カテゴリ:日々の徒然( 453 )
|
|
2006年 07月 23日 |
ラジオで聞いた、『なるほど』な方法。
ここ数日、暑ーい日が続いていて、いかに涼しく過ごすかが難題となっています。
で、家の中に限っての方法なのですが。

朝の涼しいうちに窓を開け放ち、(扇風機などを窓際に置いて)できるだけ冷たい空気を家の中に取り込んでおき、気温が高くなり始めたら窓を閉めて熱気が入らないようにし、直射日光が入ってこないよう、カーテンやブラインドを閉める。

んだそうな。
実際にやってみると、これが意外に悪くなく。
特に、外から戻ってくると、涼し~く感じます。
これは、湿度が低く、『陽が当たっているところは暑くても日陰は涼しい』カナダだからこそできる技。
日陰でも蒸し暑い日本では、ムリでしょうねー。
ちなみにうちは、扇風機1台、セーリングファン(天井についた扇風機)がダイニングにひとつあり、セントラルヒーティングシステムを利用した送風があるので、締め切った状態(日が当たらない窓は隙間があけてありますが)でも結構快適です。
それよりも、ダイニングの窓には小さいけれどエアコンが設置されているから、それを使えばいいんじゃないかという意見もあるんですけどね…。


さて、お昼頃、久しぶりにR氏が訪ねてきまして、どうせ暇ならと一緒にお買い物へ。
とはいっても、余分になった(手をつけてない)ペンキを返しに行くのと、寝室用のモールディングを買いに行っただけですが。
本当は私はお留守番していてもよかったんですけど、だんなの『家の中にいるよりも、冷房の効いた店にいるほうが涼しいよ』という言葉に誘惑されまして。
うん、確かにお店は涼しかったけどね。
………そこに行くまでが暑いんぢゃっ!
うちのたっつぁん(車)には、『カナダは夏でも涼しいからね』と思っていたのでエアコンがついていません。
窓を開けていれば風は涼しいのですが、いかんせん、それよりもじーりじりと入ってくるお日さまのほうが痛い…。
たっつぁんにエアコンをつけるか、弟Dくんに貸し出し中の、エアコンがついているとっつぁんを早く返してもらうか。
んーむ。
[PR]
2006年 07月 22日 |
昨日、仕事の後に、だんなは実家へ行っておりました。
鮭釣りのため(だけ)にお隣の州から戻ってきていた弟Dくんが、今日の早朝にはまた13時間のドライブで帰るというので、貸してる車の不調のことなども話しておきたいということで。
そして、遅くなったからと実家で1泊し、今朝方帰って来まして。

さー、ちゃきちゃきと床の改装を進めるわよっ!

熱波が来ているということで、連日35度を超える気温のラングレー。
寝室の窓は南向きで、日中の作業は大変なので、朝の涼しいうちや夕方気温が下がってからでないと出来ないのです(なんだか小学生の頃の夏休みの宿題のようだ)。
最後の部分は、廊下と寝室、寝室とシャワールームの間のドアがあり、一番よく歩くところなので、なるべく板の継ぎ目がその部分に来ないように考えるのが、ちと面倒ではありましたが。
なんとか全ての板をはめ込みました~。
そして、日中はお昼寝して体力を温存し、日が傾き始めてから、シンデレラよろしく、這いつくばって木を切ったときに出た細かい木屑を熱湯で拭き掃除し、クローゼットの扉や遮光カーテンなどを取り付け、ひとまず終了。
なんとか、部屋らしさが戻ってきましたよ。
ふぅ。
[PR]
2006年 07月 20日 |
寝室用の床板、リビングやダイニングなどに敷いたものとは、色がちっと違います。
というのも、購入もとのIKEAったら、商品の入れ替わりがかなりはやいものがあり、実はお気に入りの本棚も、増設できるタイプを選んで買ったのに、すでに同じ商品がなくなっていたりして。
で、リビング等の床は、『ニスを塗ったような色』、寝室の床は、『ニスを塗る前の色』という感じで、寝室の床の方が私の好みに近いです。
なので、去年の改装のときに、寝室の床板の色があれば、きっとそちらを買っていたんだけどねぇ。
まあ、一続きっぽいリビングからダイニング、ファミリールーム、廊下までは、一気に同じ色でそろえられたし、寝室は廊下とはドアで仕切られるから色の違いは目立たないので気にしませんが。
この調子だと、来年改装を予定している客室の床も、また違う色になったりして…?
[PR]
2006年 07月 18日 |
ここしばらく、いいお天気でも気温が高すぎない(最高25℃前後)という、いかにも『カナダの夏!』な気候が続いてます。
なので、家の中の、直射日光の当たらないところにいると、たまに冷たい風がふんわりと入ってきたりして、んもうー快適!なのですが。
やはり、一歩外に出ると、陽射しは痛いし、車の中なんてオーブン状態。
そして出かけて建物の中に入れば、不必要なくらいの冷房がガンガン。
もうちょっと、こう、極端に『暑い!』『寒い!』ではなく、『ちょうどいい』という感じは保てないものか。
一番いいのはやっぱり、自宅でゴロゴロ、かなー(笑)。
[PR]
2006年 07月 17日 |
久しぶりに『日常』が戻ってきました。
7月に入ってすぐに私がロッキー旅行に出かけ、その後入れ違いにだんなが鮭釣りに行き、予定を早めて帰ってきてからは(有休中だったので)床の改装を始め。
ようやく、朝起きてだんなが仕事に行き、日中に自分のペースで家事をする、という日々になりました。
…まだ、あちこちに寝室の家具が散らばっているから、本当の『日常』とは言えないけどっ。

