求書を見せ、これを支払いたいのですがって言ったら、静々とした感じで『はい』って答えてすぐ、『お客様カードを出してくれないと、手続きが出来ません』。
…カバンから財布を出して、そのお財布を開けようとしている時点で、わからんもんか?
私の後ろに待っている人もいないんだし、ちょびっとくらい待っててくれたってええやんー!

そして、そのカードで暗証番号をプッシュし、彼が手続きをしてくれました。
んが。
私のカードをじーっと眺め、『○△×(←私の名前)と発音すればいいのですか?』。
ええそうですよ、と答えたら、『あなたはここ(カナダ)の出身ですか?』。
いやー、日本人でっせ、と言えば、『どれくらいここにいるのですか?』
ん~、そろそろ6年くらいですかね、と言ったら、『なぜここにいるのですか』。
え、なぜって言われたって、そりゃアナタ、だんながカナディアンだからですよ。
『そうですね、訊くべきではありませんでした』…って、じゃあ最初から訊くなや、をい!
だってさ、電話代とかの支払いならともかく、プロパティタックスですよ?固定資産税ですよ???
しかも名義が私の名前になっていることは、請求書を見ればすぐに分かるわけで。
確かに、うちの地域にだって、バンクーバーほどではありませんが学生さんもいますし、どうやら私はいまだに(すっぴんに近いときは)学生に間違われますが。
………固定資産税を払う学生はいませんよ。

しかもこのオジニーサン、英語そのものは普通なんですが、声が小さく、ぼそぼそという感じで喋るので、すごく聞き取りにくくて。
処理がすべて終わったときに、『良い一日を、○△×』って言ってくれたんですが、その言い方がどーにも、『お化けが一生懸命にったり笑ってフレンドリーに接してくれた』ってぇイメージでね…。
ありがとうって言う自分の声が、なんだか震えてしまったような気がしました…。
元気がよくって明るすぎる銀行員もイヤだけど、地味~~~~~な人もあんまりよろしくないみたいですね。
適度にしゃきしゃき、手早くにっこり、っていうのが理想だな、うん。
[PR]
2006年 06月 15日 |
本日は朝から『イングリッシュ・マフィンを焼くぞー!』と燃えておりました。
最近は、ブレッドメーカーで最後まで焼く(普通のローフ型)よりも、捏ねだけを機械にやってもらって自分で形を作りオーブンで焼く、という方が好きなのです。
そして、美味しそうなイングリッシュ・マフィンのお写真を拝見し、『食いて~っ!』と久しぶりの食欲が湧きまして。
早速、トライ!です。
b0090654_2313157.jpgで、まず取り出しましたるは、コレ。
これはペーパーカッターでして、オレンジ色の部分に目盛りがついていて、下の部分にスライド式で刃が取り付けてあるので、カードを作るときなど、真っ直ぐに何枚も紙を切るときにはとても便利な器具なのです。

で、なんでこれが必要かといいますと、私、イングリッシュ・マフィンを焼くための型を持っていないのですが、『細長く切った厚紙にアルミ箔を巻き、それを円形にすればいいですよ』と教えていただいたので、その型作りから始めなくてはいけないんですねー。
パン生地の材料をブレッドメーカーに放り込んでから、作業にかかります。

b0090654_23132956.jpgいつもはカードを作るときの厚紙(画用紙っぽいもの)とアルミ箔を、教えていただいた大きさにざくざく切り、厚紙をアルミ箔で包みます。

b0090654_2313445.jpgくるっと円を作り、重なった部分をばちばちっとホチキスで留めたら、型作りは完了。
内側には、バターを薄く塗っておきます。

実は私、こういう作業、大好きなんです。
食べられるパンを作るより、こういう食べられない工作の方が好き。
仕事から帰ってきただんながこの型を見たとき、『こんないい方法があるなら、型は買わなくていいね』。
…いやでも、使い捨てだから、紙が勿体なので、やっぱりちゃんとした型が欲しいっす。

