胡桃林の寝子日和。

讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
Top
2017年 06月 27日 |
6月(유월 ユウォ)
27日(이십칠일 イシプチリ)
火曜日(화요일 ファヨイ)

●27日の単語
暗いです。
オドウォヨ
어두워요.

어둡다…暗い・事情をよく知らない・疎い・(視力・聴力などが)弱い・遠い
[PR]
2017年 06月 26日 |
6月(유월 ユウォ)
26日(이십육일 イシムニュギ)
月曜日(월요일 ウォリョイ)

●26日の単語
明るいです。
ガヨ
밝아요.

밝다…明るい・(目や耳などが)いい
[PR]
2017年 06月 25日 |
本日は、以前頼まれたことのお礼(?)ということで、Mさんにランチを奢っていただきました。
b0090654_04124723.jpg行ったのは、久しぶりの和食レストラン、noma
まずは前菜から、Spicy Agedashi Tofu(C$5.50)。
偶然会えた日本人のウェイトレスさんが、キッチン等はほぼ全員韓国の人だと教えてくれましたが、そのためか辛味よりも甘味の方が強かったような。
b0090654_04125485.jpgそしてAssorted Sashimi(C$18.95)。
やっぱりここのはかなり分厚い切り方をしてくれててうれしい♪
しかもたっぷりのツマも完食!(笑)
b0090654_04125994.jpgそして、どうしても食べたい〜とMさんはイカの握りと、私はSmoked Salmon&Cream Cheeseの巻きを。
たいしたことはしてないけど、でも楽しんでお手伝いが出来てよかったです〜。

[PR]
2017年 06月 25日 |
b0090654_01234072.jpg1週間弱の不在の間、お庭の世話を誰にも頼まなかったので、もしかしたら全滅しているかもとちょっと心配していたのですが、予想以上に元気だったのがアヤメ。
今までにないほどの花を咲かせていました。
b0090654_01241094.jpgしかも、まだまだ蕾もある!
b0090654_01244010.jpgが、エダマメの、最初に芽を出していた鉢は葉もけっこう大きくなっていたので、おそらく水分が足りなくて死滅かな。
その他はむしろちょうどいい感じに育ってくれていました。
大根やにんじん、ネギなども元気に伸びていたし、ハーブ系もなんとか生き存えていてくれました。
エンドウなどの豆類はすでに食べられるものも多く、頑張ってくれた子たちが多くてひと安心です〜。

[PR]
2017年 06月 24日 |
※ 写真はクリックすると大きなサイズで見られます。
b0090654_23494604.jpg本日は、帰路に向かいます。
前回はだんなと一緒でしたが、数日後にPrince Georgeで開催されるイベントに参加するため、私だけ帰ることに。
さすがにこの距離をひとりでというのは初めてだけれど、フィルターやオイルなど気になるものはだんなが新しいものに交換してくれたし、間違えそうな道もないし、なんとかなるでしょう。
b0090654_00010861.jpgまずは、モーテルの向かいにあったTim Horton'sで朝ごはん。
いつもはお昼過ぎに行くので、朝食メニューは初めて。
b0090654_00011428.jpgFresh Grilled Breakfast Wraps。
ソーセージ、たまご、チーズをトルティーヤで包んだもの。
せめてレタスなどが入っているといいなあとは思ったものの、悪くはなかったかな。

そしてここで友人T氏と待ち合わせ、だんな本人と荷物を彼に預けて暫しのお別れ。
かなりの猛暑で、しかもなぜかエアコンが効かず、じんわりと汗をかきながらもなんとか休憩をはさみつつ、約10時間後、無事におうちに帰ってきました。
b0090654_00011960.jpgで、今回の旅行での総走行距離。
出発する時に0に合わせ、家に着いてエンジンを切る直前までに走ったのは、なんと北海道の一番北から鹿児島の最南端までの距離以上!
2004年製の車はそれなりのご老体だったのに、頑張ってくれてありがとうね!

[PR]
2017年 06月 24日 |
6月(유월 ユウォ)
24日(이십사일 イシプサイ) 土曜日(토요일 トヨイ)
25日(이십오일 イシボイ) 日曜日(일요일 イリョイ)

●24日・25日のフレーズ
近くにおすすめの飲食店はありませんか?
チュビョネ チュチョナ マナン マッチソヨ
주변에 추천할 만한 맛집 없어요?