そんな日常で、私はよく鼻歌を歌います。
掃除をしたり、シャワーを浴びたり、料理をしたり、今はペンキを塗ったりするときにも。
で、なぜかふと口をついてでてきたのが、『燃えよドラゴンズ』。
まあ、夏だし、季節的にはちょうどいいのかな?
両親共に東海地方出身で、当然の如く、応援する野球チームはドラゴンズ。
だから、私が『燃えよドラゴンズ』を知っていて、ついでに歌えちゃうということに不思議はありませんが。
実は私が知っているのは初代(?)ので、『1番田尾が塁に出て、2番平野が送りバント、3番モッカがタイムリー、4番谷沢がホームラン♪』という、一体いつのドラゴンズぢゃ?というものなんですねぇ。
個人に対する応援歌だって、知っているのは『首位打者狙え、後ろを向くな』という大島選手や、『小さいけれど根性は日本一』という上川選手のもの。
私の最新ドラゴンズ情報は、まだ仁村選手が兄弟ともに現役で、立浪選手がルーキーで、彦野選手が首をふりながら走ってて、落合選手が4番バッターなんですもん。
うーん、これってまだ日本にサッカーチームが設立される前の話ですかね…?
でも、いいのだ。
ピッチャーマウンドで、ガッツポーズを決める郭選手は、私の永遠のヒーローなのだ。
[PR]
2006年 07月 15日 |
一時期に比べれば、かなり気温も下がり、過ごしやすく(というよりもようやく本来の『カナダの夏』に戻った?)なりましたが。

寝室のじゅうたんをベーりべりと剥がし、その下にあるフォームマットもばーりばりとひん剥き、じゅうたんを留めるために打ち付けてあったくぎや、フォームマットを固定するためのでっかいホッチキスの針などをうりゃうりゃと引っこ抜いていたら、汗だくになりました…。
さらに、やっぱりというか真っ直ぐでない床の、とくに基板同士の継ぎ目で盛り上がってしまっていた部分にやすりをかけ、にゃんこのおしっこのシミがひどかった部分には防水のペンキを塗り…とやっていたら、汗の上に埃が付着し、とんでもない状態に。
うーん、これも、完成後の部屋を楽しみにしながらなので頑張れますが、そうでなかったら絶対に途中放棄してますね。
カナダの夏なので、まだ冷房もなしでオッケーですけど、こんな大変で面倒な作業を、日本の気温も湿度も高い夏にやらなくちゃいけない職人さんたちの苦労がしのばれます。
[PR]
2006年 07月 11日 |
だんな、鮭があんまり釣れなくてつまらないからと、今晩遅くか明日の朝早くに、帰ってくるらしい。
鮭釣りは、結構タイミングが重要で、たとえば1週間いてもほとんど釣れなかったりするけれど、大群がやってこればおもしろいように捕れるんだそうで。
で、今んとこあんまり大群に出会わなさそうだからと、諦めたんだって。
最初の予定では日曜日まで、あんまり釣れなさそうだったら土曜日に帰るって言ってて、もしかしたら金曜日に戻るかもー、なんて、まだ夕べ言ってたばかりなのに。

