讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
2007年 08月 28日 ( 1 )
|
2007年 08月 28日 |
遊園地と競馬場くらいしかその存在を知らないPNE(Pacific National Exhibition)
カナダに、トータル9年くらいも住んでいるというのに、今まで一度も行ったことがありません。
しかし、少し前に義妹が『ふらふら歩いて見てまわれば1日くらいすぐ経つよ』と言っていたので、いったいどんな催し物があるんだろうと公式サイトを覗いてみたら………コンサートのリストに、Kenny Logginsさんの名前が!
しかも、まだ終わってない!!!
これは行かなくちゃ!ですよ!!

Kenny Logginsさんの有名な曲と言えば、映画『Footloose』や『TOP GUN』などの主題歌ですが、その他にもいっぱいい曲があります。
もともとは実姉が好きだったのに影響を受け、彼の曲を初めて聞いて以来、かれこれ20年。
しかも、今回はPNEの入園料さえ払えば、コンサートは無料というじゃないですか。
入園料は15ドル、でもコンビニなどで前売りを買えば10ドルという安さなので、これは絶対行かなくちゃ!なのです。

b0090654_23455475.jpgということで。
だんなが仕事をちょっと早めに切り上げてくれたので、途中渋滞もあったものの、PNEには17時半ごろ到着。
コンサート開始は19時半なので、マーケットや、25ドルで当たる豪邸の中を見たりと、うろうろ。
しかし、無料コンサート=座席指定はナシなので、早めに居場所を確保しようと、18時半すぎごろに会場へ。
屋外なので、多少の組み立て式の椅子席もありましたが、すでに満員だったし、ここ最近雨も降ってなかったので乾いているからと、芝生の上に座ることに。
途中からかなりお尻が痛くなったのですが、まあ、仕方ないかな。
すでにバンドのメンバーの方々がおとの調整などをしていらっしゃり、知ってる曲のフレーズが流れたりして、もう、ワクワク度は最高潮。
b0090654_23465884.jpgそして、19時半。
待望のKenny Logginsさん、登場~!!!
歌い続けて40年、かなりお年は召されたけれど、それでも彼の声は衰えることなく。
ううう、生きててよかった…(感涙)。
b0090654_23472535.jpgこちらがバンドの方々。
ベーシストさん(右側、赤と黒のシャツ)が、飛んだり跳ねたり、手拍子の指示やLogginsさんとマイクのシェアなど、舞台右半分をとにかく動きまわってらして、一番ノリがよかったですね。
演奏中も、パフォーマンスがノリノリで、客席が立ち上がって一緒に飛び跳ねられないのがつらかったです~。
また、ギタリストさんのおふたり(左側)がすごいテクで、早弾きとかもしてくれました。
後方にいらっしゃる方のギターの持ち方が、普通と違って、まるでお琴のように弾くのがなかなかに見ていて楽しかったです。
b0090654_23475769.jpg何曲歌ってもらえたのかは、数えるのを忘れてしまったけれど、1時間半のコンサートで、This Is It、I'm Alright、Celebrate Me Homeなど、10曲以上はあったと思います。
もちろん、私が大好きなReturn To Pooh Cornerもありました。
そのうち、私が知らなかったのは、一番最初と、『新しいCDを出しました。カナダでも買えるかな?』という中からの1曲、そしてアンコール1曲目の3曲かな。
アンコールは2回。
コンサートが終わった時、かなりの人が立ち上がったんですけど、それでもずーっと拍手をしていたら、出てきてくださって。
私が知らなかった、でもかなりノリのいい曲と、Danger Zone、Footlooseの3曲。
もうこれで終わりなのかな~、とそれでもさらに拍手を続けたら、Logginsさんとキーボードの方だけが出てきて、名曲、Foreverを。

もうね、感動ですよ。
それ以外に言葉はありません。
はぁ~、堪能した~♪
[PR]
頁とっぷ
ほおずき市 Skin by Sun&Moon