○24日・25日のフレーズ解体
[PR]
2017年 06月 23日 |
※ 写真はクリックすると大きなサイズで見られます。
b0090654_11485125.jpg本日は、Jasperから3月にお世話になった友人宅のあるPrince Georgeまでの移動です。
それほど時間がかからないからゆっくり出来るな、なんて思っちゃうくらい、感覚がおかしくなっています…。
b0090654_12060966.jpgせっかくなので、お出迎えしてくれたクマさんと記念写真を。
b0090654_12064019.jpgオフィス内。
本物のログハウスではないけれど、いい感じです。
b0090654_12062692.jpg今朝の外気温は3℃。
当然、暖炉は必要です。
b0090654_12065327.jpgオフィスの裏手は散策が出来るようになっていました。
b0090654_12070187.jpg泊まるだけではもったいないほどの贅沢な景色でした。
b0090654_12070815.jpg距離の案内。
ここからマイアミまで車で移動する人もいるんですね〜。
b0090654_12073405.jpg独特な景色を見ながら、またJasperまで戻ります。
b0090654_12074089.jpg空、山、森、湖。
b0090654_12074658.jpg自然の偉大さの前には、人間ってちっちゃいよな〜なんて思ったり。
b0090654_12075286.jpgこんなにいいお天気だと、ここでぼや〜っとしたくなります。
b0090654_12080095.jpgエルクさんも朝ごはん中。
b0090654_12080648.jpg風もなく、きれいな鏡像が見れました。
b0090654_12081257.jpg人間って…(以下略)。
b0090654_12081969.jpg万年雪。
b0090654_12552015.jpgまず向かったのは、Prince Georgeにお住まいの友人T氏おすすめの、Jasperから1時間ほど離れたところにあるAthabaska Falls。
b0090654_12555909.jpg氷河が融けて流れてきた水なので、きれいなペールグリーン色です。
b0090654_12554979.jpgここまで来るとかなりの轟音です。
b0090654_12560067.jpgナイアガラに比べれば規模は小さいながらも、見た目のすごさは引けを取らないかも。
b0090654_12560646.jpg下流は、水で削られて出来たであろう地層がすごいです。
b0090654_12562125.jpgちょっとしたトレイルもあり、
b0090654_12563274.jpg滝を反対側から見ることが出来ます。
ちょうどいいお陽さまの角度で、虹ができていました。
b0090654_12564671.jpg眺めていると吸い込まれそうです。
b0090654_12574959.jpg狭い階段を下りていくと、
b0090654_12575785.jpg下流を見られるそう。
b0090654_12580578.jpg剥き出しの地層と沼があったり、
b0090654_12581105.jpg滝とは全く違う、穏やかな下流を見られたり。
b0090654_13381299.jpgそしてJasperの中心街から車で数分のところにあるPyramid Lake
b0090654_13382418.jpg小さいけれど、真ん中の山がきれいな三角なのです。
b0090654_13384495.jpg湖面が穏やかで、きれいな鏡像になっていました。
b0090654_13385771.jpg湖の中にはお魚さんも。
b0090654_13385276.jpg誰かがあげたピーナッツ。
絵に描いたようなシーンでした。
b0090654_13390557.jpgこちらは隣にあるPatricia Lake。
湖水の色はこちらの方が好きだなー。
b0090654_13391203.jpgほんのちょっとの角度の違いでかなり色が変わります。
b0090654_13391917.jpgそして見かけた、エルクファミリー。