b0090654_2314172.jpg型を作っている間にブレッドメーカーが捏ねておいてくれた生地を取り出し、8分割。
ええ、8『等分』なんて言いません。
ものすごーく適当に切り分けるので、同じ大きさにならないんですねぇ。
コーンミールをまぶし、発酵へ。

b0090654_23141796.jpgそしてこれが出来上がり。
まあ、初めてにしてはそこそこかな?って感じですか。
ちゃんと『らしく』なっているのは、写真右下の1個だけですけど、ちゃんとサンドウィッチが作れそうなくらいにはなったのでオッケー。

b0090654_23143274.jpgなのですが。
実は、失敗作が半分あるんですねぇ。
うはは。
イングリッシュ・マフィンは、天板を被せて焼き、きれいな円盤型にするのですが、その被せる天板にバターを塗っておくのを忘れ、生地が思いっきりくっついてしまったのです。
それをこそげ落とすようにしたら、この有様。
しかも、本当は被せた天板を外してからも焼かなくてはいけないのですが、それが出来なかったために白いまま。
さらに、200℃に設定したオーブンが、内部の温度計では250℃になってて慌てたり。
まあ、食べるときにもう一度トーストするし、味は悪くなかったですけどね。
はっはっは。
とりあえずはもう一回くらい、今回の失敗を教訓として焼いてみるつもりです~。
[PR]
2006年 06月 14日 |
『簡単だよー』と教えてもらったので、食後のデザートにパンナコッタを作ってみました。
甘めのミルク味に合うように、夕食には、トマトのちょいピリ辛ソースのパスタを用意し、準備万端。
そして、デザートを一口食べてみただんな、『美味い!』。
もともと甘いものが大好きなだんななので、食べている最中から、『冷蔵庫に(作ったグラスカップは)あといくつあるの?』。
うんうん、気に入ってくれてありがとう、私も作った甲斐があったというものさ。
b0090654_23551285.jpgそして、そんなだんなの横から、じーーーーーっと見つめる視線が一対。
たとえ自分が嫌いなものでも、そうと確認せずには納得しない食いしん坊、たつ。
グラスのカップと口元を往復するスプーンから、一瞬たりとも目を離しません。
b0090654_23552797.jpgそして、だんなが食べ終わったグラスを、ちょっと目を離した隙にぺろっ。
私よりもよっぽど好き嫌いが少ないたつぼん、当然、ミルク味も大好物で、『そこまでするか?』な舐め方をします。
でもね、風味付けに、ほんのちょっぴりだけど、ラム酒を入れているんだよ。
アルコールはにゃんこの体内で分解されないから、ダメですよ~って言われているはずなんだけど…。
b0090654_23554313.jpgその後、やっぱりミルクが大好物なとらにょにも匂いをかがせたら、舐めたいけどたつぼんのように顔をカップに入れることはしたくないらしく、手を突っ込んでは舐める、という賢い方法で舐めてました。
ちなみに、みすにゃもミルクは大好きですが、ちょっと匂いをかいだだけで、フンっとそっぽ向いてました。
うん、アナタが一番おりこうさんだと思うわ…。
[PR]
2006年 06月 13日 |
少しでも、力になれたら、と思い、トップページにリンクを貼りました。

狂犬病予防法の改正を求めています!

日本にアニマルポリスを誕生させよう!

どんなに小さくても。
たとえ言葉が通じなくても。
それでも、大切な命であり、大切な家族です。
ひとつでも多くの命が、大切にされますように。
[PR]
2006年 06月 12日 |
b0090654_2338112.jpg先日行ったジャーマン・デリで見つけた、懐かしのドリンク、Fanta!。
1L入りのペットボトルで、オレンジとレモンの2種類の味があったので、試しにとどちらも1本ずつ購入。

とりあえず、暑かった昼間にレモンを飲んでみましたら、美味いんだな、これが!
きつい炭酸は苦手な私、コ○ラとかスプ●イトとかはすぐに舌が麻痺したような感じになるんですが、ファンタは微炭酸でグー。
しかもこのレモン味、すんごく酸味が強いのだ!
どれくらい強いかというと、飲んでいると唇がぴりぴりするくらい(分かる?)。
多分、レモンの、というよりも、ビタミンCの酸味だと思いますが。
柑橘類は酸っぱければ酸っぱいほど良い♪という持論を主張している私ですから、これはもう、私のためにあるようなドリンクです。
これで、オレンジも同じように酸味が強いといいなぁ。