まあ、ひとりで気楽にの~んびり、という生活も悪くはないけど、やっぱり夜はちょっと不安だからね。
ちゃんとセキュリティの警報をセットしても、家中の鍵を何度も確認して施錠しても、なんとなく、ちょっとした物音にどきどきしたりしてね(たいていはにゃんこが犯人ですが、小心者なので)。
アパートに住んでいたときは、平気だったけどなー。
一軒家で、ひとり暮しをしている女性を、こういうときは尊敬します。

で、今年は鮭、もらえるのかなぁ…?
[PR]
2006年 07月 10日 |
b0090654_952916.jpg毎晩のように、攻撃されています。
←こいつらに。

池の金魚を狙ってか、噴水が倒され(金魚は隠れる場所を作ってあるので無事でしたが)。
プランターでようやく伸びてきたスノーピー(えんどう豆)の苗をほじくり返され。
なんだか悲惨なことになってます、うちの庭。

去年も今頃、こんなふうに親子連れてやってきて、子アライグマは池で泳いでいたと、だんなが言っていたっけ。
今年も、子アライグマが3匹。
一番奥(左から2番目)がどうやら母親らしく、何度も伸び上がってはまわりを確認していました。
見た目はもこもこで、かわいいんですけどね。
ええ、見た目だけは…。

さて、旅行記3日目4日目、アップしました。
ついでに、日記にアップし切れなかった写真も、どかーっとサイトのほうに追加しましたー。
[PR]
2006年 07月 09日 |
筋肉痛から徐々に開放されつつあります、chatです。
普通に立っていても、太ももの裏側あたりがふるふると笑っているような状態が続いていたんですが、どうやら峠は越したらしく、車の運転中にクラッチをベタ踏みしても、引きつらなくなってきました。
え?
筋肉痛の期間が長すぎる?
うん、まあ、それを思わないでもないのですけどね。
まあ、年だから(諦めの苦笑)。

そういえば、旅行から帰ってきて、私が筋肉痛に泣き笑いをしていたとき、だんなが『でも、尻たぶや太ももが(旅行前よりも)いいシェイプになったよ』と言っておりました。
いや、さすがにそれはないだろー。
確かに、トレッキングをしていい運動になったとは思うけど、それ以上にずっと車に乗っていたんだもーん。
しかし、滅多に(というかほとんど皆無に近いほど)運動をしない私に、アウトドア大好きなだんなが、『シェイプアップを理由に、これからハイキングやトレッキングに連れ出せるかも』という姑息な(?)手段を取ろうというのがありありと見えており、かえって笑いを誘われました。
ふふふっ…。

さて、とあるサイトさんで見つけた『大人年齢診断問診表』。
結構笑えます。
150個ある設問の、経験したことがあるものにチェックを入れていくだけの簡単なものですが、たまーにおかしな質問が入っているんですよ。
っていうか、あまりにも普通の質問(誰でも経験がありそうなもの)と、そうでないものが何気に混ざっているっていうのが、ミソですかね。
ちなみに私、28歳でした。
実際の年齢との差は………ご想像にお任せします。
とりあえず、カナダにいると、28歳以下に見られているということだけは、確かです(笑)。


旅行記2日目も、アップしました。
[PR]
2006年 07月 08日 |
b0090654_8145430.jpg今日から1週間、だんなが毎年恒例の鮭釣りに1週間出かけるので、私はにゃんこどもとお留守番です。
テントから寝袋、着替えなどを積んで、ご機嫌でバイクに乗って出かけてゆきました。
たくさん釣れるといいな~。

そんなわけで、私、この1週間は暇になりますので、お時間のある方はどうぞ遊びに来てやってくださいませね(笑)。


あ、旅行記1日目をアップしました。
[PR]