ちびっこたちは湖の中に入ってはしゃいだりもしていました。
b0090654_21380762.jpgブランチは、名前に惹かれてBear's Paw Bakeryで。
地元の人たちの憩いの場になっているようでした。
b0090654_21382074.jpg店内も、足跡がいっぱい♡
b0090654_21384158.jpgサンドウィッチ。
私は野菜オムレツ入り、だんなはオムレツにハム&チーズのものを。
かなりパンがどっしりしており、オムレツもおそらくたまご2つ分は使っていそうなほどの厚さで、しっかり腹保ちしました〜。
b0090654_21385286.jpgドリンクのカップ。
正面にはお店のロゴが、そして裏側にも遊び心が♪
b0090654_21385923.jpgJasper SkyTram
市街地からすぐのところから山の頂上まで行けます。
高いところが好きな人にはおすすめ!
b0090654_21390795.jpgうちの前を走っていた車のナンバー。
是非ともゆずってもらいたかった…(笑)。
b0090654_21595963.jpgBC州に帰ってきました〜。
b0090654_22000752.jpg山にも丸みが戻って来たような。
b0090654_22001523.jpg緑も多くなります。
b0090654_22002271.jpg風景が穏やかに見えるのは錯覚かな。
b0090654_22003839.jpg目に優しい景色に変わりましたね。
b0090654_22004633.jpgこれぞBC州という感じ。
b0090654_22161349.jpgMount Robson Provincial Park。
b0090654_22164488.jpgこのロブソン山はBC州で一番標高が高いとされています。
残念ながら雲がかかってて頂上は見えませんでしたが。
b0090654_22171400.jpgさらに西へ!
お天気が良くて逃げ水がよく見えたのですが、上り坂の天辺あたりにあると、まるで車が空へ登っていくようでおもしろかったです。
b0090654_22172929.jpgこちらが今夜のお宿、Riviera City Centre Inn
まずはチェックインだけし、友人T氏を訪ねます。
b0090654_22175842.jpg中庭。
涼しい日ならここでのんびりするのもよさそう。
b0090654_22182898.jpg前回3月下旬に来た時、ちょうど私たちが帰る日に引き取られてきた豚さんたち。
たった3ヶ月ででっかくなっていました。
b0090654_22185827.jpg毎日美味しいたまごをくれるニワトリさんたちも健在。
b0090654_22192819.jpg夜ごはんは、モーテルのフロントにいた方のおすすめで、徒歩数分のところにあるCimo Mediterranean Grillで。
b0090654_22195832.jpgけっこう遅めの時間だったので店内は空いていました。
木目調だけれど暗すぎない雰囲気でなかなかグー。
b0090654_22202782.jpg週末は深夜2時までということで、外のパティオ席にも6人くらいの女性のグループがいらっしゃいました。
b0090654_22205878.jpgGarlic Bread(C$3.50)。
イタリアン・サワードウ・ブレッドで、手のひらサイズの大きさに3cmくらいの厚さがあり、ウマ〜。
b0090654_22212757.jpg私は、Aglio A Olio(C$16.75)。
エンジェルヘアと呼ばれる極細のパスタに、オリーブ、パプリカなどがガーリック&チリのオリーブオイルでからめてあります。
それだけならばくどいのかも知れませんが、どっさり乗っていたスプラウトが絶妙で美味し〜。
しかもパスタは全てお店での手作りということで、感動!
b0090654_22215852.jpgだんなはSpaghetti Carbonara(C$18.75)。
こちらもスパゲッティからエンジェルヘアに替えてもらい、濃厚なソースがよく絡むように。
少々塩分がきついかなとも思いましたが、飲む時にはちょうどいいのかも?

