讃う可き哉、悠々自適なマイライフ in 加奈陀。 by chat(yuling)
2018年 03月 17日 ( 2 )
*
*
2018年 03月 17日 *
b0090654_6102087.jpgあっという間に最終日。
いつも通り、母と甥っ子が空港まで見送りについて来てくれました。
今回はスムーズにチェックイン出来たので、M's DININGへランチをしに。
以前はカメリアというファミレスのようなメニューだったので、大人ものも子どものものも居酒屋系のものもいろいろ頼めたのに、いつの間にかちょっとしたこだわりの和風料理のお店に変わってしまっていました。
なので、甥っ子は食べたかったものがなくて鰻ひつまぶしのセットを。
母は、甥っ子が好きな鶏唐揚げがメインのセット。
で、私はちょい飲みセット。
重たいものは食べたくないし、いろいろ食べられていいかなあと。

b0090654_6103151.jpg定刻通り地元の空港を発ち、半ばごろに見えた富士山。
国内線は高度5,000mくらいを飛ぶので、ちょうど綺麗に見えるんですね〜。
なんて感動していたら、降りる直前になって機内放送で、ドキュメントの確認のために成田空港に到着したらカウンターによってくださいと呼び出されまして。
えええ!?
ドキドキしながらカウンターを目指せば、そこにはチェックインの順番待ちの長蛇の列が。
とりあえず目についたスタッフに事情を話してみたら、やはり列に並んでくださいと。
しゃーないなーと最後尾まで行き、念のためとそこにいた係員に尋ねたら、すでにチェックインが済んでいるのでしたら直接カウンター内の者に話してみてくださいと言ってくださいまして。
窓口は閉まっているけど中にいる人に声をかけたら、移民カードの登録がされてなかっただけでしたと、数分で終わってほっ。
相変わらず週末の成田は出発便の渋滞で、定刻よりも20分遅れて離陸。
それでも途中揺れることもほとんど無く順調なフライトとなりました。

b0090654_6103516.jpg機内食は、料理人コンペティション『RED U-35』の歴代ファイナリストさんたちとコラボしたものらしく。
選べる2種類のメインから、私はとろとろ玉子の鶏カラ親子丼と、サイドは、だしでおいしく炊いたかぼちゃのサラダ、クミン香るラタトゥイユ、パンナコッタ フランボワーズソースというラインナップ。

b0090654_6104054.jpgとろとろ、というには少々火が通りすぎかもですが、でも温かいものがいただけるのは嬉しいし、さらにハーゲンダッツのアイス、なんとキャラメル味もついてました。
機内食というにはかなり豪華になりましたね〜。
b0090654_6503890.jpg2食目は、コラボAIRシリーズから『Japanese Soba Noodles 蔦』の鶏油Soba、鶏油Sobaのたれと、箸休めに青梗菜のカシューナッツ和え、デザートに白桃のカップゼリー。

b0090654_65343.jpg箱を開けると、鶏肉・メンマ・ネギ・錦糸卵の入ったトッピングのケースがあり、その下に麺が隠れています。
タレをかけて麺をほぐし、トッピングをのせていただくということですが、うーん、かなりたれの味が濃い!
しかも麺が茹でたてではないからどうしても固まってしまってうまくほぐれなくて。
そして青梗菜の方が全くと言っていいほど味がなく、もしかしたらたれは半分ずつ両方にかけるんだったのかなあ?

映画は2本、『Murder on the Orient Express』と『La La Land』を。
『Murder〜』、実はAgatha Christie女史の小説は一度も読んだことがなく、Hercule Poirotの名前は知っていても名探偵ぶりは知らず。
しかも監督・主演を敬愛するKenneth Branagh氏ならば、見なきゃでしょ!
作品を知らないので当然犯人も知らず、最初からメインキャラだと思っていた人が殺されるしで、なかなかに面白かったです。
うーん、ポアロさんだけでも小説を読んで見るかなー?
『La La〜』も、タイトルだけで内容を知らず、でもミュージカルは好きだしと思ったのですが、内容も現実ではよくあることだし、しかも期待したほどお歌のシーンもなかったし。
それ以外は見たいものがこれといってなく、2時間ほど寝て体力温存を。

ほぼ定刻通りに到着し、今回はお迎えなしで初めて一人で帰ります。
というのも、私が帰国の飛行機を予約した後で、私がカナダに戻る土曜日を含む金〜日曜に行きたいイベントが入ってしまいまして。
それならばとボランティア先のお友だちに代理をお願いしたら快く引き受けてくださったのですが、帰国している間にその方のだんなさまのおじさまがお亡くなりになり、葬儀と日程が重なってしまいキャンセルに。
だんなははじめからお友達ではなく弟くんに頼めばいいと言ってくれたけど、お友だちと違って空港から家までの方向が全く違うし、お天気も良さそうだし、自力でなんとかなるだろうとからと断っていまして。
で、戻る直前に発覚したことは、なんとだんな、3日間不在ということではなく、イベント開催地はそれほど遠くなく夕方には戻ってくるとのこと。
私は、遠距離で泊りになって不在だからとお友だちにお願いしたし、ダメなら戻るのを土曜から木曜に変更することすら考えたのに、夕方でも帰ってくるのなら、空港で待つことくらいなんでもないし、だんなにお迎えを頼んだのに!
と、そんな意地もあって、後でバレようが怒られようが、義弟くんに頼むこともせず、絶対自力で帰ってやる!と。
もともと全く知らないわけではないし、荷物もなるべく減らしたしで、時間は当然車よりもかかったけれど、列車とバスの乗り継ぎもなかなかにスムーズで、無事におうちに着きました。
よし、これからもだんながダメなら自力で帰ろうっと♡
[PR]
2018年 03月 17日 *
3月(삼월 サ)
17日(십칠일 シプチリ) 土曜日(토요일 トヨイ)
18日(십팔일 シッパリ) 日曜日(일요일 イリョイ)

●17日・18日のフレーズ
片付けなきゃ!
チウォヤジ
치워야지!

○17日・18日のフレーズ解体
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon