讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
予想はしていたけど。
2007年 08月 26日 |
夕方、突然お隣さんちの子どもが二人、来ました。
何かなーと思ってドアを開けたら、『黒い猫知らない?黄色い目の…』というじゃないですか。
どうやら、そのおうちの長女(訊ねてきたのは妹たち)が探しているらしく、あちこちに訊いてまわってるんだとか。
お隣さんが引っ越しを考えていると聞いた時から、こういうことは予想してなかったわけじゃないですけど、まだ売家サインも出てないし、あまりにも突然でショックでした。
それでも、いくらたろーちゃんがうちの庭で暮らしているとはいえ、厳密に言えば今でも彼女はお隣さんちの子ですから、嘘を言うわけにはいきません。
ということで、子どもたちにたろーちゃんを渡しました。

しばらくは、死んじゃったわけでもないのに、本当につらくて。
本音を言えば渡したくなかったし、盗難罪でも窃盗罪でもいいから、たろーちゃんをうちにかくまっていたかった。
だって、考えてみればもう5年近くもうちにいるんだもん、家の中には入れてあげてないし、口では『本来はお隣さんちの子』といいつつも、もうすっかりうちの子って思っていたからね。

なのに。
しばらくしたら、またもや子どもたちが来て、『もう1匹も知らないか?』ですと!
実は、たろーちゃんと同じような外飼いの、たつぼん&とらにょによく似た毛色の、キャラメルという名前のにゃんこが、以前はいたんです。
たろーちゃんは裏庭方面、キャラメルは表通り方面をテリトリーとしていたようで、郵便箱を見に行くときなどに見かけていたんですが、みかんが来て以来、すっかり姿を見せなくなっていまして。
たろーちゃんのように、どこか余所でかわいがってもらえているといいなぁとは思っているのですが。
ともあれ、長女が探しているのは、どうやらそちらのにゃんこだというじゃないですか。
えー、たろーちゃんは?と思いつつも、とにかく知らないものは知らないとしか言えないので、そう答えておきました。

そして夕食時、気付いたらたろーちゃんが戻ってきてる!
そりゃあ、家の中に入れない限り、外飼いのにゃんこの行く先を制限することはできませんからね。
ということで、悲しくてさびしかった気持ちも吹き飛び、たろーちゃんとラブラブいたしましたとも。
うーん、やっぱりいっそのこと、お隣さんに、正式に『うちにください』って頼んだ方がいいのかしらねぇ?
[PR]
by yuling | 2007-08-26 00:00 | ねこ!ネコ!猫! | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://chats.exblog.jp/tb/7359029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゃび at 2007-08-28 00:54 x
たろーちゃん、絶対アダプトして~~~~!!!

アタシが思うに、彼らは今の今まで猫がいた事なんて忘れてたような気がしてならない!(だって、引越しが決まって(?)急に、とうの昔にいなくなった猫ちゃんまで同時にさがしてるんだもん)

そんな飼い主達にたろーちゃんを渡さないで~!
獲ったネズミをプレゼントしちゃう位、たろーちゃんが世界で一番好きなのは『貴方』なんだし・・・。
Commented by りのっちゃ at 2007-08-28 02:01 x
うん、うん。私もきゃびさんの意見に激しく、同意!
たろーちゃんも、きっとそれを望んでいるはず。
、、、、っていうか、もう隣の人なんて、飼い主なんて
思ってないに決まっている。

波風立たず、上手くアダプトできるといいね。
Commented by chat at 2007-08-28 06:13 x
>きゃびっち。
たろーちゃん、ホント、出来るなら正式にアダプトしたいわ~。
お隣さんたち、引っ越しが決まったのか、長女だけ家を出るのか、はたまたただたんに思い出しただけなのかは不明なのだけど、ものっそ『今更』なんですよねぇ。
で、あの後またもやだんなが抱っこして家の中に連れ込んでました(しかも私が使用中のシャワールームまで連れてきてた:苦笑)。
やっぱりね、『愛情』に勝るものはないと思うのよ!(握り拳)
はぁ、しかし、お隣さんがたろーちゃんたちの存在を忘れてなかったのが誤算だったわ…。

>りのっちゃさん。
外ねこだからね、飼い主や住むところを自分で選べるから、たろーちゃん『が』うちを選んでくれてるんだもの。
もともと子どものおもちゃのように扱われてたこだけど、もうそんなに若くはないだろうから、ゆっくりしたいと思うのよね。
いつか、ちゃんとお隣さんの了解を得て、『うちの4匹目』にできることを願いつつ…。
<< 生で見ちゃった! 頁とっぷ お得メニュー。 >>
ほおずき市 Skin by Sun&Moon