[PR]
2017年 06月 23日 |
6月(유월 ユウォ)
23日(이십삼일 イシプサミ)
金曜日(금요일 クミョイ)

●23日の単語
インスタント食品
インストントゥシップ
인스턴트식품
[PR]
2017年 06月 22日 |
※ 写真はクリックすると大きなサイズで見られます。
b0090654_07174014.jpg本日は、Jasperまで移動する予定。
ほぼ丸一日かかる上に、あちこち見どころがあるので、時間との勝負です。
b0090654_07181081.jpg恐竜の街から、また1時間ほどをかけて都会へ。
地平線すら丸く見えそうなほどの平野は、日本では絶対に見られない景色かと。
b0090654_07184035.jpgCalgaryに戻って来ました。
こちらからの方が、スキーのジャンプ台がきれいに見えますね。
b0090654_07191968.jpg平原から、ロッキーへと入っていきます。
b0090654_07194925.jpg途中、車のエア・フィルターを交換するために立ち寄ったCanmoreからは、きれいに3sistersが見えました。
b0090654_07202074.jpgこの大きさに目や感覚が慣れてくると、興奮の度合いも低くなってきます。
b0090654_07205081.jpgすり鉢状の山。
地動で山になり、その後氷河が削っていったのかな。
b0090654_07211972.jpgごつごつした岩山がまた、増えてきました。
b0090654_17554352.jpg世界的に有名(?)な、Lake Louiseに到着〜。
b0090654_17555144.jpgなのに、看板からさらに数キロ走ります。
b0090654_17555691.jpgでも駐車場から湖まではすぐ。
b0090654_17560426.jpgやっぱりきれいです。
b0090654_17561116.jpg貸しボート屋さんも健在。
b0090654_17561786.jpg真正面から見られるスポットを、ちょっと横から眺めてみたり。
b0090654_17562500.jpgおそらくカナダの人よりも海外からの方が宿泊客は多いであろう、湖畔のThe Fairmont Chateau Lake Louise。
b0090654_17563110.jpg通路で見かけた鳥さん。
ふこふこの産毛で、観光客にも堂々と近寄りつつ、ピャーピャー鳴いてお母さんを呼んでいました。
b0090654_18195950.jpg見慣れても見飽きることはない山々を眺めつつ1時間ほど走りまして。
b0090654_18200719.jpg形の揃った山脈が見えてきたら、
b0090654_18201537.jpg旧20ドル札に使われていたMoraine Lakeに到着!
b0090654_18202210.jpgここからの眺めは、いまいち。
b0090654_18202988.jpgきれいな景色を見るためには、ちょっとした高台に行かなくてはいけません。
それでも、11年前よりはかなり整備されていて、登りやすくなっていました。
b0090654_18525402.jpg絶景♡
b0090654_18530863.jpgほんの数分の登山(?)ですが、高度はそれなり。
b0090654_18213817.jpg駐車場も遠く見えます〜。
b0090654_18531793.jpgシマリスに似た模様の、でもしっぽがかなり細い子。
b0090654_18584651.jpgランチは、Lake Louise近くの休憩所にあったカフェで。
b0090654_18585315.jpg私はRocky Mountain Pizza Wrap(C$9.75)。
普通のピザ生地よりもラップ(トルティーヤ)の方が薄くて食べやすいことを発見。
だんなは本日のおすすめ、Roast Beef Wrap(C$9.75)。
どっちも美味しかった〜。
b0090654_19123282.jpgそしてまたロッキーの山々を見ながら北上します。
b0090654_19124081.jpg圧倒されます。
b0090654_19124742.jpg平均の標高ってどれくらいなのかな。
b0090654_19125370.jpg荒々しい感じ。
b0090654_19130044.jpgCrowfoot Glacier。
11年前よりもやっぱりちょっと小さくなっているような?
b0090654_19130764.jpgどーん!という感じです。
b0090654_22553548.jpg次なる目的地は、少々険しい山道を登っていきます。
b0090654_22555084.jpg約2kmですが、かなり息切れがします…。
b0090654_22563593.jpgPeyto Lakeに到着!
季節ごと、時間ごとに色を変えると言われている湖ですが、6月が一番きれいだと以前ツアーガイドをしていた友人に聞いたことがあるので、ベストな時期だったかも♪
b0090654_22570563.jpg雪も残っているほど気温は低いけれど、アネモネの一種であるきれいな花が咲いていました。
b0090654_22580779.jpgそしてまたロッキー山脈を眺めつつ、
b0090654_22585963.jpg変わった形を見ると、どうやってこうなったのか知りたくなります。
b0090654_22592978.jpgデカイよ!
b0090654_23000006.jpgSunwapta Pass。
ロッキーを縦断するこの道路では2番目に高い峠だそう。
b0090654_23002946.jpgと、眺めていたら、車が停まってる!?