ちなみにこれは、ポーランド産です~。
[PR]
2006年 06月 12日 |
b0090654_23471888.jpg2年前に、義母からもらった苗。
去年は地べたに葉っぱがこびりつくようにしか生えなかったのですが、今年はたくさん花を咲かせてくれました。
ともあれ、わっさわっさと咲いてくれたのはうれしいのですが、背が高くなりすぎたのか、自重を支えきれずにお辞儀をしたり、根元部分からしんなりと折れてしまっていたので、慌てて切花にしました。
でもこれ、花も葉っぱも、にゃんこどもが交代でかじりに来るので、ちょーっと危険なんですねー。
b0090654_23473313.jpg一見、キキョウっぽい花の形ですが、葉っぱはちょっと違うんだなー。
かといって、トルコキキョウ(私が一番好きな花♪)のように花弁が多いわけではなく、まるでお洒落な帽子のような形です。
誰か、名前を教えて~っ。

b0090654_2348466.jpgこちらは、3年前に種から撒いて育てているラベンダー。
アライグマどもに蹴倒されたりしながらも、なんとか4苗、今のところ頑張って成長してくれています。
そして、ようやく今年、ほんの2つですが、つぼみをつけてくれました!
葉っぱとは違う、細長いものがすすすーっと伸びていたので、『もしかしてっ!?』と、過剰な期待は違ったときに落ち込むからと思いつつも、どきどきしながら毎日チェックしていたので、うれしいですー。

b0090654_23481616.jpgこんなささやかなつぼみですが、ガーデンショップで『ラベンダーは成長が遅いし、種からは難しいですよ』と苗を買うことをすすめられたことを思えば、すごいです!
さすがにこんな小さなつぼみなので、摘むのは控えようと思いますが、来年くらいには、他の3苗にもつぼみがついてくれるといいなぁ。

b0090654_23483135.jpgついでに、鈴生りが期待されるいちご。
ジャムが作れるほどではないと思いますが、けっこうたくさんとれます。
しかも、自家製のはお店で買うものよりも味が濃ゆく、美味しさがぎゅっと詰まっている感じなのです。
くひひ。
[PR]
2006年 06月 12日 |
b0090654_075799.jpg向かい合わせに並べて置いたにゃんこソファで、いつの間にかこんな風景が。
左側の大きいソファにいるのがたつぼん、右側の小さい方にいるのがみすにゃ。
極楽トンボなたつぼんは、誰でも一緒に寝られるので不思議じゃないのですが、少しでも動く気配を感じるととっとと逃げ出すみすにゃが、こんなに他のにゃんこと近い場所で寝ているのは、もしかしたら初めてかも。
しかも、お互いがそっと両手を差し出し、繋いでいるように見えちゃうのがラブリー♪
あーもー、か~わ~い~い~ッ!
[PR]
2006年 06月 11日 |
長袖のTシャツを、探しています。
今の季節、お店に置いてあるのは半袖やタンクトップばかりなのですが、だからこそ、季節外れのセール品でお安く買えたりもするので。

なーのーにー!
私がカットソーでご贔屓にしていた店舗が、なくなっていた!
好きだったのは、smart setという、コットン素材の服を扱っているお店。
黒・白・グレー・青・緑・赤・黄などの色で、無地のTシャツやタンクトップなどのカットソーが、2枚で15ドルとか3枚で25ドルとかのお値打ち価格であったんです。
生地も厚めでしっかりしていたから、重宝していました。
しかも、たいていどこのショッピングモールにも店舗があったので、便利だったのに~。