b0090654_23005910.jpgあ…。
遠目でよく分からないけど、Bighorn sheepかな?
b0090654_23013528.jpg北に向かっているので、どんどん季節が逆戻りしているような。
b0090654_23020595.jpg初心者でも運転出来そうな道が続きます。
b0090654_01533377.jpgここが次の目的地、Athabasca Glacier。
b0090654_01540334.jpg雪上車に乗らず、歩いて氷河に行くことも出来るので、そちらに向かいます。
b0090654_01544590.jpgここも結構な急勾配で、しかも空気も薄い気がするので、しっかりと体力を貯えておくことをおススメします。
b0090654_01551596.jpgたいした距離ではないけれど、疲労度はすごいです。
b0090654_01561372.jpg1996年10月、2006年7月と過去2回来ているので、どんどん氷河が退化しているのが実感出来ます。
b0090654_01564848.jpg初めて来た時(1996年)には雪上車にも乗りましたが、氷河の淡い緑色がきれいで、寒さを忘れるほどに感動したことを覚えています。
でも今は、それもないんでしょうね。
b0090654_01571824.jpgあっという間に融けてしまい、茶色の地面が剥き出しになりつつあります。
b0090654_01574824.jpg普通に歩けるようになっているところも、11年前はまだ氷河に覆われていたんですけどね。
b0090654_01581890.jpgものすごい勢いで融けた水が流れています。
b0090654_01585394.jpg温暖化の所為ではあるけれど、そもそも氷河期があるのならその逆の灼熱期というものがあっても不思議ではなく。
もしかしたら今は、恐竜をも死滅させた氷河期と反対の、あらゆる生物を死滅させる灼熱期に入っているのかも知れませんね。
b0090654_01592394.jpg氷河の下は、荒廃した土地だったようです。
b0090654_01595325.jpgここも、11年前はまだ氷河が残っていたんだけどなあ。
21年前に来た時には、雪上車にも乗ったし、寒い寒いと文句を言いつつも薄いペールグリーンの氷河の上を歩けたし、今思えばものすごく貴重な体験が出来たんですよね。
当時はこんなにも景色が変わるなんて想像もしていませんでしたが。
うん、出来る体験は、しておいた方がいいですよ!
b0090654_10245664.jpgロッキー山脈も、南の方が曲がりくねっているのかな。
b0090654_10252554.jpgおそらくは雪崩で出来たであろう地形。
b0090654_10254103.jpgなだらかさとは無縁です。
b0090654_10263581.jpgまるでカーテンのようにも見えます。
b0090654_10403787.jpgようやくJasperに着きました〜。
でもお宿まではまだ少し走らねばならず、どうやら周りには何もなさそうなので、ここで夕食を食べておかないと。
とはいえJasperはこれというおすすめのお店は内容なので、とりあえず目に付いたL & W Restaurantに入りました。
b0090654_10410637.jpgベンジャミンの木は、50年くらいのものらしく、天窓も覆うほどに伸びていました。
b0090654_10412239.jpg他にも緑がいっぱいで、いい雰囲気。
b0090654_10415126.jpgGreek SaladはMサイズ(C$11.25)でも大盛り。
バターロールもついていて、これだけでもお腹が膨れます。
b0090654_10431461.jpgメインはお店の名前を冠したL&W Special Burger。
お肉はジューシーだし、フライもカリカリで美味しかった〜ん。
一人前ずつだとどうしても多すぎて残してしまうけれど、前菜とメインを半分こするとちょうど食べきりサイズでいいということが判明。
旅先ではこの方法がグーかも。
b0090654_11164974.jpgなんだかとても特徴的な岩山がどーんと目の前に現れました。
b0090654_11170463.jpgもうびっくりはしないけど、やっぱりサイズが半端ないです。
b0090654_11181845.jpgこちらが本日のお宿、Jasper Gates Resort & RV
名前の由来はおそらく、Jasper National Park(国立公園は有料なので料金所=ゲート・門があるのです)からすぐというところからでしょう。
b0090654_11182546.jpgオフィス。
b0090654_11184007.jpgオフィスや宿泊所はもちろん、まわり全体がきれいに手入れされていました。
b0090654_11184507.jpgでっかいクマさんも、お花を持ってお出迎え。
b0090654_11185103.jpg宿泊用のキャビン。
b0090654_11185820.jpgここが私たちのお部屋。
隅なので他の部屋の騒音も半減でありがたいです。
b0090654_11190276.jpg門灯は狼と森。
b0090654_11190957.jpg室内のランプも角を象った意匠で、いい感じでした〜。
[PR]
2017年 06月 22日 |
6月(유월 ユウォ)
22日(이십이일 イシビイ)
木曜日(목요일 モギョイ)

●22日の単語
レトルト食品
レトルトゥシップ
레토르트식품
[PR]
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Rainy Window Skin by Sun&Moon