やっぱり、私が気に入っちゃうと、市場から消える運命、というのは避けられないのでしょうか。
このお店のものと同じくらい、シンプルで、縫製もしっかりしてて、お値打ちなカットソー屋さんを探しています。
本日は、ラングレーとサレーにあるモールをそぞろ歩いてみましたが、収穫はゼロ。
うえーん。
[PR]
2006年 06月 10日 |
友人に教えてもらった、ジャーマン・デリへ行ってみました。
ラングレーのダウンタウンから少し離れた場所にあり、教えてもらわなかったら、普段行くような地域ではないので、きっと知らないままだったかも。

ユーロピアン・デリカシーズという名の通り、店内はジャム、ピクルス、スナックなど、ドイツをはじめ、ヨーロッパから輸入されたものがいっぱい。
しかも、そこで売っているウィンナーやハムなどは、すべて、オーナーのご兄弟が作られたというホームメイド。
試食させてもらったソーセージは、脂肪分が少なく、塩分もひかえめで、うんま~いっ!
いろいろと試したいチーズもあり、また近いうちに訪れることになりそう。

そのときには、サンドウィッチも作ってもらえ、店内にあるテーブルで食べることも出来るので、それをお昼ゴハンにしてもいいかな~♪
[PR]
2006年 06月 09日 |
噂に聞いてはいたけれど、一度も行ったことがなかった『リッチモンド・ナイトマーケット』に行ってきました。

b0090654_235727.jpgその前に腹ごしらえ!と、ダイソーの入っているアバディーンモールから3ブロックほど南にあるギリシャ料理店『Felicos Restaurant』へ。
週末だからか、7時半ごろについたときには、ベリーダンサーが店内やテラスをまわって踊っていました。
注文したのは、ディナーセット(2人前)とグラスで赤ワイン。
最初にピタブレッドとひよこ豆のディップ、サラダが出てきました。
このサラダのドレッシング、かなり酢の酸味が強く、私は好きでしたが、苦手な人にはちょっとキツイかも。

b0090654_242588.jpgそしてメインは、サンプルセットのように、ドルマダキア(お米・ひき肉などをブドウの葉で包んだ煮込み)、チキン、スパナコピタ(ほうれん草の包み焼き)、ラム、カラマリ(小イカの唐揚げ)が、ツァツィキ(サワークリームとヨーグルトとディルのディップ)とトマトソースのディップと共にどーんと大皿で来、銘々皿にはゴハンと温野菜とジャガイモが乗っていました。
味はどれも美味しく、お肉類はナイフがいらないほどやわらかかったし、カラマリは冷めてもカリカリ感があってグー。
量も、お腹いっぱいまで詰め込んでのちょうど食べきりサイズで、よかったですー。
お値段は確か、2人前で40ドルだったかな。

b0090654_243914.jpgその後は、ナイトマーケットへ。
無料駐車場(路駐とも言う)に車を停め、マーケットに入ったのがちょうど9時くらい。
それで、この明るさです。
午前中にかなり雨が降っていたし、天気が回復した午後からも肌寒かった所為か、思ったほどの人出ではなかったです。

b0090654_245079.jpgもしもどこかではぐれた場合には、彼の下で待ち合わせよう、のウルトラマン。

b0090654_25123.jpgウルトラ兄弟の、誰だったっけ?
父と母でないことは確かなんだけど。

b0090654_251412.jpgそしてとっぷりと日が暮れて、マーケットを出たのは11時。
露店は、特別目を引くようなものはなく、普段は昼間にオープンしているフリーマーケットを夜開いているだけ、という感じだったかな。
一度来れば、もう充分。
食べ物を扱っているのはほとんど中国系だったし、来る前にお腹いっぱい夕ゴハンを食べてしまっていたので、さして興味もなく。
ここで、りんご飴だのチョコバナナだのとうもろこしだのとあったら、お腹がいっぱいでも買っていたんでしょうけどねぇ。
あ、ドラゴン・ビアード・キャンディ(龍髭飴)というのだけは、(甘そうで食べる気はなかったけれど)初めて見るものでしたね。
なんでも皇帝の食されるメニューだそうで、白く、細~いふわふわしたものにナッツなどを包んでいました。
誰か、味見された方、いらっしゃらないかな~?
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
夏のおみやげ Skin by Sun&Moon